« 2016年1月30日 | トップページ | 2016年2月1日 »

2016年1月31日

2016年1月31日 (日)

のぞきサイトからウェブカメラ丸見え 飲食店・コンビニ・工場… パスワード管理徹底、メーカー呼びかけ(31日)産経

世界各地の防犯カメラ映像をリアルタイムでのぞき見できる海外サイトが登場し、日本国内のカメラとみられる約4300台分の映像も公開されていることが30日、分かった。設置場所の区市町村が特定され、飲食店内部やマンションの玄関などが閲覧できる状態になっている。画像を見るためのパスワードなどが設定されておらず、意図しないまま公開されているとみられるものも多く、ネットですべての情報機器がつながる時代の課題の一端が表れた形だ。
まさにこの瞬間
 マッサージの施術台近くを行き来するスタッフ。工場内の段ボール箱を上げ下げするリフト。集合ポストのある広々とした玄関-。
 中には画面中に現在時刻が秒単位で刻まれていく映像もあり、まさにこの瞬間を映し出していることがよくわかる。カメラ映像をのぞき見できる海外サイト「Insecam」で日本とされる映像の中には、店舗の名前や近くの看板が映り込んでいて、場所を特定できるものも多かった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

山形・酒田市のタクシー会社に緊縛強盗、数十万円奪う (31日)TBS

31日午前5時すぎ、山形県酒田市のタクシー会社で、男性従業員が突然入ってきた男から顔を粘着テープで巻かれ、手足をビニールひもで縛られた後、金庫の金を奪われる強盗事件がありました。被害は数十万円に上るとみられています。
 「振り向いたらガムテープを張られたらしい」(タクシー会社の社員)
 犯人の男は40代くらいで、上下黒色の服装だったということです。(31日17:42)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2692491.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

小笠原で赤サンゴ密漁、中国人7人に実刑判決(31日)読売

【上海=鈴木隆弘】1月29日付の中国のニュースサイト・浙江在線によると、浙江省台州市の裁判所は、2014年秋に東京・小笠原諸島周辺で希少な赤サンゴを密漁し、中国で販売したとして摘発された中国人7人に対し、懲役2年3月~7年の判決を言い渡した。
 被告らが密漁した赤サンゴは計約25キロで、約990万元(約1億8200万円)相当だったという。
 中国漁船による日本近海でのサンゴ密漁は14年頃に多発し、日本政府が中国側に取り締まり強化などを求めていた。

2016年01月31日 21時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

受け取り先は空き部屋 不審なネット注文相次ぐ(31日)NHK

News_pic1_5インターネットの通販サイトで大量の家電製品などを注文し、受け取り先を空き部屋にする不審な注文が相次いでいて、ネット通販大手の楽天が去年1年間に取り引きを停止した件数は9万2000件、金額にしておよそ72億円に上ることが分かりました。会社は、不正に入手したクレジットカードを利用した中国人の犯罪グループが関わっている可能性もあるとみています。

楽天によりますと、自社が運営する通販サイトで、同じ住所を受け取り先として同じブランドの化粧品や掃除機などを大量に購入する不審な注文が、ここ数年急増しているということです。会社は、個人で利用するとは思えない量の注文については出店業者に連絡し取り引きを停止するよう求めていて、その件数は去年1年間で9万2000件、金額にして72億円と、前の年に比べて20%増えたことが分かりました。
会社によりますと、こうした注文では、中国で人気のある家電製品やスニーカー、健康食品などが多く注文されているほか、商品の送り先は賃貸住宅の空き部屋が指定されている場合が多いということです。
楽天は、中国人の犯罪グループが関わっている可能性もあるとみていて、今後、不動産業界と連携して、空き部屋の情報を共有するなど抜本的な対策に乗り出すことにしています。楽天の担当者は「われわれだけで解決できる問題ではなく、同業者やそのほかの関連団体と連携して対策を強化していきたい」と話しています。
不正に入手した他人のクレジットカードの情報を悪用して、ネット通販で注文した商品を空き部屋に送らせて盗んだなどとして中国人が逮捕される事件は、全国で相次いでいます。
このうち福岡県では、中国人の男が不正に入手したクレジットカードで注文したノートパソコンを空き部屋に送らせて盗んだなどとして逮捕・起訴され、福岡地方裁判所は先月、懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を言い渡しました。
福岡地方検察庁はこの事件に関連し、中国人の男女8人を起訴。警察の捜査では同じ手口での盗みが300件余り、金額にして5000万円を超える疑いがあることが分かったということで、今月8日、このうち一部を追送検しました。

