« 2016年1月24日 | トップページ | 2016年1月26日 »

2016年1月25日

2016年1月25日 (月)

【成人式DQN】水戸の新成人ら5人逮捕 「けんか上等」と式典乱入(25日)産経

水戸市の成人式で式典の進行を妨害したとして、水戸署は25日、威力業務妨害の容疑で、同市見和の大工、菊池広輔容疑者(20)ら新成人の男3人と、17歳の少年2人を逮捕した。いずれも容疑を認めている。
 他の4人は、同市平須町の会社員、小松崎洋平容疑者(20)と、同市東前町の土木作業員、栗原伸晃容疑者(20)、同市と笠間市のいずれも17歳の作業員の少年2人。
 5人の逮捕容疑は、10日午前11時半ごろ、水戸芸術館(水戸市五軒町)で開かれていた「水戸市成人の日式典」でステージに乱入し、拡声器で「お前らけんか上等だ」などと叫んで式典の進行を妨害したとしている。
 同署は15日、同容疑で水戸市河和田のとび職、五十嵐勇哉容疑者(20)ら4人を逮捕しており、五十嵐容疑者らの供述や当日の映像などを元に、5人を逮捕したという。
 この事件には、さらに数人が関与していた可能性があり、同署で引き続き調べている。

http://www.sankei.com/affairs/news/160125/afr1601250051-n1.html

| トラックバック (0)

【甘利氏疑惑】「先方は最初から隠し撮り目的」 金銭授受疑惑で甘利氏会見(25日)産経

甘利明経済再生担当相は25日の記者会見で、週刊文春が報じた金銭授受疑惑をめぐり甘利氏側に現金を渡した千葉県の建設業者について「先方は最初から隠し録音をしたり、写真を撮ることを目的とした人たちだ。こちらは慎重になっている」と述べた。さらに「こちらにアプローチ(接触)する最初から、いろいろな仕掛けを行っているのか」とも語り、業者の姿勢に疑問も呈した。
 自身が建設業者から現金50万円を2度直接受け取ったとされる疑惑については「私に関することは今週中に会見で明らかにし、説明責任を果たしていく」と強調。その上で秘書らの金銭疑惑の調査については「第三者による事実確認、調査を鋭意行っている。ある程度時間を要すると思うが、まとまり次第公表する機会をつくる」と述べた。http://www.sankei.com/affairs/news/160125/afr1601250050-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

クレジットカードを詐取か、無職の男ら逮捕 (25日)TBS

東京・渋谷区の商業施設でクレジットカードを不正に契約し、だまし取ったとして、福岡市の無職の男らが警視庁に逮捕されました。
 詐欺の疑いで逮捕されたのは、福岡市の無職、香村茂樹容疑者(30)と、専門学校生の宇田川雄一容疑者(30)で、去年9月、渋谷区の商業施設でクレジットカード1枚を不正に契約し、だまし取った疑いが持たれています。
 香村容疑者は宇田川容疑者に現金3万円を渡し、クレジットカードを契約させたということですが、取り調べに対し、「依頼も指示もしていない」と容疑を否認しています。
 香村容疑者の自宅からは他人名義のクレジットカードが30枚以上見つかっていて、警視庁が余罪についても詳しく調べています。(25日18:04)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2687881.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉の少年転落殺害で4人再逮捕 事件前にも川落とした疑い(25日)共同

千葉県柏市の手賀川で会社員佐藤龍太さん(17)が橋から落とされて殺害された事件で、県警は25日、事件直前にも佐藤さんを無理やり連れ出して橋の下流で川に落としたなどとして、逮捕監禁と暴行などの疑いで、殺人容疑で逮捕された同僚の会社員小島庸平容疑者(22)=同県我孫子市湖北台=ら4人を再逮捕した。
 4人の再逮捕容疑は4日午前3時ごろ、我孫子市の自宅にいた佐藤さんを小島容疑者の車に押し込んで同県印西市大森の手賀川河川敷に向かい、佐藤さんを殴るなどして川に突き落とした後、車に乗せて小島容疑者の自宅に連れて行った疑い。http://this.kiji.is/64293074139579893?c=39546741839462401

2010_0123_11120247newslogo1_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

元県議・野々村被告の身柄拘束…勾引状に基づき(25日)読売

政務活動費(政活費)をだまし取ったとして詐欺罪などに問われ、昨年11月の初公判を欠席した元兵庫県議・野々村竜太郎被告(49)について、神戸地裁は25日、強制的に出廷させることができる

