« 2016年2月3日 | トップページ | 2016年2月5日 »

2016年2月4日

2016年2月 4日 (木)

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】ミサイル発射は2月16日直前か 失敗すれば「責任者は処刑」…故金正日氏の誕生日に「祝砲」(4日)産経

北朝鮮のミサイル発射は2月16日、故金正日総書記の誕生日の直前が有力だ。北朝鮮が国際海事機関(IMO)に通告した人工衛星名は「光明星号」。光明星とは金正日の別名で16日の誕生日は「光明星節」と呼ばれる北朝鮮の名節だからで、内外に“祝砲”と宣伝する可能性が高い。一方、運搬ロケットは開発中の長距離ミサイルを試射するとみられ、成功すれば射程1万3000キロのICBM(大陸間弾道ミサイル)級となり、米ワシントンを射程に収めることになる。(久保田るり子)
「失敗すれば、責任者が処刑される」
 北朝鮮は、過去3回の核実験をいずれもミサイル発射後に実施してきた。今回、順番が逆転。その理由には複数説あるが、北朝鮮に詳しい韓国情報筋は「昨秋、発射計画があったが人工衛星が完成せず延期された」と述べた。
 同筋によると、北朝鮮指導部の今回の至上命題は「人工衛星の成功」なのだという。北朝鮮は人工衛星を前回打ち上げの2012年12月で軌道に乗せるのに成功した。衛星そのものは機能せず電波発信も撮影もできないタダのゴミとなっていまも地球を周回している。今回こそは成功させ、「金正恩氏の威信のシンボルにする」のが目的という。情報筋は「失敗すればコレだ」と言って、首を手で切ってみせ、失敗の場合は責任者が処刑、粛清されるとの見方を示した。

| コメント (0) | トラックバック (0)

高速バスで偽造回数券使用される…約20件確認(4日)読売

山形―仙台間で山交バス(山形市)と宮城交通(仙台市)が共同運行する高速バスで、偽造回数券が相次いで使用されていることが山交バスへの取材で分かった。
 同社から相談を受けた県警は有価証券偽造・同行使事件として調べている。
 山交バスによると、山形営業所の精算担当者が昨年10月末、1か月分の回数券を数えた際に偽造回数券が見つかった。その後も集計のたびに見つかり、これまでに約20件確認されている。
 偽造回数券は本物をカラーコピーしたり、カメラで撮影した後に印刷したりして作られたとみられる。本物は偽造防止のため、コピーすると「×」印が浮かび上がるように加工されているが、券を回収する際に運転手が見抜けなかったという。
 運賃は片道930円で、6回券は4700円で販売されている。
 山交バスは、「運転手に目視での確認を徹底させるしか手がないのが現状だ。宮城交通と偽造防止策を検討したい」としている。

2016年02月04日 18時24分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

防衛関連団体にサイバー攻撃 文書の外部流出も(4日)NHK

防衛関連の団体や企業に対するサイバー攻撃が相次ぎ、少なくとも3つの団体の文書が外部に流出していたことが分かりました。専門家は防衛に関する情報を、比較的セキュリティーの甘い周辺の団体や企業から盗み出そうとしているとみて、警戒を呼びかけています。
コンピューターウイルスの解析が専門の横浜国立大学の吉岡克成准教授は、過去3年間にサイバー攻撃によってメールで送りつけられたウイルスを詳しく調べました。
その結果、少なくとも防衛に関連する3つの団体が作成した文書が外部に流出した疑いがあり、NHKが各団体に取材した結果、実際に文書が流出していることが確認されました。
流出が確認されたのは、防衛関連のメーカーが武器など防衛装備品の輸出を進める際の方針について確認した打ち合わせメモや、沖縄県の尖閣諸島などの離島を含む海の研究を行っている団体が、セミナーを開く際に作成した外務省や国土交通省の担当者の名前やメールアドレスが記された名簿などです。
このうち、1つの団体は「機微に触れる情報が外部に流出したことは誠に遺憾で、対応を強化したい」としています。
さらに、自衛隊のOBで作る2つの団体の職員のパソコンがウイルスに感染し、1つの団体では内部情報を外部に送信しようとした形跡が残っていたことも分かりました。
防衛関連の団体や企業がサイバー攻撃を受けていることについて、吉岡准教授は「防衛に関する情報を、比較的セキュリティー対策が甘い周辺の団体などから盗み出そうとする攻撃が行われているとみられる。より対策を強化していく必要がある」と指摘しています。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160204/k10010397451000.html

