« 2016年2月20日 | トップページ | 2016年2月22日 »

2016年2月21日

2016年2月21日 (日)

被害額1億円超! スイスで宝石強奪、3人組が逃走(21日)産経

スイス・チューリヒの宝石店に20日、武装した3人組の男が押し入り、従業員2人を銃で脅して計100万スイスフラン(約1億1400万円)以上に相当する宝石や現金などを強奪、逃走した。地元警察が3人の行方を追っている。
 警察によると、従業員にけがはなかった。3人のうち2人は大柄で片言のドイツ語を話していたという。残り1人の詳細は不明。(共同)http://www.sankei.com/affairs/news/160221/afr1602210019-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

世界空手道3連覇の日本人ら2人逮捕 香港の団体、ビザ申請せず招待(21日)産経

香港紙、明報(電子版)などは21日、香港に空手を教えに来ていた佐久本嗣男氏ら日本人2人が、入境条例違反(不法就労)の疑いで香港当局に19日に逮捕されたと報じた。既に釈放された。
 香港の日本総領事館は事実関係を確認中だとしている。
 佐久本氏は沖縄県出身で、世界空手道選手権の男子個人形で3連覇を達成した。同紙などによると、香港空手道総会の招待を受け5日間の日程で、香港体育学院で指導する予定だったが、同総会が就労ビザを申請していなかったという。(共同)http://www.sankei.com/affairs/news/160221/afr1602210021-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

練炭自殺か…車内に男性の3遺体 茨城・常陸太田の山林(21日)産経

21日午前9時半ごろ、茨城県常陸太田市西河内上町の山林に止まっていた乗用車で、男性3人が死亡しているのが見つかった。車内に使用済みの練炭があり、太田署は自殺とみて調べている。
 署によると、男性3人は30~50代とみられる。後部座席に座っている状態で見つかり、いずれも目立った外傷はなかった。
 21日午前8時40分ごろ、近くの住民が「目張りをした車が止められているようだ」と110番し、現場に駆け付けた警察官が遺体を見つけた。http://www.sankei.com/affairs/news/160221/afr1602210022-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

家族会・救う会「国際社会と連携し救出訴え続ける」 (21日)TBS

北朝鮮が「拉致の特別調査委員会を解体する」と発表して以降、初めて全国の拉致被害者の家族会と救う会が会合を開き、「国際社会と連携し、被害者救出を訴え続ける」との今後の運動方針を確認しました。
 「(日本独自の)制裁で北朝鮮が怒り、『特別調査委員会はやめた』と。一番の目的は被害者の帰国です」(田口八重子さんの兄 飯塚繁雄さん)
 北朝鮮が先週、一方的に表明した特別調査委員会の解体について、家族会からは「悔しい」「調査など元々必要ない」などの怒りの声が聞かれました。
 「拉致問題の調査を破棄されたのは悔しい」(松本京子さんの兄 孟さん)
 「もともと機能していない調査委。解体したければ解体すればいい」(横田めぐみさんの弟 哲也さん)
 「調査したって意味がない。家族会は『そんなものはいらない。人(=拉致被害者)を帰してくれ』と」(横田めぐみさんの父 滋さん)
 家族会と救う会は、「特別調査委員会の解体に一喜一憂せず、国際社会と連携して北朝鮮を交渉の場に引き出す」との運動方針を確認し、国連安保理の制裁決議は「拉致を制裁理由に明記してほしい」と訴えました。(21日16:57)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2708460.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「刑の一部執行猶予」 適用は薬物事件など限定的に(21日)NHK