勾引状

基づき、身柄を拘束した。野々村被告は、26日(午前10時30分開廷)に延期された初公判に出廷する。
 野々村被告は、城崎温泉(兵庫県豊岡市)への日帰り出張などを装って政活費913万円を詐取したなどとして在宅起訴されたが、昨年11月24日に予定された初公判に出廷しなかった。地裁が再び欠席する恐れがあるとして今月20日に勾引状を発付していた。
 地裁などによると、神戸地検の検察事務官が25日朝、勾引手続きのため大阪市内の自宅に入った。野々村被告は不在だったが、外出先から昼前に地裁へ移されたという。前日に身柄を確保したのは確実に出廷させるためだったとみられる。
 刑事訴訟法によると、勾引状は、検察官の指揮で検察事務官や警察官が執行する。裁判所に移されてから24時間以内は刑事施設に留置することができる。

2016年01月25日 19時46分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

高1男子自殺 都教委、いじめ調査部会を設置 (25日)毎日

昨年9月に自殺した東京都立高校1年の男子生徒(当時16歳)に対するいじめの有無を調べるため、都教育委員会のいじめ問題対策委員会は25日、有識者らによる調査部会を設置した。男子生徒の母親は同日、都庁で記者会見し、学校による調査は不十分として、改めて在校生への聞き取り調査を実施するよう部会に求めた。
 母親によると、男子生徒のスマートフォンに残っていた画像や、無料通信アプリ「LINE(ライン)」での友人とのやり取りに、所属していた部活動内でのいじめをうかがわせる内容があった。男子生徒は昨年9月初旬からツイッターに「死んでしまいたい」などと書き込んでいた。
 学校は同11月に全校生徒にアンケートを行い、その後に聞き取り調査を行っている。母親によると、アンケートには「クラスで浮いていた」との記述もあったという。
 母親側は部会に対し、10月にアンケートを要望したのに実施まで約1カ月かかった上、聞き取りも表面的だったとして、学校側の対応についても検証するよう求めた。会見で「委員には、残された親の身になって調査してほしい」と訴えた。
 男子生徒が通っていた高校の校長は「生徒や保護者に聞き取り調査をしたが、いじめを含め、生徒の死につながる原因を特定することはできなかった。学校としても事実を解明したいので、調査には全面的に協力したい」と話している。
 調査部会のメンバーは母親側が推薦した委員4人を含む8人。25日の初会合では母親から要望を聞き、調査方法を話し合った。部会長の坂田仰(たかし)・日本女子大教授は「公平中立な立場で、遺族の要望と在校生の状況、保護者の意向に配慮しながら、慎重に進めていきたい」と話した。
 男子生徒は昨年9月27日、山梨県大月市のJR大月駅で特急にはねられ死亡した。【稲田佳代】

Logo_mainichi_s1http://mainichi.jp/articles/20160126/k00/00m/040/081000c

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(25,26日単位・レベル)
高校生のデモに思う
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011528 「全共闘」という〝集団〟を知る人が少なくなりつつある。当時、日米の安全保障条約に反対する「政治闘争」があった。国会議員から労働者、学生による国内左翼勢力が参加した日本史上で空前規模の闘争だ。
 その中に全共闘があった。1968年(昭和43年)から翌年にかけての大学紛争に際して全国の大学の学生で結成された〝集団〟。その集団は左翼過激派の中核や革マルの主義主張に賛同、次第に闘争的な政治活動を展開する武装組織に成り下がってしまった。
 それが1970年代(昭和45年以降)に入ると火焔瓶などの武器を持っての暴力的な闘争を展開。こうした過激派全体の一部のセクトがハイジャックや人質事件、内ゲバ殺人事件などを起こしたことから一般学生の支持を失い弱体化。その闘争や抗争があまりにも激化したことから大衆や知識人の支持をも失って行くことになる。
 小覧もカメラマン時代には火焔ビンや爆弾闘争、ハイジャック、集団リンチ事件、人質立て籠もり事件などの取材を通して歴史を見てきた。
 だから今、心配なことがある。それは集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法に反対する若者のグループの台頭だ。そのなかの高校生のグループ「ティーンズ・ソウル」が2月21日に東京は渋谷、仙台、大阪などて一斉デモを実施すると言うのだ。しかも、その行動を記者会見して発表している。
 高校生と言えば15歳半ばから18歳半ばまでだが、肉体的には大人であり、しかも18歳からは選挙権が与えられる。選挙権を得る前に政治の勉強をすることは良いことだ。しかし、政治思想となれば1人ひとりが会得していくものだ。その勉強の段階で左翼的思想者が指導・煽動したらどうなる。過激になれば、あの当時の全共闘を彷彿させられる。
 共産圏諸国と違い小、中学などは色に染まらない純白な思想の持ち主。指導者にとってどうにでもなる。プロパガンダが怖い。
 今回のデモの煽動者は必ずいるはずだ。革マルや中核でなければいいんだが…我々社会人がチェックしておく必要がある。
  東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

