« 2016年3月9日 | トップページ | 2016年3月11日 »

2016年3月10日

2016年3月10日 (木)

67歳女性、自宅で殺害される 鹿児島県伊佐市(10日)西日本

10日午前10時40分ごろ、鹿児島県伊佐市菱刈前目の住宅で、この家に住む無職奥園清子さん(67)が血を流して倒れているのを、帰宅した同居の男性が見つけ、119番した。死亡が確認され、遺体に外傷があることから、県警は殺人容疑で捜査を始めた。
 県警によると、奥園さんは60代男性と2人暮らしで、自宅の一室で倒れていた。11日以降、遺体を司法解剖し、死因を調べる。
 奥園さんの息子によると、男性は親族で約30年同居していた。近所の男性(72)は「奥園さんはあまり近所付き合いをしない方だったが、優しい人だった。どうして殺されたのか分からない」と声を落とした。http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/230429

| コメント (0) | トラックバック (0)

教会立てこもり男を逮捕 父親らへの傷害容疑(10日)産経

千葉県佐倉市の教会立てこもり事件で、同県警は10日、人質を取って立てこもる直前、教会内で父親(74)らをバットで殴ってけがをさせたとして、傷害容疑で、無職、小田部大輔容疑者(36)=佐倉市=を再逮捕した。
 県警は小田部容疑者を人質だった女性(51)への監禁と傷害、銃刀法違反の容疑で送検したが、千葉地検は同日、処分保留とした。再逮捕容疑と合わせて処分を決めるとみられる。
 再逮捕容疑は、2月18日午後8時半ごろ、教会1階でバットを振り回し、父親に右腕骨折などの重傷を、教会関係者の無職男性(76)=同県酒々井町=に頭部打撲などの軽傷を負わせたとしている。
 県警によると、小田部容疑者と両親は18日、親子関係などを相談するため教会を訪れ、同容疑者は到着後暴れ出した。両親は教会の外に逃げたが、同容疑者はカウンセラー役の女性を人質に取り立てこもった。

http://www.sankei.com/affairs/news/160310/afr1603100044-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ネットカジノ利用者3人を逮捕 無店舗型で全国初(10日)西日本

自宅のパソコンから無店舗型のインターネットカジノで賭博をしたとして、京都府警は10日、賭博の疑いで埼玉県越谷市大道、コンピューター部品製造会社経営関根健司容疑者(65)ら埼玉県と大阪府の利用者の男3人を逮捕した。
 府警によると、無店舗型のネットカジノの利用者の逮捕は初めて。カジノサイトは拠点が英国とみられるが、日本人がディーラーで、日本時間の夕方から深夜に開かれており、日本国内の客に向けた違法賭博と判断し、客の立件に踏み切った。
 3人は容疑を認め、「海外サイトなら大丈夫だと思った」などと供述している。http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/230486

| コメント (0) | トラックバック (0)

三鷹ストーカー殺人やり直し裁判、池永被告に懲役25年求刑 (10日)TBS

3年前、東京・三鷹市で起きたストーカー殺人事件のやり直しの裁判員裁判で、検察側は、元交際相手の男に懲役25年を求刑しました。
 池永チャールストーマス被告(23)は、元交際相手の女子生徒(当時18)を殺害した罪と、裸の画像をインターネットに投稿した罪などに問われています。
 10日の論告で検察側は、「動機は被害者への強い未練と恨みから、徹底的におとしめようとしたもので、身勝手極まりない」「リベンジポルノ行為によって遺族は終わりの無い苦しみの中にあり、処罰感情は峻烈だ」などと主張し、池永被告に懲役25年を求刑しました。
 おととし開かれた差し戻し前の裁判では、池永被告に対し懲役22年の判決が言い渡されています。今回のやり直し裁判員裁判の判決は、今月15日に言い渡されます。(10日16:48)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2722630.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

