« 2016年2月24日 | トップページ | 2016年2月26日 »

2016年2月25日

2016年2月25日 (木)

手りゅう弾?避難呼び掛け、仙台 拳銃、実弾も空き家に(25日)共同

25日午前11時25分ごろ、仙台市青葉区国見ケ丘の空き家で「拳銃のような物が見つかった」とリフォーム業者から仙台北署に通報があった。捜査関係者によると、空き家からは少なくとも拳銃2丁、実弾約170発 … [記事全文]    

2010_0123_11120247newslogo1http://www.47news.jp/news/2016/02/post_20160225224601.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

被害総額は5000万円超…イタリア高級バイク“窃盗”(25日)テレビ朝日

東京・江戸川区のマンションの駐車場から500万円相当の高級大型バイクを盗んだとして台湾出身の男2人が追送検されました。2人はこれまで50台以上のバイクを盗んだとみられます。
 台湾出身の王裕仁容疑者(45)ら2人は去年、江戸川区小松川のマンションの駐車場からイタリアのメーカーの高級大型バイク1台、500万円相当を盗んだ疑いが持たれています。警察によりますと、2人は2013年8月から去年10月にかけて、都内や神奈川県内などで他にもバイク50台程を盗んだとみられ、被害総額は5000万円以上に上ります。2人は、去年11月に別のバイクを盗んだ罪ですでに逮捕・起訴されていますが、警察の取り調べに対し、「金がほしかった」と供述していたということです。警察は2人が転売目的で犯行に及んだとみて調べています。

2009_1229_211958annlogo1_4http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000069112.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【梅田・車暴走事故】運転男性、事故直前意識失う? 病気などの理由か 大阪府警(25)産経

大阪市北区の阪急梅田駅西側の交差点付近で25日昼すぎ、車が歩道に乗り上げ通行人をはねた事故で、運転していた男性が、病気など何らかの理由で事故直前に意識を失っていたとみられることが、捜査関係者への取材で分かった。
 大阪府警は、意識を失ったまま赤信号を無視して交差点に進入した可能性があるとみて、遺体を司法解剖するなどして詳しい事故原因を調べる。http://www.sankei.com/west/news/160225/wst1602250088-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

長男名乗り高齢者から150万円詐取 「受け子」男の画像公開 警視庁(25日)産経

息子を装って高齢者から現金をだまし取ったとして、警視庁蒲田署は25日、現金を受け取った「受け子」の男の防犯カメラ画像を公開し、情報提供を呼びかけた。
 同署によると、1月29日午前9時半ごろ、東京都大田区の無職男性(89)の自宅に長男を装って「300万円が入ったカバンを盗まれた。お金を何とか用意してほしい」などと嘘の電話があり、同日午後1時半ごろ、長男の同僚を名乗る男が自宅を訪れ、男性から現金150万円を受け取って立ち去った。
 その後、「さらに現金が必要」などと電話があったが、帰宅していた長男の妻が被害に気づき、同署に相談した。
 男は20歳ぐらいで、身長約165センチ。黒い短髪で白いワイシャツに黒っぽいネクタイを締め、黒っぽいジャンパーを羽織っていた。
 情報提供は同署(電)03・3731・0110。

http://www.sankei.com/affairs/news/160225/afr1602250047-n1.html

このニュースの写真

  • 長男名乗り高齢者から150万円詐取 「受け子」男の画像公開 警視庁

| コメント (0) | トラックバック (0)

出資の「見せ金」名目で3千万円詐取 容疑でコンサル会社役員を逮捕(25日)産経

新会社を設立すると虚偽の説明をし、「出資金に見せるための金を貸してほしい」などと偽って現金をだまし取ったとして、警視庁本所署は詐欺容疑で、住所不詳、コンサルタント会社役員、西田健治容疑者(59)を逮捕した。「借金の返済に充てたと思う」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、平成22年5月27日、群馬県板倉町の自動車販売会社役員の男性(49)に「チケット販売会社を新たに立ち上げるが、出資が十分あるように見せかけるため、3千万円を貸してほしい」などと偽って、現金3千万円をだまし取ったとされる。
 チケット販売会社は実際には設立されず、西田容疑者が返済しないことから、男性が26年7月、警視庁に告訴していた。http://www.sankei.com/affairs/news/160225/afr1602250048-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

