« 2016年2月7日 | トップページ | 2016年2月9日 »

2016年2月8日

2016年2月 8日 (月)

野球賭博の疑い、暴力団幹部と公務員ら逮捕 (8日)TBS

プロ野球の試合で「野球賭博」を開いたなどとして暴力団幹部と鹿児島県徳之島の伊仙町職員の男ら7人が警視庁に逮捕されました。暴力団幹部と役場職員がつながったきっかけ、それは島の少年野球でした。
 捜査員に連行されるパーカー姿の大柄な男。極東会系暴力団幹部・前田潤一容疑者(32)です。前田容疑者は妻の千代美容疑者(33)とともに、胴元として去年4月から5月にかけて、東京・北区のマンションでプロ野球セ・パ両リーグの28試合の勝敗を対象に、客5人から1口1万円で申し込みを受けて、賭博を開いた疑いが持たれています。
 また、鹿児島県伊仙町の職員、元原克也容疑者(32)ら5人も、客としてあわせて600万円を賭けたとして逮捕されました。
 前田容疑者夫婦と客の5人をつなぐ共通点。それは東京からおよそ1350キロ離れたある島にありました。
 「前田容疑者ら7人は、いずれも鹿児島県徳之島の出身で、客の元原容疑者は、こちらの町役場で働いていたということです」(記者)
 警視庁によりますと、前田容疑者と千代美容疑者、そして、元原容疑者ら客の5人は、いずれも徳之島出身だということです。
 元原容疑者は前田容疑者と少年野球の頃からの知り合いで、元原容疑者は、現在も地元の野球チームで活躍していたということです。
 「絶対あってはならないこと。(元原容疑者は)明朗で活発な職員。野球チームでピッチャーをやり、頑張っていた」(大久保 明 伊仙町長)
 前田容疑者らは実際に集まることはなく、無料通信アプリ「LINE」を利用して申し込みを受け付けていたということです。前田容疑者ら6人は容疑を認めているということですが、元原容疑者は「やっていません」と容疑を否認しています。
 警視庁が野球賭博に使われたとみられる口座を調べたところ、前田容疑者らが少なくとも2010年頃からプロ野球や高校野球などで賭博を行い、およそ6億円の取り引きを行っていたことが分かりました。警視庁は賭博の利益が暴力団の資金源になっていたとみて詳しく調べています。(08日17:24)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2698267.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

馬喰町駅で線路冠水 総武線快速が一時運転見合わせ(8日)朝日

 8日午後5時ごろ、JR総武線快速の馬喰町駅(東京都中央区)で線路の一部が冠水した。東京―千葉間の全線で約1時間10分運転を見合わせ、約2万4千人に影響した。
 馬喰町駅は地下にホームがあり、JR東日本によると、上り線側の壁の隙間から水が流れ込んだ。駅近くのビル工事現場でくい打ち作業が行われており、作業に伴って地下に流し込まれた水が線路内に入ってきたとみられるという。(細沢礼輝)

Logo2
http://www.asahi.com/articles/ASJ286415J28UTIL04K.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

31階建てマンションから出火 けが人も 埼玉・所沢(8日)NHK

K10010402821_1602082139_1602082143_8日夜、埼玉県所沢市の31階建てのマンションの15階で火事があり、2人がけがをして病院に搬送されました。火災現場では現在も消火活動が行われています。

8日午後8時すぎ、所沢市元町にある31階建てのマンション、「フォーラスタワー所沢」の15階で火事があり、これまでに2人がけがをしているということです。
消防によりますと、けがをしたのは火事があった部屋に住む人とみられ、病院に搬送されました。
現在、消防車14台が現場に到着し、消火活動を続けています。
所沢市内に設置したNHKのカメラの映像によりますとマンションの一室から白い煙が出ていて、火元とみられる部屋や両隣の部屋などが煙で覆われ見えない状況になっています。
少なくとも10人以上の消防隊員が、煙が出ている階や上の階のベランダから消火作業をしています。
現場は所沢駅から北西へ1キロほどの市街地で幹線道路に面したマンションです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160208/k10010402821000.html