受刑者を早く社会に戻して更生を促す「刑の一部執行猶予」がことし6月までに始まります。全国の裁判所が議論した結果、適用の対象は、更生を促す仕組みがある薬物事件を中心とし、その他の事件については、再犯への懸念から、慎重な検討を求める意見が多数を占めたことが分かりました。
ことし6月までに始まる「刑の一部執行猶予」は、裁判所が実刑判決を言い渡す際、刑期の一部に執行猶予をつける制度で、社会に戻る時期を早めて更生を促すのがねらいです。
法律の規定では、罪名にかかわらず3年以下の懲役か禁錮の判決が対象になるため、全国の裁判所ではどのような事件に適用するか検討する必要があるとして、去年5月から議論してきました。
その結果、法務省が出所後の特別な指導プログラムを用意している薬物事件を中心とする一方、こうした仕組みがない窃盗や詐欺事件などについては、再犯の懸念が強いことから、より慎重に検討すべきだという意見が多数を占めたことが、関係者への取材で分かりました。
また、薬物と同様の指導プログラムがある性犯罪については「適用を検討してもよい」という意見も多くありましたが、「被害の大きさを考えるとふさわしくない」という指摘もあったということです。
裁判所は議論の経過を検察や弁護士会に伝える方針で、制度の運用は、規定よりも限定的になる見通しになりました。

「刑の一部施行猶予」とは

「刑の一部執行猶予」は、3年以下の懲役や禁錮の刑が確定した受刑者が、刑期の一部を残して条件つきで社会に戻ることができる制度です。たとえば「懲役2年、そのうちの6か月の執行を3年間猶予する」という判決が言い渡された場合、まず1年6か月の間、服役します。そして、刑務所などから出たあと、執行猶予の3年の間、事件を起こさなければ、残りの6か月の刑期は効力がなくなります。
これまでは言い渡された刑について、全部の期間服役する「実刑」か、全部の期間を「執行猶予」として、社会の中で過ごすかのどちらかしかありませんでした。
実刑の場合に、一部の刑期を残して仮釈放されることもありますが、服役中に反省の態度などが評価されなければ認められないため、判決を言い渡すときに社会に戻る時期を決めておく今回の制度とは異なります。
新たな制度を導入する目的は、一部の受刑者を対象に、早く社会に戻して見守りの期間を長くすることで、再び罪を犯すのを防ぐというものです。
多くは執行猶予の期間中、保護観察を付けられるとみられ、常習性の高い薬物依存者の場合は、定期的に保護観察所で専用の指導プログラムや検査を受けるよう義務づけることができます。
刑事裁判の判決に、新たな種類が加わるのは戦後初めてのことで、ことし6月までに始まることになっている制度が、どのように運用されるのか注目されていました。

専門家「立ち直る可能性の見極めが課題」

専門家は、「刑の一部執行猶予」を限定的に適用するのは妥当だとしたうえで、今後の裁判では、被告が立ち直る可能性をどう見極めるかが課題になると指摘しています。
刑法が専門の慶應義塾大学法科大学院の小池信太郎准教授は、「刑の一部執行猶予」の導入について、「社会の中で指導することで、再犯の減少が期待できるが、早く釈放した分、早く再犯をしてしまうリスクも伴う」として、限定的に適用するのは妥当だと評価しています。そのうえで、「裁判所は被告の態度だけでなく、住むところがあるか、面倒を見る家族がいるかなどを十分に調べ、社会の中での指導に向いているかどうかを慎重に見極めるべきだ」と指摘しています。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160221/k10010417201000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

遮断機下りていたのに…電車に衝突、車が川に転落(21日)テレビ朝日

21日午前、香川県高松市の踏切で、軽自動車と電車が衝突しました。軽自動車は川に転落し、運転していた女性が軽いけがをしました。
 午前11時半ごろ、高松市の春日川の堤防にある高松琴平電鉄長尾線の踏切で、踏切の中に進入してきた軽乗用車が電車と衝突しました。軽乗用車は川に転落し、運転していた65歳の女性が足に軽いけがをしました。電車の乗客と乗員にけがをした人はいませんでした。事故当時、踏切の遮断機は下りていて、警報機も鳴っていたということです。警察が事故の原因を調べています。

2009_1229_211958annlogo1_4
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000068796.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

住宅に車突っ込む 運転の70代男性「ぼーっとして」(21日)テレビ朝日

21日午後3時前、東京・府中市で「車が家に突っ込んだ」と110番通報があった。70代の男性が運転する乗用車が住宅のガレージ部分から突然、入り、塀を突き破って隣の家の庭で止まった。付近に人はいなかった。警視庁の調べに対し、運転していた男性は「ぼーっとして、アクセルとブレーキを間違えた」などと話しているという。