不動産管理会社の対策は

東京に本部がある不動産管理会社の業界団体は、去年、会員を対象に行ったアンケート調査で、20%以上の会社が、管理している物件の空き部屋が商品の受け取り場所になった可能性があると回答しました。
実際に被害に遭った都内の不動産管理会社は、去年1月、客を案内した際に空き部屋に宅配業者からの不在伝票が大量に入っているのを見つけました。別の日に同じ部屋を訪れたところ、商品を受け取ろうとしている中国人の男を見つけ警察に通報して、男は住居侵入の疑いで逮捕されました。
この会社は、事件をきっかけに空き部屋の調査を強化した結果、去年10月ころまでに、不在伝票が届いていたり、室内に商品が入っていたとみられる段ボールが放置されていたりするなど、不正に空き部屋が使われた痕跡がおよそ40件見つかったということです。この会社は、防犯性が高い鍵に交換し、定期的な見回りを増やすなどといった対策を取ったところ、空き部屋の不正使用は減っているとしています。
不動産管理会社の担当者は「実際に中国人を空き部屋で見つけるまでは、まさか勝手に使われているとは全く思っていなかった。被害が判明しているのは業界全体で一部とみられ、対策を強化していきたい」と話していました。
詳細は以下をクリックdownwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

スウェーデン“極右”覆面集団が子どもの難民を襲撃(31日)テレビ朝日

スウェーデンの首都ストックホルムで、極右グループとみられる覆面集団が子どもの難民を襲撃する事件がありました。
 地元メディアによりますと、29日夜、ストックホルム中心部の駅に覆面の男ら約100人が集まり、駅周辺で生活していた子どもの難民らに暴行を加えたということです。その後、駆け付けた警察官を殴るなどして男数人が拘束されました。警察は、男らが「身寄りのない子どもの難民を狙おう」という内容のビラを配っていたとしています。スウェーデンでは25日、難民の少年が受け入れ施設の女性職員を殺害する事件が起きていて、地元メディアは、男らが報復した可能性を指摘しています。

2009_1229_211958annlogo1_4
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000067321.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(31、1日単位・レベル)
地方の摘発がなんで少ない
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011520 振り込め詐欺などの特殊詐欺は認知件数が多くなっているが被害額は減少しているという。一方で検挙が活発であることが分かった。
 警察庁によると平成27年の認知件数は1万3828件、被害額は476億8000万円。件数で436件増加したが被害額では88億7000万円も減少している。
 検挙件数は4114件、人員は2552人で862件、567人それぞれ増加した。検挙件数は平成16年以降で2番目の多さだが、人員は最も多かった。
 問題は検挙件数が増加したが認知件数も増加している点だ。
 警察は根絶のひつとに「アジトの摘発」をあげている。昨年は東京都内で47カ所、埼玉、千葉で各4カ所、神奈川3カ所を摘発した。摘発の内訳は賃貸マンションが33カ所、オフィスが25カ所、ホテルが2カ所だった。
 なぜ首都圏以外の摘発が無いのか?アジトは都県境ばかりか国境を越える犯罪なのに首都圏だけではあるまい。平成16〜19年ごろは、首都圏の銀行口座に振り込ませて、さらに滋賀県など地方の銀行口座にマネロンして地方で引き出している事例もあった。
 問題はもうひとつ。口座凍結に加えて携帯電話の通話凍結も進んでいるようだが、犯罪集団にとって〝3種の神器〟となっている名簿屋の摘発だ。
 警察は押収した名簿を元にさらなる被害防止に電話で注意勧告しているというが、犯罪に利用された名簿を販売している根源を絶たないかぎり、根絶は難しい。名簿は需要があるから供給があるのは仕方がないが、犯罪に利用される〝凶器〟であってはならない。
 アジトを提供しないような対策も必要だが、犯罪に使用されないよう名簿の管理も大事だ。これらはいずれも警察の取り締まりだけではできない。
 振り込め詐欺の被害防止のため金融機関の協力を得ているように、アジトの提供や名簿管理などはいずれも民間の協力が必要だ。そして、これらは首都圏に限ることではない。全国の警察が同時に摘発することだ。

