« 2016年2月26日 | トップページ | 2016年2月28日 »

2016年2月27日

2016年2月27日 (土)

生活保護に絡み金詐取 埼玉・越谷市元課長を容疑で再逮捕(27日)産経

埼玉県越谷市の元課長らによる贈収賄事件で、埼玉県警は27日、生活保護相談者から本来より高額な家屋解体費用をだまし取ったとする詐欺の疑いで、同市の元社会福祉課長、鈴木健翁容疑者(61)=収賄罪で起訴=を再逮捕した。近く詐欺容疑で解体会社社長(75)も書類送検する方針。
 再逮捕容疑は課長だった平成25年10月下旬、社長と共謀し、相談者の男性(74)が所有する家屋の解体費用などを水増しした請求書を作成し、男性から現金約173万円をだまし取ったとしている。
 県警は、本来の見積額は約115万円だったとみて、水増しした金の使途などを捜査する。鈴木容疑者の認否は明らかにしていない。
 鈴木容疑者は男性の土地を売却する際、仲介をあっせんした謝礼などとして不動産外交員、藤倉伸博被告(51)=贈賄罪で起訴=から10万円を受け取ったとして今月3日に逮捕された。http://www.sankei.com/affairs/news/160227/afr1602270014-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

横須賀で68歳女性死亡 夫逮捕 言動あいまい、認知症の可能性(27日)産経

26日午後5時40分ごろ、神奈川県横須賀市桜が丘の県営団地の住民から「年配の男性が警察官を呼んでほしいといっている」と110番通報があった。県警浦賀署員が駆けつけると、団地の一室で女性(68)が倒れており、間もなく死亡が確認された。女性は顔に殴られた痕があった。
 現場にいた夫(70)が「妻を殴ったかもしれない」と話したため、同署は傷害容疑で夫を逮捕した。「妻を足で蹴ったことは間違いない」と容疑を認めているという。
 夫の言動があいまいなことから、同署は夫が認知症である可能性もあるとみて、慎重に事件の経緯や動機を調べている。

http://www.sankei.com/affairs/news/160227/afr1602270017-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

工事車両置き場に男性と女児の遺体 滋賀・栗東(27日)朝日

27日午後4時50分ごろ、滋賀県栗東市観音寺の林道近くの工事車両置き場で、女性から「人が首をつっている」と110番通報があった。滋賀県警草津署員や湖南広域消防局の消防隊員が駆けつけたが、男性はその場で死亡が確認された。救急隊が周辺を調べたところ、近くに止まっていた乗用車内に小学校低学年くらいの女児を発見。やはりその場で死亡が確認されたという。目立った外傷などはなく、署が調べている。

Logo2_3http://www.asahi.com/articles/ASJ2W6GQPJ2WPTJB00K.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

法規定より1センチ短いナイフで誤認逮捕、釈放(27日)読売

兵庫県警神戸西署は26日、銃刀法の規定より1センチ短いナイフを所持していた無職男性(32)を同法違反容疑で誤認逮捕し、1時間20分後に釈放したと発表した。
 署員は、路上でナイフを持っていた男性を取り押さえて長さを測ったが、規定を間違って覚えていたという。
 発表では、25日午後6時30分頃、神戸市西区の公衆電話から男性が「早く来ないと人を殺す」と110番し、署員2人が駆けつけた。2人は、電話ボックス内でナイフを持っていた男性を確保。さらに、応援で現場に来た警部補がナイフの長さを測り、同型ナイフの規定より1センチ短い刃渡り6センチだったのに、誤って男性を現行犯逮捕した。
 同法は刃の長さと幅、厚さのいずれかが規定を超える刃物の所持を禁じており、本来は全てを計測する必要があったが、警部補は怠ったうえ、数値も勘違いしていた。男性には知的障害があり、釈放後、入院した。

