« 餅のどに詰まり1人死亡、心肺停止も 計8人搬送 東京(1日)朝日 | トップページ | スナックで暴行か、経産省職員逮捕…容疑否認(1日)読売 »

2016年1月 1日 (金)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(1、2日単位・レベル)
個性の強い刑事を育てよ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011475 あれから14年-刑法犯認知件数は激減し、平成27年は新警察法制定以来、最も事件が少ない年だった。しかし課題がある。それは検挙率だ。
 昭和の時代は60%前後あったものの、平成に入って次第に減少。平成13年にはついに20%を割った。その後、徐々に回復はしているものの30%を超えた程度。なんと言っても東京・世田谷の一家4人殺し事件や八王子のスーパーナンペイ殺人事件など重要事件が解決していない。特に世田谷などは捜査報告書に虚偽があったことが後に判明するなど、刑事の質は落ちていまいか?
 近年、良く聞かれる言葉は「刑事がサラリーマンになってしまった」だ。昭和の時代は、捜査本部の指揮官の言うことばかりを聞いていないで、自分が思っていることを独自にでも捜査するという個性が強い刑事が多かった。それがいまは組織捜査と言って通用しないらしい。上司の命令を重視することになる。
 組織捜査も良いが、「指揮官ひとりに指示させると方向性が固定され、聞き込みもそれに合わせようとする刑事がいる」と、昭和の時代の「1課デカ」は嫌った。
 いずれにせよ昭和の時代と事件の内容が違う。特に、広域化、組織化した犯罪集団に対処するためには通信傍受の範囲の拡大。司法取引、組織犯罪による犯行を未然に防ぐ共謀罪など捜査ツールの拡大は大事だが、同時に個性ある刑事の育成だろう。平成16年からの大量退職で21年まで半数の10万人がベテランから新人に入れ替わっている。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 餅のどに詰まり1人死亡、心肺停止も 計8人搬送 東京(1日)朝日 | トップページ | スナックで暴行か、経産省職員逮捕…容疑否認(1日)読売 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/62983959

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 餅のどに詰まり1人死亡、心肺停止も 計8人搬送 東京(1日)朝日 | トップページ | スナックで暴行か、経産省職員逮捕…容疑否認(1日)読売 »