« 総理官邸にも…「爆破予告」犯行の理由を男が誌上に(24日)テレビ朝日 | トップページ | “逃走”男1人の身柄確保 依然2人は行方分からず(24日)テレビ朝日 »

2016年2月24日 (水)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(24、25日単位・レベル)
さすがは警視庁
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011562 振り込め詐欺根絶に求められていた名簿屋が初めて摘発された。不正利用の口座凍結や携帯の通話停止、アジトの摘発などを全国の警察に先駆けて実施してきた警視庁のお手柄である。
 特殊詐欺に使われると知りながら高校などの同窓会名簿を詐欺グループに販売したとして、東京都千代田区の名簿販売業者の経営者を詐欺ほう助容疑で逮捕したもの。
 「名簿屋」は詐欺集団にとって携帯、口座と合わせて〝3種の神器〟のうちのひとつ。
 警視庁は平成15年ころから、振り込め詐欺に口座が利用されるのは「約款」に反するとして金融機関に依頼して口座を凍結してきた。
 このため犯人達はこの「振り込め」から「手渡し」型に変え、依然として衰えないことから警視庁は、その後、リース携帯の通話の停止を実施していた。しかし、犯行集団にとって最も大事な名簿の売買については出所元などの実態が把握できないとして放置されていた。
 しかし、アジトの摘発などから「名簿屋」を突き止めたもので、少なくとも50校分の高校同窓会名簿を約70万円で販売していたという。
 さて、ここまでくれば、後は「通信傍受」だ。位置確認もできてアジトの摘発にも拍車がかかり、強力な犯罪捜査ツールになるだろう。少しオーバーな言い方だが、そうすれば振り込め詐欺撲滅の日も見えてくる。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】
Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 総理官邸にも…「爆破予告」犯行の理由を男が誌上に(24日)テレビ朝日 | トップページ | “逃走”男1人の身柄確保 依然2人は行方分からず(24日)テレビ朝日 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63259052

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 総理官邸にも…「爆破予告」犯行の理由を男が誌上に(24日)テレビ朝日 | トップページ | “逃走”男1人の身柄確保 依然2人は行方分からず(24日)テレビ朝日 »