« 2016年2月13日 | トップページ | 2016年2月15日 »

2016年2月14日

2016年2月14日 (日)

【衝撃事件の核心】隠し撮りを捕まえる正義の味方 その正体は恐喝男「盗撮ハンター」だった スマホ普及でカモも増加中…(14日)産経

女性を盗撮をしている男性を見つけては声をかけ、警察に行くか示談金を支払うか迫る。こんな手口で金を脅し取る事件が相次いで摘発された。その名も「盗撮ハンター」。まるで正義の味方のようなネーミングだが、被害女性も実はグルだった疑いがあり、複数人が関与する組織的な犯罪との見方が強まっている。捜査関係者は「新手の美人局ともいえる手法。男性側は盗撮加害者でもあり、被害を訴えにくい」と警戒を強めている。
池袋で“獲物”探し
 「今、盗撮していましたよね?」
 昨年12月28日夕。年越しを間近に控え、多くの人々が行き交う池袋駅東口近くの路上で、男は“獲物”を探していた。目にとまったのは30代の会社員男性。この男性は見ず知らずの女性の後をつけ、後ろ姿をスマートフォンで撮影した。その様子を見届けた男は、女性の知人を装って男性に声をかけた。そして、その違法性を丁寧な口調で語り始めた。
 「迷惑防止条例違反です。罰金がかかりますよ」「警察に行くか、示談にするか、決めてください」。
 捜査関係者によると、後ろ姿の撮影だけでは条例違反に問われる可能性は低い。だが、男性は自分の行為に後ろめたさがあったのか、示談金の支払いを選択した。男の指示で近くの消費者金融に向かい、50万円を引き出した。男は金を受け取ると、そのまま立ち去った。

| コメント (0) | トラックバック (0)

「力貸して」と遺族ら 信金職員刺殺から11年 東京・府中(14日)産経

東京都府中市の多摩中央信用金庫(現・多摩信用金庫)府中支店で、営業課長だった後藤博樹さん=当時(39)=が刺殺された事件から丸11年となった14日、警視庁府中署捜査本部は現場周辺で情報提供を求め、チラシ配りをした。
 捜査員や遺族、信金職員ら計約100人が参加。後藤さんの母、リウさん(72)は「11年が過ぎても息子を亡くした悲しみが薄らぐことはありません。皆さま方の記憶を掘り起こし、お力を貸してください」と訴え、事件概要が書かれたチラシ入りのポケットティッシュを通行人に手渡した。
 事件は平成17年2月14日深夜に発生。帰宅のため支店を出た後藤さんが男に頭や腹を包丁で刺されて死亡した。男は20~40歳で身長170~180センチ、血液型はO型だった。
 情報提供は府中署、電話042(360)0110へ。http://www.sankei.com/affairs/news/160214/afr1602140023-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ガソリンに灯油混ぜ販売=180キロリットル、車故障も-三重の会社摘発(14日)時事

給油所で売るガソリンに灯油を混ぜたとして、名古屋国税局が揮発油税法違反などの疑いで、三重県四日市市の燃料販売会社「アリマ石油」(廃業)と元社長(67)=同市=に罰金相当額計約400万円の通告処分を科したことが14日、関係者の話で分かった。同社が販売した不正ガソリンは約180キロリットルに上り、給油して故障した車もあったもようだ。
 同社はガソリン製造にかかる揮発油税を申告しておらず、国税局から、無申告加算税を含め約1100万円の追徴課税も受けた。罰金相当額と合わせた約1500万円は既に納付したという。
 関係者によると、元社長は2014年2~11月、給油所の地下タンクのガソリンに灯油を混ぜた。揮発油税法などの規定により、増量後の約180キロリットル全てが新たに製造したガソリンとみなされた。同社は昨年、廃業した。(2016/02/14-17:55)

201

| コメント (0) | トラックバック (0)