 【事件】 31日午後、東京・瑞穂町のショッピングモールで、67歳の女性が男に刃物で脅され、乗用車を奪われた。男は逃走中。
30代くらいで身長165㌢くらい、痩せ形で、黒のニット帽をかぶり、白いマスクをしていた。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

「肩が触れた」と因縁つけ、男性にけがをさせた疑いで少年2人逮捕(31日)TBS

東京・町田市の路上で、すれ違った60代の男性に「肩が触れたから謝れ」などと因縁をつけて暴行を加え、けがをさせたとして、少年2人が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは神奈川県大和市に住む高校1年生の少年2人で、去年10月、町田市の路上で、すれ違った60代の男性に対し「おいちょっと待てよ」「肩が触れたから謝れ」などと因縁をつけ、殴る蹴るの暴行を加え、けがをさせた疑いが持たれています。
 2人は取り調べに対して「ストレスの解消だった」「暴行を加えて転ぶ姿が面白かった」と容疑を認めているということです。
 現場近くでは去年秋、路上で男性が襲われる被害が数件相次いでいて、警視庁が余罪についても詳しく調べています。(31日11:18)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2692264.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

長野の孤立状態、すべて解消 倒木撤去し宿泊客ら帰路に(31日)朝日

倒木で山間部の道路約5キロが29日夜から通行止めになり、宿泊施設の利用客らが取り残されていた長野県山形村清水高原で31日午前、倒木が撤去され、孤立状態が解消した。

 宿泊施設「スカイランドきよみず」の利用客ら10人が午前11時ごろ、ワゴン車2台で同村役場に到着した。体調不良を訴える人もなく、それぞれ帰宅した。スカイランドきよみずの大月康司支配人(46)によると、停電して空調や風呂が使えず、利用客らは県が空輸で届けた石油ストーブで暖をとっていたという。
 同県では29日夜、倒木による道路の通行止めが相次ぎ、松本市や山形村で一時、約320人が旅館などで孤立状態になったが、すべて解消された。
 大量の倒木は、雨が冷えて木に凍り付つく「雨氷」や、湿った雪の重みが原因とみられる。

Logo2_2
http://www.asahi.com/articles/ASJ104306J10UOOB006.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

長崎造船所で火災、3度目 建造中の客船、放火疑いも(31日)共同

31日未明、三菱重工業長崎造船所(長崎市)の香焼工場で建造中の豪華客船「アイーダ・プリマ」で、段ボール箱などが燃えているのを外国人作業員が見つけ、火を消した。けが人はなかった。船内での火災は1月に入り3度目。長崎県警大浦署は、放火の可能性もあるとみて調べている。
 大浦署や地元消防によると、火元は客船内の通路。複数の段ボールや断熱材などが燃えた。出火時は周囲で作業をしておらず、火の気もなかったという。

2010_0123_11120247newslogo1_2
http://this.kiji.is/66389075836059652?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

走る警備「ランニングポリス」導入 サミット見据え(31日)テレビ朝日

東京・新宿区で行われたハーフマラソンに、警視庁が「ランニングポリス」を導入して警備にあたりました。
 4300人が参加した「新宿シティハーフマラソン」に警視庁は、5月に開催される伊勢志摩サミットの警備を見据え、ランニングポリス10人を投入しました。ランニングポリスは、マラソン大会などがテロのターゲットになる危険性もあるため、参加者と一緒に走り、安全性の確保に努めます。来月の「東京マラソン」でも警備にあたります。

2009_1229_211958annlogo1_3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000067323.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