逮捕の3人と別のベトナム人「自分が刺した」(25日)NHK

23日、埼玉県上里町でベトナム人の女性が現金を奪われたうえ、取り返そうとした男性が刃物で刺された事件で、警察は長野県内に逃げていたベトナム人の男3人を殺人未遂などの疑いで逮捕するとともに、別のベトナム人の男が「自分が刺した」と話していることから、事件に関わっているとみて事情を聴いています。
23日、埼玉県上里町のアパートでベトナム人の女性が男に現金およそ50万円が入ったハンドバッグを奪われ、一緒にいたベトナム人の男性が取り返そうとしたところ、胸を刃物で刺されてけがをしました。
警察は24日、現場から逃走した車を長野県内で見つけ、車から逃げ出した3人のベトナム人の男らを、24日夜から25日朝にかけて飯田市や隣接する阿智村で確保し、いずれも殺人未遂と強盗の疑いで逮捕しました。
警察によりますと、逮捕されたのは、グエン・バン・ズー容疑者(21)、グエン・バ・コン容疑者(22)、グエン・ダオ・チャン容疑者(23)で、このうち、ズー容疑者は「バッグを奪ったが刺したのは別の仲間だ」と供述し、ほかの2人は「その場にいただけで、バッグを奪ってもいないし刺してもいない」と供述しているということです。
一方、25日になって、別のベトナム人の男が、以前勤めていた群馬県高崎市の会社を通じて「自分が刺した」などと警察に連絡してきたということです。警察は、この男も事件に関わっているとみて事情を聴いています。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160225/k10010421791000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

取り立て電話は430回…法定金利134倍で金を貸し付け(25日)テレビ朝日

半年間にわたり、430回も取り立ての電話をしていました。
 小宮淳一容疑者(39)は埼玉県の男性(49)に法定金利の最大134倍で金を貸し付け、11万3000円の違法な利息を受け取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、小宮容疑者に違法な貸し付けをやめるよう警告した際、「捕まえられるものなら捕まえてみろ」と無視したということです。その後、小宮容疑者は、男性の自宅などに430回も取り立ての電話をしていました。

2009_1229_211958annlogo1_3
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000069091.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

まいた画びょう、生徒に飛び越えさせる 教諭を戒告処分(25日)朝日

教室に画びょうをまき、上履きを履いていない中学2年の男子生徒に越えさせたとして、東京都教育委員会は25日、多摩地域の中学校の男性主任教諭(61)を戒告処分にしたと発表した。教諭は「軽率な気持ちで、やり過ぎたと反省している」と話しているという。処分は同日付。
 都教委によると、教諭は昨年7月、休み時間に上履きをげた箱に片づけていなかったとして、生徒の上履きを没収。そのうえで、教室出入り口付近の約1メートル四方に画びょうを90個まき、廊下側にいた生徒に、「飛び越えられたら(上履きを)返す」と発言した。生徒は入り口の柱と引き扉に両手両足をかけて教室に入ったという。(伊藤あずさ)

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASJ2T6673J2TUTIL04C.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

爆破予告 東京都教委にメール…各地で相次ぐ(25日)毎日

東京都教育委員会は25日、都内の複数の小学校を爆破するとの予告メールが届いたと明らかにした。全国の自治体にもメールで爆破予告があり、各地の警察が捜査を進める。都教委は、区市町村の教委に安全点検と適正な対応を取るよう指示。稲城市では25日午後、全小学校を休校とした。
 都教委によると、メールは「小学校の複数箇所に圧力鍋を利用した殺傷力の高い爆弾を仕掛けた」との内容で、26日午後3時34分に爆破すると予告している。24日昼に都教委のホームページ(HP)の問い合わせ窓口に届いた。
 このほか、山口県や大分市も25日、それぞれのHPに爆破予告があったと発表した。(共同)

Logo_mainichi_s1_2http://mainichi.jp/articles/20160226/k00/00m/040/035000c

| コメント (0) | トラックバック (0)