ホテル建設現場で足場崩れる、強風が原因か (14日)TBS

14日午前、東京・大田区にあるホテルの建設現場で足場が崩れました。警視庁は強風が原因とみています。
 14日午前9時ごろ、大田区蒲田にあるホテルの建設現場で足場が崩れ、隣のマンションの屋上部分に鉄製の棒やビニールシートが覆いかぶさりました。
 「ガチャガチャじゃない、バリバリじゃない、なんていう音だったのか。もうびっくりした」(近所の住人)
 この事故によるけが人はいませんでした。
 警視庁は、強風が原因とみて、現場近くの道路を通行止めにするなどして調べています。(14日11:25)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2702916.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

校内で同級生に「失神ゲーム」、暴行容疑で男子中学生2人逮捕 (14日)TBS

 新潟市の男子中学生2人が「失神ゲーム」と称し、学校内で同級生に暴力行為を働いたとして、14日、警察に逮捕されました。
 暴行の疑いで逮捕されたのは、新潟市北区の中学校に通う14歳の男子生徒2人です。
 警察によりますと、2人は今月3日の放課後、学校のトイレの中で同級生の14歳の男子生徒に対し、「失神ゲーム」と称して背中に数回体当たりした疑いがもたれています。
 被害をうけた生徒は、呼吸困難で一時意識を失いましたが、回復したということです。2人は容疑を認めていて、警察が詳しく調べています。(14日17:34)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2702971.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

露店のボンベ破裂11人けが 福岡・久留米(14日)NHK

14日午後、福岡県久留米市で開かれていたイベント会場で、露店に置かれていた着火用のボンベが破裂し、4歳の子どもを含む11人がけがをしました。警察によりますと、いずれも命に別状はないということです。
14日午後2時半ごろ福岡県久留米市城島町で開かれていた新酒を味わうイベントで、露店に置かれていた着火用のボンベが破裂しました。警察によりますと、この事故で4歳の子どもを含む11人がけがをしたということで、このうち露店の関係者3人と客5人の合わせて8人が病院に運ばれました。いずれも命に別状はないということです。
破裂は、焼き鳥などを販売するため地元の商工会が出したテントの中で起き、警察によりますと、ボンベの近くには火をおこした炭が置かれていたということです。
近くの露店にいた男性は「ボンという音がしたので見たら露店の近くにいた女性の髪が燃えているのが見えた」と話していました。警察は、当時の詳しい状況や事故の原因を調べています。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160214/k10010409131000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

安保法に反対 若者らがデモ行進 東京(14日)NHK

憲法解釈を変更して集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法について若者のグループなどが都内でデモ行進し、「憲法を守ろう」などと訴えました。
デモは安全保障関連法に反対する活動を続けている若者のグループ「SEALDs」などが行い、出発前に東京の代々木公園で開かれた集会には、主催者の発表で4000人以上が集まりました。
この中で精神科医の香山リカさんは「今や平和は静かに作り上げるものではなくなった。平和で希望のある社会を取り戻すために、一緒に立ち上がりましょう」と呼びかけました。また、「SEALDs」のメンバーで大学4年生の牛田悦正さんは「何度も同じようなデモをしてきましたが、あきらめてはいけない。一緒に抗議の声をあげ続けましょう」などと訴えました。
このあと参加した人たちは「民主主義を取り戻せ」などと書かれたプラカードを掲げながら渋谷の繁華街をデモ行進し、「憲法を守ろう」と訴えたり来月に施行される安全保障関連法に反対を訴えたりしました。

