« 「競馬の予想教える」詐欺容疑で会社社長逮捕(14日)NHK | トップページ | 皇太子ご一家の護衛 電車内で男性の尻に“痴漢”(14日)テレビ朝日 »

2016年1月14日 (木)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(14、15日単位・レベル)
ロボットが犯罪者になる日
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011488 11日付の産経新聞都内版に「ロボットが隣人に」と題する緒方優子記者の囲み記事が載っていた。
 スーパーに買い物に行った際に「こんにちは」と聞き慣れない言葉で迎えられたという。そしてそのロボットは「また来て下さいね」とも…
 長崎ハウステンボスにあるホテルの接客ロボットが話題を呼んだことがある。写真で見ると人肌といい目といい首にスカーフを巻いた姿はまるで本物の女性かと思わせるほどリアルなのだ。
 こうした人間とのコミュニケーションを主眼に置いたロボットをソーシャルロボットと言うそうだ。しかもその開発は無限だと言うから限りなく人間に近づくのだろう。現実に産業ロボットによる事件も起きている。ロボットが犯人の場合に罪が問えるのかなど一部では議論が始まっている。
 仮にロボットが犯罪に悪用されたらどうする。工場などで働く産業用ロボットや建築現場で働く搬送用ロボットなど明らかにそれとわかるロボットならいざしらず、弾力性やつやまで含めて人間と変わらない肌。会話も可能なロボットが爆弾を所持し、スーツを着て堂々と犯行に及ぶ-なんていうことを想像しただけでゾッとする。
 米国バージニア州で、立てこもった犯人の逮捕はロボットだった-鉄人28号や鉄腕アトムの空想漫画の世界が現実味をおびるのも時間の問題だ。
 犯罪ツールとなるロボットを作らないようなにがしかの歯止めが必要だろう。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】
Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 「競馬の予想教える」詐欺容疑で会社社長逮捕(14日)NHK | トップページ | 皇太子ご一家の護衛 電車内で男性の尻に“痴漢”(14日)テレビ朝日 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63068230

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 「競馬の予想教える」詐欺容疑で会社社長逮捕(14日)NHK | トップページ | 皇太子ご一家の護衛 電車内で男性の尻に“痴漢”(14日)テレビ朝日 »