2016年02月27日 13時06分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

パチンコ景品交換所で従業員襲われ けが(27日)NHK

27日午前、東京・大田区にあるパチンコの景品交換所で、換金用の現金を運んでいた従業員が男に襲われけがをする事件があり、警視庁は、現金の一部が奪われたとみて、強盗傷害事件として男の行方を捜査しています。
27日午前9時半すぎ、東京・大田区池上にあるパチンコの景品交換所で、換金用の現金およそ1000万円をケースに入れて運んでいた42歳の男性従業員が、突然、後ろから来た男にバールのようなもので足や顔などを殴られけがをしました。
殴られた際、従業員がケースを落とし、そのはずみで交換所の床に現金が散乱したということで、警視庁は、その一部が奪われたとみて被害額の確認を進めています。
警視庁によりますと、従業員の話などから、男は身長1メートル80センチくらいの中肉で、上下に灰色っぽい服を着て、紺色の目だし帽をかぶり、近くに止めてあった車に乗って逃げたということです。
警視庁は、強盗傷害事件として周辺の防犯カメラの分析を進めるとともに、逃げた男の行方を追っています。現場は東急池上線の池上駅前の商店街です。

News_pic1_4
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160227/k10010423941000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル3

首都東京体感治安(27、28日単位・レベル)
加害者も悲劇だ
【治安うんちく】

2009_1228_22521931F1011577

 このところ車が歩道や店などに突っ込む交通事故が多いように感じる。
 25日には大阪の阪急梅田駅前のスクランブル交差点で、乗用車が横断歩道に突入して歩道に乗り上げ、11人が死傷する重大事故となった。
 21日には東京・府中市で乗用車が塀を突き破って隣の家の庭まで侵入したが幸いけが人等はなかった。運転していたのは70歳代の高齢者だった。
 14日には京都市下京区の国道367号(通称・烏丸通)で、乗用車がビルに突っ込み、27歳の女性が死亡した。
 9日には長崎県佐世保市のコンビニに車が突っ込み、客と従業員が店内に閉じ込められるという事故があるなど「突っ込み事故」の報道が相次いだ。
 府中市の場合は運転者が70代の男性だったが、65歳以上高齢者の事故要因は運転操作不適が最も多く、信号無視は若者に多いという数字がある。
 警察庁によると今年1月に全国で発生した交通事故は3万8706件で、死者は349人だった。前年同期と比べて件数で5179件、死者で3人減少している。死者349人のうち65歳以上の高齢者の死者が56、4%を占めている。
 死亡事故の年齢別で原付以上の事故原因をみると信号無視での死者は16歳から24歳まで。スピード違反は30歳代。運転操作不適は65歳以上が最も多かった。
 発生件数では愛知の3311件、大阪の2728件、東京の2423件、福岡の2647件、静岡の2513件の順だった。
 また、高齢者の死者数が多いのは愛知の13人、兵庫、岐阜の11人、大阪、福岡の8人と続いた。
 交通事故死は被害者も気の毒だが、加害者にとっても悲劇である。
【事件】 27日夜、東京・多摩市のマンションで、住人の25歳の男性が腹などを刺されて殺害された。警視庁は逃げた20代の男を追っている。
 さらに同日午前9時半ごろ、大田区のパチンコ店の景品交換所で、従業員の男性(42)が背後から突然、バールのようなもので殴られ、床に散らばった約1000万円のうちから一部が奪われた。犯人は逃走している。
 さらにこの日夕方、台東区のマンションで「母親が息をしていない」と中学生の長女から119番通報。死亡していたのはこの部屋の41歳の女性で、警視庁は首には絞められたような痕があったことから事件と見ている。

 連続発生する凶悪事件で、東京体感治安は「レベル3(イエロー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル3"

| コメント (0) | トラックバック (0)

道警警官3人を書類送検へ 逮捕時に押さえ付け死亡 業過致死容疑など(27日)産経

北海道北見市で平成25年、土木作業員の男性=当時(40)=が道交法違反(一時不停止)容疑で現行犯逮捕された際に死亡したのは、捜査員が男性を強く押さえ付けたためなどとして、北海道警が50代の男性巡査部長と20代の男性巡査長を業務上過失致死容疑で、50代の男性警部補を特別公務員暴行陵虐容疑で近く書類送検する方針を固めたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。関係者を処分する方針。
 捜査関係者によると、巡査部長と巡査長は25年2月24日午後、抵抗する男性を逮捕する際、うつぶせの状態で背中を強く圧迫し、死亡させた疑いが持たれている。警部補はその際、男性に暴行を加えた疑いがあるという。
 男性は、逮捕現場から約80キロ離れた足寄町の国道で不審な運転をしているとして停止を求められたが逃走。道路脇の雪山に突っ込んで止まった後も1時間近く大声で叫び工具を振り回すなどしたため、捜査員が車外に引きずり出し、数人で後ろ手に手錠を掛けて押さえ付けて現行犯逮捕した。男性はその場で意識を失い、間もなく死亡が確認された。http://www.sankei.com/affairs/news/160227/afr1602270008-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

