« 相模原の遺体遺棄、元交際相手を殺人容疑で逮捕(20日)読売 | トップページ | 情報機関の個人情報収集、根強い批判 ロック解除命令めぐり アップル反発、前例化を恐れる(20日)産経 »

2016年2月20日 (土)

清原容疑者 覚醒剤所持事件、密売人の男は複数ルートで入手 (20日)TBS

元プロ野球選手・清原和博容疑者の覚醒剤所持事件です。逮捕された密売人の男が、複数のルートから覚醒剤を入手していたとみられることが分かりました。
 この事件は、元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が覚醒剤を所持していたとして逮捕されたものです。
 その後の取材で、清原容疑者に覚醒剤を譲り渡したとして逮捕された小林和之容疑者(45)が、複数のルートから覚醒剤を入手していたとみられることが分かりました。
 「他で入らなかったら、そっちというのはありますね。やっぱり常習してるんで。(Q.複数のルートを持っていた?)そのとおりです。2つくらい(ルートを)持ってないと無理ですよね」(小林容疑者の知人)
 小林容疑者は、かつて経営していた群馬県内の飲食店で知人に覚醒剤を販売していたとみられ、暴力団関係者も出入りしていたということです。小林容疑者は清原容疑者のファンで、知人を介しておよそ3年前に知り合いその後、清原容疑者に覚醒剤を直接販売するようになったとみられています。
 警視庁は、背後に暴力団が関与している可能性があるとみて、覚醒剤の入手ルートについてさらに詳しく調べています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2707533.html

« 相模原の遺体遺棄、元交際相手を殺人容疑で逮捕(20日)読売 | トップページ | 情報機関の個人情報収集、根強い批判 ロック解除命令めぐり アップル反発、前例化を恐れる(20日)産経 »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63240180

この記事へのトラックバック一覧です: 清原容疑者 覚醒剤所持事件、密売人の男は複数ルートで入手 (20日)TBS:

« 相模原の遺体遺棄、元交際相手を殺人容疑で逮捕(20日)読売 | トップページ | 情報機関の個人情報収集、根強い批判 ロック解除命令めぐり アップル反発、前例化を恐れる(20日)産経 »