« 2016年3月8日 | トップページ | 2016年3月10日 »

2016年3月9日

2016年3月 9日 (水)

【加古川女性殺害】「嘘がばれると思って殺した」と男供述 嘘の投資話で120万円を詐取、金づちで10回 男を起訴(9日)産経

兵庫県加古川市の加古川で昨年12月、大阪府吹田市のアルバイト、大山真白(ましろ)さん=当時(20)=が遺体で見つかった事件で、神戸地検姫路支部は9日、加古川市のアルバイト、礒野(いその)和晃容疑者(21)を殺人と詐欺の罪で起訴した。地検は認否を明らかにしていない。
 起訴状によると、礒野被告は昨年11月17日~同年12月上旬、金を2倍に増やすとする嘘のもうけ話を大山さんに持ちかけ、12月7日午前2時ごろ、加古川市内で現金約120万円を詐取。直後に大山さんの頭を金づちで約10回殴り、殺害したとしている。
 捜査関係者によると、大山さんは昨夏、知人男性から借金の取り立て役として礒野被告を紹介された。兵庫県警の調べに対し、礒野被告は「いずれ嘘がばれると思って殺した」などと供述していたという。http://www.sankei.com/west/news/160309/wst1603090109-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「病気治る水」販売会社に一部業務停止命令 (9日)TBS

「心筋梗塞や動脈硬化が治る」などと言ってサプリメントや水を販売していた会社が一部の業務停止命令を受けました。これらの健康食品に病気が良くなる効能はなく、うその説明だったと消費者庁は認定しました。
 「とにかく、治らないと言われた病気が治ったんだと万能薬のような言い方をしていた。座骨神経痛が痛いんだったら、それが治るんじゃないかと」
 関東地方に住むこの男性、去年の夏ごろ、知り合いから「病気に効く」などと言われ、あるサプリメントと水の購入を勧められました。
 「がんの話もありました。ご親族の方で女性が子宮がんのようなものを持っているが、サプリメントを使用したら回復したとか治ったとか」(健康食品を購入した男性)
 男性が「値段が高すぎる」と購入をためらうと、知り合いは「あなたに別の入会者を紹介してお金をキックバックしますから」などと話し、男性はいわゆるマルチ商法だと気づいたといいます。
 「病気が治る」などとして販売されたサプリメントや「水素水」と呼ばれる清涼飲料水。消費者庁は9日、これらの商品を販売していた東京・港区の「ナチュラリープラス」に対し、うその説明で勧誘していたなどとして、特定商取引法違反で、10日から9か月間、一部の業務停止命令を出しました。これらの健康食品には病気の改善や症状が改善する効能はなく、消費者庁は、サプリや「水素水」の購入者に「病気が良くなる効能はない」と通知するよう、異例の指示を出しました。
 「自主的な改善を行われていたというが、その後も消費者の苦情は続いています」(消費者庁 取引対策課 桜町道雄課長)
 消費者庁によりますと、ナチュラリープラスは「ネットワークビジネス」と呼ばれるマルチ取引を中心にした訪問販売を行っていて、「2人友達を紹介すれば必ずもうかる」「月20~50万円くらいになる」などとして、会員を勧誘していました。ナチュラリープラスの去年1年間の売り上げは217億円に上るとされますが、全国の消費生活センターには「事前に契約書類を見せてもらえなかった」「人気のないところに呼び出されて勧誘された」などの相談が最近3年間で600件近く寄せられ、消費者庁が去年4月、事務所の立ち入り調査を行っていました。
 ナチュラリープラスは、「今回の処分を厳粛に受け止め、コンプライアンスおよび業務改善を徹底することで、社会の一員として信頼される企業を目指します」とコメントしています。(09日17:08)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2721892.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