不動産詐欺容疑でカンボジア国籍の男を国際手配(27日)朝日

カンボジアでの不動産投資を持ちかけて金をだまし取ったとして、神奈川県警がカンボジア国籍の男(60)について詐欺容疑で逮捕状を取り、警察庁などを通じて国際手配したことが捜査関係者への取材でわかった。被害者対策弁護団によると、首都圏の高齢者を中心に100人超、計22億6千万円に上る被害申告があるという。
 捜査関係者によると、男は「FIRST不動産」(東京都渋谷区)など複数の会社を経営。2013年7月、神奈川県横須賀市の70代の無職女性にパンフレットを送り、「カンボジアの不動産を買って欲しい。高値で買い取る」などとうその投資話を持ちかけて、600万円をだまし取るなどした疑いがある。
 県警はこれまでにFIRST不動産の幹部や従業員など23人を詐欺や詐欺未遂容疑で逮捕。カンボジア国籍の男が中心的な役割を果たしたとみている。
 カンボジア不動産投資被害弁護団によると、男は日本人だったが、2013年にカンボジア国籍を取得したとみられる。被害申告は116人にのぼるという。

残り:676文字/全文:1113文字

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京マラソン ドローン捕獲の専門部隊など動員(27日)NHK

28日の東京マラソンで、警視庁は、不審なドローンを捕獲する専門の部隊など数千人の警察官を動員するとともに、民間企業とも連携して警備に当たることにしています。
今回の大会で、警視庁は、数千人の警察官をコースの沿道などに配置して警備に当たる方針です。
去年の大会で導入した、ランナーと一緒に走りながら警戒する警察官「ランニングポリス」をはじめ、臨時の防犯カメラなどおよそ1700台も活用します。コース周辺には、不審なドローンを捕獲する専門の部隊や機動隊の「ERT」=緊急時対応部隊を配置して、不測の事態に備えるということです。
また、民間企業との連携を強め、スタートやゴール地点では、大手警備会社が開発した無人の飛行船などが上空から監視に当たるほか、映像から混雑状況を把握して転倒事故などが起きそうな場合、警報で知らせるシステムを利用して警戒に当たるということです。
さらに、外国人の参加者や観光客向けに英語や中国語などで注意を呼びかけるメガホンで交通誘導などを行うことにしています。
東京マラソンは、ことし5月の伊勢志摩サミットや2020年の東京オリンピック・パラリンピックを前にした東京都心での大規模な警備になります。3年前のボストンマラソンで爆弾テロが起きていることなどから、警視庁は、ランナーや観客の安全のために警備を徹底するとしたうえで、「不審物など見つけたらすぐに通報してほしい」と呼びかけています。

「ソフトターゲット」の警備確立がねらい

東京マラソンで警視庁が厳戒態勢で警備に当たる背景には、テロへの懸念と、東京オリンピックなどに向けて、いわゆる「ソフトターゲット」の警備方法を確立するねらいがあります。
去年、フランス・パリで起きた同時テロ事件では、レストランや劇場など警備が比較的緩やかで不特定多数の人が集まる、いわゆる「ソフトターゲット」が狙われ、対処の難しさが浮き彫りになりました。3年前にはボストンマラソンが爆弾テロの標的になり、従来のテロ対策に加え、「ソフトターゲット」やスポーツイベントなどでの警備の在り方が課題となっています。
特にマラソン大会では、スタート地点やゴール地点だけでなく長いコースの沿道にも多数の人が集まるため、警察官や民間の警備員を配置して警戒するには限界があります。このため、今回の東京マラソンでは、臨時の防犯カメラなどおよそ1700台を活用するほか、民間企業が開発した無人の飛行船などによる上空からの監視や映像から混雑状況を把握するシステムなどを利用します。テロ対策に活用できる機材を実際に運用して民間間企業との連携を強め、「ソフトターゲット」の警備に有効な方法を確立していくねらいです。
警視庁はこうした経験を積み重ね、ことし5月の伊勢志摩サミットや2020年の東京オリンピック・パラリンピックの警備に生かしていくことにしています。