夫の遺体1年近く自宅に放置か 妻を逮捕(31日)NHK

北海道室蘭市で、死亡した夫を1年近く自宅に放置していたとして、69歳の妻が死体遺棄の疑いで警察に逮捕されました。妻は夫の死後も年金を引き出していたということで、警察で動機や詳しいいきさつを調べています。
逮捕されたのは、室蘭市母恋南町の山口優子容疑者(69)です。警察の調べによりますと、山口容疑者は死亡した夫の秀雄さん(当時70)の遺体を1年近く自宅の寝室に放置したとして、死体遺棄の疑いが持たれています。
山口容疑者は秀雄さんと2人暮らしで、今月2日、訪ねてきた長女が父親がいないことを不審に思い、母親を問い詰めたところ、「死亡して寝室にいる」などと話したということです。長女からの通報を受けて警察が調べたところ、寝室から死後1年近くたったとみられる秀雄さんの遺体が見つかりました。死因は、くも膜下出血による病死の可能性が高いということです。
調べに対し山口容疑者は容疑を認め、「気が動転して死亡届などの手続きが遅れてしまい、そのまま放置してしまった」と供述しているということです。
一方、山口容疑者は死亡後も夫の年金を引き出していたということで、警察は年金を不正に受給していた疑いもあるとして動機や詳しいいきさつを調べています。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160131/k10010392441000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京地検がUR職員らを聴取へ…甘利氏献金疑惑(31日)読売

甘利明前経済再生相(28日辞任)(66)を巡る違法献金疑惑で、東京地検特捜部が、近く都市再生機構(UR)の職員らを事情聴取することが、関係者の話でわかった。
 甘利氏側は、URとトラブルとなった建設会社側の依頼で、UR担当者と面談。建設会社側から受け取った献金の一部を政治資金収支報告書に記載していなかった。
 議員や秘書の口利きを禁じたあっせん利得処罰法や、政治資金規正法に抵触する可能性が指摘され、特捜部は聴取で面談内容を確認するなどし、違法性の有無を慎重に見極めるとみられる。
 甘利氏の説明によると、甘利氏は2013年11月と14年2月、URの道路工事に絡んだ補償金の請求を巡るトラブルを抱えていた千葉県白井市の建設会社側から計100万円を、13年8月には秘書が500万円を、それぞれ受け取った。

2016年01月31日 09時29分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ

| コメント (0) | トラックバック (0)

【衝撃事件の核心】逃亡45年…中核派の最重要活動家の尻尾をついにつかんだ! 警視庁が踏み込んだアジトには数々の痕跡が…(31日)産経

実に半世紀近く逃走しているテロリストが日本に潜伏している。捜査の追っ手をかいくぐり続けた逃亡犯のかすかな痕跡を今月、警視庁公安部がついに突き止めた。逃亡犯は昭和46年に警察官が殉職した渋谷暴動事件をめぐり、殺人容疑などで指名手配されている過激派「中核派」の大坂正明容疑者(66)。潜伏先が摘発されるのは今回が初めてで、支援者の援助でいまも生存しているもようだ。警察当局が長年、威信をかけ追い続ける“重要人物”の動向は解明されるのか。

潜伏先に漂う「異様」…周囲警戒し監視も?

 1月18日朝。東京都北区内の賃貸マンションで警視庁公安部の捜査員らが家宅捜索に入った。中核派の活動家による有印私文書偽造・同行使容疑での捜索。中にいた活動家とみられる男2人が警察官に体当たりするなどして、公務執行妨害で現行犯逮捕された。
 現場は、どこにでもあるマンションの一室。だが、その実態はテロやゲリラの実行を担う中核派の非公然組織「革命軍」のアジトだったとされる。そして、室内には、警察当局が威信をかけて追う人物が潜伏していた可能性もあった。http://www.sankei.com/premium/news/160131/prm1601310029-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

タクシー会社に“黒ずくめ男” 従業員縛り現金奪う(31日)テレビ朝日

山形県酒田市のタクシー会社に強盗が押し入り、従業員の男性を縛って現金数十万円を奪いました。犯人は逃走し、警察が行方を追っています。
 31日午前5時15分ごろ、酒田市のタクシー会社の事務室に男が押し入りました。男は44歳の男性従業員の顔に粘着テープを巻き付け、手足をひもで縛って事務室にあった金庫から現金を奪って逃走しました。被害は数十万円に上るとみられています。
 縛られた人:「瞬間だったので、ちょっと分からない」
 警察によりますと、犯人は40代くらい、中肉で、身長は170から175センチ、上下黒っぽい服装で、黒いニット帽のようなものをかぶり、サングラスをかけていたということです。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000067319.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「警察署を爆破する」と電話 業務妨害疑いで逮捕(31日)NHK

