« 那覇基地で航空団発足式 中国にらみF15態勢増強(1日)共同 | トップページ | 省庁や国会のHP つながりにくい状態 サイバー攻撃か(1日)NHK »

2016年2月 1日 (月)

大阪府警、5千事件の資料放置…3千件は時効に(1日)読売

大阪府警の全65警察署の9割にあたる約60署で、少なくとも約5000事件の捜査書類や証拠品など計1万点以上が、本来保管する場所ではない機械室などに置かれ、捜査が放置されていたことが、府警関係者への取材でわかった。
 大半は暴行や傷害、横領などで、殺人など重大事件は含まれていないとしているが、うち約3000事件は既に公訴時効が成立。容疑者をほぼ特定できていたケースもあり、ずさんな管理が常態化していたとみられる。
 府警関係者によると、放置されていたのは被害者や関係者の調書、実況見分調書、遺留物などの証拠品。古いものでは約20年前の資料があり、多くは段ボール箱に入れられていた。
 見つかった場所は、捜査員らが普段立ち入ることのない機械室のほか、車庫、使われていないロッカーなど。時効を迎えていた約3000事件のうち、約4分の1の700事件前後には加害者側の氏名が記載されるなどしていたが、その後、捜査した形跡はなかった。

2016年02月01日 07時11分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ

« 那覇基地で航空団発足式 中国にらみF15態勢増強(1日)共同 | トップページ | 省庁や国会のHP つながりにくい状態 サイバー攻撃か(1日)NHK »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪府警、5千事件の資料放置…3千件は時効に(1日)読売:

« 那覇基地で航空団発足式 中国にらみF15態勢増強(1日)共同 | トップページ | 省庁や国会のHP つながりにくい状態 サイバー攻撃か(1日)NHK »