News_pic1_3
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160214/k10010409061000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(14,15日単位・レベル)
26年から増加傾向へ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212_2F1011552_2 元プロ野球選手でスーパースターの覚醒剤事件は入手経路が焦点になってきた。そんな中、鹿児島県で覚醒剤約100キロ、末端価格で70億円に上る覚醒剤を所持したとして、暴力団幹部らが逮捕された。神戸山口組系幹部ら4人で、鹿児島県沖の海上で外国船から受け取ったものと見られている。
 この密輸入方法は「瀬取り」と言われ、平成9年以降、仕出し国が北朝鮮になってから多くなっていった。
 仕出し国である外国の運搬船と国内の引取船が海上で接触して受け取るのと運搬船が浮体を付けた薬物を海上に投下。去った後に引取船が回収するという手法があり多くの場合は暴力団が関与している。
 なかでも浮体を利用した受け渡しは、海水の流れを読み取ることが大事で、読み間違って別の場所に物が流れ着き受け取れなかったという惨めなこともあった。
 覚醒剤は昭和29年ごろは日本国内で密造されていたが、取り締まりが厳しく30年代に途絶。この時期を第1次覚醒剤乱用期。その後、昭和59年ごろになると韓国や台湾からの密輸入が多くなったが、この時期を第2次乱用期という。
 そして、現在は第3次乱用期と言われて多くは中国や北朝鮮からのルートと言われている。
 警察庁によると平成27年の覚醒剤取締法違反で送致した件数は1万5668件。検挙人員は1万0792人だった。
 仕出し国が北朝鮮になった平成9年の検挙人員は1万9722人と多かったが平成25年の検挙人員は1万0909人で過去18年で最も少なかった。しかし26年、27年とここにきて再び増加傾向を見せている。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

新東名高速道路「浜松~豊田」の新区間が開通(14日)テレビ朝日

新東名高速道路の静岡県浜松市と愛知県豊田市を結ぶ新しい区間が開通しました。
 新しく開通したのは、静岡県の「浜松いなさジャンクション」と愛知県の「豊田東ジャンクション」の約55キロの区間です。この開通により、並行する東名高速道路の渋滞が大幅に減ると見込まれています。また、災害時の緊急輸送路としての活用や観光客の呼び込みに期待が寄せられています。新たに開業した愛知県の岡崎サービスエリアでは式典が開かれ、参加者らは一般車両に先駆けてパレードを行いました。

2009_1229_211958annlogo1_3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000068281.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

この信号機必要? 三差路なのに4基設置の謎(14日)共同

これって必要? 一見、無駄に見える信号機が明石市内に複数ある。信号が向く方向に車道が見当たらなかったり、進入禁止標識があるのに、その上に青信号が光っていたり…。不思議な信号が設置された背景には、意外と知られていない自転車の交通ルールがあるようだ。(奧平裕佑)
 きっかけは、明石総局に届いた匿名の封筒だった。
 「イイミミに電話すればいいんですが、口べたなので…。写真を撮ってお送りします」。中には手紙と、信号や標識の写真。手紙に書かれたヒントを頼りに信号機を探すと、4カ所の場所が判明した。
 まずは、同市荷山町の交差点。信号の正面には市営住宅があり、道路を遮断するようにガードレールが設置されている。疑問は「三差路なのに、東西南北にそれぞれ信号機がいりますか?」というものだ。確かに不思議な光景だ。
 明石署交通課に尋ねた。担当者によると、主に自転車が右折する際に必要という。自転車が交差点で右折する際、乗用車のような斜め横断は禁止されている。歩行者の妨げにならなければ横断歩道も渡れるが、原則として車道を二段階右折しなければならない。
 設置は1985年。計30年以上、自転車の二段階右折を見守ってきたことになる。他の2カ所も同様の理由で設置されているという。

詳細は以下をクリックdownwardleft

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201602/0008802139.shtml

| コメント (0) | トラックバック (0)

DV件数など過去最悪の状況(14日)NHK新潟

去年1年間にストーカーとDV=ドメスティックバイオレンスを警察が認知した件数は10年前のおよそ4倍と、法律が施行されてから最悪に上り、警察は専門の対策課を発足させるなどして被害の防止に取り組んでいます。

