« 2015年12月31日 | トップページ | 2016年1月2日 »

2016年1月1日

2016年1月 1日 (金)

酔っぱらって初詣前に川に飛び込む? 長崎市で20歳男性会社員が水死(1日)産経

1日午前4時35分ごろ、長崎市築町の中島川で「男性が溺れている」と通行人から110番があった。長崎県警長崎署員らが深さ約2メートルの水中に浮いていた同市京泊の会社員、中村悠大さん(20)を引き上げて病院に搬送したが、同日午前6時すぎに死亡が確認された。水死とみられる。
 長崎署によると、中村さんは友人の男女4人と初詣に行く途中だったとみられ、酒に酔った状態で橋から5・5メートル下の川に自ら飛び込んだらしい。中村さんを助けようと飛び込んだ友人男性1人は、自力で川岸まで泳ぎ無事だった。
 現場は商店が集まり、出島跡や中華街などの観光名所に近い繁華街。http://www.sankei.com/west/news/160101/wst1601010027-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

空き家から男性の骨 切断されたような痕 兵庫(1日)NHK

先月、兵庫県神河町の空き家で、袋に入れられた男性の骨が見つかり、一部に刃物で切断されたような痕があったことが、捜査関係者への取材で分かりました。警察が身元の確認を進めるとともに、死体遺棄事件として捜査しています。
先月25日、兵庫県神河町の住宅街で、空き家の庭に置かれていた2つの袋に人の骨が入っているのを、この家の所有者の家族が見つけ、警察に通報しました。
警察が調べたところ、見つかったのは50代から70代とみられる男性の頭蓋骨や手足の骨で、詳しく鑑定した結果、足の骨の一部などに刃物で切断されたような痕があったことが、捜査関係者への取材で分かりました。
死因や死亡した時期は特定できなかったということです。
この家の所有者の男性は10年ほど前から行方が分からなくなっているということで、警察が遺体の身元の確認を進めるとともに、死体遺棄事件として捜査しています。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160101/k10010358581000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「初日の出暴走」取り締まり、首都高などで13人摘発(1日)TBS

大晦日の夜から元日の朝にかけて、富士山などを目指す「初日の出暴走」を警戒し、警視庁が取り締まりを行いました。
 取り締まりは大晦日の夜から東京の首都高速道路などで行われ、元日の朝までに車のマフラーを不正に改造する整備不良などで13人が摘発されました。
 都内での「初日の出暴走」は年々少なくなっていますが、暴走族のOBらで構成される「旧車會」のメンバーが「LINE」などで呼びかけ合って集まり暴走行為をするケースが増えているということで、警視庁は2日まで警戒にあたる方針です。(01日15:54)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2670615.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉の北総鉄道の線路上に鉄パイプ、電車と接触(1日)TBS

 1日、千葉県松戸市の北総鉄道の線路上に鉄パイプが落ちているのが見つかり、電車と接触しましたがけが人はいませんでした。
 1日午前5時半ごろ、松戸市・大橋の北総鉄道・北総線下り北国分駅近くで、線路上に鉄パイプ1本が落ちているのを走ってきた普通列車の運転士が見つけました。
 電車は急停止したものの鉄パイプと接触、車両が若干損傷しましたが乗客およそ10人にけがはなく、ダイヤに大きな乱れもありませんでした。鉄パイプは直径およそ5センチ、長さは2.1メートルほどで、警察は何者かが投げ込んだ可能性があるとみて捜査しています。
 現場近くでは、去年春ごろにも投げ込まれたとみられるブロックのようなものが線路内で見つかったということで、警察は関連についても調べることにしています。(01日17:40)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2670617.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