News_pic1_5

| コメント (0) | トラックバック (0)

娘の元夫が刺し義母死亡、警察に注意されたあとの犯行 (8日)TBS

7日、札幌市内の住宅で23歳の女性が元夫に襲われ大けがをし、母親が刺し殺された事件は、現在も逃走中のこの元夫が事件当日、警察につきまといをやめるよう注意された後、犯行に及んでいたことが分かりました。
 警察が顔写真を公開した今も逃走中の白川秀一容疑者(30)、そして逃走に使っていると見られる白川容疑者の車です。
 白川容疑者は札幌市豊平区の住宅で、7日午後7時すぎ、大内由布子さん(23)の頭などを殴り、母親の真弓さん(52)を刃物で刺して死亡させた疑いが持たれています。
 「(由布子さんが)うちへ飛び込んできた。『元夫に刺された』と言っていた」(通報者の家族)
 また、由布子さんの1歳の長男も行方不明になりましたが、8日未明に見つかり、けがはありませんでした。
 家族によりますと、娘の由布子さんは交際しているときから夫の暴力について、家族に相談していたということです。
 「(元夫は)妹と交際時からもめたり暴力ふるったりで、妹から相談を受けていた。悔しいというか、悲しさのほうが強い。犯人、早く捕まってほしい」(大内由布子さんの兄)

 由布子さんは、去年1月から白川容疑者の暴力について警察に相談、事件当日の7日も電話やメールなどのつきまとい行為を相談し、警察が電話で「もう電話をするな」と注意したところ、白川容疑者は「分かりました」と応じたということです。

 犯行はその数時間後に行われていて、警察は「当時の対応が適切だったかどうかは言えない」と話しています。(08日18:00)

| コメント (0) | トラックバック (0)

児童ポルノ閲覧可能状態=容疑でアプリ運営会社社長逮捕-神奈川県警(8日)時事

スマートフォン向けの画像共有アプリで、投稿された児童ポルノやわいせつ動画を閲覧できる状態にしたとして、神奈川県警サイバー犯罪対策課などは8日、児童買春・ポルノ禁止法違反(公然陳列)容疑などで、アプリの運営会社「AIRCAST」(東京都千代田区)の社長大野光明容疑者(55)=大田区山王=ら7人を逮捕した。大野容疑者は「パスワードがあるので公然陳列とはいえない」と容疑を否認している。(2016/02/08-19:12)

2016/02/08-19:12

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察注意の直後“凶行” 母娘死傷、元夫逃走(8日)テレビ朝日

23歳の女性は元夫からの暴力に悩み、警察にこれまで3回、相談していました。札幌市で、女性とその母親が襲われ、母親が死亡しました。警察は、事件に関わったとされる元夫の行方を追っています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000067887.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

