« 都内でスリップ事故など相次ぐ 5人けが(18日)NHK | トップページ | 埼玉・女児死亡 首にロープつけ拘束…日常的に虐待か (18日)毎日 »

2016年1月18日 (月)

スマホ使用などの不正7件…センター試験終了(18日)読売

大学入試センター試験は17日、理科と数学の試験が行われ、2日間の日程を終了した。
 全日程終了後、大学入試センターは、16、17両日にスマートフォンの使用などの不正行為が東京や青森など5都県で計7件あったと発表した。スマホを使った不正行為が確認されたのは初めてという。
 発表によると、不正行為があったのは、青森、東京、静岡、栃木、滋賀の計7会場。関与した受験生は7人で、いずれも全科目の結果が無効となった。不正行為の内訳は、スマホの使用、試験中の試験問題の持ち出し、試験終了合図後の消しゴムの使用が各1件、カンニングペーパーの使用、定規の使用が各2件だった。
 静岡県では16日の外国語(筆記)の試験中、受験生がスマホを手に持っているのを監督官が確認した。外部との通信はしていなかった。東京都では、外国語(同)の試験中、トイレに行った受験生のかばんの中から問題冊子が見つかった。
 センター試験では2015年までの10年間に2件の「替え玉受験」を含む65件の不正行為があり、計67人が受験の結果を無効とされたことが判明。同センターはこうした事実を公表しておらず、馳文部科学相が「(今後は)速やかに公表すべきだ」と述べていた。      ◇ 大学入試センターによると、17日の受験者は、理科〈1〉が15万2535人(志願者の受験率27・1%)、理科〈2〉が25万377人(同44・4%)、数学〈1〉が39万8482人(同70・7%)、数学〈2〉が36万1225人(同64・1%)。
 理科〈1〉の生物基礎では、問題に漢字の誤記などがあり、訂正内容が伝えられた。理科〈2〉の生物では、問題の一部の用語が欠落していたが、解答に支障はないとして試験会場での説明は見送られた。和歌山県紀の川市では係員の誘導ミスで受験生1人が理科〈1〉を75分繰り下げて受けるなど、試験時間の繰り下げも相次いだ。
 一方、71人が受験した北海道江別市の会場では、数学〈2〉の試験が5分早く始まるミスがあり、24日に希望者を対象に再試験が実施される。16日の英語のリスニング試験でも、104人が受験した鹿児島市の会場で1分早く試験を始めていたことが判明。希望者には23日に再試験を行う。17日の発表では、これらのミスに伴う再試験対象者は2日間で計256人となっている。
 センター試験は、20日に平均点の中間集計、22日に得点調整の有無が発表される。国公立大の出願は25日からとなる。
 ◇ 大学入試センター試験の問題と正解は紙面で紹介できなかった科目を含め、ヨミウリ・オンライン(http://www.yomiuri.co.jp/nyushi/)で速報しています。

2016年01月18日 00時28分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

« 都内でスリップ事故など相次ぐ 5人けが(18日)NHK | トップページ | 埼玉・女児死亡 首にロープつけ拘束…日常的に虐待か (18日)毎日 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63083537

この記事へのトラックバック一覧です: スマホ使用などの不正7件…センター試験終了(18日)読売:

« 都内でスリップ事故など相次ぐ 5人けが(18日)NHK | トップページ | 埼玉・女児死亡 首にロープつけ拘束…日常的に虐待か (18日)毎日 »