スナックで暴行か、経産省職員逮捕…容疑否認(1日)読売

 岡山県警岡山中央署は1日、自称東京都新宿区大京町、経済産業省職員の男(31)を暴行容疑で現行犯逮捕した。
 男は「やっていない」と容疑を否認しているという。
 発表によると、男は1日午前0時15分頃、岡山市北区平和町のスナックで、他の客に絡んだことを同店の女性経営者(41)に注意されて立腹。女性経営者の顔を殴り、男性客2人に対して髪をつかむなどした疑い。
 男は一人で来店し、当時は酒に酔っていたという。

2016年01月01日 14時09分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(1、2日単位・レベル)
個性の強い刑事を育てよ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011475 あれから14年-刑法犯認知件数は激減し、平成27年は新警察法制定以来、最も事件が少ない年だった。しかし課題がある。それは検挙率だ。
 昭和の時代は60%前後あったものの、平成に入って次第に減少。平成13年にはついに20%を割った。その後、徐々に回復はしているものの30%を超えた程度。なんと言っても東京・世田谷の一家4人殺し事件や八王子のスーパーナンペイ殺人事件など重要事件が解決していない。特に世田谷などは捜査報告書に虚偽があったことが後に判明するなど、刑事の質は落ちていまいか?
 近年、良く聞かれる言葉は「刑事がサラリーマンになってしまった」だ。昭和の時代は、捜査本部の指揮官の言うことばかりを聞いていないで、自分が思っていることを独自にでも捜査するという個性が強い刑事が多かった。それがいまは組織捜査と言って通用しないらしい。上司の命令を重視することになる。
 組織捜査も良いが、「指揮官ひとりに指示させると方向性が固定され、聞き込みもそれに合わせようとする刑事がいる」と、昭和の時代の「1課デカ」は嫌った。
 いずれにせよ昭和の時代と事件の内容が違う。特に、広域化、組織化した犯罪集団に対処するためには通信傍受の範囲の拡大。司法取引、組織犯罪による犯行を未然に防ぐ共謀罪など捜査ツールの拡大は大事だが、同時に個性ある刑事の育成だろう。平成16年からの大量退職で21年まで半数の10万人がベテランから新人に入れ替わっている。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

餅のどに詰まり1人死亡、心肺停止も 計8人搬送 東京(1日)朝日

 東京都内で1日午後3時までに、餅をのどに詰まらせて75~92歳の男女計8人が救急搬送され、うち1人が死亡した、と東京消防庁が発表した。
 発表によると、死亡したのは杉並区の80代女性。1日午前10時過ぎ、自宅で雑煮を食べていて、餅をのどに詰まらせて窒息したという。ほかに、心肺が停止するなど3人が重篤な状態になった。
 東京消防庁は、餅を食べるときは、小さく切ることやゆっくりかんで食べるよう呼び掛けている。

Logo2_2http://www.asahi.com/articles/ASJ115KGDJ11UTIL00K.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「津波観測」を誤って配信 慌てて避難 和歌山(1日)テレビ朝日

和歌山県で、津波の緊急速報が誤って2度携帯電話に配信されました。実際は津波は観測しておらず、県の速報システムが誤作動したとみられます。
 1日午後2時すぎ、「和歌山県沖で大きな津波を観測した」とする緊急速報が携帯電話に配信されました。速報はその1時間後にも配信されましたが、津波は観測されておらず、県は速報が誤りだったと発表しました。
 和歌山県危機管理局・高瀬彰彦課長:「何らかの機械の誤作動があったか確認しています。避難された方にはご迷惑を掛けたと思っています。申し訳ございませんでした」
 避難した人:「釣りをしてたら携帯電話の警報が鳴って、急いで逃げろってことで」「びっくりしました、元日早々に」
 和歌山県は、独自に運用する緊急速報のシステムが誤作動したものとみて調べています。

2009_1229_211958annlogo1_3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000065423.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【靖国爆発】事件不審物に爆発能力か 警視庁の再現実験でベニヤ板を打ち抜く(1日)産経

