« 速度違反取締りの指針改定(25日)NHK山梨 | トップページ | 日本語学校経営者を逮捕、福岡 留学生を長時間就労疑い(25日)共同 »

2016年1月25日 (月)

自動車窃盗発生率 ワースト1(25日)NHK茨城

茨城県内で自動車が盗まれる被害は、去年1年間で2100件余りと、前の年よりおよそ300件多く、人口10万人あたりの発生率は、9年連続で全国で最も高くなりました。

茨城県警察本部によりますと、去年1年間に県内で自動車を盗まれる被害は2107件あり、前の年より293件多くなりました。
これは、愛知県に次いで全国で2番目に多く、人口10万人あたりの発生率では全国で最も高くなりました。
市町村別に見ますと、被害が最も多いのはつくば市で266件、次いで、水戸市で178件、土浦市で173件となっていて、県の西部や南部での被害が7割近くを占めています。
また、被害にあった車の種類は、貨物自動車が1128件、乗用車が503件、などとなっています。
警察によりますと、手口としては、自動車の盗難防止機能を解除する装置、いわゆる「イモビカッター」が悪用されることが多いということです。
イモビカッターは、本来、鍵をなくしたときなどに使われるもので、正当な理由がないのに所持することは県の条例で規制されています。
茨城県警察本部では、イモビカッターについて取り締まりを強化するとともに、犯罪に使われることが多い「ヤード」と呼ばれる自動車の解体場所への立ち入りを行うなど対策を強化することにしています。

News_pic1_3
http://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/1075301471.html?t=1453670803

« 速度違反取締りの指針改定(25日)NHK山梨 | トップページ | 日本語学校経営者を逮捕、福岡 留学生を長時間就労疑い(25日)共同 »

窃盗事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63116386

この記事へのトラックバック一覧です: 自動車窃盗発生率 ワースト1(25日)NHK茨城:

« 速度違反取締りの指針改定(25日)NHK山梨 | トップページ | 日本語学校経営者を逮捕、福岡 留学生を長時間就労疑い(25日)共同 »