5カ月で2度…強盗にあったコンビニ 同一犯か(10日)テレビ朝日

コンビニ店で現金を奪った男は、半年前にも同じ店に押し入った同一犯の可能性が出てきました。
 10日午前0時すぎ、茨城県大洗町のコンビニ店に男が押し入り、レジカウンターにいた経営者の女性(64)にのこぎりのようなものを突き付け、「金を出せ」と脅しました。男は現金6万3000円を奪い、店から逃げました。女性にけがはありませんでした。この店は去年10月にも、現金12万5000円が奪われる強盗事件があり、防犯カメラの画像が公開されましたが、犯人は逃走中です。警察は、犯行の手口や着ている服などの特徴が似ていることから、同一犯の可能性もあるとみて調べています。

2009_1229_211958annlogo1_4
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000070063.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

児童相談所設置 中核市と東京23区にも 対策強化へ(10日)NHK

年々増加する児童虐待に対応するため、厚生労働省は児童相談所を設置できる自治体を全国の中核市と東京23区にも広げるなど、対策を強化することになりました。
10日は児童虐待の対策を検討する厚生労働省の専門委員会が開かれ報告書がまとまりました。
それによりますと、虐待が年々増加するなか、児童相談所が機能を果たしきれない危険が生じているとして、現在、都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている児童相談所を、人口20万人以上の全国すべての中核市と、東京23区にも平成34年をめどに設置できるようにするとしています。
また、虐待のうち緊急性の高いケースは児童相談所が対応し、そのほかのケースについては市区町村が担当するなど役割を明確にするとしています。
さらに虐待などを受けた子どもが児童養護施設や里親の元で暮らす期間について、現在の原則、18歳から少なくとも22歳まで延長し、継続的な支援を求めています。
厚生労働省は専門委員会の報告書を踏まえ、児童虐待の対策を強化するため、関係する法律の改正案を今の通常国会に提出することにしています。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160310/k10010438491000.html

News_pic1_6

| コメント (0) | トラックバック (0)

今市事件 7時間以上の取り調べの録音録画 再生始まる(10日)NHK

栃木県の旧今市市、今の日光市で小学1年生の女の子が連れ去られて殺害された事件の裁判員裁判で、自白の信用性や任意性が争点となっているなか、異例とも言える長さの7時間以上に及ぶ取り調べの録音録画の再生が9日から始まりました。この中で被告が殺害について、「覚えていない」と答える様子や、検察官に厳しく追及され、窓に向かって突進する様子などが再生されました。
平成17年、今の日光市で小学1年生だった吉田有希ちゃん(当時7)が下校途中に連れ去られ、茨城県の山林で遺体で見つかった事件では、栃木県鹿沼市の勝又拓哉被告(33)が殺人の罪に問われています。勝又被告は無罪を主張していて、裁判では捜査段階での自白の信用性や任意性が争点となっています。
検察は取り調べが強制的ではないことを明らかにするとして、異例とも言える長さの7時間以上に及ぶ取り調べの録音録画の記録を法廷で公開することになりました。
初日の10日は殺人の疑いで逮捕される前、偽のブランド品を隠し持っていた罪で起訴された際の、おととし2月18日の午後の取り調べの様子が再生されました。検察官は、この日の午前中の取り調べで勝又被告が殺害を認めたことについて聞くと、勝又被告は長く沈黙し、「覚えていない。真っ白になった」などと小さな声で繰り返し答えて、殺害を否認しました。
その3日後の取り調べでは、有希ちゃんを車に乗せたときの様子や、凶器を山に捨てたことを話していましたが、殺害について聞かれると、「あとにしてください」と言って詳細な説明はしませんでした。
そして、7日後には勝又被告が「黙秘権を使いたい」と伝えると、検察官に「自分のやっていること、ひきょうだろ。お前が拒んでいる様子は全部撮影されている。ひきょうな様子を被害者と遺族に見せたいね」などと厳しく追及され、被告が「もう、無理」と叫んで窓に向かって突進する場面がありました。
また、映像の中では殺人事件の話になると、勝又被告が体を震わせて泣く場面が多くありました。法廷のモニターには取り調べの様子が映し出され、勝又被告は表情をあまり変えずに録画を見ていました。
取り調べの録音録画は10日から4日間、法廷で再生されることになっています。

