« 2016年2月15日 | トップページ | 2016年2月17日 »

2016年2月16日

2016年2月16日 (火)

川崎転落死、女性2人殺害も認める 老人ホーム元職員 (16日)日経

川崎市の介護付き有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で2014年11~12月、入所者の男女3人が相次いで転落死した事件で、うち丑沢民雄さん(当時87)を投げ落として殺害したとして、殺人容疑で逮捕された元職員、今井隼人容疑者(23)が同年12月に転落死した女性2人の殺害も認めていることが16日、捜査関係者への取材で分かった。
 神奈川県警によると、今井容疑者だけがいずれの時間帯にも勤務しており、幸署捜査本部は連続殺人事件の可能性もあるとみて、他の2件への関与を捜査。丑沢さんの事件について動機などの取り調べを本格化させる。
 今井容疑者は丑沢さんへの殺害容疑について「殺そうと思ってやった」との趣旨の供述をしているという。
 逮捕容疑は、14年11月3日午後11時ごろから同4日午前1時50分ごろまでの間、4階ベランダから入所者の丑沢さんを投げ落とし、内臓破裂で殺害した疑い。
 県警は昨年5月、70代女性の居室から同年1月に現金2万5千円の入った財布を盗んだとして同容疑者を窃盗容疑で逮捕し、その後、転落死への関与を捜査していた。
 今年1月から数回、任意で事情聴取していたが、今月15日に丑沢さんを殺害したことを認めたという。窃盗罪については懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決が確定している。
 施設側は昨年5月、今井容疑者を懲戒解雇した。川崎市は同12月、介護保険法に基づき、施設に対し介護報酬の請求を今月から3カ月間、停止させる行政処分をした。〔共同〕http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG16HAU_W6A210C1CC0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

茨城県の民家から1800万円窃盗 男2人を逮捕 警視庁(16日)産経

民家から現金約1800万円を盗んだとして、警視庁青梅署は窃盗などの疑いで、いずれも住居・職業不詳、菅原淳被告(45)=窃盗などの罪で起訴、柴崎政和容疑者(38)を逮捕した。同署によると、菅原容疑者は黙秘し、柴崎容疑者は「金は菅原容疑者からもらっただけ」などと容疑を否認している。
 逮捕容疑は、昨年11月9~20日、茨城県阿見町の自営業の男性(67)宅に侵入。金庫に入っていた現金約1835万円などを金庫ごと盗んだとしている。
 同署は昨年11月、青梅市内の民家から現金を盗んだ疑いで菅原容疑者を逮捕。菅原容疑者が運転していた車の中から金庫用の鍵や多額の現金が見つかるなどしたため、余罪があるとみて調べていた。http://www.sankei.com/affairs/news/160216/afr1602160043-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁長官「テロの脅威は現実」 サミットまで100日 (16日)日経

5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)まで残り100日となった16日、警察庁はテロ対策などを話し合う警備対策委員会の会合を東京都内で開いた。パリやジャカルタで過激派組織「イスラム国」(IS)によるテロが相次いでいることから、金高雅仁長官は訓示で「わが国に対する国際テロの脅威は現実のものとなっている」との認識を示した。
 昨年11月に靖国神社内の公衆トイレで爆発音がした事件で、容疑者が韓国から航空機で火薬を持ち込んだとみられることにも触れ、「厳しく受け止めなくてはならない。関係機関と連携を強化し、水際対策に万全を期す」と述べた。http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG16H8Q_W6A210C1CC0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

「水子の霊がついている」 祈祷料名目で詐欺の疑い (16日)TBS

 「水子の霊がついている」などと不安をあおり、祈祷料の名目で現金をだまし取ったとして、東京の開運グッズ販売会社の男らが逮捕されました。
 ブロックを投げつけ、窓ガラスをたたき割る京都府警の捜査員。さらに、開いた穴を蹴って室内へと踏み込みます。
 詐欺などの疑いで逮捕されたのは、東京都文京区の開運グッズ販売会社「幸せ工房」の元営業部長の男ら3人です。警察によりますと、元営業部長は去年3月、開運ネックレスを購入した大阪府枚方市の女性に僧侶を名乗って電話をかけ、「あなたには水子の霊がついている」などと不安をあおり、祈祷料の名目で現金3万円をだまし取った疑いが持たれています。
 この会社は、茨城県内に実在する寺名義の口座に現金を振り込ませる手口で被害者を信用させていたということです。
 警察は、東京都内で逮捕した元営業部長らの身柄を京都へ移送して、詳しく調べることにしています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2704260.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2カ月長男に暴行し死なせた疑い 22歳父親を逮捕(16日)朝日

