« 2015年12月22日 | トップページ | 2015年12月24日 »

2015年12月23日

2015年12月23日 (水)

シリアで行方不明のジャーナリスト安田純平さん「拘束」 国境なき記者団が見解「日本政府に救出に尽力するよう求める」(23日)産経

国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(本部パリ)は23日までに、シリアの武装勢力がフリージャーナリスト、安田純平さん(41)を拘束し、期限を切って身代金を要求しているとの情報があることをホームページで明らかにした。「安田さんの今後の安否を強く懸念している。日本政府に救出に尽力するよう求める」としている。日本政府は拘束の情報を確認していない。
 安田さんは6月下旬、泥沼化するシリア内戦を取材するためトルコ南部ハタイ県からシリア北西部に越境。予定していた7月中旬を過ぎても帰国しなかった。
 政府高官は23日、取材に「日本政府はしっかり対応している」と述べた。拘束されているかどうかの確認も含めて情報収集を強化する考えだ。
 シリアでは今年1月、過激派組織「イスラム国」(IS)にジャーナリスト後藤健二さんと湯川遥菜さんが殺害される事件が発生した。(共同)http://www.sankei.com/world/news/151223/wor1512230035-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

車の停止表示板の認定取り消し 新潟メーカー製、国家公安委 (23日)日経

 国家公安委員会は23日までに、良栄プラスチック(新潟市)が製造した車の停止表示板が安定性に欠け、道交法で定めた基準に合致していないとして型式認定を取り消した。警察庁が発表した。
 三角形の停止表示板は、高速道路で車が故障し停止した際などに路上に設置することが道交法で義務付けられている。認定を取り消された商品は「シグナルエースRE―450」。同庁は約100万個が流通していると推計している。
 警察庁によると、この停止表示板は2004年に国家公安委員会の型式認定を受け、07年に改良品が認定された。秒速18メートルの風で飛ばされたり、倒れなかったりすることが基準の一つになっているが、「風で飛んでしまう」との情報が寄せられて同庁が調べたところ、表示板の一部の幅が狭く、基準を満たしていないことが分かった。
 同社は警察庁に対し「08年に(製造の)金型を変えた」などと話していたという。同庁は自主回収を再三要請したが、要請に応じなかったため認定を取り消し、あらためて回収を求めた。
 同社は「今回の自主回収の依頼を真摯に受け止め、顧問弁護士と相談の上、早急に対応したい」との談話を出した。〔共同〕http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG23H47_T21C15A2000000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

宅配配達員をゴルフクラブなどで殴打、容疑の男逮捕 (23日)TBS

 茨城県神栖市で宅配会社の配達員をゴルフクラブなどで殴り、けがをさせたとして42歳の無職の男が逮捕されました。
 逮捕されたのは神栖市の無職・石毛正樹容疑者(42)で、22日午後、自宅に荷物を届けに来た宅配会社の配達員の男性(57)の顔などをゴルフクラブや拳で殴り、けがをさせた疑いが持たれています。男性は右腕の骨が折れた可能性があり、現在、治療を受けています。
 警察によりますと、石毛容疑者は、この配達員の男性と数年前からトラブルになっていたということです。
 取り調べに対し、石毛容疑者は「荷物が壊れていても弁償してくれなかった」「指定日より早く届けてくれなかった」などと供述していて、警察が経緯を調べていますが、「殴っていない」と容疑を否認しています。(23日18:34)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2665217.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

軽ワゴン車が衝突し炎上 2人死亡1人けが(23日)NHK

23日夕方、岩手県釜石市で、若い男性3人が乗った軽ワゴン車が、道路脇の信号機の支柱に衝突して炎上し、2人が死亡し、1人がけがをしました。
23日午後4時ごろ、岩手県釜石市甲子町の国道283号線で、男性3人が乗った軽ワゴン車が、交差点の左側にある信号機の支柱に衝突し、炎上しました。
警察によりますと、この事故で、20代と10代とみられる男性2人が死亡したほか、20代の男性が、足の骨を折るなどのけがをして病院に運ばれました。
現場は、釜石市と遠野市を結ぶ片側1車線の国道の丁字路になった交差点で、軽ワゴン車は、遠野市方向から釜石市中心部に向かって走行していたということです。
警察によりますと、けがをした男性は、「乗っていた3人は、勤務先の同僚だった」と話しているということです。警察は、亡くなった2人の身元の確認を進めるとともに、当時の詳しい状況を調べています。