映像の詳細は

検察官の取り調べの様子を録音・録画した映像は裁判官や検察官、弁護士などが座る席の前に設けられた小型のモニターのほか、法廷の両脇の壁に設置されている大型のモニターでも傍聴席からも見えるかたちで再生されました。
再生される前には弁護士が裁判員に対し、話の内容そのものではなく、あくまで被告が自分の意思で話しているかどうかを判断するためのものだと映像を流す目的について注意を促しました。
はじめに再生されたのは、おととし2月18日の午後に行われた検察官による調べです。勝又被告は、この日の午前中の調べで、初めて有希ちゃんの殺害を認める供述をしていました。検察官が「午前中に話したことを覚えているか。もう1回聞くが、この事件は君が起こしたのか」などと尋ねると、被告はしばらく沈黙し、小さな声で「覚えていません」と答えました。そして「気持ちを整理したい」などと述べて、詳細な説明はしませんでした。この日の映像は被告が涙を拭うような様子が映されて終わりました。
続いて再生されたのは3日後の2月21日の取り調べの様子です。この日は、事件のことを聞かれると終始、体を震わせ、泣きながら答えていました。被告は自分の母や姉に会ったうえで、「『とんでもないことをやった。ごめんね』と伝えたい」などと話していました。そして検察官から事件の経緯について「女の子をどうやって車に乗せたのか?」と質問されると「『お父さんに頼まれてお母さんが大変』と言ったら乗ってくれた」と答えました。また、「刺した包丁は捨てたのか?」と聞かれ、「山」と答えました。ただ、詳細についての質問や「事件を起こしたことは間違いないか」との確認に対しては「詳しくはあとにしてもらっていいですか」などと述べて、この日の取り調べの映像では明確に殺害を認める発言はありませんでした。
さらに4日後の2月25日の取り調べの様子も再生されました。18日と21日の取り調べで検察官は「時間がたったら必ず話してくれよ」などと声を荒らげることもなく説得していましたが、この日は「この前、話す約束をしたのならちゃんと話せよ」などと、それまでと一転して厳しい口調で質問していました。被告は「言えない。分からない」などと繰り返し、「黙秘権を使いたい」と主張しました。これに対し、検察官は「『自分のやっていること、ひきょうだろ』。お前が拒んでいる様子は全部撮影されている。このひきょうな様子を被害者と遺族に見せたいね。永遠に黙ってるのかよ」などと被告を犯人と決めつけるような言い方で追及しました。すると被告は「もう、無理」と叫んで立ち上がり、取調室の窓に向かって突進し、ぶつかる際の大きな音や被告の叫び声も記録されていました。このあと、被告が係官に両脇を抱えられて退室させられる様子も映っていました。

異例の「Nシステム」証拠提出

この裁判で、検察は警察と協議したうえで、「Nシステム」と呼ばれる車のナンバープレートを読み取る機械の記録を証拠として提出しました。裁判の証拠として提出することは異例です。
検察が提出したのは宇都宮市内の国道と県道に設置された3か所の記録です。有希ちゃんが連れ去られた翌日の午前1時50分から午前6時39分にかけて、合わせて5回、勝又被告の車が通行した記録があったということです。
この記録から、検察は勝又被告が当時住んでいた栃木県鹿沼市の自宅から有希ちゃんの遺体が見つかった茨城県常陸大宮市方面を往復していたと主張しています。
これに対して、弁護側は提出されたのはそれぞれの現場から離れている宇都宮市内の記録のみで、これだけで現場に行ったとするのは乱暴だと訴えています。
Nシステムの記録を提出した異例の対応について、宇都宮地方検察庁は、逮捕・起訴当時は裁判で出すつもりはなかったものの、勝又被告が公判前整理手続きで否認に転じたことから、警察や東京高等検察庁と協議して、特別に出すことにしたとしています。