News_pic1_6

| コメント (0) | トラックバック (0)

「服を脱げ」忘年会で女性に…JA職員を懲戒処分(4日)テレビ朝日

JAの男性職員が忘年会で「服を脱げ」と要求し、懲戒処分を受けました。
 JA常陸によりますと、去年12月、茨城県笠間市で開かれた忘年会で、酒に酔った男性職員(47)が女性職員に対し、「服を脱げ」と強要し、みだらな発言をしました。数日後、女性職員が別の職員に相談し、発覚しました。男性職員は先月、諭旨解雇処分となり、その後、退職しました。JA常陸は「再発防止に努める」とコメントしています。男性職員は笠間市議も務めていますが、辞職せず、今後も続ける意向を示しているということです。

2009_1229_211958annlogo1_4http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000067606.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(4,5日単位・レベル)
コントロールドデリバリー
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011518 全国の野球フアンを魅了した清原和博容疑者-その男が覚醒剤を使用していたニュースは日本中に大きなショックを与えた。
 超「大物」を逮捕するため警視庁は慎重に1年半近くも追っていたという。そして絶妙のタイミングで身柄を確保した。容疑は、所持していたことによる覚醒剤取締法違反の現行犯逮捕だ。
 警視庁は「所持」だけでなく「使用」も視野に入れての地道な捜査は捨てられたゴミも調べるほどだった。そして踏み込んだ時は実にタイミングよく使用の形跡が山ほど残されていた。
 このような捜査を「コントロールドデリバリー」という。昭和63(1988)年に批准した麻薬新条約で認められた国際的な捜査手法だ。いわゆる泳がせ捜査で、すぐその場で逮捕するのではなく、行動確認を徹底して決定的な瞬間がくるまで待つことになる。
 この捜査手法だと容疑者を行動確認していることからいつ、どこで誰と接触したかまで捜査当局は把握している。
 当然、清原容疑者の接触人物は把握しており、一網打尽にするのは時間の問題だろう。
 清原容疑者は現行犯逮捕だが身柄措置にはこのほか逮捕令状による通常逮捕と緊急逮捕がある。
 警察庁によると平成27年の刑法犯逮捕人員23万9404人。このうち措置別で最も多かったのが通常逮捕で4万2401人。次いで現行犯逮捕の3万2171人、緊急逮捕の4142人の順。そのほかに逮捕に至らなかったのもある。
 通常逮捕のトップは東京の6588人、大阪の3691人、愛知の2929人、千葉の2337人、兵庫の2217人と続く。
 現行犯逮捕は東京の6344人、大阪の2274人、埼玉の1916人、兵庫の1882人、千葉の1779人。緊急逮捕は福岡の374人、大阪の269人、神奈川の236人、静岡の211人、埼玉の194人などだった。
 今回のような覚醒剤取締法犯は特別法犯になりその中での検挙人員が最も多く平成27年の検挙人員は1万0792人だった。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

イスラム国に殺害された後藤健二さんの義父を逮捕 ネパール人在留資格を不正に更新容疑 警視庁(4日)産経

自分の会社で雇っているように装って飲食店で働くネパール人の在留資格を不正に更新させたとして、警視庁組織犯罪対策1課は4日、出入国管理法違反(資格外活動)幇助(ほうじょ)容疑で、東京都小金井市の会社役員、石堂行夫容疑者(79)を逮捕した。
 石堂容疑者は、昨年イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)が殺害を公表したフリージャーナリストの後藤健二さん=当時(47)=の義父。同課によると容疑を認めている。
 石堂容疑者は、同市の通信情報処理サービス会社の役員とされる。「就学」の在留資格で入国した30代のネパール人男女を、この会社で通訳などとして雇ったように装い、平成23年から「技術・人文知識・国際業務」の資格を取得させていたとみられる。
 男女は実際は都内の飲食店で働いており、これまでに男は90万円、女は190万円を石堂さんに払ったと話している。
 逮捕容疑は、報酬を得る目的で昨年4月と9月、ネパール人2人に関する偽の在留許可申請書などを東京入国管理局に提出し、在留資格を不正に更新させたとしている。http://www.sankei.com/affairs/news/160204/afr1602040031-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察署前でタクシー強盗、名古屋 未遂容疑で無職男逮捕(4日)共同