山口組抗争で緊急対策会議、茨城県警が警戒強化(9日)TBS

指定暴力団・山口組と分裂した神戸山口組が「対立抗争状態にある」と認定されたことを受け、茨城県警は9日、緊急の対策会議を開き、警戒を強化しています。
 山口組と神戸山口組の対立抗争をめぐっては、水戸市でも今月5日、神戸山口組系の事務所に止めてあったトラックに山口組系の組員の男(40)が別のトラックで突っ込んだとして逮捕されました。また、6日には同じ事務所に銃弾5発が撃ち込まれる事件が起きています。
 これを受けて、茨城県警は集中取締本部を設置し、9日、暴力団対策の担当課長らおよそ100人を集めて緊急の対策会議を開きました。その中で鈴木三男本部長は、「両団体の弱体化・壊滅につなげるべく、全力を尽くしてほしい」と訓示しました。(09日20:12)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2722179.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「日本郵政」名乗るウイルスメール出回る 1万8千通超(9日)朝日

 トレンドマイクロは9日、日本郵政を名乗るウイルスつきメール1万800通以上が、セキュリティーソフトなどのトレンド社製品利用者に送られていたと発表した。添付ファイルを開くとウイルス感染する。金融機関のネットバンキングサービスを使うとIDとパスワードが盗まれ、お金が引き出されてしまう恐れがある。ロシアのフリーメールアドレスで、「添付の委託運送状を印刷し、最寄りの郵便局までお問い合わせください」と書かれている。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASJ394DB7J39ULFA00Q.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

リベンジポルノ削除要請472件…転載・拡散も(9日)読売

インターネット関連会社でつくる一般社団法人「セーファーインターネット協会」(東京)は9日、リベンジポルノに関する相談が昨年1年間で25人からあり、画像や動画が掲載されていたサイト運営者やプロバイダーに対し、472件の削除要請をしたと発表した。
 実際に削除されたのは、8割にあたる381件だった。
 同協会によると、昨年は、同一の相談者の画像が80以上のサイトに転載されるケースがあった。相談者の画像や動画は、アダルトサイトに加え、一般サイトやSNSにも拡散しており、8割以上が国外のサイトだった。
 また、「性的な画像を流出させると脅されている」といった未成年者からの相談もあった。
 同協会は「一度拡散すると、全ての画像を削除するのは大変になる。被害に気付いたら、拡散する前にすぐ相談してほしい」と呼びかけている。

2016年03月09日 19時55分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

殺害された予備校生 第一志望の国立大に合格(9日)NHK

先月、福岡市の路上で刃物で刺されて殺害された、予備校に通う19歳の女子生徒が、事件の直前に受験した第一志望の国立大学に合格したことが分かり、遺族は「本人もきっと喜んでくれていると思います」というコメントを出しました。
福岡市西区の予備校生、北川ひかるさん(19)は、先月27日の夜、自宅近くの路上で刃物で刺されて殺害されました。事件の直前に受験した第一志望の大阪大学で、9日、前期日程の入学試験の合格発表が行われ、ひかるさんが法学部に合格したことが分かりました。
父親の北川洋二さんは9日、警察を通じてコメントを出し、「ひかるは見事に大阪大学法学部に合格しました。本当によくやってくれました。ひかるは、とっても親思いの優しい子でした。ひかるもきっと喜んでくれていると思います」とつづっています。
父親によりますと、ひかるさんはこのほか東京と関西の3つの私立大学にも合格しているということです。
一方、警察によりますと、この事件では直後に同じ予備校に通う19歳の少年が両手にけがをした状態で交番に出頭し、北川さんをナイフで刺したことを認めたということです。警察は少年のけがの回復を待って殺人の疑いで逮捕するとともに、詳しいいきさつを調べる方針です。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160309/k10010437271000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(9、10日単位・レベル)
悪戯はやめなさい
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011589 今月4日夜、大分県佐伯市の漁港で「乗用車が海に転落した」という目撃者からの110番通報があり、救助に当たったが、乗っていた母子3人は死亡してしまった。
 110番-警察庁によると誕生したのは昭和23年10月1日というから終戦後間もない時だ。最初は東京、大阪、京都、横浜、川崎、神戸、名古屋、福岡の8大都市だったという。
 あれから68年-1分1秒を争う仕事で、内容によっては人の生死に関わる大事なシステム。この110番は何件くらいかかっているのかを調べてみた。()内は1日に換算した数字。
 平成24年になるが、年間受理件数は935万4015件。最も多かったのは東京・警視庁で140万0301件(3836件)。以下、大阪の86万1186件(2359件)、神奈川の71万8416件(1968件)、愛知の66万2035件(1813件)、埼玉の55万0008件(1506件)の順だった。
 最近見かけるのはサイレンを吹鳴した緊急車両に対する一般車両の対処だ。先日、パトカーがサイレンを吹鳴して走行しているのにも関わらず交差点を堂々と右折して、直進するパトカーの走行を妨害した一般車両を見た。あきらかに道交法40条違反である。
 パトカーには車載のカメラがあるのだから、それを証拠に検挙すれば良い。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