元検事「任意の供述を印象づけたいのでは」

取り調べの録音・録画の記録が法廷で長時間公開される今回の裁判について、元検事の落合洋司弁護士は「検察は自白に頼った立証をせざるをえない状況になっていて、裁判官や裁判員に被告が任意で供述したと印象づけたいのではないか」と指摘しています。
また、検察が「Nシステム」と呼ばれる車のナンバープレートを読み取る機械の記録を、事件当時の被告の行動を示す証拠として提出したことについては、「プライバシーへの懸念が強いNシステムを裁判に出すのは控えることになっているが、今回は検察側も必死で立証しようとしているのではないか」と述べています。
今後の審理では被告が任意で供述したかや、自白の内容が信用できるかが焦点になりますが、落合弁護士は「すべての過程が録音・録画されているわけではなく、密室での取り調べの部分は水掛け論になるので、裁判官や裁判員は難しい判断を迫られる」と指摘しています。

News_pic1_5
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160310/k10010438541000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(10、11日単位・レベル)
あれから5年の被災地は…
【治安うんちく】

2009_1228_222559212_2F1011599 東日本大震災の発生から5年となる。被災地の岩手県陸前高田市では海上保安部が水中捜索を実施。小学校の児童4人を含む43人が行方不明になっている宮城県石巻市周辺では宮城県警が大規模な捜索を実施するなど、以前として復興作業は続けられている。
 震災直後には被災家屋に泥棒が入るなど治安が悪化していたが現在(27年)はどうなっているのか?を震災の年と比較してみた。

重要窃盗・平成23年 27年
福島 2927件   1844件
宮城  2797件    2086件
岩手  662件      471件

重要犯罪・平成23年 27年
福島  137件   121件
宮城    232件      262件
岩手      79件        66件
上の数字は被災3県の認知件数。重要窃盗犯とは侵入盗、自動車盗、ひったくりを言う。
 重要犯罪とは殺人、強盗、強姦、放火や強制わいせつなど。
 窃盗犯については被災年に比べて3県とも減少。
 重要犯罪については福島、岩手が減り宮城が増加しているが全体的に治安情勢は回復期といってよいだろう。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

【山口組分裂】神奈川県警に集中取締本部(10日)産経

指定暴力団山口組と分裂した神戸山口組との対立抗争で発砲事件などが全国各地で相次いでいることを受け、神奈川県警は9日、「六代目山口組・神戸山口組対立抗争集中取締本部」を設置した。
 県警暴力団対策課を中心に約100人態勢で取り締まりを行い、一般の人の安全保護に向け、暴力団事務所周辺のパトロールなどを強化する。
 県警によると、県内には神戸山口組の傘下団体はなく、構成員もいないが、山口組の関連団体は12団体、構成員らも約280人が確認されている。
 同県内では2月27日、厚木市にある山口組の関係先事務所にトラックが突っ込む建造物損壊事件が発生している。
 警察庁は、山口組と神戸山口組について、暴力団同士の抗争状態にあると認定。いずれかの組織の勢力がある44都道府県の警察本部に通達を出して取り締まりの強化を指示していた。http://www.sankei.com/affairs/news/160310/afr1603100015-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁、“山口組”分裂・抗争で緊急対策会議 (10日)TBS

警察庁が指定暴力団「山口組」と分裂した「神戸山口組」が抗争状態にあると認定したことを受け、警視庁は緊急の対策会議を開き、警戒を強化するよう指示しました。
 「組織の総力を挙げて対立抗争の危険から都民・国民を守るとともに、抗争の早期防あつと両団体の弱体化を図られたい」(高橋清孝警視総監)
 10日午前、警視庁は、暴力団対策の担当者と全ての警察署の署長らおよそ280人を集めた緊急の対策会議を開きました。
 都内では、先月15日に歌舞伎町で両団体による乱闘があったほか、27日には足立区で神戸山口組系の組員が襲われる事件が起きていて、警視庁が警戒を強めています。(10日11:23)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2722487.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