アダルトサイト詐欺で1億円詐取、容疑のリーダーら逮捕 (25日)TBS

「アダルト動画サイトに会員登録されたので登録料が必要です」などとうそを言って、1億円近くをだまし取っていたとみられる詐欺グループのリーダーの女らが警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、詐欺グループのリーダー・嶋田桃子容疑者(33)ら男女6人です。嶋田容疑者らは、24日、アダルト動画サイトのバナー広告をクリックした会社員の男性(47)に対し、「会員登録されたので登録料が必要です」などとうそを言って電子マネー8万円相当をだまし取った疑いが持たれています。
 取り調べに対し、嶋田容疑者らはいずれも容疑を否認していますが、警視庁はこのグループが同様の手口で去年5月以降、およそ600人から1億円近くをだまし取っていたとみて調べています。(25日13:30)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2687852.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

愛知のパチンコ店役員夫婦強殺、死刑を求刑(25日)読売

1998年に愛知県碧南市のパチンコ店役員

馬氷一男

さん(当時45歳)方で、馬氷さんと妻の里美さん(同36歳)を殺害し現金を奪ったなどとして強盗殺人罪などに問われた住所不定、無職佐藤浩被告(39)の裁判員裁判の公判が25日、名古屋地裁で開かれ、検察側は「強い殺意に基づく冷酷、残忍な行為で、悪質きわまりない」として死刑を求刑した。
 判決は来月5日に言い渡される。
 この事件を巡っては、佐藤被告とともに夫婦を殺害したなどとして、住所不定、無職堀慶末被告(40)が昨年12月に同地裁で死刑判決を受け、控訴している。
 起訴状によると、佐藤被告は98年6月、堀被告らと馬氷さん夫婦を殺害して現金などを強奪。06年7月にも、堀被告と2人で名古屋市守山区の民家に侵入し、女性の首を絞めて重傷を負わせ、貴金属や現金を奪ったとされる。

2016年01月25日 15時17分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

児童ポルノ容疑で元中学校長逮捕=共有ソフト入りPCに所持-岐阜県警(25日)時事

ファイル共有ソフト入りのパソコン(PC)で児童ポルノ動画を所持したとして、岐阜県警少年課などは25日、児童買春・ポルノ禁止法違反(公然陳列目的所持)容疑で、同県土岐市立泉中学校の元校長で同市嘱託職員の桐井雅康容疑者(63)=同県瑞浪市土岐町=を現行犯逮捕した。同課によると、容疑を認めているという。
 逮捕容疑は25日午前7時15分ごろ、自宅にあるファイル共有ソフトが入ったPC内に、少女の性行為などを写した動画ファイル1本を所持した疑い。
 県警によると、PCからは他に動画数本が見つかり、児童ポルノに当たるか調べている。桐井容疑者は共有ソフトを使い、動画をネット上で閲覧可能な状態にしていたとみられる。昨年12月に県警のサイバーパトロールが動画を発見し、25日に同容疑者宅を家宅捜索した。(2016/01/25-15:02)

2016/01/25-15:02

| コメント (0) | トラックバック (0)

雪道でタンクローリー横転 田んぼに転落 福井(25日)NHK

25日午前、福井市の県道を走っていたガソリンを積んだタンクローリーが道路脇の田んぼに転落し横転しました。運転手は「対向車をよけようとハンドルを切ったが積もった雪で道路と田んぼの境がわからず横転した」と話しているということで、警察が詳しい状況を調べています。
25日午前10時30分ごろ、福井市上河北町の県道で40代の男性運転手が運転するガソリンを積んだタンクローリーが道路脇の田んぼに転落し、横転しました。
警察によりますとタンクローリーは総重量が20トン、車体の長さはおよそ11メートルあり、横転で少量のガソリンが田んぼに漏れたということですが火災などは起きていません。運転手にけがはありませんでした。
運転手は「対向車をよけようと左にハンドルを切ったが積もった雪で道路と田んぼの境がわからず横転した」と話していて、警察は当時の詳しい状況を調べています。
現場は片側1車線の直線道路で、見通しはよいということですが道路と田んぼの境に転落防止用のガードレールなどは設置されていませんでした。
タンクローリーは福井県坂井市の石油基地から福井市内の運送会社までガソリンを運ぶ途中だったということです。
福井市では、24日から断続的に雪が降り、25日午前11時の時点で43センチの積雪を観測していました。

