« 後絶たぬ夜間放置自転車、初の撤去…福岡市(2日)読売 | トップページ | 地面師グループ10人逮捕、2億5千万円詐取などの容疑 (2日)TBS »

2015年12月 2日 (水)

山手線新型トラブル、新システム原因か 運転は当面中止(2日)朝日

 JR山手線の新型車両「E235系」(11両編成)で営業運転初日の11月30日にトラブルが相次いだ問題で、JR東日本は1日、走行状態に応じてブレーキを制御する新システムの不具合が原因とみられることを明らかにした。新型車両の運転は当面中止する。

 新型車両は、30日は外回り線を7周する予定だったが、目黒駅で約55センチ行き過ぎて停車し、大崎駅では車両のドアとホームドアが開かなくなる不具合が発生。午後10時50分過ぎ、大塚駅で本来の位置より約1・5メートル手前で停止し、運転を打ち切った。
 JR東によると、E235系は、空気バネや台車についたセンサーで車両ごとの重量や車輪の回転状態を把握してアクセルやブレーキを調整する列車情報管理装置の最新型「インテロス」を初めて導入。このインテロスの不具合で、適切なブレーキ力などを指示できなかった可能性が高い。
 目黒駅では乗客約1600人の重さに応じたブレーキ力を指示できず、大崎駅では停止中の車両にブレーキがかかっていないと誤認、大塚駅ではインテロスの動作が不安定となってブレーキ力が弱まり、運転士が予備ブレーキを引いて止まったという。
 同社運輸車両部は「非常ブレーキはインテロスとは別系統で安全に影響があったわけではない。詳細な原因究明後に改めて試験走行をしたうえで、運転再開する」としている。新型車両は当面、量産先行車の1編成だけが走り、最大19周の営業運転を続ける予定だった。(細沢礼輝)

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASHD16DZRHD1UTIL058.html

« 後絶たぬ夜間放置自転車、初の撤去…福岡市(2日)読売 | トップページ | 地面師グループ10人逮捕、2億5千万円詐取などの容疑 (2日)TBS »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/62791561

この記事へのトラックバック一覧です: 山手線新型トラブル、新システム原因か 運転は当面中止(2日)朝日:

« 後絶たぬ夜間放置自転車、初の撤去…福岡市(2日)読売 | トップページ | 地面師グループ10人逮捕、2億5千万円詐取などの容疑 (2日)TBS »