火炎瓶事件 神戸山口組本部を捜索 福岡、大分両県警(10日)毎日

福岡市中央区の指定暴力団・山口組系「一道会」本部事務所に火炎瓶が投げ込まれた事件で、福岡、大分両県警は10日、兵庫県淡路市にある、山口組から分裂した神戸山口組の本部事務所を現住建造物等放火未遂容疑などで家宅捜索した。
 警察庁によると、昨年8月の分裂騒動が背景になったとみられる事件は、火炎瓶事件を含めて49件ある。福岡県警によると、この49件に絡み本部事務所を捜索するのは初めて。
 火炎瓶事件では、大分県日田市の暴力団トップで会長、小島慎也容疑者(44)ら4人が逮捕された。両県警は神戸山口組の組織的な関与の有無を調べている。

Logo_mainichi_s1_2
http://mainichi.jp/articles/20160310/k00/00e/040/161000c

| コメント (0) | トラックバック (0)

静岡の詐欺集団拠点摘発…京大・阪大名簿使用か(10日)読売

息子を装って高齢者から現金をだまし取ったとして、警視庁が9日、静岡市のマンション一室にある詐欺グループの拠点を捜索し、室内にいた19歳~30歳代の男5人を詐欺未遂容疑で逮捕していたことがわかった。
 京都大や大阪大の同窓会名簿が見つかり、同庁は、関西の国立大卒業生の実家を狙って、詐欺を繰り返していたとみて調べている。
 同庁幹部によると、このグループは高齢者宅に息子を装って電話をかけ、「交際女性が妊娠し、示談金が必要」などとウソを言い、現金をだまし取っていた。マンション室内には十数台の携帯電話があり、5人は電話で高齢者をだます「かけ子」役とみられる。
 グループは摘発を逃れるため、1か月ごとに拠点を移し、埼玉や千葉、静岡などのマンションを転々としていた。人目につかないよう、大量の食料を買い込み、外出することはほとんどなかったという。同庁は、背後に指示役がいたとみて組織の解明を進める。

2016年03月10日 14時55分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮へ台所用品も不正輸出か 貿易会社社長を再逮捕(10日)NHK

制裁措置で輸出入が全面的に禁止されている北朝鮮に日用品を不正に輸出したとして、東京の貿易会社の社長が逮捕された事件で、警察は、ほかにも台所用品などを不正に輸出した疑いがあるとして、社長を外国為替及び外国貿易法違反の疑いで再逮捕しました。
東京・台東区の貿易会社「聖亮商事」の社長、金賢哲容疑者(48)はおととし、制裁措置で輸出入が全面的に禁止されている北朝鮮に、日本国内で調達した衣類や食器などの日用品を不正に輸出したとして、先月、逮捕されました。
その後の調べで、この会社が平成25年10月、ほかにも日本国内で調達した台所の水切り棚や調理台などおよそ550万円分を北朝鮮に不正に輸出した疑いがあるとして、警察は10日、金社長を外国為替及び外国貿易法違反の疑いで再逮捕しました。
警察によりますと、先月逮捕された事件も含めて容疑を認めているということです。警察はこの会社がシンガポールを経由させるう回ルートを作って、北朝鮮への不正輸出を繰り返していた疑いがあるとみて実態の解明を進めています。

News_pic1_4
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160310/k10010438111000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

大麻の検挙は2100人余 危険ドラッグから移行か(10日)NHK

去年1年間に大麻を所持していたなどとして、警察に検挙された人は全国で2100人余りと、4年連続で下回っていた2000人を超えたことが分かりました。警察庁は若者を中心に乱用する薬物が、規制が強化された危険ドラッグから大麻に移行している可能性があるとして、取締りなどを強化することにしています。
警察庁のまとめによりますと、去年1年間に大麻を所持したり、譲り渡したりしたとして、警察に検挙された人は全国で2101人と、前の年より19%増え、4年連続で下回っていた2000人を超えました。
年齢別では、30歳未満が前の年より40%増えて1034人に上りました。
一方、危険ドラッグは法律の改正や取締りの強化で去年7月には販売店舗がすべて閉鎖され、危険ドラッグの使用が原因で死亡したとみられる人も前の年より90%減って11人になりました。
また、警察庁が去年8月から10月までの間に大麻の所持などの疑いで検挙された30歳未満の人を対象に調査したところ、危険ドラッグの使用経験がある人のうち、半数が継続して使っていたものの、規制が厳しくなったなどの理由でやめたということです。
警察庁は若者を中心に乱用する薬物が、規制が強化された危険ドラッグから大麻に移行している可能性があるとして、取締りや啓発活動を強化することにしています。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160310/k10010437971000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