2009_1229_211958annlogo1_3
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000068801.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(21、22日単位・レベル)
通信傍受の効果
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011559 警察庁によると全国の警察が平成27年に実施した通信傍受は10事件で傍受した事件の逮捕者は101人だった。
 事件の内容は覚醒剤取締法違反が5事件。麻薬特別法令違反が4事件と組織的犯罪処罰法(殺人未遂事件)による傍受が1事件。
 このように傍受のほとんどは薬物事犯だ。薬物もそうだが犯罪組織はどんどん増加しており、薬物や銃器などに限ったものではない。    

 犯罪弱者であるお年よりが被害者になる振り込め詐欺など組織犯罪は多様化、巧妙化している。
 それに対処するため刑事司法制度改革では傍受できる対象犯罪を拡大しようとしており、その中には振り込め詐欺も含まれている。
 10事件で101人も逮捕できるのだから、346億円もある振り込め詐欺被害防止には大きな武器となることは確実だ。1日でも早く1人でも被害者を少なくするためには早急な通信傍受を可能にすべきである。
 現行の薬物犯罪、銃器犯罪、集団密航、組織的殺人罪に限定されている傍受範囲の拡大は、一部に「乱用の恐れがある」と反対の意見もあるが、そんな事より被害を押さえることが先だろう。チェックを厳しくすればいいだけのことだ。
 さらに深刻なのはテロ対策。現行の司法傍受では心もとない。犯罪がおきる前にも傍受が可能な行政傍受も含めて1日も早い法の制定を願う。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

【清原容疑者逮捕】覚醒剤入手先、“北千住ルート”が浮上(21日)産経

元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が覚醒剤所持容疑で逮捕された事件で20日、覚醒剤の入手先として“北千住ルート”が浮上した。(サンケイスポーツ
 清原容疑者は、同容疑者に覚醒剤を譲渡したとして逮捕された群馬県みどり市の小林和之容疑者(45)から、同県や栃木県で複数回にわたり覚醒剤を購入していたとみられている。
 この“北関東ルート”とは別に、清原容疑者が東京・港区の東京メトロ白金高輪駅近くで別の密売人と接触、覚醒剤を受け取っていた疑いがあることが、フジテレビの報道で分かった。
 20日の同局報道によると、清原容疑者は2014年9月以前、同駅近くの路上に車を止め、車内で密売人の男と接触していたのが目撃された。同局が目撃者の証言として伝えたところによると、密売人とみられる人物は、作業員風の40代ぐらいの男で、足立区の北千住駅方面から来たとみられるという。http://www.sankei.com/affairs/news/160221/afr1602210007-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉・船橋市 2人組が路上で女性襲う (21日)TBS

 21日未明、千葉県船橋市の路上で、帰宅途中の女性が2人組に襲われバッグを奪われそうになりました。警察は、強盗傷害事件とみて捜査しています。
 21日午前0時半すぎ、船橋市海神の路上で帰宅途中の29歳の女性が、後ろから無言で近づいてきた2人組に突然突き飛ばされ、転倒しました。
 2人は、女性の腰を蹴るなど暴行を加えたうえ、財布が入ったバッグを奪おうとしましたが、女性が離さなかったため、何も取らずに逃走しました。女性は抵抗した際、頭や額などをうち、軽いけがをしたということです。
 逃げた2人の服装や性別などは分かっておらず、警察は付近の防犯カメラ映像を解析するなどして行方を追っています。(21日11:19)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2708226.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