4日午前1時35分ごろ、名古屋市中村区の中村警察署前で、タクシーに乗っていた男が男性運転手(62)の脇腹にはさみを突き付け「金、金」と現金を要求した。運転手が署に逃げ込み、飛び出した署員が強盗未遂容疑で男を現行犯逮捕した。運転手や署員にけがはなかった。
 中村署によると、逮捕したのは東京都江戸川区、無職新垣勇人容疑者(39)。あらかじめ事件を起こすつもりでタクシーに乗った疑いがあるとみて調べている。
 新垣容疑者は現場近くでタクシーに乗り「中村署に行ってくれ」と指示。運転手が「すぐ近くですよ」と言っても、そのまま行くよう求めた。

2010_0123_11120247newslogo1_3http://this.kiji.is/67835121302994945?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

借金取り立て「全校生徒を殺してやる」山梨の中学校(4日)テレビ朝日

借金の取り立てとして山梨県の中学校に「全校生徒を殺してやる」などと電話を掛けたとして、男ら2人が逮捕されました。
 工藤直樹容疑者(28)ら2人は去年1月、山梨県南アルプス市の中学校に6回にわたり、「お前ら全校生徒を殺してやる。午後2時30分、爆弾が爆発する」などと電話を掛けた疑いが持たれています。警視庁によりますと、工藤容疑者らは闇金業者で、自営業の43歳の男性に借金の取り立てとして男性の家族が通う中学校に悪質な嫌がらせをしたとみられています。中学校は、授業を中断して不審物を捜索したほか、生徒に集団下校をさせたということです。工藤容疑者は、別の事件で逮捕された闇金業者のグループのメンバーとみられていますが、「全く身に覚えがない」と容疑を否認しています。

2009_1229_211958annlogo1_3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000067590.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

子ども4人下着姿でベランダに 強要の疑いで男逮捕(4日)NHK

先月、東京・府中市で、アパートの玄関の鍵を開けなかったことに腹を立て、内縁の妻の子ども4人を下着姿でベランダに立たせたとして、37歳の男が強要の疑いで警視庁に逮捕されました。
逮捕されたのは自称・自営業の石井伸幸容疑者(37)で、警視庁の調べによりますと、先月17日の夜、東京・府中市のアパートで、内縁の妻の7歳から11歳の子ども4人に下着一枚でベランダに出るよう迫り、およそ10分間、立たせたとして強要の疑いがもたれています。
警視庁によりますと、調べに対し石井容疑者は容疑を認めたうえで、「しつけだった」と供述しているということです。
警視庁によりますと、供述や子どもたちの話などから、石井容疑者は事件当日の午後6時ごろに帰宅した際に、子どもたちがすぐに玄関の鍵を開けなかったことに腹を立てたということで、当時、府中市内の気温は3度ほどだったということです。警視庁はほかにも虐待などがなかったかについても調べています。

News_pic1_5http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160204/k10010397091000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

パトカー追跡の車がひき逃げ 京都、容疑男を逮捕(4日)共同

3日午後5時45分ごろ、京都市上京区今出川通室町交差点で、上京署のパトカーが追跡していた乗用車が自転車の男性(34)をはねた。パトカーは車に追いつき、乗っていた男を道交法違反(ひき逃げ)と自動車運転処罰法違反の容疑で現行犯逮捕した。男性は軽傷という。
 同署は、男を追跡していた経緯などについて「別の事件に関して捜査中だった」としている。

2010_0123_11120247newslogo1_2
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20160204000011

| コメント (0) | トラックバック (0)

