« 「トイレ確認しに来た」=韓国人男、再入国の理由供述-靖国神社爆発音・警視庁(9日)時事 | トップページ | 市民運動の経歴、確認できず 靖国に侵入容疑で逮捕の男(9日)朝日 »

2015年12月 9日 (水)

「オーバーステイです」…外国人男女37人摘発(9日)読売

茨城県警は8日、東京入国管理局と合同で鹿嶋、鉾田、行方の3市でアパートなど計9か所を約90人態勢で捜索し、ベトナムやタイなど4か国の18~49歳の男女計37人(男30人、女7人)を入管難民法違反(不法残留、資格外活動)容疑で摘発した。
 うちタイ国籍で鹿嶋市和、農業手伝いプークロンチッ・アピポップ(37)、ベトナム国籍で行方市手賀、食品加工手伝いブ・テイ・ニュン(22)の両容疑者を同法違反(不法残留)容疑で現行犯逮捕した。
 発表によると、37人中35人は国内での滞在期限が切れた後も9日~22年3か月にわたって不法残留。残る2人は技能実習生として来日後に失踪し、働く資格がないのに鉾田市で農業に従事していたとみられる。
 8日午前6時半頃、鹿嶋市和のアパートに捜査員が集結。タイ人のパスポートを確認すると、通訳を介して「あなたはオーバーステイです」などと告げた。タイ人は布団が敷きっぱなしの部屋に戻り、スーツケースなどに荷物を詰め、用意されたバスに乗り込んだ。
 大家の女性によると、タイ人は3万5000円の家賃を毎月納めており、契約は日本人配偶者がいるタイ人が行っていたという。
 県警外事課によると、10月末現在、不法残留の疑いで摘発した外国人は252人で、既に昨年1年間と同数に上る。岩城新治郎警備部長は「不法滞在と知りながら雇用する悪質な事業主が後を絶たない。今後も重点的かつ波状的に一斉摘発を推進する」としている。

2015年12月09日 15時33分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

« 「トイレ確認しに来た」=韓国人男、再入国の理由供述-靖国神社爆発音・警視庁(9日)時事 | トップページ | 市民運動の経歴、確認できず 靖国に侵入容疑で逮捕の男(9日)朝日 »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/62838746

この記事へのトラックバック一覧です: 「オーバーステイです」…外国人男女37人摘発(9日)読売:

« 「トイレ確認しに来た」=韓国人男、再入国の理由供述-靖国神社爆発音・警視庁(9日)時事 | トップページ | 市民運動の経歴、確認できず 靖国に侵入容疑で逮捕の男(9日)朝日 »