昨年の「いじめ事件」は200件…2年連続減少(25日)読売

全国の警察が昨年1年間に摘発・補導した少年事件のうち、いじめが絡んだ事件は200件で、前年より65件減ったことが25日、警察庁のまとめで分かった。
 2年連続の減少で、同庁は「警察と学校の連携が進み、悪質な事件が減った結果」と分析している。
 同庁によると、いじめ事件の内訳は傷害が74件、暴行が56件、恐喝、暴力行為が各17件で、これらの犯罪で全体の8割を占めた。
 インターネットを利用したいじめは13件。前年から20件減ったが、中学生が同級生の女子生徒の裸をスマートフォンで撮影し、無料通話アプリ「LINE」で友人に送るといった児童ポルノ事件が7件あった。
 いじめに絡んだ200件で摘発・補導された小中高生は331人で、前年より125人減った。331人の内訳は、小学生48人、中学生206人、高校生77人だった。
2016年02月25日 18時21分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(25、26日単位・レベル)
仕立屋銀次
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011557 本日は「すり」の話し。漢字では『掏摸』と書く。上着やズボンのポケットや荷物などから、気づかれないうちに財布や貴重品を盗みとる行為だ。
 すり犯と言えば、明治時代に東京の「すり」の親分と言われた「仕立屋銀次」なる男が有名。たかが「すり犯」なのに歴史に残る人物なのである。
 明治時代から大正、昭和の時代まで「すり」一筋に生きた男。「すりとる」のは一種の技術なのだろう。
 ところでその「すり」でなんと82歳と77歳という高齢者が警察に捕まった。
 松山市内のスーパーで買い物をしていた87歳の女性の手提げ袋から財布を盗みとったもの。警察では昨年の夏ごろから、すり被害の被害届が20件以上あるというが同一犯かは不明だ。
 先日「当たり屋」を古典的な犯罪と書いたが、「すり犯」はもっと古い犯罪だった。
 すのスリ犯は増えているのか減っているのか?
 警察庁によると平成27年のすり犯の全国の認知件数は4222件で、前年より395件減った。平成19年には1万0220件の認知件数があったが同24年には半減して5475件。そして昨年はさらに千件も減らしている。
 ランキングはワースト1が東京の1956件。大阪の774件、千葉の202件、愛知の172件、神奈川の151件と続いた。
 すり犯がまったく無いところもある。佐賀と鳥取だ。
 一方、前年に比べて増加したのは長野が+20件、兵庫が+17件、沖縄が+10件。
 全国平均検挙率は27.5%だが、なんと和歌山の122.2%を筆頭に青森、山口が100%。以下、熊本の86.0%、沖縄の80.6%と続いた。
 これに対して発生があるものの検挙が全く無かったのは山形、山梨、島根、宮崎。ちょっとばかり恥ずかしい話しである。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

「うさぎ用ケージ閉じ込め」次男監禁死 猿ぐつわ・食事は数日に1度・死体は荒川に…公判で父母が起訴内容一部否認(25日)産経

タオルで猿ぐつわをした次男=当時(3)=をうさぎ用ケージに閉じ込めて死亡させた上、遺体を遺棄したとして、監禁致死と死体遺棄の罪に問われた父親の皆川忍被告(31)=傷害罪などで服役中=と、母親の朋美被告(29)=詐欺罪などで有罪確定=の裁判員裁判初公判が25日、東京地裁(稗田雅洋裁判長)で開かれた。両被告は死体遺棄罪を認めたが、「死因は不明」などとし監禁致死罪は否認した。
 検察側の冒頭陳述によると、両被告は共謀し、平成24年12月から25年3月、東京都足立区の自宅で、次男の玲空斗(りくと)ちゃんをうさぎ用ケージに閉じ込めた上、声を出させなくするためタオルで猿ぐつわをして窒息死させた。さらに死亡した玲空斗ちゃんを段ボールに入れ、荒川などに遺棄したとしている。玲空斗ちゃんの遺体は見つかっていない。
 忍被告側は「忍被告は子供好きな父親だった。家中を散らかす玲空斗ちゃんから家庭の平穏を守るためにやむなくした行為であり、死亡するとは思っていなかった」と主張。朋美被告側も「夫が猿ぐつわをしたのは知らなかった」とし、監禁罪に留まると主張した。

| コメント (0) | トラックバック (0)

【山口組分裂】「便所掃除から始めろ」 秋田で組加入脅迫の弘道会系幹部ら6人逮捕(25日)産経

指定暴力団山口組と分裂後に誕生した神戸山口組が勢力を争う中、山口組の篠田建市(通称・司忍)組長の出身母体、弘道会(名古屋市)系の組幹部らが一般人に組に入るよう脅したとして、秋田県警は25日、暴力行為等処罰法違反(集団的脅迫)の疑いで6人を逮捕した。
 逮捕されたのは、弘道会幹部で同会系金田組(秋田市)会長の金田守一(61)、同組幹部の後藤浩二(47)、横山秋夫(50)、本多哲(41)、組員の佐々木竜治(51)、無職の大森勝春(42)の6容疑者。
 逮捕容疑は21日、秋田市山王の金田組事務所などで市内の30代の男性を取り囲み、「便所掃除から始めろ」「けんか(抗争)になったら行け」などと、組員になるよう脅迫したとしている。
 秋田は東北で唯一、山口組系と神戸山口組系の組織が併存しており、県警は金田組が勢力拡大を図っているとみて警戒を強める。http://www.sankei.com/affairs/news/160225/afr1602250039-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「免許証返せ」 警官殴った疑いで会社員逮捕(25日)TBS