自転車で女児ひき逃げの疑い 少年を書類送検(8日)NHK

去年9月、東京・葛飾区で、6歳の女の子が自転車にひき逃げされて大けがをした事件で、警視庁は8日、19歳の少年をひき逃げなどの疑いで書類送検しました。
書類送検されたのは、東京・葛飾区に住む19歳のアルバイトの少年です。
去年9月、葛飾区堀切で、小学1年生の6歳の女の子が自宅を出た直後に自転車にはねられて足の骨を折る大けがをしました。
自転車はそのまま走り去り、警視庁が付近の防犯カメラを解析するなどして捜査した結果、自転車の車種などから少年が乗っていた自転車だと特定し、ひき逃げと重過失傷害の疑いで少年の書類を検察庁に送りました。
警視庁によりますと、少年は、「怖くなって逃げた」と話しているということです。
女の子は今も入退院を繰り返しているということで、女の子の母親は、「踊るのが大好きだった娘は足に装具を着け、松葉づえをついている状態で、自分の足で歩くことも走ることもできません。今は娘の回復を願いながら、多くの人に自転車事故の重大さを知ってほしいです」と涙ながらに語っていました。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160208/k10010402831000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(8,9日単位・レベル)
また起きてしまったannoy
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011544 また、「警察に相談していたのに…」という事件が発生してしまった。7日夜、札幌市豊平区の住宅で、52歳の女性が刃物で刺されて殺害されたうえ、23歳の女性も頭などを殴られて重傷。1歳の子供が連れ去られるという事件が発生した。犯人は23歳の女性の元夫だった。
 この事件、一部報道によると23歳の女性は昨年2月に離婚しているが、事件当日まで警察に3回も相談していたという。
 女性は今月5日に元夫から脅迫メールが届いたため警察に相談したもの。その時、警察は元夫に電話で注意しただけで、その日に殺害されてしまった。
 被害者が相談しているのは「警察」。交際時から暴力を受けており危険な男だった。あらゆる手段を使っても被疑者から被害者守るのが使命である。
 平成11年10月の埼玉県桶川で発生した女子大生殺人事件や同年12月に発覚した栃木県警石橋署の少年リンチ殺人事件などは事前に警察に相談していたが、警察の対処が悪く殺人事件に発展した。
 相談を受けていたのにいずれも相手に警告するなど簡単に済ませたことから重大事件になったもので、平成12年、こうした不作為を無くすため日本警察は治安再生を誓ったはずだ。
 なのにまた発生した。
 ストーカーもDVもそうだが、常に最悪の事態を想定した対処が必要のはずだ。それを判断するのがプロである警察官だ。なぜできない。プロとしての再教育が必要だ。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

特殊詐欺「だまし役」リーダーの男を逮捕、900万円詐取か (8日)TBS

特殊詐欺グループの「だまし役」のリーダーで不動産会社役員の男が警視庁に逮捕されました。
 詐欺の疑いで逮捕されたのは、住所不定の不動産会社役員・橋本靖徳容疑者(28)で、おととし3月、さいたま市の女性(72)に対し息子を装って、「電車の中に小切手の入ったバッグを置き忘れちゃった」などとうその電話をかけ、現金900万円をだまし取った疑いが持たれています。
 橋本容疑者はこの詐欺グループで電話をかける「だまし役」のリーダーで、レンタル携帯電話の調達などをしていたとみられていますが、取り調べに対し「全く意味が分かりません」と容疑を否認しています。
 警視庁は、橋本容疑者らのグループが同様の手口で犯行を繰り返していたとみて余罪についても詳しく調べています。(08日13:56)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2698281.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

包丁で女性脅迫の男を逮捕 容疑で美作署 警官が拳銃構え制止(8日)共同

8日午前2時半ごろ、美作署奈義交番(岡山県奈義町豊沢)に男が現れ「これから女を殺すから立ち会え」と告げて歩いて立ち去った。警察官(40)=巡査長=が追い掛け約20分後、西約500メートルの同町の駐車場で女性=10代=に包丁(刃渡り16・5センチ)を突き付けて脅迫する男を見つけた。
 警察官は刃物を捨てるよう警告したが、男は包丁を振り回して暴れ、女性に危害を加えようとしたため、警察官は拳銃を構えて刃物を捨てさせ、暴力行為法違反と銃刀法違反容疑で男を現行犯逮捕した。
 同署によると、逮捕されたのはいずれも自称で津山市近長、アルバイト工員日下拓也容疑者(20)。「間違いない」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は同日午前2時50分ごろ、交際相手の女性に包丁を突き付けて脅した疑い。
 同署の高本勝利副署長は「拳銃の使用は適正だったと考えている」とコメントしている。 (2016年02月08日 12時59分 更新)

2010_0123_11120247newslogo1_2
http://www.sanyonews.jp/article/296911/1/

| コメント (0) | トラックバック (0)