埼玉県警察本部に「東入間警察署を爆破する」などと電話し、警察の業務を妨害したとして、23歳の会社員の男が逮捕されました。警察が調べた結果、爆発物などの不審物は見つかりませんでした。
逮捕されたのは、埼玉県ふじみ野市上福岡の会社員、菅野一樹容疑者(23)です。
警察によりますと、菅野容疑者は31日午前1時ごろ、ふじみ野市内の公衆電話から110番通報で「東入間警察署を爆破する」などと電話し、東入間警察署の署員に不審物の捜索などを行わせたとして、威力業務妨害の疑いが持たれています。
警察が調べた結果、爆発物などの不審物は見つかりませんでした。
調べに対し、菅野容疑者は「警察に対する嫌がらせで電話をした」などと話し、容疑を認めているということです。
通報を受けた警察本部の通信司令課の職員が公衆電話を特定して東入間警察署に伝え、近くをパトロールしていた警察官が電話中の菅野容疑者を見つけて、通報からおよそ8分後に逮捕したということです。
警察によりますと、先月中旬から今回と同様の警察への嫌がらせの電話が数件続いていたということで、関連についても調べることにしています。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160131/k10010392341000.html

News_pic1_3

| コメント (0) | トラックバック (0)

視覚障害者サッカーの元代表、覚醒剤所持容疑…歌舞伎町で逮捕 「自分で使うためだった」(31日)産経

警視庁新宿署は、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで、自称・会社経営、児玉道雄容疑者(39)を現行犯逮捕した。児玉容疑者は視覚障害者サッカーの元日本代表選手。
 逮捕容疑は28日午後4時ごろ、東京都新宿区歌舞伎町で、袋に入った微量の覚醒剤を所持したとしている。新宿署によると「自分で使うためだった」と容疑を認めている。
 新宿署によると、児玉容疑者が不審な動きをしていたため、職務質問したところ、バッグ内の眼鏡ケースの中から覚醒剤が見つかった。http://www.sankei.com/affairs/news/160131/afr1601310004-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【花田紀凱の週刊誌ウォッチング〈550〉】「甘利明大臣」を落とし穴にハメた「怪しすぎる情報源」の正体とは?(31日)産経

票をもらうか、謝礼をもらうかの違いこそあれ、与野党問わず、何らかの「口利き」をしたことのない国会議員なんていないだろう。
 某野党なんか、もっぱらそれを仕事にしているではないか。
 むろん、カネをもらってはマズイが「口を利く」方も何らかの見返りを期待しているのは間違いない。
 ついに、甘利明経済再生担当相辞任。
 『週刊文春』(2月4日号)は実名告発第2弾。「甘利大臣事務所の嘘と『告発』の理由」。
 が、何度読んでも、なぜ一色武氏が、告発に踏み切ったかの「理由」はよくわからない。
 〈「甘利氏を『嵌(は)める』ために三年にわたる補償交渉や多額の金銭授受を行うなんて、とても金と労力に見合いません」「口利きを依頼し金を渡すことには、こちらにも大きなリスクがあるのです」(一色氏)〉
 などと雄弁に語るが、肝心の告発の「理由」は、
 〈「URとの交渉はいつまでたっても前に進まない。私にも我慢の限界があります」(同)〉。
 これでは弱い。
 そのあたりを予想どおり『週刊新潮』(2月4日号)が鋭く迫って、「『甘利大臣』を落とし穴にハメた『怪しすぎる情報源』の正体」。
 一色氏は3年前に解散した八王子を拠点とする右翼団体の構成員。
 〈「何時に誰と会ったかも全部メモしているような奴だった。そういう男は右翼には向かない。いつの間にか建設会社(本文では実名)の総務担当になっていたとは。驚いたね」(右翼団体の元会長)〉

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京五輪に備え外国人対応強化 全国の警察に指示 (31日)日経

