« 「初日の出暴走」対策訓練、白バイ隊員ら130人参加 (21日)TBS | トップページ | 薬物密売で5億円を売り上げか(21日)NHK »

2015年12月21日 (月)

組員名義口座5年見過ごし 三重県警捜査中に解約 ゆうちょ銀行(21日)産経

指定暴力団山口組系組員が本人名義で開設した貯金口座を、ゆうちょ銀行が暴力団排除条項を導入後、5年以上気付かずに見過ごしていたことが21日、捜査関係者などへの取材で分かった。口座は三重県警が犯罪収益移転防止法違反容疑で捜査中の平成27年6月ごろ、解約された。
 民事介入暴力対策に詳しい弁護士は「犯罪に使われる可能性がある口座を見逃していたとすれば、チェック態勢に問題がある可能性がある」と指摘している。
 15年にみずほ銀行の暴力団融資問題が発覚して以降、金融庁は金融機関の反社会的勢力への対応について監督指針を厳格化し、関係遮断を求めている。既存の口座についても事後検証を求めており、態勢に甘さがあれば業務改善命令を出す場合がある。
 ゆうちょ銀行広報部は共同通信の取材に「個人情報のため、個別の口座については答えられない」とコメントした。
 捜査関係者によると、この組員は本人名義の貯金口座を19年1月に愛知県小牧市内で開設した。預け入れや引き出しが約10回あり、1回につき数万~100万円の出し入れがあった。

« 「初日の出暴走」対策訓練、白バイ隊員ら130人参加 (21日)TBS | トップページ | 薬物密売で5億円を売り上げか(21日)NHK »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/62913248

この記事へのトラックバック一覧です: 組員名義口座5年見過ごし 三重県警捜査中に解約 ゆうちょ銀行(21日)産経:

« 「初日の出暴走」対策訓練、白バイ隊員ら130人参加 (21日)TBS | トップページ | 薬物密売で5億円を売り上げか(21日)NHK »