国籍不明の偽警官、赤色灯回転させ「違反です」(8日)読売

青森県警弘前署は6日、弘前市、国籍不明の自称フリーランスプログラマーの男(21)を詐欺の疑いで緊急逮捕した。
発表によると、男は5日午後9時40~55分頃、弘前市神田の路上で、同市の女性(40)から、交通違反金名目で現金3000円をだまし取った疑い。
 男が、乗用車の屋根に付けた赤色灯を回転させながら女性の車の後ろを走行。警察と思いこんで車を止めた女性に

流暢

な日本語で「交通違反ですよ」などと話しかけたという。当時、男は私服姿だった。
 女性が不審に思い、同署に申告して発覚。署員が6日、男を市内で見つけて逮捕した。

2016年02月08日 14時23分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

秋葉原で帰宅困難者対策訓練 (8日)NHK

首都直下地震で、大勢の人が自宅に帰れなくなったという想定で、東京の秋葉原などで大規模な訓練が行われ、イベント会場の観客の安全確保や外国人旅行者への対応などを確認しました。

東京都は首都直下地震が発生した場合、鉄道などの交通機関に大きな被害が出て、近くに勤務先や自宅がない買い物客などおよそ92万人が帰宅困難者になると想定しています。
こうした事態を想定して、東京都などは8日、千代田区の秋葉原駅や東京駅などを会場に大規模な訓練を行い、自治体や周辺の企業などからおよそ5200人が参加しました。
このうち、秋葉原の劇場ではアイドルグループのイベント中に地震が発生したという想定で訓練が行われ、観客の安全を確保するため施設にとどまるよう呼びかけた上で、飲料水やビスケットなどを配布する手順を確認していました。
また、秋葉原駅やその周辺では、外国人旅行者に対して駅員がタブレット端末の翻訳ソフトを使ってけがをしていないか確認したり、ボランティアが英語などで避難が可能な施設を案内したりする訓練が行われました。
参加した男子大学生は「千葉から東京に通っているが、地震が起きたらどうしたらいいかわかっていなかった。今回の訓練で、一時的に避難するという流れがわかりました」と話していました。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20160208/4679881.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

LINE使ってプロ野球賭博容疑 組幹部夫婦ら逮捕(8日)朝日

プロ野球の試合で賭博をしたとして、警視庁指定暴力団極東会系組幹部の前田潤一容疑者(32)と妻(33)=ともに鹿児島市紫原5丁目=を賭博開帳図利容疑で、客5人を常習賭博容疑で逮捕し、8日発表した。警視庁は、前田容疑者は出身地の地元仲間らを客に、1シーズン約1億円の賭け金を集めて月100万円ほどの収入があったとみて調べている。
 組織犯罪対策特別捜査隊によると、前田容疑者らの逮捕容疑は、昨年4月下旬から5月上旬の5日間で実施されたプロ野球の28試合を対象に、勝敗の予想に計600万円を賭けて野球賭博をしたというもの。
 同隊の調べでは、前田容疑者と客5人はいずれも鹿児島県徳之島出身。前田容疑者は通信アプリ「LINE」を使い、試合ごとに決められた「ハンディ」を客に送り、客は勝敗を予想して1口1万円で何口賭けるかを打ち返していたという。
 前田容疑者が使っていた銀行口座の履歴などから、同隊は、少なくとも2010年から野球賭博をしていたとみている。http://www.asahi.com/articles/ASJ283PQDJ28UTIL00Y.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

男が女性刺し長女殴る…長女の息子連れ去り逃走(8日)読売

7日午後7時頃、札幌市豊平区の女性(52)宅で、男が女性の胸などを刃物で刺した上、長女(23)を殴り、長女の息子(1)を連れ去って逃走した。
 札幌豊平署によると、女性は意識不明の重体で、長女も頭などに重傷。息子は親類宅で無事に保護された。男は長女の元夫(30)で、同署は殺人未遂容疑で逮捕状を取り、行方を追っている。
 道警幹部によると、長女は昨年1月、男からの家庭内暴力(DV)などを理由に離婚。長女は男とその後も連絡を取り合っていたが、数回にわたって道警に「家に押しかけてくる」などと相談していた。道警は7日、男に対して長女と接触しないよう電話で注意したばかりだった。

