« 87歳女性刺され死亡=無理心中か、長男意識不明-宮城県警(5日)時事 | トップページ | 【北朝鮮拉致】「横田めぐみさんは君が代を歌っていた」 金賢姫元工作員が明かした衝撃の新事実 母・早紀江さんの眼に涙があふれ…(5日)産経 »

2015年12月 5日 (土)

アジア諸国でクリスマスに「イスラム国」テロの懸念 シンガポールの専門家 各国の支持者に遂行を命令(5日)産経

欧州や北アフリカで相次ぐイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」のテロ。テロ問題研究の権威で「政治的暴力・テロリズム研究国際センター」(ICPVTR、シンガポール)のロハン・グナラトナ所長が産経新聞の取材に応じ、アジアの戦闘員が中東から母国に帰還して活動を活発化する恐れがあるとし、アジアでのテロ発生に懸念を示した。宣伝効果が高いクリスマスの期間を狙ったテロ計画の危険性も指摘した。(シンガポール 吉村英輝)
 グナラトナ所長は、イスラム国が先週、世界の支持者にイラクやシリアでの戦闘支援から方針を転換するよう伝達し、自らの国で、クリスマス期間中に攻撃や暴力行為を遂行するよう命令したとの情報があると語った。
 アジアでは、イスラム国の無差別テロ拡散を示唆する動きが続いている。
 タイ・バンコク中心部で8月、約160人が死傷した爆弾テロでは、中国新疆ウイグル自治区出身の男らが起訴された。所長は、800人以上のウイグル族がトルコの偽造旅券などを使い、タイなどを経由地としてイラクやシリアに渡って戦闘に参加しているとし、イスラム国の「北東アジアルート」の存在を指摘。爆弾の製造技術はシリアの戦闘で開発されたと説明した上で、戦闘員の一部は中国に戻り始めており、「中国で大規模テロが発生する危険がある」と話した。

« 87歳女性刺され死亡=無理心中か、長男意識不明-宮城県警(5日)時事 | トップページ | 【北朝鮮拉致】「横田めぐみさんは君が代を歌っていた」 金賢姫元工作員が明かした衝撃の新事実 母・早紀江さんの眼に涙があふれ…(5日)産経 »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/62809574

この記事へのトラックバック一覧です: アジア諸国でクリスマスに「イスラム国」テロの懸念 シンガポールの専門家 各国の支持者に遂行を命令(5日)産経:

« 87歳女性刺され死亡=無理心中か、長男意識不明-宮城県警(5日)時事 | トップページ | 【北朝鮮拉致】「横田めぐみさんは君が代を歌っていた」 金賢姫元工作員が明かした衝撃の新事実 母・早紀江さんの眼に涙があふれ…(5日)産経 »