2020年の東京五輪・パラリンピックを控え、来日外国人の増加が見込まれるとして、警察庁は30日までに、交番や警察署での相談や手続きなどの対応を強化するよう全国の警察に指示した。
 交番では、外国人が困り事のイラストを指さす「コミュニケーション支援ボード」を活用する。現在は日英中韓の4カ国語表記だが、スペイン語とポルトガル語を加えて6カ国語の改訂版を来年度に配布する。
 岡山など4府県警で採用されている会話を自動翻訳するアプリ搭載のタブレット型端末の活用も広げる。遺失物や拾得物の受理手続きでは関係書類に外国語を併記したり、外国人対応のマニュアルをつくったりすることも求めている。http://www.nikkei.com/article/DGXLZO96749010R30C16A1CR8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉・香取市でひき逃げ、男性死亡(31日)TBS

30日夜、千葉県香取市の路上で62歳の男性が腹から血を流して倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。警察がひき逃げ事件として捜査しています。
 30日午後10時45分ごろ、香取市九美上の路上で「男性が道路に寝込んでいるようだ」と車で通りかかった女性が、警察署に通報しました。
 警察と消防が駆けつけたところ、近くに住む野崎正男さん(62)さんが腹から血を流して倒れていて、すでに意識はなく、運ばれた先の病院でまもなく死亡が確認されました。警察によりますと、現場には野崎さんのものとみられる携帯電話などの所持品が散乱していたということです。
 警察は野崎さんの傷の状況などから、何者かが運転する車が野崎さんとぶつかり、そのまま逃走したものとみて、ひき逃げ事件として逃げた車の行方を追っています。(31日06:34)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2692203.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性をひき逃げし死亡させた疑い、会社員の男逮捕 愛知(31日)朝日

 愛知県東海市の県道で女性が車にはねられ死亡したひき逃げ事件で、愛知県警東海署は30日、同市富木島町道才、会社員木村慎吾容疑者(32)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕し、発表した。「怖くなって逃げた」と認めているという。
 署によると、木村容疑者は29日午前6時20分ごろ、同市富木島町道才の県道で乗用車を運転中、横断歩道を歩行中だった近くに住む無職黒田スミ子さん(87)をひいて死亡させ、現場から逃げた疑いがある。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASJ1Z7K4BJ1ZOIPE019.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

京都、男性巡査が拳銃自殺か 宇治市の山中(31日)共同

30日午後5時5分ごろ、京都府宇治市炭山乾谷の山中で、京都府警宇治署地域課の男性巡査(24)が頭から血を流して倒れているのを署員が発見した。巡査は搬送先の病院で死亡が確認された。
 額に拳銃で撃った痕があり、同署は自殺とみて調べている。
 同署によると、付近の住民から「警察のバイクが路上に止められている」と通報があり、署員が捜していた。
 巡査が倒れていたのは、勤務していた交番から東北東に約2・7キロ離れた場所だった。遺書などは確認されておらず、30日の昼ごろに交番で上司の女性警部補が見かけた際、巡査に変わった様子はなかったという。

2010_0123_11120247newslogo1http://this.kiji.is/66157256322023427?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

5歳男児の顔殴る=容疑で母親と交際相手逮捕-店に駆け込み発覚・大阪府警(31日)時事

男児(5)の顔面を殴り、けがをさせたとして、大阪府警布施署は30日、傷害容疑で母親の会社員松永唯容疑者(28)=大阪府東大阪市大蓮東=と、交際相手で建設作業員井手稔容疑者(34)=同=を逮捕した。同署によると、2人とも容疑を認め、井手容疑者は「しつけとしてやった」と供述しているという。
 布施署によると、逮捕容疑は共謀して27日ごろ、自宅で男児の顔面を殴り、左目の下にあざができるけがをさせた疑い。井手容疑者が殴り、松永容疑者は黙認していたという。(2016/01/31-00:28)

2016/01/31-00

| コメント (0) | トラックバック (0)