News_pic1_5
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151223/k10010350911000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

自宅庭でひかれ1歳児死亡 両親が目離した隙に…(23日)NHK

自宅の庭にいた1歳の男の子が敷地内に入ってきた乗用車にひかれ、死亡しました。
 23日午前10時半ごろ、静岡県浜松市の住宅の庭で、この家に住む長尾匠馬ちゃんが敷地内に入ってきた乗用車にひかれました。匠馬ちゃんは病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。静岡県警細江警察署は、乗用車を運転していた滋賀県彦根市の会社員・北村治幸容疑者(59)を過失運転致死の疑いで緊急逮捕しました。警察によりますと、北村容疑者は匠馬ちゃんの両親の知人で、匠馬ちゃんは両親が目を離した隙に事故に遭ったということです。警察が事故の経緯について調べています。

2009_1229_211958annlogo1_3
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000064974.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

豚舎で火災、豚1000頭死ぬ…茨城・土浦(23日)読売

22日午後8時5分頃、茨城県土浦市藤沢の豚舎から出火し、木造平屋の豚舎7棟のうち、3棟が全焼、2棟が半焼した。焼失面積は計約9000平方メートル。この火災で、飼育していた豚約1600頭のうち約1000頭が死んだ。複数頭が外に逃げ出し、行方が分からなくなっている。
 土浦署の発表によると、豚舎は同市田宮、養豚業桜井利男さん(67)が経営。近くの人が豚舎から煙が出ているのに気付き、119番した。豚舎には照明設備と保温用のヒーター設備があり、出火当時、ヒーター2機が稼働していたという。同署で出火原因を調べている。

2015年12月23日 13時50分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

トンネル天井のモルタル23トン余剥落 千葉・君津(23日)NHK

3年前の山梨県の笹子トンネルの事故を受けて天井の補修工事を進めていた千葉県君津市の国道のトンネルで23日、天井を覆っていた長さ20メートル、重さ23トン余りのモルタルが剥がれ落ちました。当時、通行していた車は無く、けが人はいないということで、県が原因を詳しく調べています。
千葉県によりますと、23日午前8時すぎ、千葉県君津市広岡の国道410号線のトンネル「松丘隧道」で、天井や壁を覆っていたモルタルが長さおよそ20メートル、幅5メートルほどにわたって剥がれ落ちました。剥がれ落ちたモルタルの重さは23.5トンに上るということです。
このトンネルは全長が91メートル、道幅はおよそ6メートルで、当時は工事のため交互通行になっていましたが、通行していた車は無く、けが人はいませんでした。
3年前に山梨県の中央自動車道の笹子トンネルで起きた天井板の崩落事故を受けて点検したところ、天井や壁を覆うモルタルの老朽化が明らかになり、去年から県が補修工事を進めていたということです。工事は来年3月までの予定で、夜間、通行止めにして行われ、天井の古いモルタルを削って新たに吹きつけ、今後、コンクリートの板で補強する予定だったということです。今回、剥がれ落ちたのは新たにモルタルを吹きつけた部分で、県がトンネル付近を通行止めにして原因を詳しく調べています。
トンネルの近くに住む女性は「朝8時ごろ、家事をしていたらドーンという大きな音が聞こえた。そのときは何が起きたのか分からなかったが、天井が落ちたと聞いて不安です」と話していました。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151223/k10010350881000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

空港で爆発、清掃員1人死亡=駐機中の機体近く、原因不明-トルコ(23日)時事

 【アンタキヤ(トルコ南部)時事】トルコのメディアによると、最大都市イスタンブールのサビハ・ギョクチェン国際空港の駐機場で23日未明、爆発があり、近くの旅客機内にいた女性清掃員(30)が死亡、別の女性清掃員(33)も負傷した。警察が爆発原因を調べている。
 爆発が起きたのは、空港のターミナルビルの近く。旅客機を保有しているトルコの航空会社ペガサス航空は、声明で「爆発時、機内に乗客はいなかった」と発表。空港運営会社も「ターミナルの離陸、着陸に問題はなく、順調に運航している」と述べた。
 AFP通信によると、死亡した清掃員は、頭部を負傷し、数時間後に死亡が確認された。
 サビハ・ギョクチェン国際空港は、イスタンブール最大のアタチュルク国際空港とは別の空の玄関として知られる。(2015/12/23-19:48)