パーティーで配るため… 「RUSH」200本“密輸”(10日)テレビ朝日

危険ドラッグが入った小瓶200本をスーツケースに隠して羽田空港に密輸したなどとして、韓国人の男が逮捕されました。
 金和権(キム・ファゴン)容疑者(48)は1月、指定薬物を含む危険ドラッグ「RUSH」の小瓶200本、約1.6キロをスーツケースに隠してアメリカから密輸した疑いなどが持たれています。警視庁によりますと、金容疑者は東京都内で飲食店を経営していて、従業員の男にスーツケースを運ばせていました。取り調べに対し、「店のパーティーで仲間に配るために購入した」などと容疑を認めています。RUSHの密輸で摘発された量としては過去最大だということです。警視庁は、金容疑者が販売目的で密輸した可能性もあるとみて調べています。

2009_1229_211958annlogo1_3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000070028.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ひき逃げ事件で運転手を逮捕 (10日)NHK北海道

9日、帯広市の国道で医師の男性がひき逃げされて死亡した事件で、警察は、釧路市の54歳の運転手をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。
調べに対し運転手は容疑を否認しているということです。
逮捕されたのは、釧路市興津の運転手、伊賀幸一容疑者(54歳)です。
警察の調べによりますと、伊賀容疑者は、9日午前3時ごろ、帯広市西10条北1丁目の国道38号線で、市内に住む医師の佐藤幸彦さん(54歳)をトレーラーではねて死亡させたうえ、現場から逃走したとしてひき逃げなどの疑いが持たれています。
警察では、目撃情報や防犯カメラの映像を分析するなどした結果、この時間帯に現場を通ったトレーラーが佐藤さんをはねた疑いが強まったと判断し、10日未明、逮捕しました。
伊賀容疑者は、仕事で帯広から釧路方面に向かっているところだったということです。
調べに対し、「路上に何か見えたのでかわした。気になって戻ったがブルーシートのように見えたので現場を離れた」と容疑を否認しているということで、警察は、さらに詳しく調べることにしています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20160310/3577541.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

診療報酬不正受給 タレント女医、多額借金 指南役男から(10日)毎日

患者の受診回数を水増しし診療報酬を不正受給したとして、詐欺容疑で逮捕された医師の脇坂英理子容疑者(37)=東京都世田谷区下馬1=が、ともに再逮捕されたコンサルタント会社役員の早川和男容疑者(39)から600万円以上の借金をしていたとみられることが、捜査関係者への取材で分かった。
<一報>診療報酬水増しで「タレント女医」逮捕

     一連の事件で逮捕された歯科医師の重松武容疑者(58)も、早川容疑者に多額の借金があったことが判明している。警視庁組織犯罪対策4課は、既に逮捕・起訴されている指定暴力団住吉会系組長や早川容疑者らが、債務を抱えた医療関係者らを巻き込んで組織的な不正受給グループを作っていた疑いがあるとみて調べている。
 組対4課によると、脇坂容疑者は2012年6月、知人だった重松容疑者が歯科医院を経営していた千葉県船橋市のビル内に、医院「Ricoクリニック」を開設した。翌13年6月に同院は閉鎖したが、同月から東京都目黒区で「リコクリニック」を開き、14年11月に閉鎖するまで内科や美容皮膚科などの診療を行っていた。「タレント女医」としてテレビにも出演していた。
 脇坂容疑者は12年秋ごろ、重松容疑者の仲介で早川容疑者と知り合ったといい、2医院での不正受給総額は少なくとも約7000万円に上るとみられる。
 これまでの調べで早川容疑者は、重松、脇坂の両容疑者がそれぞれ経営する歯科医院と医院での不正受給に「患者」を手配するなど、指南役として関与していたことが判明している。ある捜査関係者は「両容疑者は早川容疑者に多額の借金があり、返済方法として不正受給を提案されたのではないか」と指摘する。
 一連の事件を巡っては、脇坂容疑者の医院や重松容疑者の歯科医院での診療報酬不正受給のほか、都内の接骨院を舞台にした療養費の不正受給も明らかになっている。【宮崎隆、黒川晋史】

