« 2016年2月11日 | トップページ | 2016年2月13日 »

2016年2月12日

2016年2月12日 (金)

虚偽の難民申請あっせんの疑い、ブローカーら逮捕 (12日)TBS

ベトナム国籍の男女10人以上にうその難民申請をあっせんしていたとみられるブローカーの男らが警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、ベトナム国籍のファム・スアン・ダイ容疑者(30)ら4人で、うその難民申請を行うため、去年6月、東京の新宿区役所に対し、北九州市から引っ越したように装い、うその住民異動届を提出した疑いが持たれています。
 ファム容疑者は難民申請のブローカーとみられ、報酬としておよそ15万円を受け取っていたということです。ファム容疑者は容疑を認めたうえで、「バングラデシュ国籍の知り合いからやり方を聞いた」と供述しているということです。
 警視庁は、ファム容疑者が2年前からベトナム国籍の男女10人以上にあっせんしていたとみて詳しく調べています。(12日14:11)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2701529.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

清原容疑者 覚醒剤入手先は依然黙秘 勾留延長(12日)毎日

元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)=東京都港区東麻布=が覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された事件で、清原容疑者が覚醒剤を入手した状況について供述を始めたことが12日、警視庁組織犯罪対策5課への取材で分かった。ただ、入手先については依然として明らかにしていないという。
 捜査関係者によると、清原容疑者は自ら車を運転して群馬県に向かい、特定の男と接触する姿が複数回確認されている。群馬から戻ると、ホテルに宿泊することが多く、滞在した部屋の遺留物からは覚醒剤の成分が検出されたことが複数回あった。同課は、群馬県内で密売人の男と接触して覚醒剤を入手していたとみている。
 組対5課によると、清原容疑者は落ち込んだ様子で、取り調べの際もうつむいていることが多い。ただ、覚醒剤の受け渡しについては具体的な供述を始めている。入手先については、追及しても黙り込んで明らかにしないという。
 東京地裁は12日、清原容疑者の勾留を23日まで延長する決定を出した。【斎川瞳】

Logo_mainichi_s1
http://mainichi.jp/articles/20160213/k00/00m/040/089000c

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京マラソン、空から警戒=官民のドローン登場-テロ制圧部隊も待機・警視庁(12日)時事

 警視庁は12日、東京マラソン(28日開催)の警備に、迎撃用のドローン(小型無人機)を配置すると発表した。これとは別に、民間企業のドローンや飛行船が撮影する映像を提供してもらい、空からの警戒を強化。昨年新設したテロリストの制圧部隊も待機する。
 迎撃ドローンは警視庁が昨年12月導入した。不法行為を行う恐れのあるドローンを、つり下げた網で捕獲できる。28日までに10の機動隊全てに1機ずつ配備する予定で、このうち数機をマラソンコースの要所に配置。大規模なスポーツイベントでは初の出動となる。(2016/02/12-19:28)

2016/02/12

| コメント (0) | トラックバック (0)

夫の車椅子押して横断中にはねられ…74歳妻死亡(12日)テレビ朝日

夫が乗った車椅子を押していた高齢の女性が車にはねられ、死亡しました。
 滋賀県米原市で11日、「車と車椅子が事故です。けが人が男女1人ずついます」と通り掛かった人から消防に通報がありました。警察と消防によりますと、会社員の男性(42)が運転する車がT字路を右折したところ、道路の左側から車椅子で横断してきた高齢夫婦に衝突しました。車椅子を押していた74歳の妻・西村幹子さん(74)は体を強く打って病院に搬送され、まもなく死亡しました。また、車椅子に乗っていた80歳の夫は軽傷で、運転していた男性にけがはありませんでした。

2009_1229_211958annlogo1_3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000068229.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(12,13日単位・レベル)
地方の大都市で増加傾向
【治安うんちく】 