東京・日野市で交通違反の取り締まりを巡って警察官の顔を殴り、けがをさせたとして、会社員の男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、会社員の前田宏二容疑者(48)で、今月23日、JR日野駅前の路上で40代の男性警察官の顔を殴った疑いが持たれています。
 前田容疑者は事件前、車を運転中に、一時不停止で取り締まりを受け、免許証を警察官に渡したまま逃走していました。その後、駅前の交番近くで取り締まりを行った警察官を見つけ、「違反していないから俺の免許証返せよ」と因縁をつけ、いきなり顔を殴り鼻の骨を折るけがをさせたということです。
 前田容疑者は「警察官と揉めたことは覚えているが、殴ってはいない」と容疑を否認しています。(25日13:45)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2711388.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性狙うサクラサイトが巧妙化…副業紹介で誘導(25日)読売

異性や占い師などになりすましてインターネットの交流サイトに誘導し、有料のメール交換サービスを利用させる「サクラサイト商法」が巧妙化している。
 国民生活センター(東京)によると、「自宅でできる副業紹介」などをうたい、女性を狙うケースが増えているという。富山県内でも被害が確認されており、センターが注意を呼びかけている。
 サクラサイト商法は、サイト開設者と同じグループが「サクラ役」となり、「お金をあげる」「収入が得られる」などの文句で誘って登録料を払わせたり、有名人をよそおって有料サービスを利用させたりする手口だ。
 富山市消費生活センターによると、富山市の20歳代の女性は昨年、副業を巡り被害に遭った。
 女性は昨年4月頃、スマートフォンでソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を閲覧中に、副業を紹介するサイトを発見。「相談にのってくれたらお金をあげます」との書き込みを見つけた。
 このサイトは、お金でポイントを購入し、メールを交換するサービスだ。女性はポイントを使いメールのやり取りを続け、相手が現金を送るところまで話は進んだ。だが、相手は「事故が起きた」などの理由を付けて支払いを先延ばしにした。結局、女性は約5万円分のポイントを使っただけで、相手から現金は得られなかった。
 県外の例では、自宅で親の介護をしていて働きに出られず、副業を探していた主婦が被害に遭ったケースもある。
 国民生活センターは、「インターネットで『誰でもできる』『自宅で簡単にできる』という副業紹介のサイトやアプリは信じないで」と注意を呼びかけている。

2016年02月25日 13時51分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

歩行者次々はねた事故 運転手が死亡 死者は2人に(25日)NHK

25日昼すぎ、大阪市の中心部にある阪急梅田駅前の交差点で、乗用車が次々と歩行者をはねたあと歩道に乗り上げ、さらに歩行者をはねました。警察によりますと、この事故で、歩行者の男性と乗用車の運転手の2人が死亡し、歩行者1人が意識不明の重体、さらに8人が重軽傷を負いました。
25日午後0時半すぎ、大阪市中心部の阪急梅田駅前の交差点で、乗用車が横断歩道を渡っていた歩行者を次々とはねたあと歩道に乗り上げ、さらに歩行者をはねました。
警察によりますと、この事故で、歩行者の50代の男性と、乗用車の50代の男の運転手の2人が死亡したということです。また、歩行者の20代の女性が意識不明の重体となっているほか、8人が重軽傷を負いました。
乗用車は、大勢の歩行者が渡っていた駅前の交差点に、西からかなりのスピードで進入したということです。事故を目撃した男性は「車は交差点を入ってホテルの入口の前から歩道に乗り上げ、スピードを出したまま人をはねた。ブレーキがかかっているようには見えなかった」と話していました。警察が詳しい状況を調べています。
事故があった大阪・梅田は、JR大阪駅や阪急と阪神のターミナル駅、それに百貨店や家電量販店などが集まる、大阪を代表する繁華街で、事故当時は大勢の買い物客などでにぎわっていました。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160225/k10010421711000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