相模原の女性殺害容疑者、不明長男と一緒に写真(21日)読売

東京都新宿区の阿部由香利さん(事件当時25歳)の遺体が昨年、相模原市の相模湖近くで発見された事件で、20日に殺人容疑で逮捕された元交際相手の佐藤一麿容疑者(30)(渋谷区)と、2007年9月から行方不明になっている阿部さんの長男(9)が、一緒に写った写真が発見されていたことが、捜査関係者への取材でわかった。
 警視庁は、佐藤容疑者が阿部さんの長男の行方を知っている可能性があるとみて、事情を聞く方針。
 捜査関係者によると、写真はプリントシールで、佐藤容疑者と阿部さん、阿部さんの長男の3人が一緒に写っていた。阿部さんの知人が持っており、同庁が任意提出を受けた。長男が1歳4か月だった07年8月頃、撮影されたとみられる。当時、佐藤容疑者と阿部さんは交際していた。

2016年02月21日 09時34分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ

| コメント (0) | トラックバック (0)

税関が摘発の不正薬物密輸事件 過去最多に(21日)NHK

全国の税関が去年1年間に摘発した不正薬物の密輸事件の件数は、覚醒剤や大麻などに加え、去年4月から危険ドラッグに使われる薬物が取締りの対象となったことから、前の年の4倍以上に増え、過去最多になりました。
財務省の発表によりますと、全国の税関が去年1年間に空港や港などで不正薬物を摘発した件数は1896件と、前の年の4.9倍に増え、過去最多となりました。
これは、関税法が改正され去年4月から輸入が禁止される対象に、危険ドラッグに使われる「指定薬物」が加わったためで、全体の77%を占める1462件を「指定薬物」が占めました。また、密輸元は77%が中国からでした。
一方、ほかの不正薬物では、コカインやヘロインなどの「麻薬」が213件と前の年の2.3倍に増え、大麻が122件と23%増えました。
一方、覚醒剤は83件と52%減りましたが、押収量は合わせて422キログラムと、依然高い水準になっています。
財務省は「危険ドラッグに使われる薬物の密輸事件は、今後も多いと見込まれ、押収量の多い覚醒剤とともに、取締りに力を入れていきたい」と話しています。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160221/k10010416451000.html

News_pic1_3

| コメント (0) | トラックバック (0)

中1少女を“誘拐” 21歳男、自宅に2週間泊めた疑い(21日)テレビ朝日

岡山市の女子中学生を約2週間にわたって誘拐したとして、兵庫県赤穂市の21歳の男が逮捕されました。
 未成年者誘拐の疑いで逮捕されたのは、自称・赤穂市の会社員、青井宏之容疑者です。警察によりますと、青井容疑者は、出会い系サイトを通じて知り合った岡山市立中学校1年の女子生徒(13)が未成年であることを知りながら、自宅に泊めてあげると誘惑しました。そして今月7日、岡山市内の路上で軽自動車に乗せて連れ去り、20日まで約2週間、自宅に泊めた疑いが持たれています。女子生徒は青井容疑者の車で岡山に戻ってきたところを保護され、けがはありませんでした。警察の調べに対し、青井容疑者は容疑を認めているということです。

2009_1229_211958annlogo1_2
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000068784.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

長男名乗る電話100万円被害(21日)NHK群馬

19日、前橋市の71歳の女性に、長男を名乗る男から「取引先にお金を払わないと大変なことになる」とうその電話があり、現金100万円をだまし取られました。
警察は詐欺事件として捜査しています。
19日正午ごろ、前橋市の71歳の女性に長男を名乗る男から、「病院でがんの可能性があると言われた。頭が真っ白になって財布と携帯をなくしてしまった。きょう中に取引先に980万円を払わないと大変なことになるのでいくらか都合をつけてくれないか」などとうその電話がありました。
電話を信じた女性は、男から前橋市内のJRの駅近くに来るよう指示され、現金100万円を手渡してしまったということです。
警察によりますと、女性は長男夫婦と孫の4人暮らしで、仕事から帰宅した長男に確認して被害に気がついたということです。
警察は、「携帯電話をなくした。
取引先に金を払わないと大変なことになる」などの電話は典型的なオレオレ詐欺の手口だとして、そういった電話がきた場合、警察に相談するように呼びかけています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/lnews/maebashi/1063059511.html?t=1455946935