2016年02月08日 11時40分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ

| コメント (0) | トラックバック (0)

台湾地震、倒壊住宅に120人か 救出難航、死者35人に(8日)共同

【台南共同=木梨孝亮】台湾南部の地震で、約120人が取り残されている可能性がある台南市永康区の高層集合住宅(地上16階、地下1階)の倒壊現場では8日も懸命の救出作業が続いた。がれきの下などに閉じ込められた住民らを救出する作業は難航。発生から2日が過ぎ、犠牲者はさらに増える懸念が強まっている。
 消防当局などによると、地震による8日までの死者は35人、負傷者は500人を超えた。台南市の頼清徳市長は重機を使ってがれきを取り除く作業を本格化させる考え。死者のうち高層住宅で死亡が確認されたのは33人。同住宅の居住者数は310人前後とみられる。

2010_0123_11120247newslogo1http://this.kiji.is/69202529835974658?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

清原容疑者 群馬県で“密売人”と繰り返し接触(8日)テレビ朝日

覚醒剤を所持したとして逮捕された清原和博容疑者が、群馬県内で密売人とみられる男と繰り返し会っていたことが分かりました。
 清原容疑者は2日、東京都内の自宅で覚醒剤を所持した疑いが持たれています。その後の捜査関係者への取材で、清原容疑者は過去1年間に群馬県内で同じ男と何度も接触していたことが分かりました。この男について警視庁は、北関東を拠点とする覚醒剤の密売人とみています。清原容疑者は夜間に自ら車を運転して、高速道路のインターチェンジ付近で落ち合っていました。清原容疑者は逮捕前日にも群馬県に行き、その後、宿泊した都内のホテルの遺留物から覚醒剤が検出されています。警視庁は、押収した携帯電話4台の通信履歴を解析するなどして入手先を調べています。

2009_1229_211958annlogo1_3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000067832.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

登校中の児童はねられ1人死亡 1人けが(8日)NHK

8日朝、静岡県磐田市の県道で登校中の小学2年生の児童2人が横断歩道を渡っていたところトラックにはねられ、女子児童1人が死亡、男子児童がけがをしました。警察は、トラックの47歳の運転手を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕して、事故の原因を調べています。
8日午前7時50分ごろ、磐田市中泉の県道の交差点で、横断歩道を渡っていた小学2年生の児童2人が、右折してきたトラックにはねられました。
警察によりますと、2人は病院に運ばれましたが女子児童がまもなく死亡し、もう1人の男子児童がけがをして病院で手当てを受けています。
警察は、トラックを運転していた浜松市南区の会社員河合秀幸容疑者(47)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。警察の調べに対して河合容疑者は、「曲がることに気をとられ、児童に気付かなかった」と供述しているということです。
警察などによりますと、事故に遭った2人は現場から300メートルほど離れた磐田中部小学校の児童です。磐田中部小学校は「2人は登校中に事故に遭ったと聞いている。詳しい状況はまだ確認できていない」と話しています。
現場は住宅などが立ち並ぶ地域で、警察が事故の詳しい原因を調べています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160208/k10010402071000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【北ミサイル発射】拉致問題への影響はどうなる? 被害者家族ら「圧力と感じる圧力を…」(8日)産経

北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射を受け、日本人拉致問題への影響はどうなるのか。
 拉致被害者の支援組織「救う会」の西岡力会長は国際社会が反発する中、北朝鮮がミサイル発射を強行した理由について「核ミサイル開発を進めるという戦略目標が、中朝関係悪化や国際社会の反発よりも優先したのだろう」と指摘。拉致問題への影響に関しては、「(拉致被害者らの)再調査をやめたと北朝鮮はいっていないので、国際社会が北朝鮮への圧力を強めれば、日本とのパイプはつないでおいたほうがいいと考える可能性はある」とみる。
 今後、拉致被害者の早期帰国実現のため必要な措置として、日本政府が独自の制裁を北朝鮮に科す場合に、「制裁理由として拉致を明記すべきだ」と強調。核やミサイルに加え、拉致も理由とすることで「北朝鮮が日本に接近してくる可能性もある」と話す。