生後2カ月の長男に暴行を加えて死なせたとして、大阪府警は16日、堺市西区草部のアルバイト貫颯(ぬきはやて)容疑者(22)を傷害致死容疑で逮捕し、発表した。「一緒に寝ていたら泣き始めた。イライラして持ち上げ、布団の上に落としたら動かなくなった。パニックになり、反応を確かめようと強く前後に揺さぶった」と供述しているという。
 捜査1課によると、貫容疑者は昨年3月26日ごろ、当時住んでいた大阪市此花区春日出北3丁目のマンション自室で、長男の誠ちゃんの頭に強い衝撃を与えて硬膜下血腫などの重傷を負わせ、同4月2日に死亡させた疑いがある。司法解剖の結果、死因は外傷性脳浮腫で、府警は頭を激しく揺さぶるなどした可能性が高いとみている。
 貫容疑者は当時、事件後に離婚した妻(28)と長女(2)、長男との4人暮らし。妻は買い物で外出し、貫容疑者が子ども2人の面倒を見ていた。事件後、自ら119番通報し、救急隊員に「子どもを誤って落とした」と説明したという。逮捕前の先月26日、朝日新聞の取材に「何も話すことはない」と話していた。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASJ2J51B2J2JPTIL015.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

実習助手や講師、わいせつな行為…不祥事相次ぐ(16日)NHK

勤務先の女子生徒と不適切な関係があったとされる岡山県立高校の男性実習助手について、県教委は15日、わいせつ行為があったと認めた。
 さらに、別の県立高校の男性講師も、女子高校生にわいせつ行為をしていたことを明らかにした。県教委は2人の処分を検討するとともに、相次ぐ教職員の不祥事を受け、心理学の専門家らを交えて抜本的対策を講じるとする。
 この日の県議会文教委員会で陳謝した。県教委によると、男性実習助手は20歳代で県北部の高校に勤務。昨年11月以降、女子生徒をホテルなどに連れ込み、わいせつ行為をした。生徒が今年1月、担任教諭に相談して発覚。今月に入って学校側から県教委に報告があった。
 男性講師も20歳代で県南部の県立高校に勤務。昨年10~11月、以前勤務していた高校の女子生徒をマイカーに同乗させ、キスをするなどしていた。今年1月、県教委に「講師が生徒に手を出している」とのメールが届き、講師に聞き取りをして確認した。
 今年に入ってからも、教職員の不祥事は後を絶たない。県立高校教諭は女性の下着を盗もうとしたとして、津山市立中学校の男性講師は女子中学生にみだらな行為をしたとして、それぞれ逮捕されている。
 竹井千庫教育長は「不祥事防止に向けて取り組んできたが、そのかいなく、続発している。おわびの言葉もない。申し訳ありません」と謝罪した。

2016年02月16日 19時40分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

駅前でドローン飛ばす=ブラジル人を書類送検-愛知県警(16日)時事

駅前で小型無人機(ドローン)を飛ばしたとして、愛知県警豊橋署は16日、航空法違反(飛行禁止空域など)の疑いで、静岡県湖西市の会社員の男(36)=ブラジル国籍=を豊橋区検に書類送検した。容疑を認めているという。同署によると、ドローンの飛行を規制した昨年12月の同法改正後、全国で2例目の立件となった。
 送検容疑は1月17日午後7時25分ごろ、住宅密集地として定められた豊橋市花田町のJR豊橋駅付近で、許可を受けないまま、日没後にドローンを飛行させた疑い。(2016/02/16-17:26)

| コメント (0) | トラックバック (0)