News_pic1_5
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160125/k10010384921000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察学校で後輩に暴行か 大阪府警の20代巡査(25日)NHK

大阪府警の20代の巡査が、在籍する警察学校の寮で、10代の後輩2人に高温のアイロンを押し当てたり、顔をたたいたりする暴行を繰り返していたことが分かり、警察が詳しい状況を調べるとともに処分を検討しています。
大阪府警によりますと、今月13日の夜、大阪・田尻町にある警察学校の寮で、20代の男性巡査が、後輩の10代の男性巡査の左腕に高温のアイロンを押し当て、後輩の巡査が、全治2週間のけがをしたということです。
教官を通じて連絡を受けた警察が調べたところ、この20代の巡査が、去年10月から10数回にわたって、10代の後輩2人に、平手で顔をたたいたり蹴ったりする暴行を繰り返していたことが分かったということです。3人は、寮の同じ部屋で生活していて、20代の巡査は、警察の内部調査に対し、「リアクションが見たかった。悪ふざけの延長だった」などと話しているということです。警察が詳しい状況を調べるとともに処分を検討しています。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160125/k10010385011000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本語学校経営者を逮捕、福岡 留学生を長時間就労疑い(25日)共同

外国人留学生に複数のアルバイトを紹介し、長時間の不法就労をさせたとして、福岡県警は23日、入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで、同県直方市にある日本語学校「JAPAN国際教育学院」の実質的経営者の50代男を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。
 実質的経営者は同校に通う複数の留学生にアルバイトを紹介し、法定時間を超える就労をさせた疑いが持たれている。
 同法によると、留学生は入国管理局の許可を受ければ、1週間に28時間までの就労が可能。捜査関係者によると、留学生らはこの時間を大幅に超えて働いていたという。

2010_0123_11120247newslogo1http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/220164

| コメント (0) | トラックバック (0)

自動車窃盗発生率 ワースト1(25日)NHK茨城

茨城県内で自動車が盗まれる被害は、去年1年間で2100件余りと、前の年よりおよそ300件多く、人口10万人あたりの発生率は、9年連続で全国で最も高くなりました。

茨城県警察本部によりますと、去年1年間に県内で自動車を盗まれる被害は2107件あり、前の年より293件多くなりました。
これは、愛知県に次いで全国で2番目に多く、人口10万人あたりの発生率では全国で最も高くなりました。
市町村別に見ますと、被害が最も多いのはつくば市で266件、次いで、水戸市で178件、土浦市で173件となっていて、県の西部や南部での被害が7割近くを占めています。
また、被害にあった車の種類は、貨物自動車が1128件、乗用車が503件、などとなっています。
警察によりますと、手口としては、自動車の盗難防止機能を解除する装置、いわゆる「イモビカッター」が悪用されることが多いということです。
イモビカッターは、本来、鍵をなくしたときなどに使われるもので、正当な理由がないのに所持することは県の条例で規制されています。
茨城県警察本部では、イモビカッターについて取り締まりを強化するとともに、犯罪に使われることが多い「ヤード」と呼ばれる自動車の解体場所への立ち入りを行うなど対策を強化することにしています。

News_pic1_3
http://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/1075301471.html?t=1453670803

| コメント (0) | トラックバック (0)

速度違反取締りの指針改定(25日)NHK山梨

速度違反による交通事故を防ごうと、県警察本部は、重点的に取締りを行う路線や時間帯などをまとめた指針を更新し、ウェブサイトで公表して注意を呼びかけています。

この「速度取締り指針」は、県警察本部が、県内の高速道路と12の警察署ごとに策定していて、今月内容を更新しました。
指針には、去年までの5年間に起きた速度違反による交通事故の発生状況を分析して、重点的に取締りを行う路線や時間帯などがまとめられています。
今回の更新で、南甲府警察署の1路線と、鰍沢警察署の3路線で重点時間帯の一部が見直されました。
このうち、南甲府警察署は、国道358号線の重点時間帯について、これまでの朝と午後、夜の時間帯に、新たに「午前10時から正午」を追加しました。
県警察本部では、この指針をウェブサイトで公表し、「ドライバーに取締りの場所や時間帯を知ってもらうことで、事故防止につなげていきたい」と話しています。 01月25日 06時20分

