« 「切られた」と虚偽通報=業務妨害容疑で巡査長書類送検-石川県警(21日)時事 | トップページ | 幼児にたばこ…母親を書類送検 警視庁(21日)毎日 »

2015年12月21日 (月)

大量の覚醒剤入り石材を密輸、懲役25年の判決(21日)読売

石材の内部に大量の覚醒剤を隠し、メキシコから密輸したなどとして、覚醒剤取締法違反と関税法違反に問われた同国籍のオルティス・ロペス・ダニエル被告(41)の裁判員裁判で、横浜地裁(近藤宏子裁判長)は21日、懲役25年、罰金1000万円(求刑・懲役30年、罰金1500万円)の判決を言い渡した。
 近藤裁判長は「覚醒剤の害悪が社会に拡散された場合の危険性は計り知れない」と述べた。
 判決によると、オルティス被告は薬物密輸組織と共謀して2014年1~2月、石材の内部に空洞を設け、そこに覚醒剤計約169キロを隠して横浜港などから密輸し、密売目的で神奈川県内の倉庫など2か所で所持するなどした。

2015年12月21日 18時34分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

« 「切られた」と虚偽通報=業務妨害容疑で巡査長書類送検-石川県警(21日)時事 | トップページ | 幼児にたばこ…母親を書類送検 警視庁(21日)毎日 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大量の覚醒剤入り石材を密輸、懲役25年の判決(21日)読売:

« 「切られた」と虚偽通報=業務妨害容疑で巡査長書類送検-石川県警(21日)時事 | トップページ | 幼児にたばこ…母親を書類送検 警視庁(21日)毎日 »