2015/12

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(23、24日単位・レベル)
〝悪政〟だから起きるんだ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011432 振り込め詐欺の多くはお年寄りの「タンス預金」が狙われる。しかも半端な額ではない。タンス預金か否かは定かではないが、なんと1億円の被害が出てしまった。
 東京都練馬区の75歳の女性が息子を装った男から「会社の監査があり、お金が2000万円合わない」という電話を信じて指定された豊島区内の路上で息子の同僚だと名乗る男に現金2000万円を渡し、さらに同じ日に、「あと8000万円を貸してほしい」と言われて合わせて1億円をだまし取られたというのだ。
 「下衆の勘繰り」になるが、なんでお年寄りはタンス預金が多いのか?突き詰めると「金利」が安いという〝悪政〟に行き着く。
 バブルの絶頂期には「1億円あれば利子で食べていける」と言われた。当時の普通預金の利子は2%を超えていた。さらに定期預金は6%以上もあった。ところが平成3年のバブル崩壊を機に利子は下がり続け平成22年にはついに普通預金で0.02%になった。これでは、誰も預ける気にはならない。
 ちなみに今、日本に65歳以上のお年寄りの単身者の世帯数を調べると次のようになる。
 都道府県格付研究所によると、最も多いのは東京で62万2326世帯。以下、大阪の43万2816世帯、神奈川県の30万8463世帯、北海道の26万1553世帯、兵庫の23万9227世帯と続く。孤独のお年寄りはこんなにも多い。
 身を粉にして働き、蓄えたお金でのんびり余生を過ごそうと思うお年寄り。子供夫婦や孫に囲まれての生活ならまだ良いが、都市集中による人口流動で父祖の地を離れる人間が多くなり核家族化が増加。さらに現在は核家族どころか単身世帯が増加しているという。そして、それを狙う悪質な犯罪。通信傍受はどうした政府は何をしとる
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川県警が白バイ競技大会、高い運転技術披露 (23日)TBS

年末年始の交通事故を防ごうと、取締りにあたる神奈川県警の白バイ隊員による競技大会が行われました。
 颯爽と走る白バイ。23日、神奈川県警は、年末年始の交通安全の取締りにあたる白バイの運転技術向上を目的とした競技大会を開き、第二交通機動隊の隊員らおよそ30人が参加しました。
 神奈川県警は、今年10月に開かれた白バイの運転技術などを競う全国大会で13年ぶりに団体優勝していて、高い運転技術が披露されました。
 全国大会の個人の部でも総合優勝した隊員らは、来年の年始に号砲が鳴らされる箱根駅伝の先導を担当することになっていて、23日は先導に必要な低速走行などの運転技術も披露されました。(23日13:51)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2665102.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

死体遺棄容疑で男2人逮捕、奄美 鹿児島県警が捜査本部設置(23日)産経

鹿児島県警は23日、鹿児島県奄美市の山中に死体を遺棄したとして、死体遺棄容疑で東京都新宿区上落合、無職横山栄一容疑者(41)と奄美市名瀬小浜町、無職吉田博隆容疑者(66)の2人を逮捕し、奄美署に捜査本部を設置した。殺人事件の可能性が高いとみて2人を調べる。
 逮捕容疑は、横山容疑者らは共謀し、18日深夜に奄美市名瀬の山中に死体を遺棄した疑い。県警によると、死体は奄美市在住の無職女性(67)とみられ、確認を急いでいる。http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/214724

| コメント (0) | トラックバック (0)

うその電話信じ7900万円の詐欺被害 佐賀(23日)NHK

佐賀県内の70代の男性が、証券会社や金融庁の関係者を名乗る男からのうその電話を信じて、先月までに数回にわたって現金合わせて7900万円をだまし取られ、警察は詐欺事件として捜査しています。
警察によりますと、ことし9月ごろ、佐賀県内の70代の男性の自宅に、証券会社の社員を名乗る男から、「投資のために名義を貸してほしい」といった電話が数回ありました。
男性が断ったところ、その後、金融庁の職員を名乗る男から「あなたは投資で不正を行っていて警察が財産を差し押さえにくる」とか「弁護士に預ければ差し押さえられずに済む」といった電話がかかりました。
男性は電話を信じ、佐賀市内のコンビニエンスストアの駐車場で金融庁の代理人と名乗る男に直接会い、数回にわたって合わせて7900万円を手渡しました。
その後、男と連絡が取れなくなったことからだまされたことに気づき、警察に相談したということです。
男性が現金を渡した男は20代くらいで、身長は1メートル70センチほど、黒っぽいスーツとネクタイを身に着けていたということです。
警察は詐欺事件として捜査するとともに、電話でお金の話が出たら、周囲の人や警察に相談してほしいと呼びかけています。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151223/k10010350771000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