新潟県警察本部によりますと、去年1年間に元交際相手などからのストーカー行為に関する相談を警察が認知した件数は471件と、おととしに比べて、67件増加しました。
内訳は、最も多かったのが「つきまとい」の285件で、次いで「面会や交際の要求」が159件、「無言電話や電子メールの連続送信」が154件となっています。
また、夫婦間での暴力などDVの認知件数は1106件とこちらもおととしに比べて151件増加しました。
警察によりますと、ストーカー、DVのいずれも10年前のおよそ4倍と、取り締まりの法律が施行されてから最悪に上っています。
いずれも被害の9割近くを女性が占めていることから警察は去年4月、県警察本部に「子供女性安全対策課」を発足させ、被害の防止の取り組みを進めています。
警察はこうした事案はエスカレートして凶悪な犯罪に至るケースもあるとして、「被害が大きくなる前に、早めに警察や関係機関に相談してほしい」と話しています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/1035386212.html?t=1455403291

| コメント (0) | トラックバック (0)

7歳と5歳のきょうだい死亡、「首しめた」母親を逮捕(14日)産経

13日午前4時ごろ、神奈川県厚木市戸室の住宅で、小学1年、落合ゆめあちゃん(7)と弟で幼稚園児の春馬ちゃん(5)のきょうだいが2階寝室の布団の上で倒れているのが見つかった事件で、県警厚木署は同日、殺人未遂容疑で母親のちあき容疑者(39)を逮捕した。2人は搬送先の病院で死亡が確認された。
 ちあき容疑者はきょうだいが発見される約15分前に、小学5年の長男(11)とともに同署を訪れ、「子供の首を絞めた」と話した。長男の首にも絞められたような痕があった。
 逮捕容疑は、12日午後8時45分ごろから13日午前3時45分ごろまでの間、長男の首を絞めて殺害しようとしたとしている。「長男と心中しようと思い、長男の首を絞めたことに間違いはありません」と容疑を認めている。同署はゆめあちゃんと春馬ちゃんの死亡にもかかわったとみて捜査している。
 同署や厚木児童相談所によると、母親は昨年12月28日、児相に電話で子育ての悩みを相談していた。同署は母親が無理心中を図ろうとしたとみて、引き続き詳しい経緯や動機を調べる。
 住宅はちあき容疑者と会社役員の夫(47)、子供3人と夫の両親の計7人が暮らす二世帯住宅で、事件当時、1階で生活する両親は就寝中、夫は外出中だった。http://www.sankei.com/affairs/news/160213/afr1602130025-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【桜井紀雄が見る劇場型半島】「世界評価1位」の韓国・仁川空港で中国人らがスルー密入国 「ISならどうする!」と非難殺到(14日)産経

「空港サービス評価10年連続世界1位」という韓国の“空”の玄関口、仁川(インチョン)国際空港に非難が殺到している。中国人夫婦が出国審査場を通って制止もされずに密入国していたことが発覚。数日後には、ベトナム人の密入国を許した。「テロリストの侵入だったらどうする!」との世論の怒りをあざ笑うかのように「おまえらに送る最後の警告だ」とアラビア語で書いた偽爆発物が置かれる騒動も起きた。効率化に気を取られ、肝心のセキュリティーがおろそかにされたとの批判もある。
職員の身勝手で開いたままのドア、声すらかけず…
 最初の事件が起きたのは、1月21日未明のことだ。聯合ニュースなど韓国メディアの報道を総合すると、世界に冠たるハブ空港の“お寒い”実態が浮かぶ。
 成田から仁川空港でトランジット(乗り継ぎ)し、北京に向かうはずだった中国人夫婦=いずれも(31)=が旅客ターミナル3階で、免税エリアから職員専用のスクリーンドアを通って出国審査場に忍び込んだ。
 このドアは、前日夜に業務が終わった後に閉鎖する規則だったにもかかわらず、職員らが中にある休憩室への出入りの「利便性」だけを考え、自由に出入りできる状態になっていた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性ひき逃げ、出頭の容疑者逮捕 「報道見て自分では」(14日)テレビ朝日