JR中央線に自転車投げ込んだ疑い 大学生逮捕(4日)NHK

去年11月、JR中央線の快速電車が東京の飯田橋駅付近を通過中に自転車と接触した事故で、警視庁は盗んだ自転車を線路に投げ込んだとして、横浜市の大学生を往来危険などの疑いで逮捕しました。
逮捕されたのは、横浜市都筑区の大学生、宍戸亮介容疑者(20)です。
去年11月、JR中央線の快速電車が東京の飯田橋駅付近を通過中、線路にあった自転車に接触し、乗客などにけがはありませんでしたが、快速電車が一時、運転を見合わせました。線路の周りにフェンスがあったことなどから、警視庁は何者かが自転車を投げ込んだとみて、現場付近の防犯カメラの画像を解析するなど捜査していました。
その結果、宍戸容疑者が近くで盗んだ自転車を線路の上にある公園から投げ込んで電車の運行に危険を生じさせたとして、往来危険などの疑いで逮捕しました。
警視庁によりますと、調べに対し宍戸容疑者は容疑を認め、「酒を飲んで酔っぱらっていた」と供述しているということです。
警視庁は、動機や当時の状況について詳しく調べています。

News_pic1_4
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160204/k10010396891000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮 ミサイル組み立て施設周辺で車両増加か(4日)NHK

アメリカの研究グループは、北朝鮮北西部にある事実上の長距離弾道ミサイルの発射台付近を撮影した最新の衛星写真を公表し、ミサイルの組み立て施設の周辺で車両の数が増えているとして、北朝鮮が国際機関に対して行った発射予告を裏付けるものだと分析しています。
アメリカで北朝鮮の動向を研究しているジョンズ・ホプキンス大学の研究グループは3日、「発射への秒読み」と題し、北朝鮮北西部のトンチャンリにある、事実上の長距離弾道ミサイルの発射台付近を今月1日に撮影した最新の衛星写真を公表しました。
それによりますと、ミサイルの組み立て施設の周辺でバス2台を含む9台の車両の動きが新たに確認できるとしています。先月25日に撮影された写真では、車両は1台しか確認されておらず、このような動きの変化は、前回、4年前に北朝鮮が長距離弾道ミサイルを発射した際に見られたものと似ているとしています。
そして、これは、北朝鮮が発射に向けた準備を着々と進めている証しで、国際機関に対して今月8日から25日の間に「人工衛星」として事実上の長距離弾道ミサイルを発射するとした予告を裏付けるものだと分析しています。
これとは別に、北朝鮮では東海岸でも弾道ミサイルの移動式の発射台が移動しているのが確認されていて、関係国は監視と警戒を続けています。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160204/k10010396791000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

後ろから76歳男性の「85万円入りバッグ」ひったくり(4日)テレビ朝日

愛知県清須市で、76歳の男性が現金約85万円が入ったバッグをひったくられました。
 3日午後7時前、清須市で、76歳の男性が後ろから近付いてきたバイクに追い抜かれざまに現金約85万円などが入ったセカンドバッグをひったくられました。男性にけがはありませんでした。男性は、普段から現金90万円ほどをセカンドバッグに入れて持ち歩いていて、外出先から現場近くの自宅に帰る途中でした。警察によりますと、犯人は黒っぽいヘルメットをかぶり、黒っぽい服を着ていましたが、男か女かなど詳しいことは分かっていないということです。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000067576.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