4人目か…埼玉強盗殺人未遂 新たに男の身柄を確保(25日)テレビ朝日

埼玉県上里町のアパートで女性がバッグを奪われて男性が胸を刺された事件で、警察はこれまでに長野県でベトナム人の男2人を逮捕し、1人の身柄を確保しました。さらに25日午前、群馬県内の工場で「自分も事件現場にいた」と話す男1人の身柄を新たに確保しました。
 グエン・バン・ズー容疑者(21)ら2人は23日、上里町三町のアパートで、女性(22)のバッグを盗んで逃げ、追い掛けてきた男性(29)の右胸を刃物で刺した疑いで逮捕されました。警察によりますと、取り調べに対し、グエン容疑者は「男性を刺したのは仲間のうちの誰か」と供述しています。また、警察は25日朝、2人と一緒に逃げていたとみられるベトナム人の男を長野県飯田市内の高速バスの停留所で見つけ、身柄を確保しました。さらに午前9時ごろ、群馬県高崎市の工場から「事件に関与したとみられる男がいる」と通報を受け、駆け付けた捜査員が東南アジア系の男1人の身柄を確保しました。警察によりますと、男は工場の上司に対して「自分も現場にいたのでどうしよう」などと相談していたということです。警察は男が事件に関与したかどうかを慎重に調べています。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000069060.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【靖国爆発】3度目逮捕 韓国人、火薬持ち込み疑い(25日)産経

東京・靖国神社の公衆トイレで昨年11月、爆発音がして不審物が見つかった事件で、警視庁公安部は25日、火薬類取締法違反(輸入)と関税法違反(輸入未遂)の疑いで、韓国人の全昶漢容疑者(27)=建造物侵入罪などで起訴=を再逮捕した。逮捕は3度目。
 逮捕容疑は昨年12月9日、許可を受けずに韓国・金浦空港から黒色火薬が入ったリュックサック1個を飛行機に載せて羽田空港に輸入し、通関させようとした疑い。
 全容疑者は昨年11月23日に靖国神社に侵入し、許可なく所持していた火薬入りの金属製パイプを燃焼させて飛ばし、天井を壊したとして逮捕、起訴されている。
 この日のうちに韓国に帰国したが、12月に再び入国して逮捕された。当初は理由について「もう一度靖国神社に爆発物を仕掛けようとした」という趣旨の供述をしていた。

http://www.sankei.com/affairs/news/160225/afr1602250022-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

幼児遺棄 少年と少女を殺人容疑で再逮捕 静岡県警(25日)毎日

生まれて間もない男児の遺体を遺棄したとして、静岡県東部に住む10代の高校生の少年と少女が死体遺棄容疑で逮捕された事件で、静岡県警は25日、2人が男児を殺害したとして殺人容疑で再逮捕した。2人とも容疑を認めているという。
 容疑は共謀の上、今年1月下旬ごろ、少女が出産して間もない男児を殺害したとしている。
 県警によると、少女は今年1月下旬ごろ、自宅の風呂場で男児を出産。連絡を受けた父親の少年が自宅に連れ帰り、タオルにくるんだ状態でバッグに入れたまま自分の部屋に放置していたという。生まれた日に殺害し、死因は窒息死とみられる。
 2月10日、少女が体調不良を訴え、母親と医療機関を受診した際に出産が発覚した。県警が15日までに2人を死体遺棄容疑で逮捕していた。【松岡大地、早川夏穂】

Logo_mainichi_s1http://mainichi.jp/articles/20160225/k00/00e/040/210000c

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴走族の時代は終わった 17年連続減少 ピーク時の6分の1 警察庁発表(25日)産経

警察庁は25日、昨年1年間の暴走族の活動状況を公表し、構成員は6771人(前年比59人減)で17年連続の減少となった。ピーク時の4万2510人(1982年)の約6分の1。統計を取り始めたのは昭和50年で、平成16年から最少を更新している。
 担当者は「少子高齢化や二輪免許の取得者数の減少が影響している」と説明している。
 グループ数も227(71減)となり13年連続で減った。暴走、集合行為は2883件(248件減)だった。http://www.sankei.com/affairs/news/160225/afr1602250019-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺少年、最多 刑法犯減少、初の3万人台(25日)産経

警察庁は25日、昨年1年間に振り込め詐欺に関与したとして摘発した14歳以上の少年が、前年比84人(26・4%)増の402人(暫定値)に上ったと発表した。振り込め詐欺の少年の統計を始めた平成21年以降、毎年増え続けている。
 刑法犯で摘発された少年は12年連続で減り、統計の残る昭和24年以降、初めて4万人を割る3万8921人(確定値)だった。依然深刻な被害が続く特殊詐欺の現状の一端があらためて浮き彫りになった。
 詐欺で摘発されたのは802人で、半数近くが振り込め詐欺に関与したことになる。役割別では現金受け取り役の「受け子」が305人で全体の75・9%を占めた。見張り役を含めると8割を超える。
 年齢別では18歳の133人が最多で、19歳が107人、17歳が94人と続いた。職業別では無職が218人、有職者83人で、高校生が75人、大学生12人などだった。http://www.sankei.com/affairs/news/160225/afr1602250020-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警官、元妻に不正受給させる…生活保護費数百万(25日)読売

