« 韓国籍の男、リュックに黒色火薬 再入国時に(22日)毎日 | トップページ | 千葉・市川市で郵便局強盗、男が100万円奪い逃走 (22日)TBS »

2015年12月22日 (火)

SATが合同訓練を初公開 テロに備え“武装集団”を制圧(22日)産経

来年5月に主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の開催が迫る中、警視庁と神奈川県警の「特殊急襲部隊」(SAT)が22日、重武装したテロリストへの対応などを想定した合同訓練を初めて公開した。パリで同日多発テロが発生するなど、治安への懸念が高まる中、実弾も使用した実戦的訓練を行った。
 訓練では、テロリストが待ち構える想定の場所に、短機関銃などを装備した6人1組の部隊が突入。強烈な光や音を放つ閃光(せんこう)弾を投げ入れて制圧しつつ、標的を正確に射撃した。
 また、約100メートル先の犯人に見立てた標的を狙撃する技術や、近接した標的を素早く撃つ基本的な射撃術も公開された。
 訓練を視察した河野太郎国家公安委員長は「テロが起きた場合、SATが制圧する。訓練、装備ともに、しっかりと準備してくれていると思う」と話した。
 SATは、昭和52年に日本赤軍が日航機をハイジャックした「ダッカ事件」などを契機に創設。警視庁など8都道府県の警察に計300人程度の要員が配置され、テロリストに対抗できる火器を装備し、乗っ取りや立てこもりなど重大なテロ事件に対応する。http://www.sankei.com/affairs/news/151222/afr1512220031-n1.html

« 韓国籍の男、リュックに黒色火薬 再入国時に(22日)毎日 | トップページ | 千葉・市川市で郵便局強盗、男が100万円奪い逃走 (22日)TBS »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/62919346

この記事へのトラックバック一覧です: SATが合同訓練を初公開 テロに備え“武装集団”を制圧(22日)産経:

« 韓国籍の男、リュックに黒色火薬 再入国時に(22日)毎日 | トップページ | 千葉・市川市で郵便局強盗、男が100万円奪い逃走 (22日)TBS »