郵便隠匿、窃盗容疑で再逮捕(4日)NHK

去年、大量の郵便物を隠していたなどとして逮捕・起訴された香川県三豊市の郵便局の元社員が、ほかにも配達せずに隠していた封書を開封し、中の割引券を抜き取っていたとして、窃盗の疑いで再逮捕されました。
三豊市の郵便局に勤めていた川染奈央容疑者(24)は、日本郵便の調査で郵便物などおよそ3万8000通を配達せずに隠していたことが明らかになり、このうち2600通あまりを社宅などに隠していたとして、去年12月、郵便法違反の罪で起訴されました。
警察によりますと去年12月17日、日本郵便から警察に対して、「このほかにも隠されていた郵便物などが45通あった」という届けが出されたということです。
警察が詳しく調べた結果、川染容疑者がこのうち2通から割引券を抜きとっていた疑いが強まったととして、警察は3日、川染容疑者を窃盗の疑いで再逮捕しました。
この45通は開封されたり宛先が切り取られたりしているということで、警察は中身が抜き取られるなどの被害がないかどうか捜査しています。
警察の調べに対し、川染容疑者はこれまで大量の郵便物を隠していたことについては認めていましたが、今回の窃盗については「よく覚えていない」などと供述し、容疑を否認しているということです。
これに関連して日本郵便四国支社は、開封された45通の郵便物などがあることを、これまで明らかにしていませんでした。
去年11月に大量の郵便物の隠匿が明らかになったあと、この45通を別に保管していたところ、担当者がそれを忘れ、1か月ほど経過してから初めて警察に届け出たということです。
これについて日本郵便は「郵便物の保管方法に問題があり、社内の連絡体制が不徹底だったことをおわびします」と話しています。

News_pic1_2
http://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8035592871.html?t=1454492970

| コメント (0) | トラックバック (0)

残業時間を課長が書き換え、岐阜 マイナンバーで事務量増え(4日)共同

阜市は3日、昨年12月と今年1月の市民課職員31人分の残業時間を課長が勝手に書き換え、残業代の一部が未払いになっていたと発表した。
 市民課はマイナンバー制度の個人番号カード交付を業務としており、課長は「制度の導入で事務処理量が増え、年間の残業代がこれ以上膨らまないようにと独断で決めた」と説明しているという。
 市は、給与未払いが労働基準法違反に当たる恐れがあり、課長の処分も検討する。未払い金総額は現在確認中で、3月に支払う。
 市によると、課長は昨年12月~今年1月、職員が提出した残業の報告書の時間を実際より少なく書き換えていた。

2010_0123_11120247newslogo1

http://this.kiji.is/67610681129682425?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

宇都宮駅近くで住宅2棟全焼、1人の遺体見つかる (4日)TBS

栃木県のJR宇都宮駅近くで住宅2棟などを焼く火事があり、焼け跡から身元不明の遺体が見つかりました。
 3日午後5時半すぎ、JR宇都宮駅近くの住宅から火が出ていると、この家に住む木村守男さん(76)から消防に通報がありました。火はおよそ5時間半後に消し止められましたが、住宅2棟が全焼したほか、近くのビルの壁が焼け、焼け跡から身元不明の遺体が見つかりました。
 警察によりますと、木村さんは家族5人で、当時、自宅にいた30代の長女と連絡が取れないということで、警察は、遺体は長女とみて確認するとともに、出火の原因を調べています。(04日00:00)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2695196.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

越谷市の元課長を逮捕 収賄容疑で埼玉県警、市役所捜索 (4日)NHK

埼玉県警は3日、不動産売買に絡み業者から現金を受け取ったとして、同県越谷市の元社会福祉課長、鈴木健翁容疑者(61)=同市東越谷=を収賄の疑いで、現金を渡したとして不動産会社委託社員、藤倉伸博容疑者(51)=同県上尾市本町=を贈賄の疑いで逮捕した。同日、越谷市役所などを家宅捜索した。
 逮捕容疑は、鈴木容疑者は課長だった2013年9月ごろ、生活保護相談者の男性(74)の一戸建て住宅の処分に関し、売買の仲介をあっせんした見返りなどとして、藤倉容疑者から現金10万円を受け取った疑い。県警は両容疑者の認否を明らかにしていない。
 県警によると、住宅の売買で藤倉容疑者の会社は約130万円の仲介手数料を得て、藤倉容疑者は会社から約35万円の歩合給を受け取った。
 県警と市によると、鈴木容疑者は昨年3月まで社会福祉課長を務めて定年退職した。同4月以降は生活福祉課の主幹として再任用され、生活保護などの相談窓口で働いていた。
 越谷市の高橋努市長は「大変残念。今後の捜査の動向も踏まえ、厳正に対処する」とのコメントを出した。〔共同〕http://www.nikkei.com/article/DGXLZO96896870U6A200C1CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