News_pic1_3
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160227/k10010423881000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

自転車にはねられ97歳女性が重体 無灯火で走行か(27日)テレビ朝日

埼玉県草加市で、歩道を歩いていた97歳の女性が後ろから来た自転車にはねられ、意識不明の重体です。
 27日午前5時すぎ、草加市中根の市道で、歩道を歩いていた直井ハツさんが後ろから走ってきた自転車にはねられました。直井さんは頭などを強く打ち、病院に搬送されましたが、意識不明の重体です。警察によりますと、歩道の幅は約1.3メートルで、自転車を運転していた67歳の女性は「ぶつかった時、自転車のライトは付けていなかった」と話しています。警察は、女性が直井さんに気付かずに衝突したとみて調べています。

2009_1229_211958annlogo1_3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000069228.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁職員を蹴った容疑、豊田俊郎議員の私設秘書を逮捕(27日)朝日

千葉県警船橋署は27日、自民党の豊田俊郎参議院議員私設秘書松崎和也容疑者(27)=同県八千代市大和田新田=を暴行の疑いで現行犯逮捕したと発表した。「酔っていてわからない」と否認しているという。
 署によると、松崎容疑者は26日午後10時45分ごろ、JR京葉線南船橋駅の事務室内で警察庁の男性職員(44)の尻を足で蹴った疑いがある。同容疑者はJR京葉線の車内で大声を上げていたため、乗客として乗り合わせていた男性職員ら数人から制止されたが、収まらなかったため、同駅で下車し、事務室に連れていかれた。

Logo_mainichi_s1_2http://www.asahi.com/articles/ASJ2W3RK5J2WUDCB008.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

県警白浜署が威力業務妨害容疑で(27日)毎日

和歌山県白浜町の町立白浜中を爆発させると予告したとして、和歌山県警白浜署は27日、神戸市長田区雲雀ケ丘3、無職、曽田大貴容疑者(27)を威力業務妨害容疑で逮捕した。容疑を認めている。
 逮捕容疑は26日午後4時10分ごろ、同町役場のファクスに「白浜中学をばくはつさせる」などと書いた紙を神戸市内のコンビニから送りつけ、学校業務を妨害したとされる。曽田容疑者は同日午後11時半ごろ、和歌山市内の交番に1人で出頭した。同署は動機などについて調べを進める。
 白浜中によると、予告のあった時間帯は高校入試を控えた3年生の一部生徒が三者面談を行っていたが、急きょ取りやめた。警察や職員で校内を確認したが、不審物は見つからなかった。また同町によると、町内4中学校で生徒の安否確認を行い、下校を促したという。【道岡美波】

Logo_mainichi_s1http://mainichi.jp/articles/20160227/k00/00e/040/201000c

| コメント (0) | トラックバック (0)

逆走し交差点で衝突、75歳死亡…5台絡む事故(27日)読売

25日午前8時半頃、愛知県半田市彦洲町の県道交差点で、逆走した同市板山町の無職の男性(75)の乗用車が、名古屋市中川区、会社員の男性(52)の乗用車と衝突するなど5台が絡む多重事故が起き、無職の男性が死亡し、別の乗用車を運転していた同市緑区の医師の女性(28)が軽傷を負った。
 愛知県警半田署の発表によると、現場は知多半島道路・半田インターチェンジ(IC)の出入り口の交差点。無職の男性は対向車線を逆走して交差点に進入し、交差点で右折しようとしていた会社員の男性の乗用車と衝突するなどしたという。無職の男性はこの日、「半田市内のゴルフ場に行く」と妻に言って出かけたという。同署は無職の男性が逆走した原因を調べている。