News_pic1_2
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kofu/1045186841.html?t=1453670442

| コメント (0) | トラックバック (0)

横田めぐみさん両親が講演 「日本国民みんなに力いただきたい」と訴え(25日)産経

昭和52年11月に北朝鮮に連れ去られた拉致被害者、横田めぐみさん(51)=拉致当時(13)=の両親が24日、川崎市中原区で講演した。
 めぐみさんの母、早紀江さん(79)はめぐみさんらが拉致されてから長い年月がたっていることに触れ、「こんな大事なことがほったらかされたままで、まだ姿さえも見えない、情報が得られない」と家族の苦しい胸中を説明。「日本国民みんなに『政府がしっかりとやってください』という力をいただきたい」と支援を呼びかけた。
 平成26年7月から、拉致被害者らの再調査が始まったが、調査結果すら寄せられず、被害者の帰国はかなっていない。めぐみさんの父、滋さん(83)は「(再調査で)何か来るかと思ったら、1年がたっても何も向こう(北朝鮮)からくれない」と語り、拉致問題の早期解決を訴えた。http://www.sankei.com/affairs/news/160124/afr1601240014-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

危険ドラッグ代替「シバガス」販売の疑いでフィリピン人を逮捕 群馬県警(25日)産経

「シバガス」の名称で知られ、危険ドラッグの代替品に使われているとされる亜酸化窒素を販売したとして、群馬県警は24日、食品衛生法違反容疑で、フィリピン国籍の東京都杉並区、ラミス・ジェットロ・サントス容疑者(23)を逮捕した。県警によると、亜酸化窒素の販売で同容疑を適用した摘発は全国初。
 県警などによると、亜酸化窒素は麻酔薬などに使われている。陶酔作用があるとされ、「笑気ガス」などの通称でも知られる。ラミス容疑者が危険ドラッグの代替品として認識していたかどうかは捜査中という。http://www.sankei.com/affairs/news/160125/afr1601250002-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ネットでの高値転売許しません、主催者が防止策(25日)読売

インターネット上で人気チケットが高値で転売されている現状を受け、主催者側が防止策を次々に打ち出している。
 転売目的の買い占めで入手が困難になるケースが続出しているためで、ネット上の「ダフ屋行為」への法規制強化を求める声もある。
 大阪市の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」は昨年11月、アトラクションの待ち時間を短縮できる「ユニバーサル・エクスプレス・パス」などの転売チケットを無効にする対策を始めた。
 運営会社によると、転売目的とみられる大量購入は、2014年7月に「ハリー・ポッター」のエリアがオープンしてから顕著になり、少なくとも年約10億円分が確認された。同パスは品薄になり、ネット上で、正規の7倍の5万円で取引されたケースもあったという。

2016年01月24日 16時54分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ

| コメント (0) | トラックバック (0)

約30台の車が動けなくなる 宮崎(25日)NHK

24日、宮崎市の山あいの国道で、路面が凍結しておよそ30台の車がスリップするなどして動けなくなり、乗っていた40人余りが警察や消防の車両で市の施設に移動しました。警察によりますと、けがをしたり体調を崩したりした人はいないということです。
24日午後5時半すぎ、宮崎市田野町の山あいを通る国道269号線で、スリップした車がほかの車に衝突して道を塞ぎ、後続の車も相次いでスリップして、およそ30台の車が動けなくなりました。
車には小学生など子ども8人を含む43人が乗っていたということで、25日午前1時ごろから警察と消防の車両で7キロほど離れた田野文化会館に移動しました。一部の人は、迎えにきた家族の車で帰宅しましたが、そのほかの人は文化会館で一夜を明かすことにしているということです。警察によりますと、けがをした人や体調を崩して病院に搬送された人はいないということです。
現場は宮崎市と都城市を結ぶ山あいの道路で、当時は路面が凍結していたということです。現場付近はおよそ15キロにわたって通行止めになっていて、警察が詳しい状況を調べています。