中2男子、首つり自殺か=市教委、いじめの有無調査-仙台(4日)時事

3日午前6時10分ごろ、仙台市泉区内の市立中学2年の男子生徒(14)が自宅の部屋で首をつった状態で見つかった。搬送先の病因で死亡が確認された。宮城県警泉署は現場の状況などから自殺とみて調べている。
 同署によると、自室の机の上にメモ書きのノートが置かれていた。市教育委員会は生徒へのいじめがなかったか調べる方針。(2016/02/03-22:02)

2016/

| コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮発射予告 警察庁 テロ対応部隊を沖縄に配備へ(4日)NHK

北朝鮮が事実上のミサイルの発射予告とみられる通告をしたことを受けて、警察庁は、化学物質を使ったテロなどに対応する部隊を、予想される飛行コースに近い沖縄県に配備する方針を決めました。
北朝鮮が事実上の長距離弾道ミサイルの発射予告とみられる人工衛星の打ち上げを国際機関に通告したことを受けて、警察庁は庁内に対策本部を設置し、情報収集を進めるとともに、政府の関連施設の警備などを強化するよう、全国の警察に指示しています。
これに加えて、警察庁は発射に備え、予想される飛行コースに近い沖縄県の石垣島と宮古島に特別派遣部隊を配備する方針を決めました。
警察庁によりますと、特別派遣部隊には、九州地方の警察の機動隊や、有害な物質が燃料などに使われている可能性があることから、化学物質を使ったテロなどの対応に当たる専門部隊が含まれるということです。
北朝鮮は時期について、今月8日から25日の間としているため、警察庁は部隊を今月8日までに配備し、発射された場合には、被害がないかの確認や、必要に応じて住民避難などの対応に当たることにしています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160204/k10010396531000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ダイヤなど100万円相当強盗 暴力団組員2人を逮捕(4日)テレビ朝日

おととし、和歌山市の貴金属店に男らが消火器を噴射しながら押し入って宝石を奪った強盗事件で、暴力団組員2人が逮捕されました。
 逮捕されたのは、いずれも住所不定の暴力団組員・村田徹容疑者(43)と隅田将治容疑者(28)です。警察によりますと、2人はおととし6月、和歌山市の貴金属店に押し入り、店員に向けて消火器を噴射した後にショーケースを割り、ダイヤなど宝石11点、100万円相当を奪った疑いが持たれています。2人は別の窃盗事件などですでに逮捕・起訴されていて、被害に遭った貴金属店近くの防犯カメラの映像などから事件への関与が浮上しました。取り調べに対し、どちらも容疑を否認しているということです。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000067565.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

茨城・城里町の古物商殺害 捜査本部を設置 県警(4日)毎日

茨城県城里町の資材置き場で1日、古物業を営む工藤武衛(たけい)さん(77)が顔に粘着テープを巻かれ遺体で見つかった事件で、県警は3日、殺人事件と断定し笠間署に捜査本部を設置した。司法解剖の結果、顔や首などを圧迫されたことによる外因死と判明した。
 工藤さんは銅線やアルミなどを買い取る仕事をしており、県警は出入り業者とのトラブルの有無についても調べる。【松本尚也】

Logo_mainichi_s1
http://mainichi.jp/articles/20160204/ddm/041/040/060000c

| コメント (0) | トラックバック (0)

「自宅に1人」見図り強制捜査 清原容疑者本格内偵1年(4日)朝日

 覚醒剤所持の疑いで逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)。警視庁は1年ほど前から内偵捜査を本格化させていた。暴力団関係者の関与や再犯率の高さが特徴の覚醒剤事件。薬物犯罪に詳しい人たちは、影響の大きさを心配し、社会復帰を支えるシステムの必要性を訴える。