2016年02月27日 09時03分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

68歳妻殴られ死亡 70歳夫を逮捕…認知症か 横須賀(27日)テレビ朝日

逮捕された夫は、認知症を患っていたということです。神奈川県横須賀市の市営住宅で、68歳の女性が顔を殴られて死亡しているのが見つかり、70歳の夫が傷害の疑いで逮捕されました。
 警察によりますと、26日午後5時半すぎ、横須賀市桜が丘の市営住宅で、「年配の男性が警察を呼んでいる」と近所の住民から110番通報がありました。警察官が駆け付けると、市営住宅に住んでいる68歳の女性が寝室で死亡しているのが見つかりました。顔には何度も殴られた痕があり、現場にいた夫が「妻の顔を素手で殴ったり蹴ったりした」と話したため、警察は傷害の疑いで夫を逮捕しました。夫は5年ほど前から認知症を患い、最近は症状が悪化していたということです。警察は妻の死因とともに、夫の病気の状況や犯行の動機を調べています。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000069214.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

サミット前に毒物劇物管理を(27日)NHK

ことし5月に開かれる伊勢志摩サミットを控え、工場で使われている毒物や劇物などの安全管理についての講習会が26日、津市で開かれ、県の職員がテロリストに悪用されないよう、管理の徹底を呼びかけました。
三重県総合文化センターで開かれた講習会には、県内で毒物や劇物を扱う化学工場や販売店の担当者などおよそ300人が集まりました。
このなかで県の薬務感染症対策課の職員は毒物や劇物が盗まれてテロに使われるおそれがあるとして、カギのかかる場所などに適切に管理されているか改めて点検するとともに、紛失した場合はすみやかに保健所や警察署などに届けるよう呼びかけました。
なかでも硝酸や硫酸など爆発物の原料にもなる化学物質は必要な書類の提出を求めた上でふだん取り引きがないのに大量に購入したり、使用目的があいまいだったりする相手に販売しないよう要請しました。
四日市市の化学薬品販売会社の男性社員は「世界から要人が集まるのでいま一度、販売や保管をしっかりやろうと思います」と話していました。 http://www3.nhk.or.jp/lnews/tsu/3075659651.html?t=1456480881

News_pic1_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察官67人“永久出向” 被災3県へ、復興支援(27日)西日本

東日本大震災で大きな被害を受けた岩手、宮城、福島3県の復興支援のために全国の警察から特別出向した後、3県警に所属を切り替えて定年まで勤める「永久出向」を選んだ警察官が67人に上ることが27日、警察庁への取材で分かった。
 3分の2は地元に戻った被災3県の出身者だが、縁のない県への永久出向を決めた警察官もいた。警察庁の担当者は「町並みや暮らしぶりを目の当たりにして、『ここに骨をうずめよう』と思い立った人もいたのではないか」と話している。
 特別出向の人数は、震災後からこれまで、永久出向の67人を含めて延べ1751人に上る。http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/227179

| コメント (0) | トラックバック (0)

二・二六事件の殉職者を慰霊 「先輩の魂受け継ぐ」 SPらが黙祷(27日)産経

陸軍の青年将校らが軍事クーデターを起こした「二・二六事件」から80年となった26日、事件で殉職した警視庁警察官5人の慰霊式が東京都千代田区の「弥生慰霊堂」で行われ、要人の身辺を守るSP(セキュリティーポリス)ら警護課の85人が黙祷(もくとう)をささげた。
 慰霊式では、スーツに赤いネクタイを締めたSPと、制服に身を包む総理大臣官邸警備隊が社殿に黙祷。3カ月後に主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)が迫り、4年後には東京五輪が控える中、万全の警護へ思いを新たにした。
 警護課の関岡明課長は、「時がたっても要人警護の重要性や困難さは変わらない。尊い犠牲となった先輩方の警護精神と魂を受け継ぎ、緊張感を持って任務にあたりたい」と強調した。
 昭和11年2月26日の事件では、約1500人の反乱軍が首相官邸などを占拠、高橋是清蔵相や斎藤実内大臣らを殺害した。岡田啓介首相(いずれも当時)も襲撃されるなどして、警護にあたっていた警察官5人が殉職した。http://www.sankei.com/affairs/news/160226/afr1602260020-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴力団離脱者の支援組織、福岡県警が発足式 (27日)日経