Logo_mainichi_s1http://mainichi.jp/articles/20160310/k00/00m/040/106000c

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察官装い嘘の電話 横浜市の男性から1000万円詐取(10日)テレビ朝日

警察官を装った男らが「偽札がないかお金を調べさせてほしい」などと電話を掛け、横浜市の男性から約1000万円をだまし取る事件がありました。
 9日正午すぎ、横浜市戸塚区に住む80代の男性の自宅に、戸塚署の警察官を装った男から「暴力団を捜索したところ、あなたの口座番号を発見した」「金融機関に暴力団が入り込んでおり、偽札を混ぜているのでお金を調べさせてほしい」などと電話がありました。その後、男性には消費者センターの職員を名乗る別の男からも偽札を警告する内容の電話がありました。男性は口座から約1000万円を下ろし、自宅を訪れた警察官を名乗る男に金を渡したということです。夕方、男性が戸塚署を訪れ、「お金を返してほしい」と相談したことから事件が発覚しました。警察は、男性から詳しく話を聞くなど男らの特定を急いでいます。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000070012.html

2009_1229_211958annlogo1_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

栃木女児殺害、取り調べ検察官が「自白」の様子証言 (10日)TBS

栃木県の旧今市市で当時7歳の吉田有希ちゃんが殺害された事件の裁判員裁判で、被告に対し、初めて殺人に関する取り調べを行った検察官への証人尋問が行われました。
 鹿沼市の無職・勝又拓哉被告(33)は、2005年12月、茨城県の山中で吉田有希ちゃん(当時7)を殺害した罪に問われていて、裁判では無罪を主張しています。
 7日目の9日は、被告に対し初めて殺人に関する取り調べを行った検察官への証人尋問が行われました。この中で検察官は、「『人殺したことある?』と被告に尋ねると、目を泳がせながら音が聞こえるくらい震え始め、呼吸が荒くなっていった」「被告は『被害者と遺族に申し訳ない。自分が死んだらいいんだ』と供述していた」などと証言しました。
 一方、勝又被告側は、怒鳴られるなどしてパニックになっていたと主張しています。
 10日は、取り調べの様子を撮影した映像が法廷で流される予定です。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2721966.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ひげ禁止は憲法違反」 地下鉄運転士、大阪市を提訴(10日)朝日

大阪市営地下鉄の男性運転士2人が、ひげを理由に人事評価を下げられたのは人格権を保障した憲法に違反するとして9日、市に1人200万円の慰謝料などを求める訴訟を大阪地裁に起こした。運転士は「ひげの手入れを怠ったことはない。一律だめというやり方は納得できない」と話す。

 訴えによると、橋下徹前市長時代の2012年、市交通局は職員の服務規律を厳格にする職員基本条例の施行を受け、男性にひげを生やすことを禁じたり、女性に化粧を求めたりする身だしなみ基準を作成。50代のベテラン運転士2人は上司からひげをそるよう言われたが従わず、13、14年度の人事評価は5段階で最低か、下から2番目だった。
 2人は、基準に従わなかったことを理由に「規律性」などの項目で減点されたと主張。ひげは服装や髪形と同じく個人の自由であり、基準に従わないことを理由に人事評価を下げるのは違憲だと訴え、ひげをそって仕事を続ける義務がないことの確認も求める。
 この問題では大阪弁護士会が1月、人権侵害だとして市側に基準の廃止を勧告している。市交通局は「訴状が届き次第、内容を確認し対応したい」という。(太田航)

Logo2_2http://www.asahi.com/articles/ASJ3865J6J38PTIL02M.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警官募集ポスター、モデルにサル 手には警察手帳 大分(10日)朝日