逮捕の元職員 動機について「さまざまな感情あった」(16日)NHK

川崎市の老人ホームでベランダから転落して死亡した入所者3人のうち、87歳の男性を投げ落としたとして、当時職員だった23歳の男が殺人の疑いで逮捕された事件で、男が動機について複数の内容を挙げて、「さまざまな感情があった」という趣旨の供述をしていることが分かり、警察はどのような動機で事件に至ったのかさらに詳しく調べています。
川崎市幸区の有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」では、おととし11月と12月の2か月間に、86歳から96歳の男女3人の入所者がベランダから転落して死亡しました。
警察はこのうち最初に死亡した丑澤民雄さん(87)を4階のベランダから投げ落として殺害したとして、当時施設に勤務していた今井隼人容疑者(23)を殺人の疑いで逮捕し、16日朝に検察庁に送りました。
警察によりますと、今井容疑者は「殺害するつもりだった」などと供述して、容疑を認めているということです。さらに動機については、複数の内容を挙げて「さまざまな感情があった」という趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材で分かりました。どのような動機が事件に至ったかははっきりしておらず、警察が解明を進めています。
また、今井容疑者はほかの2人の入所者についても殺害を認めているということで、警察は事件のいきさつを詳しく調べています。

盗みで有罪判決 転落死への関与は否定

今井容疑者は横浜市の出身で、関係者などによりますと、神奈川県内の高校を卒業したあと、神奈川県綾瀬市にある救急救命士を養成する専門学校に入り、おととし3月、国家資格の「救急救命士」を取得して卒業していました。
卒業後のおととし5月から、事件が起きた川崎市幸区にある有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で、介護職員として働き始めました。施設の運営会社によりますと、採用面接の際、今井容疑者は、はきはきと受け答えをして印象がよく、「身内の介護を経験したので介護の仕事に就きたい」と話していたということです。その後、施設内で入所者の現金を盗んだとして、去年5月に逮捕・起訴され、施設を解雇されました。
裁判では去年9月、懲役2年6か月、執行猶予4年の有罪判決を受けています。判決では、起訴された3件を含む合わせて19件の盗みを施設内で繰り返していたとし、動機については「同僚の職員らと高級な鉄板焼きの店で食事をしたりホテルに宿泊したりした際、代金をおごるようになり、給料だけでは足りなくなった。おごることで周囲が認めてくれるように感じ、見栄を張って『大学病院での仕事を掛け持ちしているから金はある』とうそをついていた」などと指摘されました。
3人の入所者が相次いで転落死していたことが明らかになったあと、去年9月に取材に答えた際は、「当時、自分が当直していたことは事実で、自分が疑われているのは分かっているが、何も知らない」となどと述べ、関与を否定していました。また、3人が死亡したことについては、「本当に残念ですし、介護職員として当時、自分が関わっていたので非常に悲しいです」などと話していました。

“3人は自力で手すり乗り越え困難”で捜査

おととし11月から12月にかけて、転落して死亡したのは86歳から96歳の高齢者でした。
3人は個室で暮らしていて、最初に死亡した87歳の男性は4階の403号室に入所していました。身長は1メートル60センチ、ゆっくりと自分で歩くことは可能でしたが、認知症の症状があり、要介護度は3でした。
2件目の12月9日に転落しているのが見つかった86歳の女性は、87歳の男性が亡くなったあと、同じ403号室に入りました。身長は1メートル55センチで歩くことは可能でしたが、認知症の症状があり、要介護度は2でした。
さらに、3件目の12月31日に見つかった96歳の女性は、6階の609号室で生活していましたが、同じ階にある別の部屋の601号室のベランダから転落していました。身長は1メートル50センチで、自分で歩くことは可能でした。
3人が転落した場所はいずれも施設の中庭で、1件目と3件目の第1発見者は今井容疑者でした。3人は自力で歩けるものの、警察は高さ1メートル20センチのベランダの手すりを、3人が自力で乗り越えることは難しいとみて、事件の疑いがあるとみて捜査していました。