福岡県警は26日、暴力団離脱者の就労支援などを担う全国初の専門組織「社会復帰対策係」の発足式を開いた。組織犯罪対策課の古賀正彦課長は訓示で「組員の社会復帰対策は究極の暴力団排除対策だ。就職後のケアを含めた幅広い支援や息の長い助言が不可欠で、暴力団壊滅に向けた大きな一歩になる」と強調した。
 同課に新設された社会復帰対策係は担当の警察官や県警OBの非常勤職員らで構成。暴力団組員の離脱を後押しするほか、雇用に協力的な企業への就労支援、就職後の悩み相談などを手掛ける。各署などから集まった離脱の意向を示す組員らの情報を同係に集約し、円滑な離脱と就労に結びつける。
 また東京や大阪など15都府県の関係機関が締結した広域的な就労支援協定の事務局的な役割も担う。県警幹部は「福岡の取り組みが良い先例となり、他県にも社会復帰対策の機運が盛り上がってほしい」と話す。
 県警によると、県警の支援を受けた離脱者は昨年127人で、それまで最多だった2014年の約2倍に上った。ただ就労に結びついたのは10人にとどまっており、離脱者の社会復帰対策が課題となっていた。http://www.nikkei.com/article/DGXLASJC26H5X_W6A220C1ACYZ00/

| コメント (0) | トラックバック (0)

7歳女児殺害事件 来週初公判、裁判員に迫られる難しい判断(27日)TBS

今から11年前、栃木県の旧今市市で当時7歳の吉田有希ちゃんが連れ去られ、殺害された事件は、来週、初公判を迎えます。「無罪主張」の被告側と、状況証拠を積み重ねる方針の検察側が全面対決する法廷で、裁判員は難しい判断を迫られます。
 栃木県の旧今市市、今の日光市。あの事件を受け、緊急通報装置が設置されています。2005年12月、この場所から小学1年で当時7歳だった吉田有希ちゃんが下校途中に何者かに連れ去られました。翌日、およそ60キロ離れた茨城県常陸大宮市の山中で、有希ちゃんが刃物で刺され殺害されているのが見つかりました。
 事件が大きく動いたのは発生から8年半が経過した2014年。警察は無職の勝又拓哉被告を殺人の疑いで逮捕しました。
 「勝又被告が起訴されてから裁判の争点を整理する公判前整理手続きが行われましたが、合計24回、1年半にもわたる異例のものでした」(記者)
 有力な物的証拠が少ないとされる事件。検察側は「状況証拠」を積み上げ、有希ちゃんを殺害したのは勝又被告以外にいないと立証しようとしています。凶器は未だに見つかっていないなど、決定的な証拠がないとみられているのです。
 捜査で浮かび上がった状況証拠の一端が警察や検察幹部らへのJNNの取材で新たにわかりました。有希ちゃんの遺体に猫の毛が付着していたというのです。
 猫とたわむれる勝又被告。勝又被告は事件当時、猫を飼っていたと母親は証言します。
 「お風呂入れて、乾かして、全部掃除して、一緒に寝ている。かわいがって、かわいがってしょうがない」(勝又被告の母親)
 警察は、遺体に付いた猫の毛と勝又被告が飼っていた猫の毛の双方を鑑定したところ、「同じ種類とみて矛盾はない」という結果を得たということです。しかし、「同じ個体」、つまり、勝又被告が飼っていた猫の毛と同じという鑑定結果は出ませんでした。
 「猫のDNA鑑定はサンプル数も少ないし、研究が進んでいるわけでもない。証拠としては弱い」(検察幹部)
 検察幹部の一人は、犯行を裏付ける「決定的証拠にはならない」と話しています。一方、勝又被告側は検察側と全面対決する方針です。
 「捜査機関から連日、侮辱や罵倒、非難を受けるなど威圧的な取り調べを受け、自殺未遂をするほどにまで追い詰められました。勝又さんは連日、圧倒的な力を持つ捜査官からこのような違法な取り調べを継続されたことにより、虚偽の自白をするよう追い込まれてしまったわけです」(勝又被告の弁護団 今月9日)
 勝又被告側は、一時、自白したことについて、「信用性と任意性がなく、証拠にはできない」と無罪を主張する方針です。
 「仲良くなっていくにつれて、笑顔が増えたり、相づちを打ってくれることがうれしかったです。今でも有希ちゃんが亡くなってしまったことには胸が痛みます」
 「事件を風化させたくない」。有希ちゃんと事件直前まで一緒にいた同級生の少女が、私たちに今の気持ちを伝えてくれました。
 検察側と被告側が全面対決する中、有希ちゃんの父親と祖母が被害者参加人制度を使って法廷に立つ予定で、裁判員は難しい判断を迫られることになります。注目の初公判は来週月曜日です。(26日16:44)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2712333.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

