« 松本で暴力団抗争か 50人関与、2人襲う(26日)共同 | トップページ | 消防ホースの先っぽばかり380本…600万円相当が盗難(26日)テレビ朝日 »

2016年2月26日 (金)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(26、27日単位・レベル)
乾燥注意報が出ていますよ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011584 先月末に、「今年に入って死者が出る火災が多い」と書いたが、今月に入っても火の勢いは衰えない。
 24日夜、東京・杉並区で住宅など6棟が焼け70代の男性が意識不明の重体になっている。21日には、鹿児島市の住宅街でアパートが焼け、3人の遺体が見つかった。
 13日には、愛媛県今治市で、木造2階建ての住宅の一部が焼け、50代の男女2人が遺体で見つかるなど治まる気配がない。
 さらに24日には放火火災が起きてしまった。東京・神田で民家の一部が焼けて、住人の20歳の女性が意識不明の重体になった火事は、付近の防犯カメラに不審な人物が写っていたことから警視庁は放火の疑いもあるとみて捜査しているという。
 自治省消防庁によると平成26年に全国で発生した火災は4万3632件でこのうち原因で最も多かったのが放火。4825件で実に11.1%にあたる。
 警察庁によると平成27年に全国で発生した放火事犯は1092件。ランキングでは大阪の206件を頭に福岡の87件、東京の77件、愛知の59件、千葉の51件の順。
 全国平均検挙率は74、2%。愛媛の136、4%、茨城の125%、秋田の114、3%など100%台が20府県あった。
 これに対して低かったのは静岡の40、5%、大阪の45、1%、愛知の52、5%、高知の55、6%、兵庫の55、2%の順だった。
 火災と言えば、昭和の時代は、夜になると拍子木を手にカチカチ「火の用心」と巡回したものだった。「回覧板」と合わせて消えたことによるものか?地域社会の絆が失っているような気がしてならない。
 一部地域に出ている乾燥注意報-火の元に注意してください。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】
Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 松本で暴力団抗争か 50人関与、2人襲う(26日)共同 | トップページ | 消防ホースの先っぽばかり380本…600万円相当が盗難(26日)テレビ朝日 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63267474

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 松本で暴力団抗争か 50人関与、2人襲う(26日)共同 | トップページ | 消防ホースの先っぽばかり380本…600万円相当が盗難(26日)テレビ朝日 »