« JR大森駅近くで後ろから跳び蹴りされ転倒、男性重傷 (6日)TBS | トップページ | 「便利だったので自分のものにしたくなった」 寮のレンジ盗んだ疑い滋賀県警巡査 書類送検(6日)産経 »

2015年12月 6日 (日)

中越地震で活躍 警備犬「レスター号」告別式(6日)NHK

新潟県中越地震の際、土砂の中から男の子を見つけ4日ぶりの救出につなげるなど、国内外の災害現場で活躍し、4日に老衰のため死んだ警視庁の警備犬「レスター号」の告別式が行われ、警察官らが別れを惜しみました。
警視庁の警備犬「レスター号」は、平成16年の新潟県中越地震で土砂崩れに巻き込まれた当時2歳の男の子を見つけ出し4日ぶりの救出につなげたほか、国内外の災害現場や警備の現場で活躍しました。
平成23年に現役を引退し、警視庁の警備犬訓練所で飼育されていましたが、4日、老衰のため13歳で死にました。
6日は訓練所で告別式が行われ、「レスター号」の育成に携わった警察官など15人が参列しました。祭壇には、新潟県中越地震と、平成20年の中国の四川大地震の救助活動で受賞した警視総監賞が飾られ、参列した人たちは静かに手を合わせ、現場での「レスター号」の姿に思いをはせている様子でした。
新潟の現場に一緒に出動した警視庁警備2課の山川良博さん(63)は「鼻がとてもきく犬で活躍してくれました。ご苦労さま、そしてありがとうという気持ちです」と話していました。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151206/k10010331551000.html

« JR大森駅近くで後ろから跳び蹴りされ転倒、男性重傷 (6日)TBS | トップページ | 「便利だったので自分のものにしたくなった」 寮のレンジ盗んだ疑い滋賀県警巡査 書類送検(6日)産経 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/62818206

この記事へのトラックバック一覧です: 中越地震で活躍 警備犬「レスター号」告別式(6日)NHK:

« JR大森駅近くで後ろから跳び蹴りされ転倒、男性重傷 (6日)TBS | トップページ | 「便利だったので自分のものにしたくなった」 寮のレンジ盗んだ疑い滋賀県警巡査 書類送検(6日)産経 »