立往生の現場は

車が立往生した現場は、宮崎市と都城市の間の山あいを通る片側1車線の国道です。標高が300メートルほどあり、山越えのアップダウンの多い道だということです。現場近くに住む人によりますと、24日昼ごろから断続的に雪が降り、夕方には道路にうっすらと積もっていたということです。
気象台によりますと、都城市の24日午後4時の気温は氷点下0度9分でしたが、最初の事故が起きる直前の午後5時には氷点下2度5分、救出が始まった25日午前1時には氷点下3度7分まで下がっていました。

「6時間以上待機していた」

動けなくなった車に乗っていた人たちは、いずれも警察や消防に救助され、7キロほど離れた文化会館に別の車両で移動しました。
25歳の女性は「事故が起きたということで警察官に車を止めるように言われ、時折ふぶくなか、6時間以上車の中で待機していました。きょうは仕事ですが、車を現場に置いたままなのでこれからどうするか考えています」と話していました。また、男子大学生は「自分の周囲だけでも20台くらいの車が立往生していました。車の中で待っている間は情報がなく、いつまで待てばいいのか不安でした」と話していました。

News_pic1
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160125/k10010384231000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックが凍結した坂道登れず…車100台立ち往生(25日)テレビ朝日

愛媛県八幡浜市の国道では、積雪と路面凍結の影響で一時、車100台以上が立ち往生しました。
 24日午前11時ごろ、八幡浜市の国道378号で、1台の大型トラックが路面凍結した坂道を登れなくなり、渋滞が発生しました。午後4時ごろには最大で100台以上が立ち往生し、現在もノーマルタイヤの乗用車など約20台が立ち往生しています。県は夜が明けてから融雪剤をまいて、残された車両の立ち往生を解消する方針です。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000066875.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

除雪中に用水路に流され夫婦死亡 新潟 (25日)日経

 24日午後5時40分ごろ、新潟県阿賀野市折居で、近くに住む土木作業員、榎本良夫さん(63)が除雪中に用水路に流された。県警阿賀野署によると、榎本さんは約900メートル下流で妻の美佐子さん(59)とともに見つかり病院に搬送されたが、いずれも死亡が確認された。
 同署によると、用水路は幅約2メートル、深さ約10センチで、榎本さんは一人で除雪作業中だった。美佐子さんは榎本さんを背負うような状態で見つかったという。同署は美佐子さんが榎本さんを助けようとした可能性もあるとみて詳しい原因を調べる。
 榎本さんは用水路を横断するパイプに雪が積もり川をせき止めていたため、除雪していたという。除雪で水の流れが急に速くなり、足を取られたとみられる。〔共同〕http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24H5X_U6A120C1CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

自転車が側溝に転落、57歳の男性死亡(25日)TBS

群馬県邑楽町の道路脇の側溝で、近くに住む57歳の男性が自転車ごと転落しているのが見つかりました。男性はその後、死亡が確認されました。
 23日午後10時半ごろ、邑楽町で「男性が自転車ごと側溝に落ちている」と近くに住む男性から通報がありました。男性は頭を強く打っていて、意識不明の状態で倒れていて、病院で死亡が確認されました。
 警察によりますと、死亡したのは近くに住む会社員の飯田善二さん(57)ということです。
 現場の側溝は深さ1.6メートル、水かさはおよそ3センチで、当時、雪などは降っておらず、路面は乾燥していたということです。警察は転落したいきさつを調べています。(24日10:59)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2686854.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

廃棄カツ、ダイコー関連先を家宅捜索 岐阜の業者も検証(25日)朝日

廃棄食品横流し問題で愛知・岐阜両県警の合同捜査本部は24日、産業廃棄物処理業ダイコー(愛知県稲沢市)の関連先を家宅捜索し、ダイコーから横流しを受けたみのりフーズ(岐阜県羽島市)も検証した。

 愛知県警はこれまで、廃棄を請け負った冷凍カツを処分せず産廃管理票に処理完了と虚偽記載したとしてダイコーを廃棄物処理法違反の疑いで家宅捜索。みのりフーズも捜索していた。
 この日は稲沢市のダイコーの配送センターに捜査員約10人が入って段ボール箱約10箱を運び出した。合同捜査本部では食品衛生法違反も視野に流通ルートの解明を進めている。

Logo2
http://www.asahi.com/articles/ASJ1S4W3XJ1SOIPE010.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月24日 | トップページ | 2016年1月26日 »