当初は警察内部で情報共有されず

同じ老人ホームで僅か2か月の間に、転落死が3件相次ぎましたが、当時、神奈川県警は内部でこの情報が共有できていませんでした。
神奈川県警察本部は、死亡した3人について、遺体の状況を確認する「検視」を行いましたが、それぞれ別の担当者で、県警本部として同じ施設で転落死が相次いでいたことを把握しておらず、死因を詳しく調べる司法解剖はしていませんでした。
また、現場の地域を管轄する幸警察署では、3件とも現場に警察官を出して、転落死が続いていることを把握していましたが、その情報を県警本部に伝えたのは、3件目の転落死が起きたあとのことで、県警の中で情報共有がされておらず、事態の把握が遅れました。
こうしたことを受けて、神奈川県警は去年8月から同じ施設や場所で死因に不審な点があるケースが続いた場合には、内部で情報共有ができるシステムを導入し、情報の共有化を図っているということです。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160216/k10010411481000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

窓にしがみ付き…400m引きずられ男性重傷、男を逮捕(16日)テレビ朝日

車に400メートル引きずられるなどして男性が重傷を負った事件で、22歳の男が逮捕されました。
 愛知県東海市の会社員・工藤俊容疑者は去年12月、大阪府の国道で車を運転中に軽自動車の後部に接触して逃走。軽自動車の男性(43)が停止を求め、運転席の窓にしがみ付いているのを知りながら男性を400メートル引きずり、対向車線を走るトラックに男性を衝突させた疑いが持たれています。男性は腰の骨を折るなどの重傷です。工藤容疑者起は「事故は起こしていない」などと容疑を否認しているということです。

2009_1229_211958annlogo1_3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000068459.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(16、17日単位・レベル)
これからが捜査だ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011546_3 元プロ野球選手の覚醒剤事件は清原容疑者に覚醒剤を売った男が警視庁に逮捕された。これでこの密売事件はようやくスタートラインに着いたことになる。
 覚醒剤などの薬物事件は密売組織があり、群馬県内の売り子を逮捕してもなんの解決にもならない。
 売り子-密売組織-仕出し国の解明-と3本の柱があり、現在の都道府県警察だけではどうにもならないのだ。
 水際作戦を含めると国際間の情報交換が大事になってくる場合もあるとして平成12年ごろだった。日本警察は薬物事件や銃器事件捜査にFBI方式の導入を検討したことがあった。ところが一部の反対にあいそれは流れた。1昨年、当時の警察庁の薬物対策のエキスパートで警視庁の大幹部が私にこんな事を言った。
 「あの時、無理をしてでもFBI方式にしておけば良かった」
 今回の密売人の男も調べに対して黙秘しているという。となれば、必要になってくるのは組織犯罪解明への最大のツールとなる「司法取引」だ。通信傍受も含めた刑事司法制度の関連法案はどうなった。
 既に始まっている今国会での成立も危ういというではないか。むしろ廃案になる危険性さえあるようだ。
 馬鹿言ってるんじゃないよ。国民の生命を守れなくて何がヘイトスピーチ優先だ
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

【官邸ドローン事件】無職男に猶予判決、威力業務妨害罪(16日)産経

首相官邸の屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件で、威力業務妨害などの罪に問われた福井県小浜市の無職、山本泰雄被告(41)の判決公判が16日、東京地裁で開かれた。田辺三保子裁判長は懲役2年、執行猶予4年、ドローン没収(求刑懲役3年、ドローン没収)を言い渡した。
 弁護側は「官邸職員の業務を妨害したとはいえず、原発再稼働を止めるための意見表明で、違法性はない」と無罪を主張。これに対し田辺裁判長は、業務妨害を認めた上で「合法的な表現手段によるべきであり、動機に酌量すべき点は乏しい」と指摘した。
 判決によると、昨年4月9日未明、放射性物質を含む土砂を入れた容器や、発炎筒を搭載したドローンを飛ばして官邸の屋上に落下させ、同月22日に発見した官邸の庁舎管理担当職員らの業務を妨げた。http://www.sankei.com/affairs/news/160216/afr1602160037-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