2009_1228_222559212F1011555 東京都は、振り込め詐欺被害の防止策として電話の相手に警告のメッセージを発する機器を高齢者に無料で貸し出していたが、効果があったことから今後3年間でさらに5万台追加貸し出しすることにしたという。(NHK電子版)
 警察庁によると平成27年の振り込め詐欺を含む特殊詐欺の認知件数は1万3828件で被害額は476億円を超えた。特徴としては東京など1都3県が減少しているのに対して大阪や岡山、福岡など地方の大都市で増加しているという。
 東京の27年上半期の認知件数は995件で前年同期と比べて65件、被害額は33億9984万円で同3億0434円も減少している。
 今年に入ってからも検挙は活発で11日までに、架空の老人ホーム入居話をめぐり「名義貸しがばれた」などと偽り、高齢女性らからだまし取ろうとした10~20代の男10人を逮捕している。
 一方、大阪府警によると27年1年間の特殊詐欺の認知件数は1170件で額は41億4168万7000円。件数で379件、額で5億8403万3000円といずれも増加している。
 特に大阪の場合は特殊詐欺の中でも還付金詐欺の認知件数が510件で前年と比べて262件の増。被害額は5億4427万1000円で3億0181万6000円増加しており、全体的にみると東京は減っているのに対して大阪は増えているのだ。
 このように首都圏から地方の大都市へターゲットが変化しつつあるようだ。
 特に首都圏の東京、千葉、神奈川、埼玉で「アジトの摘発」を進め、これまで58カ所を摘発。さらに東京ではレンタル携帯の不正使用に対する通話停止措置を実施。その数は昨年は6千件を超るなどで大きな成果を上げている。
 しかし、こうした対策は各都道府県警が同時に行い〝ループホール〟を無くさないといけない。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・中野区のマンションで大麻栽培、容疑の男ら逮捕(12日)産経

マンションの部屋で大麻を栽培していたとして、警視庁組織犯罪対策5課は大麻取締法違反(営利目的栽培)容疑で、東京都中野区上高田の無職、釣井喬(39)と神奈川県綾瀬市深谷中の無職、土屋裕(34)の両容疑者を逮捕した。釣井容疑者は容疑を認め、土屋容疑者は否認している。
 同課によると、2人は釣井容疑者の自宅があるマンションの4部屋を使って大麻を栽培。部屋からは大麻草や乾燥大麻のほか、コカインやMDMAなど、合わせて末端価格計約1950万円相当の違法薬物がみつかった。
 逮捕容疑は昨年7~11月、東京都中野区上高田のマンション室内で、大麻草215本を水耕栽培したとしている。http://www.sankei.com/affairs/news/160212/afr1602120027-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタインチョコを選んでいた客からスリ、67歳女を逮捕 警視庁(12日)産経

 百貨店のお菓子売り場にいた客から財布を盗んだとして、警視庁捜査3課は窃盗の現行犯で、東京都板橋区中丸町、無職、伊藤美枝子容疑者(67)を逮捕した。同課によると、「バレンタインデーが近いので、チョコレート選びに夢中になっている女性を狙った」などと供述している。
 逮捕容疑は、11日午後1時20分ごろ、横浜市西区南幸の百貨店の地下1階のケーキ売り場で、神奈川県在住の女性(65)のバッグから現金約1万2000円などが入った財布を盗んだとしている。
 女性はバレンタインデーのチョコレートの購入のために売り場を訪れていたという。http://www.sankei.com/affairs/news/160212/afr1602120028-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

病院長が覚醒剤所持容疑で逮捕、広島・呉市 (12日)TBS

広島県呉市にある公立病院の院長が、マンションで覚醒剤を所持していたとして現行犯逮捕されました。
 逮捕されたのは、広島県呉市にある公立下蒲刈病院の院長・原田薫雄容疑者(52)です。
 警察によりますと、原田容疑者は広島市中区の自らが所有しているマンションの部屋で、ビニール袋に入った覚醒剤を所持していた疑いが持たれています。警察の捜索で、部屋からは注射器も見つかったということです。
 「驚いているし、残念。院長不在となり、迷惑をかけて申し訳ない」(公立下蒲刈病院 武林信二 病院事業課長)
 取り調べに対して、原田容疑者は「知人から預かったもので、覚醒剤とは知らなかった」と供述しているということです。警察は数年前から原田容疑者を捜査していて、覚醒剤は自分で使うために所持していたとみて、調べを進めることにしています。(12日13:16)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2701524.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