【伊勢志摩サミット】主会場周辺で厳戒態勢 海上ルートでの侵入に備え強める警備(9日)産経

 5月26、27両日に三重県で開かれる伊勢志摩サミット(主要国首脳会議)開催まで2カ月半となった。一連の関係閣僚会合のうち広島での外相会合開催まで、10日で1カ月に迫り、国内の警備当局は、テロリズムを防止するためすでに厳戒態勢に入っている。サミットを控える三重県の篠原英樹県警警備部長は8日の記者会見で、海上ルートのテロリスト侵入に備え、「海上保安庁と緊密な連携を取る必要があり、顔の見える関係作りを進めている」と強調した。
 サミットの主会場となる賢島(志摩市)周辺はリアス式海岸で視界が届きにくく、水深が浅く岩礁も多い。篠原氏は「志摩市の人口は約5万人で、生活の場で開催されるといってもいい。ここが北海道洞爺湖サミットとは違う点だ」と指摘。さらに「ボートでの着岸や、雑木林に不審者が隠れていることを想定しながら警備計画を立てる必要がある」とも強調した。
 各国首脳らは中部国際空港(愛知県常滑市)に到着後、ヘリコプターで賢島に向かう予定だが、悪天候の場合は約195キロの陸路で移動する。
 篠原氏は「危険箇所の把握が大事だ。どこにも漏れがないよう警察官を配置して調べる。不審な人、物がないよう対策する」と述べた。
 鈴木英敬知事は「すべてを治安当局でやるのはなかなか難しい。地域の正常な状態を一番良く知っているのは地域住民だ」と述べ、「官民一体の日本型テロ対策」を掲げ、テロの未然防止に努める考えだ。http://www.sankei.com/affairs/news/160309/afr1603090013-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

パンツかぶって女性の体触る 尼崎の男逮捕(9日)共同

女性用パンツをかぶり、自転車で追い抜きざまに女性の体を触ったとして、兵庫県警生活安全特別捜査隊と尼崎東署は9日、県迷惑防止条例違反の疑いで兵庫県尼崎市の塗装工の男(33)を逮捕した。
 逮捕容疑は1月20日午後6時半ごろ、尼崎市北東部の路上で市内の中学2年の女子生徒(14)の尻を触った疑い。同署の調べに「パンツをかぶった姿で触り、相手の驚く顔が見たかった」と容疑を認めているという。
 同署管内では同様の事件がほかにも10件ほど確認されており、同署が関連を調べている。

2010_0123_11120247newslogo1http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201603/0008875402.shtml

| コメント (0) | トラックバック (0)

危険ドラッグのネット販売サイトを摘発、経営者の男を逮捕(9日)TBS

危険ドラッグのインターネット販売サイトが摘発され、経営者の男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、危険ドラッグのインターネット販売サイトの経営者・前川真之助容疑者(38)で、今年1月、インターネットで注文した客に指定薬物を含む危険ドラッグの粉末、およそ46グラムを20万円で販売するなどした疑いが持たれています。
 前川容疑者は、郵送やデリバリーで危険ドラッグなどを24時間受付で販売し、2012年からおよそ1億2000万円を売り上げていたとみられています。
 前川容疑者の関係先からは、相場価格3600万円相当の危険ドラッグのほか、覚醒剤や大麻などが押収されたということで、警視庁は入手ルートなどを詳しく調べています。(09日12:02)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2721646.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