麻原死刑囚の写真見つかる 水戸のアレフに公安調査庁が立ち入り検査(23日)産経

公安調査庁は22日、団体規制法に基づき、オウム真理教から改称した「アレフ」の水戸施設(水戸市水府町)を立ち入り検査した。
 検査は午前8時ごろから約4時間にわたり行われ、5人の調査官が信者の立ち会いの下、カメラで施設内を撮影するなど教団の活動状況を確認した。
 同庁によると、施設内には元教祖の麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚(60)の写真や、麻原死刑囚の説法を収録した教材などが多数保管されていたという。水戸施設は平成19年から出家信者の住居や道場として使用されているという。http://www.sankei.com/affairs/news/151223/afr1512230005-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

商業施設で従業員刺される=男逃走、殺人未遂で捜査-石川県警(23日)時事

23日午前7時ごろ、石川県小松市園町の商業施設「アル・プラザ小松」で「男性従業員が包丁で刺された」と警備員から通報があった。県警小松署によると、従業員(26)が男に腹部を刺され、病院に搬送されたが、意識はあるという。男は逃走し、同署が殺人未遂容疑で捜査している。
 同署によると、従業員が1階裏手の荷物搬入口付近で開店準備をしていたところ、突然男が刺し、その場に包丁を残して立ち去った。従業員は、男と面識がないと話しているという。
 男は40歳くらいで、身長約165センチ。黒色系のジャンパー、眼鏡やグレーの野球帽を身に着けていたという。(2015/12/23-11:35)

2015/12/23-

| コメント (0) | トラックバック (0)

長女装いうそ電話で…“詐欺未遂”27歳男を逮捕(23日)テレビ朝日

東京都内の74歳の女性から200万円をだまし取ろうとしたとして、現金の受け渡し場所に現れた27歳の男が逮捕されました。
 浅野佳臣容疑者は21日、東京・北区の74歳の女性から200万円をだまし取ろうとした疑いが持たれています。警視庁によりますと、浅野容疑者は詐欺グループの一員で、メンバーの女が女性の長女を装って「マンションの購入費を返さないといけない」と電話を掛けていました。不審に思った家族が長女に連絡を取って詐欺だと気付き、金の受け渡し場所で張り込んでいた警察官が現れた浅野容疑者を現行犯逮捕しました。取り調べに対し、浅野容疑者は容疑を否認しています。娘を装って電話を掛けていることから、警視庁は、詐欺グループが女性の家族構成を知ったうえで犯行に及んだとみて調べています。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000064947.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「コンテナが落ちた」首都高速でトレーラーが宙づり(23日)テレビ朝日

000064960_6401首都高速道路の葛西ジャンクションで、トレーラーが側壁を突き破って宙づりになりました。
 23日午前10時ごろ、首都高速の葛西ジャンクションで「カーブを曲がりきれず、衝突した」とトレーラーの運転手の男性から通報がありました。警視庁によりますと、トレーラーは側壁を突き破り、運転席の部分を残して宙づりになりました。木材を積んでいたとみられるコンテナは、高速道路の下を走る一般道と荒川に落ちたということです。けが人はいませんでした。この事故の影響で、現場周辺の首都高速の一部が今も通行止めになっています。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000064960.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