治安強化めぐり政治混乱=観光回復は道半ば-パリ同時テロ3カ月(12日)時事

【パリ時事】130人が犠牲となった2015年11月のパリ同時テロから13日で3カ月。事件を受けて政府が進める治安強化策は「差別的だ」と批判を浴び、オランド大統領は与党内急進左派からの反発に直面している。国内産業の稼ぎ頭である観光も回復は道半ばで、テロの余波は今も政治、経済の両面に及んでいる。
 政府は危険人物の排除を目指し、テロで有罪判決を受けた国民から仏国籍を剥奪できるようにする法改正を進めている。だが、政府が国民を無国籍の状態とするのは、基本的人権の観点から難しいとされる。法案が想定する国籍剥奪の対象者は、事実上アフリカなどの移民系が大半を占める二重国籍者に限られるとの見方が強い。
 与党重鎮の一人、トビラ前法相は「二重国籍者を狙い撃ちにする制度だ」と法改正を批判し、抗議の辞任に踏み切った。10日には関連法案が国民議会(下院)を通過したが、採決では与党議員の約3割が反対票を投じ、上院の賛同を得て成立にこぎつけられるかは不透明だ。
 一方、全世界から観光客が集まるパリにとって、テロで大きく損なわれたイメージの回復は急務だ。パリのイダルゴ市長は、日本からの観光客をてこ入れするため、2月末から数日間の訪日を計画。舛添要一東京都知事や観光業者らと会い、対策を話し合う予定だ。(2016/02/12-15:01)

| コメント (0) | トラックバック (0)

すき家で包丁 ネパール国籍の男性店員ばかり受難(12日)テレビ朝日

横浜市で、牛丼チェーン店が相次いで客を装った男による強盗被害に遭いました。警察は同一犯の可能性が高いとみています。
 12日午前1時半ごろ、牛丼チェーン店「すき家」から横浜市金沢区の店舗が強盗に入られたと通報がありました。警察によりますと、客として食事していた男がネパール人の男性店員に無言で包丁を突き付けたということです。店員が防犯ブザーを鳴らしたところ、男は何も取らずに牛丼と豚汁代540円を払わずに逃げました。その1時間後、10キロほど離れた栄区のすき家でも、牛丼を食べていた20代くらいの男がネパール人の男性店員を刃物で脅し、現金約2万円などを奪って逃げました。警察は、犯行の手口がよく似ていることから、連続強盗事件とみて男の行方を追っています。

2009_1229_211958annlogo1_2
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000068207.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

住宅に高齢男女の遺体 争った跡なし 愛知・江南(12日)NHK

愛知県江南市の住宅で、お年寄りの男女2人が死亡しているのが見つかり、警察は、この家に住む90代の男性と70代の内縁の妻とみて確認を進めるとともに、部屋に争ったような跡がないことから詳しい状況を調べています。近所の人によりますと、この家に住む男性は足が不自由で、女性が介護していたということです。
12日午前8時40分ごろ、愛知県江南市草井町の住宅で、お年寄りの男女2人が死亡しているが見つかりました。
警察によりますと、男性は縁側で女性は台所で倒れていて、2人とも死後数日がたっていたということです。2人に目立った傷はなく、玄関には鍵がかけられていて、部屋に争ったり荒らされたりしたような跡はなかったということです。
遺体を発見したのは近所の男性で、近く開かれる会合の案内のためにこの家を訪れたということです。
警察によりますと、この家には90代の男性と70代の内縁の妻が住んでいるということで、亡くなったのはこの2人とみて確認を進めるとともに、死亡した原因や時期について調べることにしています。
遺体を発見した近所の59歳の男性は「呼び鈴を鳴らしたが返事がなかったので、家の中を見たら男性が倒れていた。この家に住む男性は足が不自由なため、外出することがほとんどなく、買い物などは女性がタクシーを呼んで行っていた」と話していました。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160212/k10010407181000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