“覚醒剤”任意同行中に突如…5階から飛び降り死亡(9日)テレビ朝日

広島市で、覚醒剤事件で警察から任意同行を求められた男性がマンションの5階から飛び降りて死亡しました。
 広島県警は8日午後7時半ごろ、覚醒剤を使った疑いで40代の男性の自宅に捜索に入りました。その後、男性が任意同行に応じたため、捜査員3人と一緒にエレベーターに向かって歩いていたところ、男性が突然、走り出して5階の通路から飛び降りたということです。男性は死亡しました。広島県警は「原因を究明し、再発防止に努めます」とコメントしています。

2009_1229_211958annlogo1_2
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000069948.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「介護に疲れた」82歳の夫殺害容疑の妻が供述 鳥取(9日)NHK

先月、鳥取市の住宅で82歳の夫を殺害したとして妻が逮捕された事件で、この妻が調べに対し「介護に疲れて夫を殺害した」などと供述していることが警察への取材で分かりました。警察は介護疲れが犯行の動機とみて調べています。
鳥取市栗谷町の伊藤日出子容疑者(76)は、先月20日、自宅のベッドで、夫の禅さん(82)の首をネクタイなどで絞めて殺害したとして殺人の疑いで逮捕され、9日、検察庁に送られました。
伊藤容疑者は足が不自由な禅さんを数年前から介護していて、これまでの捜査で自宅からは「介護に疲れた」という内容の書き置きが見つかっていましたが、その後の調べに対し「介護に疲れて夫を殺害した」などと供述していることが、警察への取材で新たに分かりました。
伊藤容疑者は禅さんを殺害したあと、自分の手首などを包丁で刺して自殺を図ろうとしたとみられていて、警察は介護疲れが殺害の動機とみて調べています。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160309/k10010436931000.html

News_pic1_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

タレントの女医逮捕=診療報酬不正請求-詐欺容疑で警視庁(9日)時事

指定暴力団住吉会系組長らによる診療報酬詐取事件で、診療報酬を不正に受給していたとして、警視庁組織犯罪対策4課は9日、詐欺容疑で、医師でタレントの脇坂英理子容疑者(37)を逮捕した。(2016/03/09-11:18)

2016

| コメント (0) | トラックバック (0)

増資資金、暴力団関係者に流出か 粉飾の飲食店経営会社 (9日)日経

元ジャスダック上場で飲食店経営などを手掛けるグローバルアジアホールディングス(東京)の粉飾決算事件で、同社が増資で調達した資金が払い込みの直後に口座から引き出され、経営実体のない会社などに流れていたことが8日、警視庁組織犯罪対策3課への取材で分かった。暴力団関係者への支払いなどに充てられた疑いがあり、同課は資金の流れを調べる。
 組対3課によると、同社は2013年2月、新株予約権の発行で約10億円を調達すると公表。同年11月までに10億円が集まったが、一部は直後に引き出され、経営実体のない会社や個人に渡ったという。
 引き出された現金は、グローバル社の実質的経営者とみられる菊池徹容疑者(56)=金融商品取引法違反容疑で逮捕=の借金返済などに充てられていた。組対3課は支払先に暴力団関係者が含まれている疑いがあるとみている。
 増資資金が流用されたことから、同社は14年3月期決算で約5億円の債務超過になった。同課は同社が上場を維持するために資産を水増しして、資産超過と偽ったとみている。
 菊池容疑者と元社長の菊地博紀容疑者(55)の逮捕容疑は14年7月、14年3月期決算で4億4500万円の架空資産を計上した有価証券報告書を関東財務局に提出した疑い。http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG08H97_Y6A300C1CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