詐欺警戒 川口 見沼区 鴻巣(23日)NHK埼玉

NHKから県民の皆さんに詐欺への警戒を呼びかける「詐欺警戒情報」です。
21日から22日朝にかけて、埼玉県警が確認した主な詐欺の電話です。

川口市の安行慈林と道合では、市役所の職員を装う還付金詐欺の電話がかかっています。
「医療費の還付金があります。携帯電話の番号を教えてください。
近くのスーパーのATMに行ってください」と指示してきます。
ATMで還付金を受け取ることは絶対ありません。
ATMということばが出てきたら詐欺を疑い、警察に相談してください。
さいたま市見沼区の大和田町では警察官だとうそをつき「あなたの預金口座が悪用されている。保護手続きをとるので口座番号を教えてください」という詐欺の電話がかかっています。
警察官を装った詐欺は、ことし8月以降急増している手口で、さいたま市見沼区の小深作や蓮田市黒浜などでも確認されてています。
警察が電話で銀行口座の番号を聞き出したりクレジットカードを預ったりすことは絶対にありません。
また、鴻巣市の雷電と宮地では、孫などを装い「大宮駅のトイレに現金入りのかばんを忘れた」と話しかけてくるオレオレ詐欺の電話がかかってきました。
「かばんを忘れた」という話は詐欺の典型的な手口です。
いったん電話を切ったうえで、家族がふだん使っている番号にかけ直してください。
こうした電話には電話帳などが使われ、同じ地域に集中する傾向があるので、近所どうしで注意を呼びかけあってください。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/lnews/saitama/1106910321.html?t=1450751015

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺2000万円被害(23日)NHK長野

「会社の小切手をなくしてしまった」などと息子を名乗る男からのうその電話で、坂城町に住む70代の女性が現金2000万円をだまし取られていたことが分かり、警察は詐欺事件として捜査しています。

警察によりますと、今月18日、坂城町に住む70代の女性の自宅に、息子を名乗る男から、「電車の中に鞄を忘れた。鞄の中に入っていた2000万円分の会社の小切手をなくしてしまい、現金で支払わなければならなくなった」などとうその電話がありました。
女性は、金融機関の窓口で現金2000万円を引き出し、自宅に来た息子の部下を名乗るスーツ姿の若い男にそのまま手渡したということです。
女性はその日のうちに息子に電話で確認したところ、だまされたことに気づいたということです。
警察は詐欺事件として捜査するとともに、息子を名乗る電話で現金を要求された場合には家族や警察に相談するなどして、詐欺被害に注意するよう呼びかけています。 12月23日 07時06分

News_pic1

http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/1014536531.html?t=1450821983

| コメント (0) | トラックバック (0)

ヘイトスピーチ初勧告 在特会元代表に法務省(23日)産経

法務省人権擁護局は22日、平成20~23年に3回、東京都小平市の朝鮮大学校前でヘイトスピーチをしたとして、在日特権を許さない市民の会(在特会)の元代表に同様の行為をしないよう勧告した。ヘイトスピーチをめぐる勧告は初めて。法務省によると、元代表らは学校関係者に「朝鮮人を日本からたたき出せ」などと脅迫的な言動を繰り返した。

関連ニュース

| コメント (0) | トラックバック (0)

【衝撃事件の核心】「沖縄座り込みツアー」の旅行会社 南京虐殺記念館、慰安婦資料館の見学旅行も主催(23日)産経

新基地建設反対! 辺野古・高江で座り込み-。米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に対する抗議活動に参加する旅行の参加者を募集し、旅行業法(禁止行為)違反の可能性があるとして観光庁から口頭指導を受けていたことが明らかになった富士国際旅行社のホームページ(HP)には、政治的なメッセージが踊る。国内旅行だけでなく海外旅行では、南京の「慰安婦」資料館や虐殺記念館、元慰安婦らが暮らす「ナヌムの家」見学旅行などを主催していることも判明。特定の政治的な主張を代弁する内容のツアーを多く手がけている実態が浮かび上がった。
辺野古団結小屋、ヘリパッド基地反対座り込み激励
 富士国際旅行社の担当者によると、同社は安保法制をめぐる議論の盛り上がりもあり、今年から“座り込み”を盛り込んだ「オール沖縄支援ツアー」を本格的に企画した。
 HPには、米軍キャンプ・シュワブ前や米軍ヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)移設予定地(東村・高江)での抗議活動の写真が掲載されていた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

天皇陛下の記者会見 全文「先の戦争考えた1年」(23日)NHK

天皇陛下は82歳の誕生日を前に、皇居・宮殿で記者会見に臨まれました。記者会見の内容の全文です。
(宮内記者会代表質問)今年は自然災害などいたましい出来事があった一方、日本人2人がノーベル賞を受賞するなど、明るい話題もありました。天皇陛下は戦後70年の節目に当たり、新年のご感想で「満州事変に始まる戦争の歴史を学び、今後の日本のあり方を考えることが極めて大切」と述べられ、パラオをはじめ、国内外で慰霊の旅を重ねられました。また、全国戦没者追悼式では「さきの大戦に対する深い反省」という表現を新たに用いてお言葉を述べられたほか、玉音盤の原盤や、御文庫附属庫の公開もありました。年明けには、フィリピンへの公式訪問が予定されています。戦争や平和への思いに触れながら、この1年を振り返るとともに、来年へのお考えをお聞かせください。

