« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 嵐グッズ、6百点万引容疑 中3女子逮捕、兵庫(6日)共同 »

2016年2月 6日 (土)

北朝鮮の発射通告「あすから」 1日前倒しへ(6日)NHK

政府は、北朝鮮が国際機関に対し、「人工衛星」と称する事実上の弾道ミサイルの発射について、当初の予定を1日前倒しし、7日から14日までの間に打ち上げると通告したことを確認しました。政府は対応に万全を期す方針を確認するとともに、各都道府県に対しても発射の予定期間が1日早まったことを連絡し、警戒を呼びかけています。
北朝鮮は今月2日、ロンドンに本部がある船舶の航行の安全に取り組む国際機関、IMO=国際海事機関などに「今月8日から25日の間に地球観測衛星を打ち上げる」と通告していました。
こうしたなか政府は、北朝鮮がIMOに対して弾道ミサイルの発射について、当初の予定を1日前倒しし、7日から14日までの間に打ち上げると通告したことを確認しました。
通告では、打ち上げを実施する時間は日本時間の午前7時半から午後0時半の間で変更はなく、発射するコースも変更はなく沖縄県の先島諸島付近の上空を通過するとみられています。
これを受けて政府は、7日午後5時半から内閣府で西村危機管理監のもとに関係省庁局長級会議を開き、発射の予定期間が1日早まったことを受けて、対応に万全を期す方針を確認しました。
また、会議では「弾道ミサイルの発射は明白な国連安全保障理事会の決議違反であり、日本の安全保障上の重大な挑発行為だ」として、引き続きアメリカや韓国などと連携し、北朝鮮に自制を求めるとともに、国民の安全と安心の確保に万全を期すことを申し合わせました。そして政府は、各都道府県に対して発射の予定期間が1日早まったことを連絡し、警戒を呼びかけています。

自衛隊は7日から態勢

北朝鮮が事実上の弾道ミサイルの発射の予告期間を当初より1日早めたことから、自衛隊は7日から発射に備えた態勢を取ることにしています。
北朝鮮の今回の発射予告で、自衛隊は高性能レーダーで弾道ミサイルを追尾する能力がある海上自衛隊のイージス艦を東シナ海と日本海に配置するとともに、沖縄県や東京の防衛省などに配備されている航空自衛隊の迎撃ミサイル、PAC3が、万が一、ミサイルの一部が落下した場合に備えることにしています。

専門家「周辺諸国への揺さぶりか」

北朝鮮が発射の予告期間を当初より1日早め、期限も今月25日から14日に前倒ししたことについて、航空自衛隊で司令官を務めた永岩俊道元空将は、「発射準備が順調に進んでいることを示し、北朝鮮に能力があるとアピールするねらいがあるのではないか。さらに日程を早めることで周辺諸国に動揺を与え、揺さぶりをかけるねらいもあると考えられる」と指摘しています。

現地付近の天気予報は

北朝鮮国営の朝鮮中央テレビが5日夜に放送した、今月12日までの天気予報によりますと、発射台のあるトンチャンリ(東倉里)から北に50キロほど離れた中国との国境の都市、ピョンアン(平安)北道シニジュ(新義州)では、7日は「晴れのち曇り」、8日は「曇りのち雨」の見込みだとしています。
その後、9日から11日までは「晴れ」や「晴れのち曇り」、12日は「曇りのち雨」という予報を伝えています。
北朝鮮が過去3回、「人工衛星の打ち上げ」と称して、事実上の長距離弾道ミサイルを発射した際、北朝鮮の国営メディアが前日の夜や当日に伝えた発射場に近い都市の天気予報は、「おおむね晴れ」となっていて、北朝鮮は上空の風速も含めた気象条件を見極めたうえで、発射の時期を判断するとみられます。

News_pic1_6http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160206/k10010400001000.html

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 嵐グッズ、6百点万引容疑 中3女子逮捕、兵庫(6日)共同 »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63174463

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮の発射通告「あすから」 1日前倒しへ(6日)NHK:

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 嵐グッズ、6百点万引容疑 中3女子逮捕、兵庫(6日)共同 »