金魚30匹殺し「死骸食べろ」と17歳長女に強要、容疑で母親ら再逮捕 福岡(16日)産経

福岡県警久留米署は16日、長女(17)に金魚の死骸を無理やり食べさせたとして、強要の疑いで同県久留米市荒木町、無職、尾形優子容疑者(46)=監禁致傷罪などで起訴=と内縁関係の自営業、江上孝容疑者(46)=同罪などで起訴=を再逮捕した。尾形容疑者は「男と一緒に食べさせた」と容疑を認めているが、江上容疑者は否認している。
 逮捕容疑は昨年6月初旬、自宅で金魚を飼っていた水槽に洗剤を入れて金魚30匹以上を殺し、その死骸を長女に「全部食べろ」と命令し、食べさせた疑い。
 尾形容疑者らは昨年9月、長女に対する監禁致傷容疑などで逮捕され、同10月には長女にアイスクリームや卵を無理やり食べさせ、吐いた物まで食べさせたとして強要の疑いで再逮捕された。久留米署は日常的な虐待があったとみて調べている。http://www.sankei.com/west/news/160216/wst1602160044-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

客酔わせ現金詐取の疑い、飲食店経営の女逮捕 (16日)TBS

東京・足立区の飲食店で、男性客にワインを飲ませて酩酊状態にさせたうえで現金をだまし取ったとして、経営者の女が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、足立区の飲食店経営・友澤美月容疑者(41)です。友澤容疑者は、去年10月、男性客(57)にワインを飲ませて酩酊状態にし、正常な判断能力を損なわせたうえで、クレジットカードでおよそ22万5000円の飲食代金を支払わせるとともに、ATMで現金5万円を引き出させた疑いが持たれています。
 友澤容疑者は、「全く覚えていません」と容疑を否認しています。
 現場近くでは去年1年間で同様の被害がおよそ10件相次ぎ、被害総額は300万円に上っているということで、警視庁が詳しく調べています。(16日14:29)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2704376.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

県が暴力団排条例改正案提出へ (16日)NHK福岡

福岡県は、暴力団の排除をさらに進めるため、みかじめ料を支払っている飲食店などが自ら申し出て利益供与をやめることを誓約した場合、公安委員会による勧告を行わないことなどを盛り込んだ暴力団排除条例の改正案を2月の県議会に提出します。
福岡県の暴力団排除条例は、事業者が暴力団の威力を利用したり、活動に協力したりする目的で暴力団員に金品などの利益供与を行うことを禁止していて、違反した場合、公安委員会が勧告をすることができるとされています。
今回の改正案では、暴力団の排除をさらに進めるためみかじめ料を支払っている飲食店や建設会社などが、警察に自ら申し出て利益供与をやめることを誓約した場合、公安委員会による勧告を行わないことが新たに盛り込まれました。
ただし、誓約した後に再び利益供与をしたり、うその申告をしたりした場合は、その事実を公表し、勧告を行うとしています。
また、暴力団からの離脱を支援するため、県が離脱者を雇用する企業や離脱の希望者に対し、必要な助言や就労支援などを行うことも新たに定めています。
福岡県は、この改正案を2月22日から開かれる県議会に提出することにしています。

News_pic1_3
http://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20160216/5903081.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

通行人かんだ犬の飼い主 不起訴 千葉・松戸(16日)NHK

去年9月、千葉県松戸市で住宅から逃げて通行人などをかんだ犬が警察官に射殺された問題で、過失傷害などの疑いで書類送検された飼い主について、千葉地方検察庁松戸支部は15日までに不起訴処分にしました。
去年9月、松戸市の路上で、住宅から逃げた体長1メートル余りの紀州犬が通行人などをかんでけがをさせ、警察官3人が拳銃で合わせて13発を撃って犬を射殺しました。警察は首輪の留め具が壊れたため犬が逃げたとして、飼い主の71歳の女性を、適切な管理を怠ったなどとして過失傷害と県の動物愛護条例違反の疑いで千葉地方検察庁松戸支部に書類を送っていました。検察は調べを進めた結果、今月12日に女性を不起訴処分にしました。不起訴の理由は明らかにしていません。
この問題を巡っては、警察官3人が犬を射殺した際、合わせて13発を撃っていたことから、批判が相次ぎ、千葉県警は、すべての警察署に動物を捕まえるための専用の道具の配備を進めるなど、対応の見直しを迫られました。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160215/k10010410441000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴行罪に問われた元熊ヶ谷親方、被告人質問で謝罪繰り返す (16日)TBS