(天皇陛下)今年の自然災害としては、まず5月に鹿児島県の口永良部島の新岳が噴火して、海岸まで達する火砕流が発生し、全島民が島から避難したことが挙げられます。火砕流は雲仙岳の噴火災害のお見舞いに行った時に見ましたが、海岸まで達する火砕流は本当に恐ろしい光景だったと思います。島民は幸い皆無事でしたが、まだ避難生活が続いていることに心を痛めています。
9月には豪雨により鬼怒川などが氾濫し、8人が亡くなる大きな災害となりました。氾濫により多くの人々が家々に閉じ込められ、どんなにか不安な時を過ごしたことかと思います。自衛隊を始めとするヘリコプター等の救助活動により、人々が無事に救出されたことは本当に幸いなことでした。危険を伴う救出活動に携わった人々に深く感謝しています。水につかった家屋や田畑の復旧作業には多くの労力を必要とするもので、多数のボランティアが協力してくれていることをうれしく思っています。困難に遭遇している人々を助けようという気持ちが日本人の中に豊かに育っていることを非常に心強く思います。後日、常総市の被災地をお見舞いしましたが、泥水につかった田畑が広がり、苦労して作物を育ててきた人々の気持ちはいかばかりかと察せられました。
今年の喜ばしい出来事としては、まず二人の日本人がノーベル賞を受賞されたことが挙げられます。大村博士の生理学・医学賞は、アフリカや南米で、人に感染すると盲目になる危険をもたらすオンコセルカ症を治す薬を地中の菌から作り出されたことなどの業績によるものです。私は以前、オンコセルカ症を患って盲目になった人々が連なって歩いている痛ましい映像を見ていましたので、この病気を治す薬が出来たということを本当にうれしく思いました。一方、梶田博士の物理学賞は、神岡鉱山の地下にあるスーパーカミオカンデにおけるニュートリノの研究で、ニュートリノに質量があることを見出されたことに対する授賞でした。11年前、スーパーカミオカンデを訪問したことが思い起こされました。お二人の長年にわたる地道な研究を誠に尊いものと思います。
また、日本製のジェット旅客機が完成し、試験飛行が行われたこともうれしいことでした。かつて日本で戦後初めてつくられたプロペラの旅客機YS11の試験飛行を、羽田の空港で関係者と共に見守ったことが懐かしく思い起こされました。それから50年以上がたったわけです。
今年は先の大戦が終結して70年という節目の年に当たります。この戦争においては、軍人以外の人々も含め、誠に多くの人命が失われました。平和であったならば、社会の様々な分野で有意義な人生を送ったであろう人々が命を失ったわけであり、このことを考えると、非常に心が痛みます。
軍人以外に戦争によって生命にかかわる大きな犠牲を払った人々として、民間の船の船員があります。将来は外国航路の船員になることも夢見た人々が、民間の船を徴用して軍人や軍用物資などをのせる輸送船の船員として働き、敵の攻撃によって命を失いました。日本は海に囲まれ、海運国として発展していました。私も小さい時、船の絵葉書を見て楽しんだことがありますが、それらの船は、病院船として残った氷川丸以外は、ほとんど海に沈んだということを後に知りました。制空権がなく、輸送船を守るべき軍艦などもない状況下でも、輸送業務に携わらなければならなかった船員の気持ちを本当に痛ましく思います。今年の6月には第45回戦没・殉職船員追悼式が神奈川県の戦没船員の碑の前で行われ、亡くなった船員のことを思い、供花しました。
詳細は以下をクリックdownwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