さい銭盗被害急増、例年の倍の130件…石川(9日)読売

 石川県内で神社のさい銭箱やおみくじ箱などを狙ったさい銭盗の被害が急増している。
 2015年の被害件数は例年の倍以上の130件を超え、石川県警が09年に統計を取り始めて以降、最悪となったことがわかった。神社側からは「新幹線開業で増えた観光客にまぎれて盗むケースが散見される」との声もあり、さい銭箱をガラスケースで囲うなどの対策もみられる。県警は、こまめにさい銭を回収するよう神社に呼びかけている。
 県警刑事企画課によると、15年のさい銭盗の被害件数は統計を取り始めた09年以降で最悪の132件(前年比88件増)だった。被害額は34万4000円(同24万4000円増)で、10年の36万8000円、09年の35万9000円に次ぐ被害額となっている。
 県警捜査1課によると、さい銭盗は昼夜関係なく、人の目がない隙を見計らって行われ、箱や施錠していた鍵が壊されて盗まれるケースがほとんど。15年は余罪のある容疑者の検挙が多く、被害件数の増加につながった。ある捜査関係者は「1回の被害額は多くても数千円程度だが、被害が続けば神社にとっては一大事。罰当たりな行為としか言いようがない」とこぼす。
詳細は以下をクリックdownwardleft

http://www.yomiuri.co.jp/national/20160308-OYT1T50020.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

診療報酬詐欺の疑い 女性医師を取り調べへ(9日)NHK

タレントとしても活動していた東京の女性医師が、診療報酬を巡る詐欺事件ですでに逮捕・起訴されている会社役員らとともに、治療回数を水増しするなどうその請求を繰り返し、診療報酬数百万円をだまし取った疑いが強まり、警視庁は、9日にも詐欺の疑いでこの医師を取り調べる方針を固めました。
詐欺の疑いが持たれているのは、東京・目黒区でクリニックを開設していた37歳の女性医師で、タレントとしても活動していました。
警視庁の調べによりますと、この医師は、東京・杉並区の接骨院や千葉県の歯科医院などで行われた診療報酬を巡る詐欺事件で、すでに逮捕・起訴されている39歳の会社役員らとともに、患者の治療回数を水増しするなどうその請求を繰り返し、自治体などから診療報酬数百万円をだまし取った疑いが持たれています。警視庁は、詐欺の疑いでこの医師や会社役員の逮捕状を取り、9日にも取り調べる方針を固めました。
一連の事件を巡っては、住吉会系の暴力団組長、三戸慶太郎被告(50)らが、接骨院の元経営者や歯科医院の元院長らとともに、診療報酬や療養費をだまし取ったとして、詐欺の疑いで逮捕・起訴されています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160309/k10010436691000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「お母さんにばれる」風俗嬢を脅迫 容疑で経営者を逮捕 山口組資金源か 愛知県警(9日)産経

愛知県警捜査4課は8日、脅迫の疑いで、名古屋市昭和区八事富士見、風俗店グループ経営、五十嵐一博容疑者(45)ら男2人を逮捕した。五十嵐容疑者は「記憶にない」と否認しているという。
 4課によると、指定暴力団山口組弘道会の資金源とされたグループが以前あり、五十嵐容疑者はこのうち2店舗を引き継ぎ経営していたとみられる。4課は資金が弘道会に流れていた疑いもあるとみている。
 逮捕容疑は昨年10月、名古屋市熱田区の風俗店で勤務していた女性が辞めるのを引き留めるため、携帯電話に「風俗店で働いていたことがお母さんにばれる可能性がある」などとメールを送り、脅迫したとしている。http://www.sankei.com/affairs/news/160309/afr1603090003-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【野球賭博】高木投手を任意聴取へ 警視庁(9日)産経

笠原将生元投手ら3人の立件に向けて捜査を進めている警視庁組織犯罪対策4課は、高木京介投手についても任意で事情聴取する方針を固めた。刑事責任について慎重に捜査を進める。
 組対4課は昨秋、巨人やNPBの協力を得ながら、笠原元投手ら関係者の事情聴取や、携帯電話の解析などを開始。立件に向けた捜査を続けていた。
 高木投手は笠原元投手を通じて賭けをしており、捜査対象となる賭博ルートは変わらないとみられる。捜査関係者は「今回時間を経て関与者が浮かんだことで、他にも関与した選手がいる可能性はぬぐいきれない」と話す。http://www.sankei.com/affairs/news/160309/afr1603090004-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁、山口組の対立抗争集中取締本部を設置 (9日)日経