大分県警の警察官募集ポスターに、今年の干支(えと)サルが登場した。りりしい表情で警察手帳を持つサル。コピーは「いい仲間に会えるって聞いたぜ」だ。

 モデルは、高崎山自然動物園大分市)のサル。群れで暮らし、仲間意識の強い性質が、県警が今年訴えるテーマ「同期との絆」と合致し、起用した。
 高崎山には英王女と同名のシャーロットなど有名なサルもいる。が、県警の担当者は「今後活躍が期待される新人に重ね、あえて無名のサルにしました」。

Logo2

| コメント (0) | トラックバック (0)

夫の酒にメタノール混入=殺人未遂容疑で妻逮捕-兵庫県警(10日)時事

夫を殺害するため、酒にメタノールを混ぜて飲ませたとして、兵庫県警捜査1課などは9日、殺人未遂容疑で妻の大川房子容疑者(48)=同県西宮市今津巽町=を逮捕した。「酒に燃料用アルコールを入れたのは間違いないが、殺害は企てていない」と一部否認しているという。
 逮捕容疑は3月初旬ごろ、西宮市の自宅マンションで、酒にメタノールを含んだ液体を混入させて夫の会社員広明さん(58)に飲ませ、全治不能のメタノール中毒症状を負わせた疑い。(2016/03/10-00:44)

2016/03/10-

| コメント (0) | トラックバック (0)

「万引き」事実確認せず…内規の指導、全て怠る(10日)読売

広島県府中町で昨年12月、町立府中緑ヶ丘中学3年の男子生徒(当時15歳)が自殺した問題で、学校が行った調査の報告書全文が9日、読売新聞の情報公開請求で開示された。
 男子生徒の身に覚えのない万引き事案があった翌日、校内暴力が起き、学校はこの対応に追われたために、万引きした生徒本人への事実確認など、内規に定められた指導をすべて怠っていたことが一因だと指摘している。
 報告書は2月29日付で、約50ページ。生徒が自殺した昨年12月8日以降、坂元弘校長ら5人が調査し、坂元校長名でまとめた。
 報告書によると、2013年10月6日の日曜日、広島市内のコンビニエンスストアから、1年生男子2人が万引きをしたと学校に電話があった。たまたま出勤していた教諭が店に出向き、2人の保護者を店に呼んで謝罪させるなどした。
 教諭は翌7日、生徒指導担当の教諭に口頭で報告。生徒指導担当教諭がパソコンに入力する際、うち1人の名前を誤り、男子生徒の名前を記入した。教諭は、手控えの生徒指導ノートにもメモを取っていなかった。

2016年03月10日 07時25分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子小学生に“みだらな行為”元町議を逮捕 富山(10日)テレビ朝日

学生の女子児童に無理やりみだらな行為をしたとして、富山県南砺市に住む43歳の元町議の男が9日に逮捕されました。
 南砺市やかたに住む旧福野町の元町議・円城邦弘容疑者は去年9月、小学生の女子児童に無理やりみだらな行為をした疑いが持たれています。女子児童にけがはありませんでした。先月初旬に、この女子児童の関係者から警察に相談があったことで事件が発覚しました。円城容疑者は容疑を否認しています。警察は今後、円城容疑者から話を聞くなどして慎重に調べを進める方針です。

2009_1229_211958annlogo1
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000070006.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮 日本海に向けミサイル2発を発射か(10日)NHK

韓国の通信社、連合ニュースによりますと、10日午前5時20分ころ、北朝鮮が北朝鮮東部のウォンサン(元山)付近から日本海に向けてミサイルを2発、発射したということです。ミサイルはおよそ500キロ、飛んだという情報もあるということで、韓国軍が確認を急ぐとともに北朝鮮軍への警戒を強めています。
北朝鮮は今月3日にも同じ地域から短距離ミサイルかロケット弾とみられる6発を日本海に向けて発射しています。韓国では今月7日から韓国軍とアメリカ軍による過去最大規模の合同軍事演習が行われていて、北朝鮮はこれに強く反発しています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160310/k10010437751000.html

News_pic1

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月9日 | トップページ | 2016年3月11日 »