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

【教会立てこもり】「何笑ってんだよ」と突然暴れ出す 監禁容疑などで男を送検(21日)産経

千葉県佐倉市の教会「佐倉王子台チャペル」の立てこもり事件で、監禁容疑で現行犯逮捕された職業不詳、小田部(こたべ)大輔容疑者(36)=同市新臼井田=が18日夜に教会に到着して間もなく、先に集まっていた両親らに「何、笑ってんだよ」と言ってバットや刃物を振り回し、暴れていたことが20日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者などによると、小田部容疑者は数年前からこの教会で、両親への暴力といったトラブルを解決するため、人質となった女性(51)のカウンセリングを受けていた。18日も女性に相談するため、小田部容疑者や両親が教会に集まる予定だった。
 また、小田部容疑者は県警の特殊部隊が突入する直前、女性に馬乗りになり刃物を振りかざしていたことも判明。切迫した状態になったため県警は特殊部隊の突入を決めたとみられる。
 県警は20日、女性への監禁と傷害などの疑いで小田部容疑者を送検した。http://www.sankei.com/affairs/news/160221/afr1602210002-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

全国に爆破予告、男が千葉で出頭 業務妨害容疑で捜査 (21日)日経

甲府市、水戸市、千葉市、長野市など全国の複数の自治体にメールなどで爆破予告が相次ぎ、千葉県警松戸東署に男が出頭し、自分がやったとの趣旨の供述をしていることが20日、捜査関係者への取材で分かった。
 県警は威力業務妨害容疑で捜査。供述や通信記録などを基に、慎重に裏付けを進める。
 甲府市によると、18日夜に「弁護士」を名乗る人物から「市役所の施設内に爆弾を仕掛けた。爆破時刻は2月22日月曜日の午後3時34分ナリ」とのメールが届いた。他の自治体に届いたメールやホームページへの書き込みでも、弁護士を名乗り、予告日時が同じものが多いことから、県警は同一人物が送った可能性があるとみている。
 不審物は見つかっていないが、予告を受けた自治体では、長野市が市立の小中学校の児童、生徒の一斉下校を計画するなど対応に追われている。〔共同〕http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG20H7Q_Q6A220C1000000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

交際トラブルで殺害か 相模原女性遺棄、容疑の男女が結婚話(21日)日経

東京都新宿区の阿部由香利さん(当時25)が殺害されたとされる事件で、殺害推定時期と同じ頃に佐藤一麿容疑者(30)=殺人容疑で逮捕=と秋山智咲容疑者(24)=殺人ほう助容疑で逮捕=が結婚話を進めていたことが20日、捜査関係者などへの取材で分かった。佐藤容疑者は同時に阿部さんとも交際しており、警視庁捜査1課はトラブルになった可能性があるとみている。
 捜査関係者などによると、佐藤容疑者と秋山容疑者はア…

電子版トップ速報トップ

「有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG20H7O_Q6A220C1CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

「娘を殺害した」と自首、殺人の疑いで母親を逮捕(21日)TBS

20日、埼玉県深谷市で、67歳の無職の女が「娘を殺害した」と警察に自首し、殺人の疑いで逮捕されました。
 逮捕されたのは、深谷市高畑に住む無職・柳育子容疑者(67)です。柳容疑者は、20日午前0時ごろ、自宅で一緒に住んでいた長女・結実さん(43)の首を絞めて殺害した疑いが持たれています。
 警察によりますと、柳容疑者は20日午前6時半過ぎ、長男と共に警察署を訪れ、「娘を殺してしまった」などと自首し、警察官が柳容疑者の自宅に駆けつけたところ、結実さんが、1階和室であおむけに倒れているのが見つかったということです。
 取り調べに対して、柳容疑者は、「自宅で寝ていた娘をスカーフで首をしめて殺した」「娘の病気で悩みがあった」と容疑を認めているということです。警察は、事件のいきさつを詳しく調べています。(20日21:43)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2708018.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