 警視庁は8日、指定暴力団山口組(神戸市)と分裂後に発足した神戸山口組(兵庫県淡路市)の対立抗争に備えた集中取締本部を設置した。東京都内には山口組系組員が約1250人、神戸山口組系組員が約500人いるとされ、情報収集や警戒活動を強化する。
 都内では先月、足立区で神戸山口組系組員が車から降りた際に複数の男に暴行を受け大けがを負う事件が起きている。http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG08H9H_Y6A300C1CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・台東区の交差点で84歳女性がひき逃げされ死亡(9日)TBS

8日午後、東京・台東区の交差点で高齢の女性がトレーラーにひき逃げされ死亡する事件があり、運転手の男が警視庁に逮捕されました。
 ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、運転手の関根幸男容疑者(54)で、8日午後3時半ごろ、台東区・下谷の交差点で、横断歩道を渡っていた神田祐子さん(84)をトレーラーでひき、そのまま逃走した疑いが持たれています。神田さんは病院に運ばれましたが、胸を強く打つなどして死亡しました。
 警視庁は、事故からおよそ2時間後に現場から4キロほど離れた路上でトレーラーに乗った関根容疑者を発見し、逮捕したということです。関根容疑者は、取り調べに対し「縁石に乗り上げたかと思った」と供述しているということです。警視庁は、当時のいきさつを詳しく調べています。(09日01:30)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2721420.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

熊谷6人殺害事件、ペルー人容疑者の鑑定留置を延長 (9日)TBS

埼玉県熊谷市で6人が殺害された事件で、逮捕されたペルー国籍の男の精神鑑定がおよそ2か月延長されることになりました。
 この事件は去年9月、熊谷市で住民6人が殺害され、ペルー国籍のナカダ ルデナ バイロン ジョナタン容疑者(30)が殺人などの疑いで逮捕されたものです。
 ナカダ ルデナ容疑者の当時の精神状態を調べるため、去年12月から今月11日までの予定で精神鑑定が行われていましたが、さいたま地検は「さらに詳しく調べる必要がある」として、7日付けで、鑑定留置の期限の延長を裁判所に請求し、認められました。
 期間は5月13日までで、さいたま地検は精神鑑定の結果を踏まえ、今後の方針を決めることにしています。(08日22:47)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2721393.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

海の通報118番、99%が間違い・いたずら(9日)朝日

海のもしもは118番――。そんなキャッチコピーで普及を図ってきた海の緊急通報ダイヤルで、間違い電話やいたずら電話が全体の99・6%にも及ぶことが第3管区海上保安本部横浜市)のまとめでわかった。海保全体でも98・9%になるという。
 関東から静岡県までの外洋を受け持つ3管本部が昨年受けた19万9千件の通報のうち、有効な通報は全体のわずか0・4%で、758件だった。
 通報全体のおよそ半分を占めたのが無言電話。また、4分の1がすぐに電話を切る「ガチャ切り」だったという。3管の担当者は「いずれも電話の誤操作が多いのではないか」と分析する。

残り:510文字/全文:781文字http://www.asahi.com/articles/ASJ344RZSJ34ULOB00W.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性死亡 岩手・釜石の仮設住宅で80代住人 同居の50代次男衰弱(9日)毎日

7日午後4時40分ごろ、岩手県釜石市甲子(かっし)町の仮設住宅で、住人の80代女性が死亡しているのを県警釜石署員が発見した。同居する50代の次男も衰弱しており、病院に搬送された。女性に目立った外傷はなく、同署は死亡時期や死因などを調べている。
 市や仮設の住民によると、女性は次男と2人暮らし。玄関に新聞がたまっていたため、住民が同日、市に通報した。玄関は施錠されていたという。
 次男は数年前に仮設住宅の自治会役員を務めていたが、病弱だったという。一方、女性は介護サービスを受けていたが、昨夏ごろから姿を見せなくなっていた。
 近くの民生委員の女性(74)は、次男は腰の具合が悪そうだったので「行政に支援を頼めば」と助言したところ、「他人に言われたくない」などと拒否されたという。【高尾具成、中田博維】