靖国神社(東京都千代田区)で昨年11月、爆発音がした事件で、韓国人の全(チョン)昶(チャン)漢(ハン)被告(27)=建造物侵入罪で起訴=が神社内に設置した疑いがある不審物は、人を殺傷したり、建物を破壊したりする威力がある爆発物だった可能性があることが31日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁公安部は不審物の構造や能力についてさらに詳しく鑑定し調べる。

 捜査関係者によると、現場の遺留品や全容疑者の供述などをもとに、金属パイプに火薬を詰めて再現実験を重ねた結果、ベニヤ板を打ち抜くなど、殺傷能力がある爆発物だった可能性もあることが判明した。公安部は爆発物取締罰則違反容疑の適用も視野に調べを進めるが、今後の鑑定で爆発物に該当しなかった場合、火薬類取締法違反での立件を検討する。

| コメント (0) | トラックバック (0)

【渋谷カウントダウン】機動隊員の顔殴る 若者ら5人逮捕、公務執行妨害の疑い(1日)産経

大みそかの夜から1日未明にかけ、東京都渋谷区のJR渋谷駅周辺には、年越しのカウントダウンで多くの若者や外国人らが集まり、大声で騒ぐなど一時騒然となった。警視庁渋谷署は公務執行妨害の疑いで、10代の少年2人と、20代の男3人を現行犯逮捕した。
 5人の逮捕容疑は、1日午前0時前後に、渋谷区宇田川町のセンター街で、男性機動隊員の顔を殴ったり、警備車両の上に乗ったりしたとしている。
 渋谷駅周辺では、例年、数千人の若者らが交差点周辺で騒ぎ、平成13年の元日未明には地下鉄出入り口の屋根に上った若者が転落死する事故も起きた。
 このため警視庁は、27年12月31日午後10時ごろから駅前のスクランブル交差点周辺を立ち入り制限し千人態勢で警戒。スクランブル交差点での混乱はなかったが、近くのセンター街の一部に人が集中し、爆竹を鳴らすなどした。http://www.sankei.com/affairs/news/160101/afr1601010009-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

元旦のコンビニに強盗=70万円奪い、すぐ逮捕-横浜(1日)時事

1日午前5時すぎ、横浜市中区長者町のコンビニ「ローソン横浜伊勢佐木町ワシントンホテル店」に男が押し入り、レジの男性店員(21)に拳銃のようなものを突き付けて「金を出せ」と脅した。男は店の売上金など現金約70万円を奪って徒歩で逃げたが、この店員が約200メートル先の路上で取り押さえ、神奈川県警伊勢佐木署員が強盗容疑で現行犯逮捕した。
 同署によると、男は同市南区真金町の自称会社員鈴木悠人容疑者(25)で、「金が欲しかった」と容疑を認めているという。所持していたのはモデルガンとみられ、店内にいた店員2人と客1人にけがはなかった。(2016/01/01-11:10)

2016

| コメント (0) | トラックバック (0)

踏切で列車と衝突 車の男性死亡 茨城(1日)NHK

1日朝、茨城県ひたちなか市を走る、ひたちなか海浜鉄道の踏切で、列車と軽乗用車が衝突し、車を運転していた男性が死亡しました。
1日午前8時前、ひたちなか市殿山町にある、ひたちなか海浜鉄道湊線の踏切で、列車と軽乗用車が衝突しました。
警察や消防によりますと、この事故で、軽乗用車を運転していた男性が意識不明の状態で水戸市内の病院に運ばれましたが、およそ2時間半後に死亡しました。
ひたちなか海浜鉄道によりますと、列車は2両編成の普通列車で、乗客と乗員合わせて8人が乗っていましたが、けが人はいませんでした。
また、列車の運転士は「車の前の部分が踏切内にはみ出していたため、警笛を鳴らしたが、車が入ってきた」と話しているということです。
ひたちなか海浜鉄道によりますと、現場は線路と市道が交差する、警報機と遮断機がある踏切で、当時、遮断機は下がっていたということです。
警察では、列車の運転士から話を聞くなどして、事故の詳しい状況を調べています。
この事故の影響で、ひたちなか海浜鉄道湊線は一部の区間の上下線でおよそ2時間半にわたって運転を見合わせました。