大相撲の元熊ヶ谷親方がマネージャーの男性に暴行を加えた罪に問われた裁判で、元親方は「申し訳ないことをした」などと謝罪の言葉を繰り返しました。
 大相撲・宮城野部屋の元熊ヶ谷親方こと山村和行被告(46)は、去年7月、マネージャーの男性を金属バットで殴るなどしてけがをさせた傷害の罪に問われています。
 被告人質問で、山村被告は「犯罪だと分かっていたが、認識が甘かった」と述べた上で、「申し訳ないことをした」などと謝罪や反省の言葉を繰り返しました。15日の裁判では、証人として出廷した後援会の男性が、「被告は気配りが出来すぎるので、イラっとしたのではないか」などと証言し、裁判官は山村被告に「まだ支援者がいるのは恵まれている」「被害者に対して誠意を持って尽くしてください」と話しかけました。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2703647.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

マイナンバー通知カード、なお267万通が未達(16日)読売

共通番号制度のマイナンバーを記載した「通知カード」について、全体の4・6%にあたる約267万通が今月9日時点で本人に受け取られず、市区町村に保管されていることが総務省の調査でわかった。
 マイナンバーは今年1月から、税や社会保障制度で本格的に利用されている。
 総務省によると、1月15日時点では全体の5・7%にあたる約331万通の通知カードが未達だった。未達数は1か月弱で60万通以上、減った。
 通知カードは簡易書留で郵送される。受取人が不在だった場合、郵便局で7日間保管された後、送り主の自治体に返送される。宛先不明の場合も戻される。
 市区町村に返送された場合、自治体ははがきで住民に窓口まで取りに来るよう知らせたり、簡易書留を再送したりしている。

2016年02月16日 07時27分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

【清原容疑者逮捕】覚醒剤密売人、沖縄で逮捕 「一カ月で覚醒剤150回分使用」フジテレビ報じる(16日)産経

元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が覚せい剤取締法違反容疑(所持)で逮捕された事件で15日、警視庁は同容疑者に覚醒剤を譲り渡したとして、同容疑(営利目的譲り渡し)で密売人とみられる群馬県みどり市の無職、小林和之容疑者(44)を逮捕した。清原容疑者は群馬で150回分の使用量にあたる覚醒剤5グラムを入手、1カ月間で使い切った疑いが新たに浮上しており、警視庁は小林容疑者も関与していたとみて調べる。(サンケイスポーツ)
 小林容疑者の逮捕容疑は1月31日午後9時前、営利目的で群馬県太田市のコンビニ駐車場に停車中の乗用車内で、覚醒剤約0・2グラムを4万円で清原容疑者に譲り渡した疑い。清原容疑者の逮捕後に行方が分からなくなっていたが、捜査員が15日に沖縄県内で発見、午後5時半すぎに逮捕した。

 警視庁は、清原容疑者が過去に複数回、群馬や栃木県に行って小林容疑者と接触後、東京都内のホテルに入る行動を繰り返していたのを確認。清原容疑者の携帯電話の通信記録を解析し、入手経路を調べていた。

ベッドシーツに付着した汗から常習者のおよそ7倍の覚醒剤反応

| コメント (0) | トラックバック (0)

