« 高齢者の入浴事故多発 溺死者は10年間で7割増 (21日)日経 | トップページ | また紙おむつ爆買いトラブル…中国籍の女が手提げカバンで店長殴り逮捕 和歌山(21日)産経 »

2016年1月21日 (木)

【震災復旧談合】「復興」大義名分 変わらぬ馴れ合い体質(21日)産経

談合と“決別”したはずの業界は何も変わっていなかったのか。東京地検特捜部と公正取引委員会が20日に道路舗装各社の捜索に乗り出した東日本大震災の道路復旧工事談合。特捜部は旧態依然としたなれ合い体質の実態解明を進めるが、制度改正で談合への包囲網が狭まる中、「必要悪」と解される風潮にも変化の兆しが見え始めている。

 ■「上意下達」の組織

 「上と調整せずに受注したら、連絡役の担当者がやってきて、『あれは上が取る工事だったんだ』とえらい剣幕ですごまれた」
 東北での談合の実態を明かすのは、業界では下位に位置する道路舗装会社の関係者だ。「上」とは談合グループ20社のうち、年間売上高が300億円超の上位12社のグループを指していた。
 公取委によると、談合は震災前から繰り返し行われていたといい、談合の疑いがある震災後の12件の工事でも下位8社のグループは従属的だったとみられる。
 下位グループの関係者は「下には小さな工事が落ちてくるだけだが、談合は連綿と続いており、(グループから)抜けるという選択肢はなかった」と話す。業者の規模や受注実績によって工事が割り振られ、“上意下達”の談合組織が形成されていた可能性がある。

« 高齢者の入浴事故多発 溺死者は10年間で7割増 (21日)日経 | トップページ | また紙おむつ爆買いトラブル…中国籍の女が手提げカバンで店長殴り逮捕 和歌山(21日)産経 »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63097242

この記事へのトラックバック一覧です: 【震災復旧談合】「復興」大義名分 変わらぬ馴れ合い体質(21日)産経:

« 高齢者の入浴事故多発 溺死者は10年間で7割増 (21日)日経 | トップページ | また紙おむつ爆買いトラブル…中国籍の女が手提げカバンで店長殴り逮捕 和歌山(21日)産経 »