同僚2人に銃口向ける…警部補を停職・書類送検(21日)読売

同僚の警察官に拳銃の銃口を向けたとして、広島県警は19日、広島中央署の男性警部補(42)を銃刀法違反(加重所持)容疑で地検に書類送検し、停職6月の処分にした。
 警部補は同日、依願退職した。
 県警監察官室の発表では、警部補は自動車警ら隊に勤務していた2010年12月上旬、広島市中区の県警本部にある同隊拳銃庫で、拳銃を片づけようとしていた男性巡査長に拳銃を向けた。11年5月には、同隊執務室で書類を作成していた別の男性巡査長に拳銃を向けた疑い。
 県警の井本雅之首席監察官は「警察官として県民の期待を裏切るあるまじき行為で深くおわびする」とコメントを出した。県警は11年5月に被害を受けた男性巡査長から、拳銃を向けたことを聞きながら、上司に報告しなかった男性警部補(59)を所属長注意とした。

2016年02月20日 13時54分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子高校生、ぬれた座席に座りけが…化学物質か(21日)読売

20日午前7時55分頃、兵庫県姫路市内の私立高校から、「JR山陽線で通学している女子生徒が、電車内のぬれた座席に座ったところ、下半身にけがをした」と119番があった。
 生徒は2年生で、病院に搬送されたが、やけどのような軽傷。姫路署は化学物質が座席にまかれた可能性もあるとみて、確認を急いでいる。

 同署などによると、生徒は同7時10分頃、

野洲

発網干行きの快速電車に加古川駅で乗車。姫路駅で降りた際、駅員に「座席がぬれていた」と伝えたという。その後、学校が「生徒は車内で何かの薬品に触れたのか、尻がただれている可能性がある」と通報した。

2016年02月20日 18時59分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

複数の薬局で睡眠薬購入 飲ませて殺害か(21日)NHK

神奈川県内で遺体で見つかった女性を殺害したなどとして、元交際相手ら男女2人が逮捕された事件で、女が複数の薬局で睡眠薬を購入していたことが分かり、警視庁は、多量の睡眠薬を飲ませ女性を殺害したとみて調べています。調べに対し2人は容疑を否認しているということです。
この事件は、去年6月、東京・新宿区に住んでいた阿部由香利さん(当時25)の遺体が相模原市の墓地で見つかり、警視庁は、首を絞めて殺害したとして、東京・渋谷区の佐藤一麿容疑者(30)を殺人の疑いで、知り合いの秋山智咲容疑者(24)を殺人のほう助の疑いで再逮捕しました。
これまでの調べで、佐藤容疑者は、秋山容疑者に市販の睡眠薬の購入を指示していたとみられていますが、秋山容疑者が山梨県や新宿区の薬局などで睡眠薬を購入していたことが、警視庁への取材で分かりました。佐藤容疑者の自宅からは大量の睡眠薬が押収され、いずれも阿部さんが殺害された時期に購入されたとみられるほか、遺体からは高い濃度の睡眠薬の成分が検出されているということです。
警視庁は、怪しまれないように複数の場所で睡眠薬を購入し、多量に飲ませて眠らせたうえで殺害した疑いがあるとみて調べています。
警視庁によりますと、調べに対し2人はいずれも容疑を否認しているということです。

News_pic1
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160221/k10010416561000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性を後ろから押し倒し下半身触った男を逮捕 埼玉(21日)テレビ朝日

埼玉県狭山市で帰宅途中の女性を後ろから押し倒し、下半身を触ったとして飲食店店員の男が逮捕されました。現場近くでは同様の被害が相次いでいました。
 強制わいせつ傷害の疑いで逮捕されたのは、飲食店店員の小山俊太容疑者(29)です。小山容疑者は19日午後10時ごろ、狭山市の路上で、帰宅途中の20代女性を後ろから押し倒し、下半身を触った疑いが持たれています。女性は左ひざを打撲するなど全治1週間のけがをしました。小山容疑者は「性的欲求を満たすためだった」と容疑を認めています。現場近くでは同様の被害が相次いでいて、小山容疑者は「ほかにもやっている」と供述していることから警察は余罪について調べています。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000068767.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月20日 | トップページ | 2016年2月22日 »