川崎市、簡宿火災は「放火」と判定 玄関付近にガソリン 市議会で報告(12日)産経

川崎市は12日、昨年5月に11人が死亡した簡易宿泊所火災の原因は放火とする調査結果を発表した。同日開かれた市議会健康福祉委員会で市消防局が報告した。
 同局によると、火元となった「吉田屋」1階の玄関付近からガソリンの成分が検出された▽玄関付近に火の気がなかった▽吉田屋の玄関は施錠されておらず、出入りが自由だった-ことに加え、コンピューターを使った火災シミュレーションや燃焼実験の結果も勘案し、何者かが玄関付近にガソリンをまき、火を付けて放火したと判定した。
 実況見分の結果、たばこや漏電、ガスによる失火の可能性は否定した。
 吉田屋は木造2階建てと届け出ながら、3階建てだったことが火災後に判明。市は周辺の宿泊所49棟を調査し、うち24棟について同様の構造などを理由に建築基準法違反と認定した。
 火災は昨年5月17日未明に発生。隣接する宿泊所に延焼、2棟を全焼し11人が死亡した。http://www.sankei.com/affairs/news/160212/afr1602120015-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【清原容疑者逮捕】あすにも再逮捕の清原容疑者 薬物調達していた野村氏、“教え子”に賭博関与投手(12日)産経

 元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された事件で11日、同容疑者が同法違反の使用容疑で、13日にも再逮捕されることが分かった。また、清原容疑者の巨人時代の薬物使用歴を明かした元巨人投手、野村貴仁氏(47)と野球賭博に関与し失格選手として公示された元巨人投手、松本竜也氏(22)の意外な接点も判明した。(サンケイスポーツ)
 野村氏は2006年、覚せい剤取締法違反で執行猶予3年の有罪判決を受けた。その後は出身地の高知市で野球教室を主宰、ホームページで「私には投手を指導するにあたり特殊能力があります。2011年巨人ドラフト1位の松本竜也は第1号のクライアントでした」とPRしていた。
 松本氏は昨年11月、野球賭博に関与したとして失格選手となった巨人の3投手のうちの1人。父親と野村氏が社会人野球の三菱重工三原出身、という接点がある。“球界の盟主”を舞台に、薬物汚染と野球賭博という球界の2大事件が交差した形となった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ベトナム通貨証券購入できる」と電話 80代女性が現金1600万円詐欺被害 仙台 (12日)産経

仙台市宮城野区の80代女性が、証券購入に伴うトラブル解決の名目で現金1600万円をだまし取られる被害があった。仙台東署は特殊詐欺事件として調べている。
 同署によると、1月20日頃、女性宅に証券会社社員を名乗る男から「あなたはベトナム通貨証券を購入できる権利がある。名義を貸してほしい」などと電話があり、女性が承諾すると、今度は通貨証券販売会社を名乗る男から「名義貸しは犯罪。購入代金を支払う必要がある」と電話があった。女性は同月22日、東京都内の住所宛てに宅配便で現金500万円を送った。
 さらに、女性は別の証券会社を名乗る男から「購入した証券を譲ってほしい。できなければ名義貸しを警察に通報する」などと言われ、28日から2月1日にかけて計1100万円を都内の別の住所宛てに送った。
 その後も複数回にわたり金銭の要求があり、女性が親族に相談して発覚した。http://www.sankei.com/affairs/news/160211/afr1602110024-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「逮捕される意味が分からん」窓割って侵入、腕時計など71万円相当盗んだ容疑、男3人逮捕(12日)産経

京都府八幡市の民家からダイヤモンドなどを盗んだとされる窃盗事件で、同府京田辺市内の民家でも腕時計などを盗んだとして、府警捜査3課などは11日、窃盗と住居侵入容疑で、八幡市の会社員、島浩之(43)=窃盗容疑で逮捕、処分保留で釈放=と、住所不定、無職の松本恵一(39)=同=の両容疑者を再逮捕した。
 また、府警などは10日、同容疑で自称・八幡市の解体業、大石譲容疑者(42)を逮捕した。府警によると、3人はいずれも容疑を否認し、島容疑者は「逮捕される意味が分からない」と供述しているという。
 逮捕容疑は、3人が共謀の上、1月15日午後1時40分ごろから同2時5分ごろまでの間、京田辺市の会社員男性(45)の自宅に窓を割って侵入し、腕時計など計43点(71万4500円相当)を盗んだとしている。当時、民家は留守だった。
 昨年9月以降、京都府南部を中心に同様の手口の被害が約70件発生し、被害総額は2500万円相当に上る。府警は関連を調べている。http://www.sankei.com/west/news/160212/wst1602120010-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