News_pic1_3
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160101/k10010358351000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

不審車両を押収 愛知・半田市の2人殺人放火(1日)テレビ朝日

愛知県半田市で女性2人の遺体が見つかった殺人放火事件で、事件直後、現場付近で不審な車が止まっているのが見つかり、警察が押収して調べています。
 先月30日、半田市の県営住宅の一室が全焼する火事がありました。焼け跡からは、住人のブラジル人、アマリリア・マルヤマ・キンベルリ・アケミさん(27)と30歳前後とみられる女性の合わせて2人が首を絞められて殺害されているのが見つかりました。近所の住民によりますと、事件直後に不審な軽乗用車が止まっていたということで、警察はこの車を押収して関連を調べています。一方、警察への取材で、アマリリアさんの知人のブラジル人の男が事件当日の夜に名古屋市内で無免許運転をしたとして逮捕されたことも分かり、警察は経緯を調べています。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000065413.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

乗用車同士が正面衝突、20代の4人死傷 東京・稲城(1日)朝日

 1日午前1時15分ごろ、東京都稲城市の都道(川崎街道)で乗用車同士が正面衝突し、4人が死傷する事故があった。
 多摩中央署によると、対向車線にはみ出した乗用車の運転席にいた神奈川県川崎市多摩区枡形6丁目、大学2年生清田航生さん(20)と、助手席の同市多摩区中野島5丁目、短大3年生片山彩さん(21)が死亡。もう一方の乗用車の運転席にいた東京都調布市染地2丁目、アルバイト鈴木雄貴さん(20)は意識不明の重体で、助手席のアルバイト女性(28)も胸を打つ軽傷を負った。
 同署によると、西に向かっていた清田さんの乗用車が中央分離帯を乗り越えたという。現場は片側2車線で、緩やかなカーブに入る手前。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASJ113PMCJ11UEHF002.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【皇室】天皇陛下のご感想全文(1日)産経

 昨年は戦後七十年という年に当たり、多くの人々が先の戦争に思いを致した一年でした。新年を迎え、改めて国と人々の平安を祈念します。
 東日本大震災から間もなく五年を迎えようとしています。未(いま)だそれまで住んでいた地域に戻れずにいる人々や、仮設住宅で苦労の多い生活を送っている人々があることが案じられ、こうした人々が寒さの厳しい冬を健康に十分気を付けて過ごされるよう、そして、被災地域の復興が少しでもはかどるよう、願っています。
 私どもの住む日本は誠に美しい自然に恵まれる一方、自然災害を受けやすい環境にあり、今年も日本人一人ひとりが防災の心を培うとともに、お互いが気を付け合って、身を守る努力を続けられることを心より希望しています。
 本年が日本と世界の人々にとって幸せな年になることを祈ります。

http://www.sankei.com/life/news/160101/lif1601010024-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁が渋谷駅前を「封鎖」 駅周辺は閑散となり、群衆はセンター街に(1日)産経

 東京・渋谷駅前では、年越しのカウントダウンなどによる混雑が予想され、警視庁が駅前のスクランブル交差点周辺を規制。通行人の姿が消える珍しい光景が現れた。このため、センター街などに群衆が集まり騒ぎが起きている。
 警視庁は大晦日の夜から、ハロウィーンで混雑したスクランブル交差点の斜め横断を禁止。雑踏の状況を確認しつつ、元日未明までスクランブル交差点周辺の立ち入りを規制する。http://www.sankei.com/affairs/news/160101/afr1601010006-n1.html

続きを読む "警視庁が渋谷駅前を「封鎖」 駅周辺は閑散となり、群衆はセンター街に(1日)産経"