乳児死亡、「犯罪の証明ない」…父親に無罪判決(27日)読売

大阪市住吉区の自宅で生後2か月の長男を暴行して死なせたとして傷害致死罪に問われた父親(37)の裁判員裁判の判決で、大阪地裁は26日、無罪(求刑・懲役8年)を言い渡した。
 田村政喜裁判長は「犯罪の証明がない」と述べた。
 判決によると、父親は2013年3月25日朝、長男の頭に強い衝撃を加えて死亡させたとして逮捕され、同年12月に起訴された。
 田村裁判長は、証人尋問で医師らが、犯行があったとされた時間帯の前に頭を負傷した可能性を指摘したことなどを踏まえ、「父親以外の人物による暴行の可能性を排除できない」と指摘した。

2016年02月26日 18時38分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

生徒指導カード1628人分不適切管理 大阪・吹田東高(27日)朝日

大阪府教育委員会は26日、吹田市の府立吹田東高校で過去6年分の卒業生の病歴や家庭の経済状況、処分歴などを記した1628人分の生徒指導カードが不適切に管理され、その一部が神戸市内の処分場やフェリーターミナル付近などで見つかったと発表し、謝罪した。
 府教委によると、カードは2005年3月~10年3月に卒業した生徒の分。旧校舎の解体に伴い、カードを保管していたロッカーの廃棄を業者に依頼。今月10日に神戸市東灘区廃棄物処分場に運ばれた。
 しかし、12日になってカード2枚がフェリーターミナル付近の植え込みで拾得されたと警察から連絡があり、調査すると旧校舎の解体現場で801人分、処分場の金属置き場で延べ381人分が見つかった。残る660人分は未発見だが、ロッカーとともに溶解処理されたとみられる。業者が処分場に運ぶ際にロッカーが壊れ、中のカードが飛散したとみられる。
 ロッカーの鍵の引き継ぎが担当者間でなされずに、保存期限の3年を過ぎても廃棄されていなかったという。(石原孝)

Logo2
http://www.asahi.com/articles/ASJ2V5V3KJ2VPTIL01P.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

風呂釜劣化による事故 5年で600件以上(27日)NHK

風呂を沸かす風呂釜が古くなるなどして劣化し、火災や不完全燃焼を起こすなどの事故が去年3月までの5年間に600件以上起きているとして、NITE=製品評価技術基盤機構が注意を呼びかけています。
製品事故を調査しているNITEによりますと、去年3月までの5年間にメーカーから報告されたガスや灯油などを使った風呂釜の事故は667件に上っているということです。このうち、火災が291件と多くなっているほか、一酸化炭素中毒による死亡事故も2件起きています。事故は古くなった風呂釜での報告が多く全体の63%が10年以上使用している製品となっています。
具体的な状況では、吸気口にゴミなどがたまって十分に酸素が取り込めず不完全燃焼となり一酸化炭素中毒になったケースのほか、ガスを使った風呂釜で、うまく火がつかなくて点火の操作を繰り返すうちにガスが充満し引火して火災になったケースや、空だき防止の安全装置がない製品で空だきをして火災につながったケースも多かったということです。
NITEの池谷玲夫課長は「安全装置のついていない古い製品は注意が必要だ。また、部品がさびるなど劣化していると異常燃焼などの原因となるので事故を防ぐために定期的な点検を受けてほしい」と話しています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160227/k10010423451000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

知人に手土産?60歳男、生きたマダコ13匹“盗む”(27日)テレビ朝日

生きたマダコ13匹を盗んだとして、60歳の男が逮捕されました。
 逮捕された職業不詳・大福修二容疑者は先月、福岡県北九州市の漁協に窓ガラスを割って侵入し、水槽の中にいた13匹のマダコを盗むなどした疑いです。マダコは合わせて11.8キロ、2万3600円相当です。大福容疑者は自ら警察に「漁協のガラスを割った」と連絡してきました。調べに対し、大福容疑者は「世話になった男性の所に持っていって食べるためにやった」などと話しています。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000069178.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月26日 | トップページ | 2016年2月28日 »