 堺市西区で13日未明、女性がひき逃げされ重体となった事件で、大阪府警は同日夜、同市南区稲葉2丁の無職川崎愛容疑者(37)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)と道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕し、発表した。川崎容疑者は「硬いものに当たったが人と思わなかった」と供述しているという。
 西堺署によると、川崎容疑者は13日午前1時10分ごろ、堺市西区菱木1丁の府道で乗用車を運転中、自転車に乗って信号待ちをしていた女性に追突し、そのまま逃げた疑いがある。同日午後3時ごろ、「ひき逃げのニュースを見たが、私ではないか」と同署に出頭したという。はねられたのは同市南区の女性(38)とみられる。

Logo2
http://www.asahi.com/articles/ASJ2F7W76J2FPTIL019.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

無理心中?36歳母親と乳児、車内で遺体発見 岐阜(14日)毎日

13日午後4時50分ごろ、岐阜県高山市朝日町の林道に止めてあった軽乗用車の車内で、女性と赤ちゃんがぐったりしているのを散歩中の近所の男性(74)が見つけた。県警高山署員が駆け付けて調べたが、2人は既に死亡していた。同市の無職女性(36)と生後8カ月の長女で、無理心中の可能性が高いとみて、司法解剖して死因を調べる。
 同署によると、女性は運転席で、女児は助手席のチャイルドシートに乗せられた状態で見つかったという。
 2人は前日から行方が分からなくなり、夫が同署に捜索願を出していた。女性は育児に悩んでいたという。
 車は前日から止まっていた。現場は山中で人通りはほとんどない。【岡正勝】

Logo_mainichi_s1
http://mainichi.jp/articles/20160214/k00/00m/040/054000c

| コメント (0) | トラックバック (0)

歩道の女性、はねられ死亡=タクシー運転手を逮捕-警視庁(14日)時事

13日午後10時5分ごろ、東京都新宿区新宿の歩道にタクシーが乗り上げ、歩行中の女性をはねた。都内に住む30代の女性とみられ、病院に運ばれたが死亡が確認された。警視庁四谷署は自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で、タクシーを運転していた埼玉県宮代町和戸、石川悟容疑者(68)を現行犯逮捕。容疑を過失運転致死に切り替え、被害者の身元と事故原因を調べている。(2016/02/14-01:31)

2016

| コメント (0) | トラックバック (0)

裁判所への出頭求める不審なメール 注意呼びかけ(14日)NHK

K10010408571_1602140504_1602140510_裁判所への出頭を求める不審なメールが送りつけられる事案が相次いでいることから、最高裁判所は何者かがウイルスなどを仕掛けたメールを送っている可能性があるとみて、添付ファイルを開かないよう注意を呼びかけています。

最高裁判所によりますと、今月に入って「最高裁判所の書記官を名乗る人物から不審なメールが届いた」という問い合わせが相次いで寄せられているということです。
メールには、「あなたは2月20日に裁判に来訪しなければなりません」などと書かれ、さらに、メールに添付されたファイルを開くよう促す注意書きも添えられているということです。
裁判所がメールで出頭を求めることはないということで、最高裁は何者かがウイルスなどを仕掛けたメールを送っている可能性があるとみています。
これまでにメールが届いた人のパソコンに異常が起きたり、個人情報が抜き取られたりするような被害は確認されていないということですが、最高裁は、「心当たりのないメールは削除するなどして、添付ファイルを開かないように注意してほしい」と呼びかけています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160214/k10010408571000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁の乗り物特別展 歴代のパトカーなど展示(14日)テレビ朝日

000068295_6401歴代のパトカーや白バイなど、警視庁の「乗り物」が展示された特別展が開かれています。
 制服に身を包んだ子どもたちが白バイなどに乗り込みます。東京・中央区の警察博物館では、特別展の「警視庁のりもの大百科」が開かれています。会場内ではパトカーなどの模型も展示されているほか、警備艇や飛行船など警視庁の歴代の乗り物が年代別に紹介されています。この特別展は来月末まで開かれています。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000068295.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月13日 | トップページ | 2016年2月15日 »