Logo_mainichi_s1http://mainichi.jp/articles/20160309/ddm/041/040/108000c

| コメント (0) | トラックバック (0)

全国13の火山に「噴火警報」や「火口周辺警報」(9日)NHK

気象庁は8日、全国の活火山の2月以降の活動状況や警戒すべき事項について概況を発表しました。噴火が発生したり、火山活動が高まったりしているとして、全国の13の火山に「噴火警報」や「火口周辺警報」が発表されています。

口永良部島の噴火警報・噴火警戒レベル5は継続

今後の噴火によって居住地域に重大な被害を及ぼすおそれがある噴火警戒レベル5の「噴火警報」は、鹿児島県の口永良部島に発表されています。
去年5月29日に爆発的な噴火が発生した口永良部島では、去年6月の噴火以降、噴火は観測されておらず、島の全域に出されていた避難指示は、去年12月に一部の地域を除き、解除されています。2月は火山性微動は観測されず、火山性地震も少ない状態が続いています。現地調査では噴火前に温度が上昇していた新岳火口の西側の割れ目付近で、温度が低い状態が続いていたほか、放出される二酸化硫黄の量もおおむね少ない状態でした。
気象庁は去年5月29日と同じ程度の噴火が発生する可能性は低くなっているものの、島が隆起した状態は続いていることから、引き続き噴火の可能性があるとして、火口の西側ではおおむね2.5キロ以内、そのほかの地域ではおおむね2キロ以内で厳重に警戒するよう呼びかけています。

火口周辺警報は11火山 噴火警戒レベル3は桜島

今後の噴火によって、火口周辺や居住地域の近くに影響が及ぶおそれがある「火口周辺警報」が発表されているのは、▽福島と山形の県境にある吾妻山、▽群馬県の草津白根山、▽長野と群馬の県境にある浅間山、▽長野と岐阜の県境にある御嶽山、▽熊本県の阿蘇山、▽宮崎県と鹿児島県にまたがる霧島連山の、新燃岳と、えびの高原の硫黄山、▽鹿児島県の桜島と諏訪之瀬島、▽それに小笠原諸島の西之島と硫黄島の合わせて11の火山です。

このうち、鹿児島県の桜島には、入山規制などが必要とされる「噴火警戒レベル3」が発表されています。また、火口周辺への立ち入りなどが規制される「噴火警戒レベル2」が発表されている火山は、吾妻山、草津白根山、浅間山、御嶽山、阿蘇山、霧島連山の新燃岳、諏訪之瀬島の7火山で、噴火警戒レベルが導入されていない火山は霧島連山のえびの高原の硫黄山、西之島、硫黄島の3火山です。
詳細は以下をクリックdownwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

中3男子生徒自殺 誤り判明後もデータ未修正で残る(9日)NHK

去年12月、広島県府中町の中学3年生の男子生徒が自殺した問題で、学校と町の教育委員会が8日夜、会見し、生徒の指導の際に使った「万引きの非行歴があった」との誤った資料について、誤りが判明したあとも学校のサーバーにデータが未修正のまま残っていたことを明らかにしました。会見で学校側は、情報管理に問題があったと謝罪しました。
去年12月8日、広島県府中町の町立中学校の3年生で15歳の男子生徒が自宅で自殺しました。学校や町の教育委員会によりますと、自殺当日までに5回行われた進路指導の際、生徒に万引きの非行歴があったとする誤った資料に基づいて、担任の教諭が、志望校への推薦は出せないと伝えていたということで、誤った資料に基づく指導が生徒の自殺につながった原因とみられるとしています。
8日夜の記者会見で、校長は誤った資料の作成について、「データ入力の過程で生徒の名前を誤ったことが原因と思われる。その後、ミスと判明したが学校のサーバーの電子データは未修正のまま残されてしまった」と述べたうえで、情報管理に問題があったと謝罪しました。また、学校が教育委員会に報告した別の資料では誤りが修正され、この生徒の非行歴は、誤りに気付けた可能性があったということです。
中学校は9日、全校集会を開き、校長が詳しい経緯を生徒に説明することにしています。
自殺した生徒の両親は弁護士を通じて、「ずさんなデータ管理、間違った進路指導がなければ、わが子が命を絶つということは決してなかったと親として断言できます」とするコメントを出しました。