大阪府警曽根崎署刑事課の男性警部補(40歳代)が、同居する元妻に生活保護費を不正受給させていたとして、府警は24日、警部補を減給の懲戒処分にした。
 府警関係者などへの取材でわかった。不正受給額は数百万円に上るとみられ、府警は「生活保護の不正受給が問題化する中、警察官の信用を失墜させる行為」としている。警部補は同日、依願退職した。
 府警関係者などによると、警部補は十数年前に離婚。元妻は別居後、大阪市に生活保護の受給を申請し、認められた。しかし、約3年前に同居を再開し、警部補の収入で受給資格がなくなったにもかかわらず、警部補は、元妻が世帯収入の変更などを市に届けず、受給を続けるのを黙認していたという。

2016年02月25日 10時04分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ

| コメント (0) | トラックバック (0)

指定暴力団事務所が撤退…住民「無言の抗議」(25日)読売

茨城県守谷市にある指定暴力団「松葉会」事務所の土地と建物が24日、市に明け渡された。
 事務所の撤退に市が1億2000万円を支払うことで和解が成立しており、松葉会の撤退が完了した。
 事務所は敷地面積約2000平方メートルの平屋で2012年9月頃に完成。翌月、県警が暴力団事務所と確認した。地元住民は13年12月、事務所の撤退を求めて6万9547人の署名を県議会に提出。15年2月から、約150人の暴力団幹部が集まる月例会の度に事務所前で「無言の抗議」を続けた。
 東京高裁で15年12月、全面撤退する内容の和解が成立。市は弁護士費用などを含む買い取り費用全額を負担する補正予算を市議会に提出、可決された。代金は24日、元所有者の代理人を通じて総長に支払われ、鍵が市側に渡された。

2016年02月25日 07時41分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・神田で民家火災、放火の可能性 20歳女性が重体 警視庁が捜査(25日)産経

東京・神田で民家の一部が焼け、住人の女性(20)が意識不明の重体になる火事があり、付近の防犯カメラに不審な人物が写っていたことが24日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査1課は放火の疑いもあるとみて、詳しい経緯を調べている。
 火事は23日午前4時半ごろ、千代田区内神田の住宅で発生。約1時間半後に消し止められたが、3階建て建物1階のガレージ部分約50平方メートルが焼け、ガレージ内にあったワゴン車が全焼するなどした。
 この家は、女性と、青果業の父親(49)、母親(49)、いずれも18歳の双子の弟の5人暮らし。女性のほか、母親と弟2人も煙を吸うなどして病院に搬送されたが、命に別条はないという。父親は仕事で不在だった。
 近くに火の気はなく、警視庁が出火原因などを調べていたところ、付近の防犯カメラに不審な人物が写っていたことが確認された。
 現場は首都高速神田橋インターチェンジのそばにあるビルや住宅などが立ち並ぶ一角。http://www.sankei.com/affairs/news/160224/afr1602240014-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「被災地で幽霊」社会的背景は (25日)NHK

東日本大震災の被災地で語られる、「幽霊を見た」という体験について、その社会的な背景を探ろうというシンポジウムが、仙台市で開かれました。
このシンポジウムは、東北学院大学の教授などが開いたもので、会場となった、仙台市青葉区の大学のホールには大学の研究者など150人が集まりました。
シンポジウムでは、まず、大学4年生の工藤優花さんが石巻市や気仙沼市で、タクシーの運転手から聞き取った、「幽霊を見た」という体験について発表しました。
体験を語った人たちから、「恐怖心」よりも「震災の犠牲者を敬う感情」がみられたということで、発表した工藤さんは、こうした現象が語られる背景には震災で生き残ったことに対する負い目があるのではないかと指摘しました。
このあと、宗教学者や栗原市の寺の住職などが講演し、震災をきっかけに、死に対する考え方や心の変化について発表が行われ、集まった人たちは震災からまもなく5年を迎えるのを前に、命の大切さを改めて感じ取っている様子でした。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/tohoku-news/20160224/5861211.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