被害1億5000万円以上か、詐欺グループを摘発 (12日)TBS

老人ホームに入るための権利をめぐってうその電話をかけ、あわせて1億5000万円以上をだまし取っていたとみられる詐欺グループが警視庁に摘発されました。
 逮捕されたのは、住所・職業不詳の馬渕隼弥容疑者(20)ら10人で、今月4日から10日にかけ、香川県の79歳の女性に老人ホームに入るための権利をめぐってうその電話をかけ、現金1000万円をだまし取ろうとするなどした疑いが持たれています。
 詐欺グループは、うその電話をかける相手先のリストを、水に溶ける紙に印刷していたということです。捜査の手がのびた際に証拠隠滅をはかるつもりだったとみられます。
 警視庁は、このグループが去年6月以降、少なくとも20人からあわせて1億5000万円以上をだまし取っていたとみて裏づけを進めています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2700917.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

組幹部ら、覚醒剤100キロ所持容疑 末端価格70億円(12日)朝日

鹿児島県内で大量の覚醒剤を所持したとして、福岡、鹿児島両県警などが、鹿児島県の暴力団幹部ら計4人を覚醒剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで逮捕していたことが11日、捜査関係者への取材でわかった。両県警などは覚醒剤約100キロ(末端価格約70億円)を押収。海外から持ち込まれたとみている。
 捜査関係者によると、4人は指定暴力団山口組から昨年8月末に分裂した「神戸山口組」系組織の60代の幹部や組員、元組員。両県警などは、神戸山口組の資金源になっていたとみて流通ルートの解明を進める。
 捜査関係者によると、4人は今月上旬、外国から来たとみられる船と鹿児島県沖で接触。海上で覚醒剤の受け渡しをし、徳之島の港にいったん陸揚げした。その後、覚醒剤を軽乗用車に載せて鹿児島行きのフェリーに乗船。10日午前、鹿児島市の鹿児島新港に着いたフェリーの中に駐車していた軽乗用車から、土囊(どのう)用の袋に入った覚醒剤10袋分が見つかったという。

残り:204文字/全文:619文字

Logo2

http://www.asahi.com/articles/ASJ2C6H8FJ2CTIPE01Q.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

介護報酬1800万円余を不正受給 事業所処分へ(12日)NHK

介護現場の人手不足が深刻となるなか、北海道旭川市にある介護事業所の運営会社が職員の待遇を改善する事業所に支払われる介護報酬1800万円余りを不正に受け取っていたとして、旭川市などは近く、新たな利用者の受け入れを3か月間停止するなどの行政処分を行う方針です。こうした介護報酬を巡って多額の不正受給が明らかになるのは初めてです。
処分が行われるのは、介護事業所の運営会社「旭川高齢者グループホーム」が旭川市と上富良野町で運営する7つの事業所です。関係者によりますと、7つの事業所は昨年度までの2年間に職員の待遇を改善する事業所に支払われる介護報酬の「処遇改善加算」合わせて1800万円余りを不正に受け取っていたということです。
「処遇改善加算」は、介護現場の深刻な人手不足を解消しようと4年前に導入されたもので、事業所は受け取った金額を上回る額を賃金として支払わなければなりません。しかし、7つの事業所は受け取った金額の一部しか職員の賃金に充てず、自治体には賃金を引き上げたと、うその報告書を提出していたということです。
このため、旭川市と上富良野町は近く、7つの事業所に対し3か月間新たな利用者の受け入れや介護報酬の請求を停止するなどの行政処分を行うとともに、不正に受け取った介護報酬の返還を求める方針です。これについて、運営会社は「行政の監査を受けていることは事実だが、結果が出ていない段階でお答えすることはできません」と話しています。
処遇改善加算を巡って多額の不正受給が明らかになるのは初めてで、厚生労働省は全国の自治体を通じて介護事業者への指導を徹底していきたいとしています。
 詳細は以下をクリックdownwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