ニセ電話詐欺「気づかせ隊」27万人参加 福岡県警、啓発に力 (23日)日経

福岡県警は22日、ニセ電話詐欺(特殊詐欺)を県民全体で阻止する活動「ニセ電話気づかせ隊」が11月末時点で約27万5千人、約8100団体に達したと発表した。6月の発足当初は今年度中に10万人、5千団体の参加を目標としていた。被害を防いだ金額が約10億円と一定の効果を上げたものの、被害額は18億円を超えており、県警は啓発をさらに進める考えだ。
 気づかせ隊はコンビニや銀行のATMなどでだまされている恐れがある高齢者らに県民が声掛けし、被害を未然に防ぐ活動。県警によると、被害を防いだ金額は前年同期比約2.4倍の約10億3100万円に上り、大半が気づかせ隊が阻止したという。
 ただ「被害者の4割弱がニセ電話詐欺の手口を知らなかった」(県警幹部)といい、被害額は今月21日時点で約18億2900万円と過去最悪となった昨年(約13億円)を既に上回っている。
 このため、県警は被害状況や具体的な手口、気づかせ隊の活動などを収録したパンフレットを随時発行するなど啓発を強化し、2016年には被害額10億円以下を目指すとしている。http://www.nikkei.com/article/DGXLASJC22H30_S5A221C1ACYZ00/

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京地検、証人威迫罪で弁護士を在宅起訴 (23日)TBS

売春防止法違反事件で起訴された被告の弁護人が、裁判で証言予定だった男性を脅して被告に有利な証言を迫ったとして、東京地検に在宅起訴されました。
 証人威迫の罪で在宅起訴されたのは、埼玉県朝霞市の弁護士・湯澤昌己被告(50)です。
 起訴状などによりますと、湯澤被告は売春防止法違反の罪で摘発された都内の派遣型風俗店グループの裁判で従業員の弁護人を務めていましたが、先月、裁判で証言予定だった客の男性に「あなたの虚偽の供述で損害を被ったので200万円を請求する訴えを起こした」という趣旨の書面を送りつけ、被告に有利な証言をするよう迫ったということです。
 湯澤被告は、検察官として勤務した後、2010年から弁護士として活動していました。所属事務所は、取材に対し「本人が不在でコメントできない」としています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2664682.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

三重・中2女子誘拐、「家出したいと頼まれた」と供述(23日)TBS

三重県御浜町で女子中学生を誘拐した疑いで逮捕された男は、「家出したいと頼まれた」という供述をしていることが分かりました。
 逮捕された高知市の自称・会社役員、波川智央容疑者(33)は、先月、インターネットで知り合った三重県内に住む中学2年生の女子生徒(14)に家出するよう持ちかけ、誘拐した疑いが持たれています。女子生徒は22日、波川容疑者の自宅で無事保護されました。
 「男の人が裸で水やりや色々なことをして歩いていた。あやしいと思った」(近所の住人)
 警察の調べに対し、波川容疑者は「家出したいと頼まれたので連れ出した」という趣旨の供述をしているということです。
 警察はきょう、波川容疑者の身柄を津地検に送り、犯行に至った経緯や動機を詳しく調べる方針です。(23日01:17)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2664852.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋の襲撃、被害者はイラン人 麻薬めぐりトラブルか(23日)朝日

名古屋市中川区の市道で20日未明、外国人とみられる複数の男から集団暴行を受け、死亡した男性は20代のイラン人で、麻薬密売グループに関係するとみられることが愛知県警への取材でわかった。現場近くからは注射器数十本が見つかっており、県警は薬物をめぐるトラブルの可能性もあるとみて捜査を進めている。

 また、襲撃グループが逃走時に使った黒っぽい車両が、名古屋市内に放置されていたことも新たに判明。県警は犯人に結びつく手がかりが残されている可能性もあるとみて調べている。
 中川署の捜査本部によると、死亡した男性は20日午前1時半ごろ、同区西日置1丁目の市道でワンボックス車を運転中、2台の車に前後を挟まれ、外国人とみられる複数の男らにバットや刃物で襲われた。男性は近くの店に血まみれの状態で助けを求め、病院に搬送されたが、約6時間後に出血性ショックで死亡した。
 付近住民が撮影した動画には、男らの逃走後、男性が中央分離帯の植え込みに黒いポーチを放り込む様子が映っていた。県警は22日までにポーチを押収し、中に注射器数十本が入っているのを確認した。また、外側には血痕が付着していたという。
 動画には男らが、ペルシャ語で叫びながら別の黒っぽい車に乗り込み、いったん北方面に走り去る姿も映っていた。数分後、この車は現場に戻り、1人が被害者が乗っていた車両の車内などを確認。その後、再び北方面に発車し、西に向かって左折したという。県警は周辺の防犯カメラの映像を分析し、男らの行方を追っている。

Logo2
http://www.asahi.com/articles/ASHDQ7FXNHDQOIPE026.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月22日 | トップページ | 2015年12月24日 »