殺害直前か、画像公開 東京・中野の劇団員女性殺害で警視庁(25日)産経

東京都中野区のマンションの一室で昨年8月、この部屋に住むアルバイト店員で劇団員の加賀谷理沙さん=当時(25)=が殺害された事件で、警視庁中野署捜査本部は24日、殺害の直前とみられる加賀谷さんの画像などを公開した。事件は26日で発覚から半年になり、捜査本部は広く情報提供を求めている。
 画像は昨年8月25日午前0時半ごろ、加賀谷さんが自宅近くのコンビニエンスストアで買い物をしていた際に防犯カメラに写っていたもの。白と黒のボーダー柄のワンピースに、ピンクの半袖のカーディガンを羽織っていた。
 加賀谷さんは同0時40分ごろ以降、知人からの無料通信アプリ「LINE(ライン)」のメッセージを読んだ形跡がなく、買い物から自宅に戻った直後に何者かに襲われたとみられる。
 遺体は翌26日午後10時ごろに見つかった。玄関奥に全裸であおむけに倒れ、顔にタオルケットがかけられていた。首にはひもで絞められたような痕があった。
 加賀谷さんの黒のリュックサックや、イチゴ柄の敷布団カバーなども室内からは見つかっておらず、犯人が証拠隠滅のために持ち去った可能性が高い。情報提供は、中野署捜査本部(電)03・5342・0110。

このニュースの写真

  • 殺害直前か、画像公開 東京・中野の劇団員女性殺害で警視庁

| コメント (0) | トラックバック (0)

【自治体連続爆破予告】出頭の大学生「予告に飽きた」報道番組で証言(25日)産経

千葉県警は23日夜、東京都内で住居表示板を盗んだとして窃盗の疑いで埼玉県上尾市に住む大学生の男(20)を逮捕した。捜査関係者によると、男は複数の自治体に送られた爆破予告に関して今年1月下旬、松戸東署に出頭し爆破予告をしたと供述していた。(サンケイスポーツ)
 千葉県警は男のパソコンなどを押収し、爆破予告について威力業務妨害容疑での捜査も慎重に進めている。
 男は24日放送されたフジテレビ系報道番組にVTRで登場。爆破予告で出頭後、今回の逮捕までの間にマスク姿で取材に応じ、昨年6月から50件以上の爆破予告を行ったとした上で「爆破予告に飽きた…そういうことで出頭しました」と証言。各自治体は施設の一時閉庁などの対策を余儀なくされたが、男は「私は嫌な思いをしていないので、何とも思っていません」とも語った。
 爆破予告をめぐっては全国の多数の自治体に昨年以降、メールなどで送られた。弁護士を名乗り、文体や予告日時が同じものが多いなど内容が類似しているものが多く、同一人物が送った可能性があるとみられる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

宮崎県警警視自殺か…暴行未遂の疑いで任意聴取(25日)読売

宮崎県警は24日、女性に暴行しようとした疑いがあるとして任意で事情聴取していた県警本部の男性警視(50歳代)が、宮崎市内で首をつった状態で死亡していたことを明らかにした。
 家族宛ての遺書があり、自殺とみている。県警は「事情聴取と自殺との関係は調査中」としている。
 県警によると、今月に入って県内の女性から警察署に被害の相談があり、警視に複数回、事情を聞いた。被害届は出されていなかったという。
 警視は19日に出勤してこなかったため捜したところ、宮崎市内の屋外で首をつって死亡しているのが見つかった。

2016年02月24日 12時38分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・杉並区 住宅など6棟焼け1人重体(25日)NHK

24日夜、東京・杉並区で住宅など6棟が焼ける火事があり、70代の男性が意識不明の重体になっています。警視庁と東京消防庁が、火事の原因を調べています。
24日夜7時半ごろ、東京・杉並区西荻南の住宅から火が出て、周囲に燃え広がりました。東京消防庁がポンプ車など34台を出して消火に当たり、2時間半後に火は消し止められましたが、住宅など6棟、およそ200平方メートルが焼けました。
消防によりますと、この火事で、70代の男性が救助され、病院に運ばれて手当てを受けていますが、意識不明の重体になっているということです。
警視庁と東京消防庁が、火事の原因を詳しく調べています。
現場は、JR西荻窪駅の南に200メートルほどの住宅が密集する場所です。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160224/k10010420821000.html

News_pic1

| コメント (0) | トラックバック (0)