全国初の民泊 認定へ 東京・大田区(12日)NHK

外国人観光客が急増するなか、東京・大田区は12日、特区を活用したいわゆる「民泊」について申請のあった物件を認定します。全国で初めて、宿泊者の安全確保や近隣住民への周知など一定のルールを定めた民泊が始まることになります。
空き部屋などを宿泊施設として有料で貸し出す民泊は、外国人観光客の急増を背景に全国各地で広まっていますが、旅館業法では原則認められていません。こうしたなか東京・大田区は、旅館業法の規制の対象外となる政府の「国家戦略特区」の制度を活用して民泊を認めることになり、先月29日から申請を受け付けていました。
区では、申請のあった物件について、部屋の広さが25平方メートル以上で専用の台所や浴室、洋式のトイレがあるか、宿泊者が緊急時に英語で話せる連絡先が用意されているか、それに、10メートル以内に住む近隣の住民に事前に周知したかなど、条件を満たしているか書類や現地検査などで審査してきました。そして12日、条件を満たした物件を管理する会社の担当者に認定書が交付される予定で、全国で初めて一定のルールを定めた民泊が始まることになります。
民泊を巡っては、特区とは別に国が旅館業法に位置づけて全国で統一した基準を作ったうえで許可を求める方針です。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160212/k10010406331000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「犬の放し飼いするな」注意受け逆上して“刺す”(12日)テレビ朝日

熊本県で、犬の飼い方を注意された83歳の男が近所に住む男性を包丁で刺し、けがをさせたとして現行犯逮捕されました。
 櫛村三義容疑者は11日午後2時ごろ、「犬の放し飼いをするな」などと注意した70歳の男性を包丁で刺し、軽傷を負わせた疑いが持たれています。
 近所の住民:「皆、迷惑しているんですよ、犬には。放し飼いされているから。今は3匹くらいしかいないけど、前は十何匹いた。もうダーって」
 櫛村容疑者は「犬のことを言われて腹が立った」と容疑を認めています。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000068173.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

アノニマスが関与認める 政府機関へのサイバー攻撃(12日)共同

日本の政府機関や企業などのホームページ(HP)が相次ぎ閲覧しにくい状態になっている問題で、サイバー攻撃をしたとする声明を短文投稿サイト「ツイッター」に出した、国際的ハッカー集団「アノニマス」メンバーとみられる人物が、ツイッター上での取材に11日までに応じた。攻撃への関与を認め、目的を「(和歌山県)太地町でイルカが殺されているのを日本人に知らしめるため」と明らかにした。
 サイバー攻撃に詳しいセキュリティーの専門家は「この人物は昨年9月以降、攻撃していることをツイッターで繰り返し表明しており、その内容から、攻撃した本人である可能性が極めて高い」としている。

2010_0123_11120247newslogo1_2
http://this.kiji.is/70447254750758392?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本人女性の遺体、殺人で捜査 カリブ海、トリニダード・トバゴ(12日)共同

【ロサンゼルス共同】カリブ海のトリニダード・トバゴの警察当局は11日、横浜市から同国を訪れていた日本人のナガキヤ・アサミさん(30)が首都の公園で遺体で見つかったと発表した。首を絞められたのが死因で、殺人事件として捜査するとしている。
 警察当局によると、ナガキヤさんはプロの音楽家。同国で行われるカーニバル関連のイベントに参加するため、1月7日に入国していた。ナガキヤさんの遺体は2月10日朝に発見された。
 ロイター通信などによると、カーニバルの衣装を身につけていたという。
 現地の日本大使館は共同通信の電話取材に「あとで電話する」として、応じなかった。

2010_0123_11120247newslogo1
http://this.kiji.is/70633093598625797?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月11日 | トップページ | 2016年2月13日 »