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視総監が今年の抱負「首都の警戒は万全期す」 (1日)TBS

News2670388_11新年を迎え、首都の治安を守る警視庁のトップが、テロ対策の強化など今年の抱負を述べました。
 「ひと言で言うと私は『笑顔』というのが今年の抱負です。都民の皆さんの笑顔を絶やさないように、事件事故を1件でも減らそうという思いで『笑顔』ということです」(警視庁 高橋清孝警視総監)
 警視庁の高橋清孝警視総監は、今年の抱負についてこのように述べ、5月に三重県で開催される伊勢志摩サミットに関連して、都内でのテロ対策を強化したいと語りました。
 「世界中が注目するサミットのときにテロをやることはテロリストにとって効果的なタイミングだと思いますので、サミット開催時の首都東京の警戒は万全を期さなければならないと思っています」(警視庁 高橋清孝警視総監)
 また、振り込め詐欺やインターネットを使った犯罪についても、取締りを強化したいと意欲を見せました。(01日05:10)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2670388.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

震災復興ずさん設計横行 図面流用、安全に欠陥(1日)共同

東日本大震災の復興事業で、異なる工事への同じ図面の流用や安全面での欠陥など、不適切な設計が横行していることが31日、分かった。設計会社などがずさんな設計をしても、発注主体の被災自治体が人手不足でチェックをできず、県、国も見抜けなかった。ことしは震災から5年、巨額の国家予算を投じた復興事業で、作業員の安全が脅かされ、追加工事で無駄な費用もかかる実態が浮かび上がった。
 問題があったのは震災の津波被害を受けた宮城県南三陸町の漁港復旧工事や、仙台市の河川工事、同県沿岸自治体の土木工事。関係者は「氷山の一角で、ほかにもずさんな設計は多くあった」と明かした。

2010_0123_11120247newslogo1_2http://this.kiji.is/55339687838957572?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪府警 「検視の専門課」を初設置へ(1日)NHK

関西で起きた連続不審死事件などを受けて、大阪府警は、犯罪による死亡を見逃さないために、新年度から、都道府県の警察本部では初めて、遺体の検視を専門に担当する課を新たに設けることになりました。
京都や大阪で、夫や内縁関係にあった男性4人を青酸化合物で相次いで殺害したなどとして、69歳の女がおととしから去年にかけて起訴された事件では、警察などが、当初、3人について薬物が使われたことを見落とし、「病死」などと判断して捜査が遅れる結果になりました。
こうしたことを受けて、大阪府警は、新年度・平成28年度から遺体の検視を専門に担当する課を新たに設けることになりました。
新しい課の名称は「検視対策課」などが検討されているということで、遺体が見つかった場合、警察官が現場に出向いて薬物などが使われていないか詳しく調べ、ほかの捜査部門とも連携して、事件性があるかどうか判断します。
新しい課には、およそ50人が配属される予定で、これまでより現場で検視をする回数が増えるということです。さらに医学的な専門知識を持った警察官の育成にも力を入れ、犯罪による死亡を見逃さない態勢を整えたいとしています。
警察によりますと、都道府県の警察本部で、遺体の検視を専門に担当する課が設けられるのは全国で初めてだということです。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160101/k10010358081000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警官が災害訓練 専用施設が完成 堺に全国初(1日)共同