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国、恐喝容疑で拘束の記者3人保釈 言論統制批判を考慮? 「おとり捜査」の可能性も(8日)産経

中国当局に恐喝容疑で拘束されていた甘粛省武威市の記者3人が6日までに保釈された。中国メディアが伝えた。3人は昨年末、女子中学生の自殺をめぐって発生した暴動など社会問題の報道に関わっていた可能性があり、言論統制とも取れる今回の捜査への批判を当局が考慮した可能性がある。
 保釈されたのは地元紙、蘭州晨報の張永生記者ら。国営新華社通信は、張氏の容疑について「会社や個人を恐喝した」としているが、金額が小さく罪を認めているため、検察当局が公安当局に保釈を勧告したという。
 蘭州晨報は、張氏が当局の「おとり捜査」の対象になった可能性があるなどと指摘していた。(共同)http://www.sankei.com/affairs/news/160207/afr1602070006-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

なぜ倉庫に2億円あった? どうやって2億円運んだ?? 窃盗容疑で弟逮捕 山口県警(8日)産経

 金属回収業の姉が管理する山口県宇部市の倉庫から現金約2億円を盗んだとして、山口県警宇部署は7日、窃盗と建造物侵入の疑いで、弟で韓国籍の金進貴容疑者(68)=三重県いなべ市大安町=を逮捕した。
 逮捕容疑は、昨年11月9日午後3時ごろから10日午前10時までの間に、宇部市内にある実姉の自宅にある倉庫に侵入して、現金約2億円を盗んだとしている。
 宇部署によると、金容疑者は別の配送会社の役員。10日、異変に気付いた姉の使用人が110番通報し、姉への事情聴取などから浮上した。
 宇部署は多額の現金を倉庫に保管していた経緯や、どうやって持ち出したかなどを詳しく調べる。http://www.sankei.com/affairs/news/160208/afr1602080002-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ハンマーと包丁発見 兵庫の夫婦殺害、血痕付着 (8日)日経

兵庫県赤穂市の住宅で男性(69)と妻(64)が殺害されているのが見つかった事件で、県警赤穂署捜査本部が殺人容疑で逮捕した同居する孫で養子の少年(19)の供述に基づき、同県内で凶器とみられるハンマーと包丁を発見したことが7日、捜査関係者への取材で分かった。
 いずれも血痕が付いており、捜査本部は殺害に使われた後に捨てられたとみて鑑定を急いでいる。捜査関係者によると、ハンマーと包丁は6日午後、兵庫県佐用町の山道脇で発見。同じ袋に入っていた。
 また少年が捜査本部の調べに対し「事件数日前、仕事を休んだことで祖父から叱られた」と供述していることも捜査関係者への取材で判明した。
 捜査本部によると、司法解剖の結果、男性の死因は失血死。胸の骨などが折れて皮下出血があり、頭部には鈍器で殴られたような傷も1カ所あった。死亡推定時期は3日ごろ。捜査本部は7日午前、殺人容疑で少年を神戸地検姫路支部に送検した。〔共同〕http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG07HCI_X00C16A2CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・あきる野市で交通安全呼びかける音楽イベント (8日)TBS

東京・あきる野市で交通安全を呼びかける音楽イベントが開かれました。
 7日午後、あきる野市で開かれたイベントは、警視庁や地元の交通安全協会が主催したもので、地元の住民らおよそ500人がフルートやトランペットの音色に耳を傾けました。
 演奏した福生交通安全協会の吹奏楽部は「音楽を通じて交通安全に対する意識を高めてほしい」という思いから活動をスタートさせ、今年で結成10周年を迎えます。
 今年に入って都内の交通事故で死亡した人は12人に上っていて、警視庁が注意を呼びかけています。(08日01:13)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2698121.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