強盗傷害事件で逃走の男2人確保 残る1人は逃走中(25日)テレビ朝日

埼玉県で23日に起きた強盗傷害事件で、長野県に逃走していた男3人について、警察はベトナム人1人を逮捕し、もう1人の身柄を確保しました。残る1人は逃走中です。
 殺人未遂などの疑いで逮捕されたのは、ベトナム国籍のグエン・バン・ズー容疑者(21)です。グエン容疑者は24日昼前、長野県飯田市の中央道で警察に停止を求められた際、車を乗り捨てて他の2人と逃走し、夕方になって隣の阿智村の路上で身柄を確保されました。
 確保の瞬間を目撃した住民:「犯人が逃げて、そこを数人の警察が囲むという状況。(警察官)3~4人くらいで取り押さえていました」
 警察の調べによりますと、グエン容疑者は、埼玉県上里町のアパートで23日、現金が入った女性のハンドバッグを奪って逃げた際、追い掛けてきた男性の胸を刃物で刺して重傷を負わせた疑いが持たれています。その後、仲間と一緒に白いワンボックスカーで逃走していました。長野県警は、逃げていたもう1人の男を24日夜に飯田市内で発見し、身柄を確保しました。残る1人は今も逃走中で、警察が行方を追っています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000069037.html

2009_1229_211958annlogo1

| コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川県事務所課長を逮捕 公共工事で加重収賄疑い (25日)日経

 神奈川県発注の公共工事の設計価格を漏らした見返りに商品券10万円分を受け取ったとして、県警は24日、県住宅営繕事務所機械設備課の課長、広田岳史容疑者(59)=同県藤沢市藤沢=を加重収賄と官製談合防止法違反(入札妨害)などの疑いで逮捕した。横浜市の「三沢電機」営業部長、大貫敏夫容疑者(55)=同市泉区=も贈賄などの疑いで逮捕した。
 県警は同日、住宅営繕事務所や2人の自宅など13カ所を家宅捜索した。
 逮捕容疑は「神奈川自治会館」(横浜市)の改修工事と、同県平塚市に建設中の複合施設「児童自立支援拠点」の空調、電気設備工事に絡み、昨年8~11月に実施された一般競争入札の前に設計価格を漏らし、同年10月、大貫容疑者から見返りとして商品券10万円分を受け取った疑い。
 三沢電機は児童自立支援拠点の電気設備工事で最低制限価格の4億7千万円余りと約7万円差の金額を提示するなどしたが、いずれも落札できなかった。広田容疑者は2011年6月から現職で、県発注設備工事の予算見積もりや設計を担当していた。
 県によると、児童自立支援拠点は乳児院と情緒障害児短期治療施設、障害児入所施設の3つを一体的に運営する目的で、来年4月に開所予定。三沢電機はホームページで、県警本部や横浜市中央図書館の公共施設も工事実績として挙げている。〔共同〕http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24HBI_U6A220C1CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

桜宮高校体罰自殺で賠償命令、大阪市は控訴せず (25日)TBS

 大阪市立桜宮高校で部活の顧問から体罰を受けて自殺した男子生徒の遺族に対し、東京地裁からおよそ7500万円の賠償をするよう命じられた大阪市が控訴しないことを明らかにしました。
 4年前、大阪市立桜宮高校でバスケットボール部の主将を務めていた当時2年の男子生徒(当時17)が、顧問だった元教諭から顔を十数回叩かれるなどの体罰を受けて自殺し、生徒の両親らが大阪市に賠償を求めていました。
 24日の判決で東京地裁は、「元教諭による暴行がなければ、自殺に至ることはなかった」として、大阪市におよそ7500万円の賠償を命じました。判決を受けて、吉村市長は控訴しないことを明らかにしました。
 「控訴審で争うことに力を割くよりは、同じような事件を二度と起こさない、体罰を起こさないことに力を割くべき」(吉村洋文 大阪市長)
 また、市が遺族に支払う賠償金の一部は、元教諭に負担を求めていくということです。(25日04:04)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2711173.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

レール検査データ改ざん、JR北海道社員を在宅起訴(25日)TBS

3年前のJR函館線の貨物列車脱線事故をめぐり、レールの検査データが改ざんされた事件で、24日、JR北海道の社員が在宅のまま起訴されました。
 「地域の皆様に多大なるご迷惑とご心配をおかけ致しましたことを、改めて深くおわび申し上げます」(JR北海道 島田修社長)
 鉄道事業法違反などの罪で、在宅のまま起訴されたのは、JR北海道本社工務部副部長ら3人です。3人は、七飯町の事故現場のレール幅のデータを実際より小さく改ざんして、国などにうその報告をしたとされています。
 この事件で法人としてのJR北海道も起訴されたほか、現場の保安部署の14人も略式起訴されました。
 JR北海道の島田社長は会見で、数値改ざんが行われた原因を「会社が現場の実態を把握せず、マネジメントに問題があった」「安全のために資金や人材などの経営資源を充当しなかった」と説明しました。(25日06:02)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2711177.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月24日 | トップページ | 2016年2月26日 »