« 容疑者購入品と同種=顔に巻かれたテープ-中1男子殺害・大阪府警(2日)時事 | トップページ | 山手線新型トラブル、新システム原因か 運転は当面中止(2日)朝日 »

2015年12月 2日 (水)

後絶たぬ夜間放置自転車、初の撤去…福岡市(2日)読売

 福岡市は30日、天神地区での放置自転車の夜間撤去を初めて実施した。
 同地区はかつて全国で最も放置自転車が多く、市が日中の撤去などを進めて大幅に減少したが、夜間の放置自転車は後を絶たず、問題視されている。市は今後も随時、夜間撤去を実施する方針だ。
 仕事帰りや買い物で、多くの歩行者が行き交う天神地区の西通り。一帯は自転車の放置禁止区域だ。だが、歩道には「ママチャリ」やスポーツタイプの自転車が何台も置かれ、歩行者の通行を妨げていた。
 撤去作業は午後5時頃に始まった。市の職員が放置自転車に撤去を警告するシールを貼り付け、市から委託を受けた業者が、次々とトラックの荷台に載せていった。同6時半頃までの作業で、49台を撤去した。
 市によると、午前10時~正午頃の天神地区の放置自転車は、2001年が4530台、03年が4217台で、いずれも全国最多だった。そのため、市は歩道上や地下に駐輪場を増設し、撤去の強化に乗り出した。
 11年には、警固公園の地下にある天神駐輪場を未明でも利用できるよう24時間営業にし、料金も1日あたり100円から50円に引き下げた。一連の取り組みにより、昼間の天神駅周辺の放置自転車は14年度で700台まで減った。
 一方、天神地区での放置自転車撤去は、平日の日中に限られていた。市が14年10月、時間帯別に調べたところ、午前10時~正午が701台だったのに対し、午後5~7時は1614台、午後10~11時も1258台と、夕方から夜間にかけて多い傾向が浮き彫りになった。
 歩行者や車の通行の妨げになり、景観も損なっているとして、地元から対策の強化を求める声も上がったため、市は夜間撤去に踏み切ることにした。
 撤去された自転車を返還してもらうには、移動保管料として2000円を支払わなければならない。市道路管理課は駐輪場の利用を呼びかけており、「今後も撤去を一層強化するなどして、歩道を安心して歩ける街にしたい」としている。(小松一郎)

2015年12月01日 16時23分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

« 容疑者購入品と同種=顔に巻かれたテープ-中1男子殺害・大阪府警(2日)時事 | トップページ | 山手線新型トラブル、新システム原因か 運転は当面中止(2日)朝日 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/62791559

この記事へのトラックバック一覧です: 後絶たぬ夜間放置自転車、初の撤去…福岡市(2日)読売:

« 容疑者購入品と同種=顔に巻かれたテープ-中1男子殺害・大阪府警(2日)時事 | トップページ | 山手線新型トラブル、新システム原因か 運転は当面中止(2日)朝日 »