« 恋人間に保護命令440件 改正DV防止法施行2年(2日)共同 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル3 »

2016年1月 2日 (土)

警視総監、テロ対策で一体感重要 サミット控え認識(2日)共同

警視庁の高橋清孝警視総監は2日までにインタビューに応じ、2016年の最重要課題となる主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)のテロ対策について「(さまざまな面で)一体感を熟成することが一番重要だ」との認識を示した。
 全国警察が一体となって対応し、各機関とも協力する必要があると指摘。警視庁としては「首都東京は狙われる恐れが高い。そこを守るのが大事」とした上で、部隊の現地派遣などでも全面的に支援する考えを明らかにした。
 また、昨年10月に準備室を設置したサイバーセキュリティ対策本部を今春に立ち上げる意向を表明。「サイバー攻撃への司令塔機能を強化したい」と述べた。

2010_0123_11120247newslogo1_3http://this.kiji.is/55910828942000129?c=39546741839462401

« 恋人間に保護命令440件 改正DV防止法施行2年(2日)共同 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル3 »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/62989643

この記事へのトラックバック一覧です: 警視総監、テロ対策で一体感重要 サミット控え認識(2日)共同:

« 恋人間に保護命令440件 改正DV防止法施行2年(2日)共同 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル3 »