 薬物捜査の関係者によると、清原容疑者の薬物疑惑は数年前から浮上。2014年3月には週刊文春が覚醒剤を使用している疑いを報じた。清原容疑者は別の週刊誌などで疑惑を否定していたが、警視庁は1年ほど前から、薬物捜査が専門の組織犯罪対策5課による内偵捜査を本格化させた。
 警視庁は、昨春ごろに薬物事件で逮捕した清原容疑者の知人と称する人物から「(清原容疑者と)一緒に覚醒剤を使ったことがある」との供述を得たという。だが、当時は具体的な証拠を得るまでに至らず、捜査を続けた。
 昨夏には、複数の週刊誌が薬物疑惑や立件の可能性を報道した。捜査関係者は「このころから清原容疑者の行動パターンが変わっていった」。自宅マンションや車を売却したのも確認したという。
 警視庁はその後も、都内の複数のホテルや自宅などを転々とする生活だった清原容疑者について行動確認を継続。その結果、覚醒剤を所持している疑いが強いとの確証を得て、2日夜に強制捜査に踏み切った。「預かっただけだ」「他人のものだ」といった言い逃れができないよう、自宅に1人でいるところを狙ったという。(阿部朋美)
■「仕事のため」手を染めるケース目立つ
 俳優、タレント……。有名人の薬物犯罪は後を絶たない。薬物問題に詳しい小森栄弁護士(東京弁護士会)は「芸能界が薬物にまだまだ甘い。芸能人御用達の密売人もいる」と指摘する。
 小森弁護士によると、近年目立つのが「職業型」の薬物犯罪。仕事や生活のストレスから逃れ、加齢で衰える体力や集中力を補おうと、社会的地位のある人も手を出すという。清原容疑者について「現役引退後に芸能活動など慣れない仕事を始め、私生活でも離婚があった。生活を立て直せずのめり込んでしまったのでは」と推測。「有名人の薬物使用は社会的悪影響が大きい。若者が『清原も使っていた』と安易に考えないといいが」と危惧する。残り:726文字/全文:1646文字

| コメント (0) | トラックバック (0)

妻が夫の焼酎に混ぜた猛毒とは? 殺害図ったとして起訴(4日)朝日

宇都宮市で夫が飲む焼酎パックに毒を混ぜて殺害しようとしたとして、33歳の女が逮捕、起訴された。使われたのは米国でテロ計画に用いられたこともある猛毒のリシン。女はどうやって猛毒を手に入れたのか。
 事件が起きたのは昨年10月末。女は別居中の自衛官の夫(34)の自宅で、台所にあった焼酎パックにリシン入りの水溶液を混入させたとして年末、殺人未遂の罪で起訴された。女は「夫に消えてほしかった」などと供述しているという。
 発覚のきっかけは事件の約1カ月前、女が医薬品販売会社から偽名で殺鼠(さっそ)剤を購入しようとしたことだった。不審に思った会社から通報を受けた栃木県警が夫に話を聞くと、夏にも自宅で焼酎を飲んだ際に体調を悪くしていたという。近所の住人によると、夫は「具合が悪くて病院に通っている。胃腸が悪くて嘔吐(おうと)した」と話したという。
 県警が自宅にあった別の焼酎を分析すると、毒性のある常緑樹のキョウチクトウの毒素が検出された。県警がさらに夫宅の周辺で警戒を続けると、夫の留守中に、女が合鍵で家に入ったのを確認できた。台所の焼酎を改めて分析すると、焼酎は白濁し、致死量をはるかに超えるリシンが検出されたという。夫は焼酎を飲まず無事だった。
 関係者によると、女も元自衛官。職場で出会った夫と約10年前に結婚し、子どもにも恵まれた。ところが、約2年前に市内でトレーディングカードショップの経営を始め、開店時はテレビ番組にも取り上げられたものの、経営は軌道に乗らなかった。女は一昨年12月、ブログに「莫大(ばくだい)な借金をこさえてしまった」と書き、昨年1月に閉店した。借金や子育てをめぐって夫と頻繁にけんかを繰り返し、昨年3月に別居を始めてから、夫に殺意を抱いたとみられる。
 女はこのリシンを、市販されている観賞用植物のトウゴマ(ヒマ)から抽出したという。トウゴマの種からはひまし油が取れ、エンジンの潤滑油やポマードなど工業や美容品の原料に使われる。この際の副産物から微量のリシンが取れ、体内に入ると、細胞が壊死(えし)して臓器不全などに陥る。解毒剤はなく、水を飲むなどの対症療法で回復を待つしかないという。

残り:602文字/全文:1511文字

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月3日 | トップページ | 2016年2月5日 »