4人に1人「空き家あり支障・危険」 東京都が調査(31日)NHK

東京都は、今後の住宅政策の参考にするため都民にインターネットを通じた調査を行ったところ、およそ4人に1人が「近所に空き家があり、支障や危険を感じる」と答えたことから、空き家の具体的な活用方法を検討し、新年度に見直す指針に盛り込むことにしています。
東京都は、新年度に住宅政策の指針である「住宅マスタープラン」を5年ぶりに見直すことにしていて、その参考にしようと初めて、都民500人を対象にインターネットを通じた調査を行い、95%から回答を得ました。
この中で、3年前の時点で都内に82万戸あるとされた空き家について尋ねたところ、「近所に空き家があり、支障や危険を感じたことがある」と答えた人は24%と、およそ4人に1人に上りました。そのうえで望ましい空き家の活用方法を3つ選んで回答してもらったところ、「住宅として賃貸」が43%、「中古住宅として販売」が42%、「集会場など地域の施設にする」が36%、「子育て支援施設」への活用と、「グループホームなどの福祉的な施設」への活用がそれぞれ31%でした。
都は調査の結果を踏まえて空き家の具体的な活用方法を検討し、新たな指針に盛り込むことにしています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160131/k10010392141000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

依然孤立の30人救助へ 長野・山形村(31日)NHK

長野県内では雪の重みで倒れた木が道路を塞ぐなどして、30日、松本市の旅館の宿泊客など合わせて320人余りが一時、孤立しました。救助や道路の復旧が進みましたが、山形村では依然として30人が孤立していて、村では31日朝から木の撤去作業を行い救助を進めることにしています。
長野県内では29日から30日にかけて松本市の山あいの扉温泉、美ヶ原高原、三城地区、山形村の清水高原で、雪の重みなどで木が倒れ道路が通行止めになるなどして、宿泊施設の客など320人余りが一時、孤立しました。松本市などによりますと、29日に降った雨が木の枝などに付着し、その後、凍結したことによる重みで木が倒れた可能性があるとみています。
松本市では救助や道路の復旧などが進み、30日夕方ごろまでに孤立は解消されましたが、山形村の清水高原では、村道がおよそ5キロの区間で通行止めになったままで、依然として、別荘6世帯と宿泊施設1施設が孤立し、30人が取り残されているということです。
村によりますと、道路の復旧のめどは立っておらず、30人は電気が止まったまま、30日、2日目の夜を過ごしました。宿泊施設には長野県から石油ストーブが届けられたほか、食料などはあり、これまでに体調が悪くなった人はいないということです。村では、きょう中に倒れた木の撤去作業を終えて孤立している人たちの救助を進めることにしていて、仮に撤去作業が難航した場合には県の防災ヘリなどを使って、高齢者などを優先的に救助したいとしています。
山形村の宿泊施設「スカイランドきよみず」では、客と従業員合わせて18人が30日夜、孤立した状態になってから2日目の夜を過ごしました。この施設では29日夕方から停電と断水が続いていますが、30日は県から石油ストーブが支給されたほか、食料と飲料水も31日までは十分な量があり、体調が悪くなった人は出ていないということです。
宿泊施設の大月康司支配人は電話取材に対し、「不安な気持ちはありますが、お客さまがいるのでそうも言っていられません。宿泊客の皆さんは、昨夜は、夕食を食べた後、少し落ち着いたように感じます。お客さまの部屋には県から支給された石油ストーブを置いて暖をとってもらっていますが、中には、『道路だけでも早く開通してほしい』と不安そうにしている人もいます」と話していました。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160131/k10010392061000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

15メートル下に“転落死”小型車エレベーターに衝突(31日)テレビ朝日

東京・築地市場にある立体駐車場のエレベーターのドアにターレーと呼ばれる小型車が突っ込み、運転していた男性が15メートルほど下に転落して死亡しました。
 警視庁などによりますと、30日午前11時ごろ、築地市場の中にある立体駐車場の4階部分で、品物を運ぶターレーと呼ばれる小型車がエレベーターのドアに突っ込みました。事故の衝撃でドアが壊れ、運転していた梅原毅善さん(69)が隙間から15メートルほど下の2階にあったエレベーターの天井部分に転落しました。梅原さんは搬送先の病院で死亡しました。警視庁は、梅原さんが品物を運び届けた後、運転操作を誤ったとみて調べています。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000067303.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月30日 | トップページ | 2016年2月1日 »