兵庫県など近畿6府県の警察官が地震や大雨、土砂崩れなど多様な災害訓練を受ける全国初の施設が堺市北区に完成した。設置した警察庁は21種の訓練設備を用意。阪神・淡路大震災でも多発した家屋倒壊を再現し、救助訓練ができる独自開発の施設もある。来年1月から使用される。(小林良多)
 全国の都道府県警は阪神・淡路大震災を機に、災害時に広域で活動する専門部隊を設置、増員してきた。一方、日常的な訓練施設を持つ場合は少なく、取り壊す前の建物を使うなどしてきた。
 このため、同庁自前の本格的な災害訓練施設を全国に2カ所設けることを決め、西日本の拠点として堺市内にある近畿管区警察学校内へ先行設置した。面積は4800平方メートル、事業費は2億2千万円。
 施設は三つのエリアに分けられ、土木や建築の専門家と協議して設計した。「がれき災害エリア」に設けられた倒壊家屋の訓練施設は鉄製の枠を重ねた構造で、一つの高さは約1メートル。人が腹ばいでようやく進める広さに設定している。訓練に応じて、積み木のように入れ替えることができる。
 ゲリラ豪雨などを想定した「水害エリア」では車が水没した状況を再現できる深さ約2メートルのプールを設置。「土砂災害エリア」には家屋に流れ込んだ土砂を取り除く訓練施設があり、土質による作業効率の違いも体験できる。
 近畿管区警察局の道家利幸災害対策官は「訓練は専門部隊だけでなく、警察官が定期的に受ける研修の中にも組み込まれる予定で、阪神・淡路の教訓を広める意味でも役割は大きい」としている。

2010_0123_11120247newslogo1
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201512/0008687160.shtml

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪の中国道で追突され家族旅行の岩国・小1が死亡(1日)毎日

31日午前0時半ごろ、大阪府吹田市千里万博公園の中国道上り線の中国吹田ジャンクションで、レジャー用多目的車(RV)にワンボックスカーが追突した。RVに乗っていた小学1年の中田万智(かずとし)君(7)=山口県岩国市=が死亡、他に双方の男女8人(3〜44歳)が重軽傷を負った。
 府警高速隊によると、現場は近畿道と名神高速の分岐点。中田君は家族と岩国市内から長野県の斑尾高原に向かう途中だった。【服部陽】

Logo_mainichi_s1
http://mainichi.jp/articles/20160101/k00/00m/040/068000c

| コメント (0) | トラックバック (0)

焼け跡2遺体、殺人と断定=住民のブラジル人女性ら-首絞めた痕・愛知県警(1日)時事

愛知県半田市一本木町の県営住宅で2人が遺体で見つかった火災で、県警は31日、住民ら女性2人が殺害された殺人放火事件と断定した。解剖の結果、いずれも首を強く絞められた痕があり、火災が起きた30日に死亡したとみられる。室内にはガソリン用携行缶が残されており、県警は何者かが殺害後に火を付けたとみて捜査している。
 県警捜査1課などによると、被害者の1人はこの部屋に住むブラジル国籍のレジャー施設アルバイト従業員、アマリリア・マルヤマ・キンベルリ・アケミさん(27)。別の女性は20~30代とみられ、身元の確認を進めている。
 アケミさんは和室のベッドであおむけに、もう1人は洋室の床でうつぶせに倒れていた。遺体の周りはそれぞれ激しく燃えていた。
 台所の流し台には、容量5リットルの携行缶がほぼ空の状態で置かれていた。玄関は施錠されていなかった。
 アケミさんは子ども2人と暮らしていた。子ども2人は30日夜、県内で保護された。(2015/12/31-22:22)

2015/12/31-22:22

| コメント (0) | トラックバック (0)

DJポリスも…渋谷駅前「年越しカウントダウン」警戒(1日)テレビ朝日

000065390_6402東京の渋谷駅前では、年越しのカウントダウンの混乱に備えて、警視庁が警戒にあたります。
 現在の渋谷駅前スクランブル交差点の様子です。警視庁は、31日午後10時ごろからこの交差点での斜め横断を禁止します。また、JR渋谷駅のハチ公口や地下鉄の一部の出入り口を閉鎖します。安全な通行を呼び掛ける「DJポリス」も含め、数百人の警察官を配置して、ハロウィーンの警備を上回る最大規模の態勢で警戒にあたります。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000065390.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月31日 | トップページ | 2016年1月2日 »