【清原容疑者逮捕】群馬の密売人を逮捕、清原容疑者に覚醒剤譲り渡した疑い(16日)産経

覚醒剤を所持していたとして元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が逮捕された事件をめぐり、警視庁組織犯罪対策5課は15日、覚せい剤取締法違反(営利目的譲渡)容疑で、清原容疑者に覚醒剤を売っていた群馬県みどり市の無職、小林和之容疑者(44)を逮捕した。「まったく知りません」と容疑を否認している。
 逮捕容疑は1月31日午後9時ごろ、同県太田市のコンビニ駐車場の車の中で、覚醒剤約0・2グラムを4万円で清原容疑者に譲り渡したとしている。同課は2月15日午後5時半ごろ、小林容疑者を立ち回り先の沖縄県内で逮捕した。
 捜査関係者によると、清原容疑者は自分の運転で群馬県内へ行き、その後東京都内のホテルに滞在。2日に帰宅し、同日夜に覚醒剤を所持していたとして現行犯逮捕された。
 清原容疑者は最近1年間で群馬県や栃木県に複数回向かい、小林容疑者と接触。覚醒剤を入手していたとみられる。同課は清原容疑者の北関東での行動に合わせて同じ方向に向かう密売人の存在を確認しており、行方を追っていた。
 清原容疑者は所持容疑を認め「腕に注射したり、ガラスパイプであぶって吸ったりしていた」と使用についても供述。だが、覚醒剤の具体的な入手先は明らかにしていなかった。http://www.sankei.com/affairs/news/160216/afr1602160003-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子中学生2人を車で連れ去った疑い 男を逮捕(16日)NHK

埼玉県と東京都に住む女子中学生2人を車に乗せて三重県まで連れ去ったとして、22歳の男が未成年者誘拐の疑いで警察に逮捕されました。
逮捕されたのは三重県亀山市に住む無職、小原田一真容疑者(22)です。警察の調べによりますと、小原田容疑者は14日から15日までの間、埼玉県と東京都に住む女子中学生2人を車に乗せて三重県亀山市まで連れ去ったとして、未成年者誘拐の疑いが持たれています。
警察によりますと、中学生2人は別の学校に通っていて、小原田容疑者とはSNSを通じて知り合ったということです。
埼玉県に住む中学生の家族から「娘が出かけたまま帰らず、連絡がつかない」と通報があり、警察が捜査を進めていました。
その結果、SNSの履歴などから小原田容疑者を割り出し、15日午前、中学生2人と一緒に車に乗っているところを見つけ逮捕しました。
中学生2人にけがはないということです。小原田容疑者は16日午前1時半ごろ、朝霞警察署に移送され、警察によりますと調べに対し、「自分の車で連れ去ったことは間違いない」と容疑を認めているということです。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160216/k10010410671000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

焼け跡の遺体に複数の刺し傷 愛知・稲沢市(16日)テレビ朝日

愛知県稲沢市で、全焼した住宅から見つかった遺体の胸に複数の刺し傷などがあることが分かりました。
 この火事は13日午後9時ごろ、稲沢市清水町の木造2階建ての住宅が全焼し、焼け跡から男性の遺体が見つかったものです。警察が15日に司法解剖を行ったところ、遺体の胸には刺し傷や切り傷が3カ所あったということです。そのうちの1カ所は傷が肺に達していて、致命傷になったとみられています。警察は事件と自殺の両面で調べています。警察によりますと、この家に住む角田幸司さん(60)と連絡が取れないことから、遺体は角田さんの可能性が高いということです。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000068415.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

元職員の男を逮捕 川崎市老人ホーム3人転落死(16日)テレビ朝日

川崎市の老人ホームで入所者3人が相次いで転落死した事件で、3人のうち当時87歳の男性をベランダから投げ落として殺害したとして23歳の元職員の男が逮捕されました。
 今井隼人容疑者はおととし11月、勤務していた川崎市幸区の老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で、入所していた丑沢民雄さんを4階のベランダから投げ落として殺害した疑いが持たれています。今井容疑者は容疑を認めています。この老人ホームでは、丑沢さんの他にもおととし12月、86歳の女性と96歳の女性がそれぞれ4階と6階のベランダから転落して死亡していて、警察が捜査していました。今井容疑者は去年9月、取材に対し、事件への関与を否定していました。
 今井隼人容疑者:「私は(関与)していません。何でこんなことになったのかという率直な疑問と、どうにかして防げなかったのかと」
 警察は捜査本部を設置し、他の2人の死亡についても今井容疑者が関与したとみて調べています。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000068412.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月15日 | トップページ | 2016年2月17日 »