JR北海道 サイバー攻撃受け鉄道安全情報など流出か(8日)NHK

来月、新幹線の開業を控えたJR北海道で、社員のパソコンがサイバー攻撃を受け、鉄道の安全に関わる情報など300件以上のファイルが流出した可能性があることが、JRなどへの取材で分かりました。JRは、安全対策を抜本的に見直すなど、乗客の安全には万全を期したいとしています。
JR北海道では、去年8月、客からの問い合わせを装い、メールに添付されたファイルを開かせてウイルスに感染させる「標的型メール」という手口のサイバー攻撃を受け、社内の7台のパソコンがウイルスに感染していたことが明らかになりました。
JRが調査を進めた結果、何者かがパソコンを遠隔操作し、社内のネットワーク内にあった300件以上のファイルを「圧縮ファイル」に集めて盗み出そうとした痕跡が見つかったということです。JRによりますと、中には、「防犯体制」や「安全確認」、「セキュリティ対策」など、鉄道の安全に関わる情報も含まれていて、外部に流出した可能性は否定できないとしています。
JR北海道は、外部からのメールが社員に直接届かないようにする新たなシステムを導入するほか、安全対策を抜本的に見直して、乗客の安全には万全を期したいとしています。

ネットの閲覧制限も

JR北海道では、外部からのメールが社員に直接届かないようにする新しいシステムの導入など、セキュリティー対策の見直しを進めています。
このシステムは、社内のネットワークの中に重要な情報を置かない「仮想のパソコン環境」を構築しているところがポイントです。社員は外部からのメールをその「仮想の環境」の中で開封する仕組みで、仮にウイルスメールを開封してしまったとしても、ウイルスをこの「仮想の環境」の中に閉じ込めることができるということです。
JR北海道では、ほかにも社員が閲覧するインターネット上のホームページの種類を制限したり、社員がウイルスメールと疑われるメールを受信した場合、メールの受信画面に注意を呼びかける注意文を表示させる取り組みも進めています。
JR北海道総合企画本部の高橋慶久専任部長は「犯行グループがファイルを持ち出して鉄道の安全を脅かすようなことに使われたとしたら、鉄道事業者としてはあってはならないことだ。鉄道の安全が何らかの脅威にさらされる可能性は否定しきれないので、強固な対策を進めていきたい」としています。

News_pic1
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160208/k10010401831000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「片付けず嫌気さした」 長男の部屋に“放火”(8日)テレビ朝日

埼玉県戸田市で、自宅に放火した疑いで71歳の女が逮捕されました。女は「長男が部屋を片付けないため火を付けた」と話しています。
 無職の佐々木榮子容疑者は7日午前9時前、自宅のマンション室内に火を付けた疑いが持たれています。警察によりますと、佐々木容疑者は会社員の長男(50)と2人暮らしで、取り調べに対して「長男が日ごろから部屋に散らばった雑誌などを片付けず、嫌気がさして火を付けた」と容疑を認めています。長男が外出中に新聞紙を燃やし、長男の部屋に放り込んだということです。

2009_1229_211958annlogo1_2
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000067840.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

後部座席に“ガソリン缶” 車炎上で3人の遺体(8日)テレビ朝日

東京・多摩市で車が炎上し、3人の遺体が見つかりました。車内にはガソリンを持ち運ぶ缶があり、警視庁は事件と自殺の両面で調べています。
 警視庁や東京消防庁によりますと、7日午後6時20分ごろ、多摩市唐木田の路上で「車が燃えている」と通行人の男性から119番通報がありました。警察と消防が駆け付けると、乗用車1台が燃えていて、約1時間後に消し止められましたが、後部座席に2人、車のそばから男性1人の遺体が見つかりました。後部座席からは、ガソリンを持ち運ぶ「携行缶」がふたが開いた状態で見つかったということです。警視庁が事件と自殺の両面で調べています。

2009_1229_211958annlogo1
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000067837.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月7日 | トップページ | 2016年2月9日 »