記者会見の詳細

広島県府中町の中学3年生が自殺した問題を受けて、男子生徒が通っていた中学校と町の教育委員会は、8日午後10時半ごろから3時間余りにわたって記者会見を開きました。
この中で、自殺した男子生徒が通っていた中学校の校長は「生徒みずからが命を絶つようなことが起こったことについて、生徒を預かる学校の責任者として深くおわび申し上げます」と述べ、謝罪しました。そのうえで、公表が男子生徒の自殺から3か月後になったことについて、「亡くなった翌朝に遺族から『みずからの命を絶った事実を知らせると同級生の動揺が大きく進路にも影響があるかもしれないので進路が一段落するまで急性心不全で亡くなったことにしてほしい』と希望が寄せられた。公立高校の入学試験が終わったので公表した」と説明しました。
また、男子生徒に「万引きの非行歴があった」とする誤った資料については、「男子生徒が1年の時の生徒指導推進委員会の資料で触法行為をした生徒として名前があった。記録上のミスで、会議の席でミスであると確認したものの、サーバー上の電子データは未修正のまま残されてしまった」と説明しました。
誤った資料が作成された理由については、「当時、生徒が万引きをしたと連絡を受けた教諭が、資料を作成する生徒指導部の教諭に生徒の名前を口頭で連絡した。データの入力の過程で誤ったと思われる」としたうえで、「あくまで会議で使うための資料だったので、その後、ほかのことに活用するということは考えず、データも直されなかった」と述べました。
さらに校長は生徒を高校に推薦する際の基準について、それまで3年生の1年間で非行歴がある場合は推薦の対象としないとしていたものを、去年11月に1、2年生の時も含めて非行歴がある場合には推薦の対象にしないと改めたことを明らかにしました。そのうえで、こうした考えは生徒の成長を認め、生徒の意欲を高めるという観点に欠けていたと述べました。
一方、担任の教諭と男子生徒のやり取りについては、「担任は去年11月から自殺した日の朝にかけて5回、男子生徒と面談した。担任は1回目の11月16日の面談で触法行為があったことの確認を取ろうとしたが、具体的な事実を確認せず、生徒本人の不明確なことばで確認が取れたと思い込んでしまった。5回の面談を通しても担任は生徒が触法行為を否定したと感じなかったため、触法行為があったと確認が取れたとしていた」と説明しました。
詳細は以下をクリックdownwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

JR施設に火つけた被告「電車止め省資源できた」(9日)テレビ朝日

JR東日本の施設で不審火が相次いだ事件の裁判で、威力業務妨害の罪などに問われた男が「制裁的な抗議表現だった」などと、改めて無罪を主張しました。
 自称ミュージシャンの野田伊佐也被告(43)は去年8月から9月にかけて、JR東日本の施設のケーブルカバーに火を付け、業務を妨害した罪などに問われています。野田被告は、初公判で「損壊や妨害は正義の表現にとって極めて重要不可欠だ」と述べ、正当な行為にあたるとして無罪を主張しました。8日の被告人質問で、野田被告は「一言でいうと、JRに対する制裁的な抗議表現だった」「JRは莫大な量の資源エネルギーを消費している。一定時間、電車を止め、省資源ができた」などと述べました。今後について問われると「必要最低限は達成できたとの認識なので、もうやらない」と答えました。検察側の求刑は18日の予定です。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000069917.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月8日 | トップページ | 2016年3月10日 »