« 2015年12月21日 | トップページ | 2015年12月23日 »

2015年12月22日

2015年12月22日 (火)

名古屋男性殺人 現場近くで注射器数十本入りポーチ(22日)毎日

名古屋市中川区の市道で20日未明、外国人とみられる男性が複数の外国人風の男に切りつけられるなどして殺害された事件で、襲撃現場近くの中央分離帯の植え込みから注射器数十本の入った黒いポーチが見つかったことが捜査関係者への取材で分かった。捜査本部は薬物取引を巡る外国人同士のトラブルの可能性もあるとみて調べている。
 捜査関係者によると、ポーチには血痕が付着していた。近所の住民が録画した事件当時の動画には、襲われた男性が植え込みに向かって何かを放り投げる様子が映っており、このポーチだった可能性があるという。
 襲った男らは現場からいったん逃走した後、数分後に戻り男性の車を物色。パトカーのサイレンが聞こえると、再び車で逃走した。捜査本部は、現場に残されていた注射器が薬物に使うものとみており、他に遺留品がないか調べている。
 捜査本部によると、死亡した男性は20日午前1時半ごろ、同区西日置1の市道をワゴン車で運転中、2台の車に前後を挟まれて動きを封じられ、車に乗っていた複数の男らに金属バットや刃物のようなもので襲われ殺害された。事件当時の動画には、男らが「殴れ、殴れ」などとペルシャ語で叫ぶ様子が記録されていた。【谷口拓未】

Logo_mainichi_s1_3http://mainichi.jp/articles/20151223/k00/00m/040/054000c

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視総監が歌舞伎町巡視=年末年始特別警戒-東京(22日)時事

0151222at69_t1人出が多くなる年末年始の犯罪を抑止するため、警視庁による特別警戒が始まり、高橋清孝警視総監は22日、東京都新宿区の歌舞伎町を巡視した。警視庁は同日、約2万5000人の警察官を動員し、一斉警戒を実施した。
 高橋総監は午後6時すぎ、歌舞伎町交番を出発。防犯ボランティアや警察犬とともに、忘年会のサラリーマンらでにぎわう繁華街を見て回った。
 巡視後、高橋総監は「2020年東京五輪・パラリンピックに向け、盛り場を拠点に不法な利益を得ている暴力団などの検挙対策を進める」とコメントした。
 特別警戒は20日から来年1月3日まで。雑踏でのすり、ひったくり被害のほか、金融機関やコンビニを狙った強盗事件などの防止に当たる。(2015/12/22-20:27)

2015/

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉・市川市で郵便局強盗、男が100万円奪い逃走 (22日)TBS

郵便局が強盗に襲われました。22日午後2時すぎ、千葉県市川市の郵便局に白いタオルで覆面をした男が押し入り、女性客に包丁のようなものを突きつけて、現金100万円を奪いそのまま逃走しました。女性にけがはありませんでした。
 警察によりますと、逃げた男は身長170センチくらい、茶色っぽい上着に青いジーパンをはいていて、警察が強盗事件として行方を追っています。(22日17:55)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2664549.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

SATが合同訓練を初公開 テロに備え“武装集団”を制圧(22日)産経

来年5月に主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の開催が迫る中、警視庁と神奈川県警の「特殊急襲部隊」(SAT)が22日、重武装したテロリストへの対応などを想定した合同訓練を初めて公開した。パリで同日多発テロが発生するなど、治安への懸念が高まる中、実弾も使用した実戦的訓練を行った。
 訓練では、テロリストが待ち構える想定の場所に、短機関銃などを装備した6人1組の部隊が突入。強烈な光や音を放つ閃光(せんこう)弾を投げ入れて制圧しつつ、標的を正確に射撃した。
 また、約100メートル先の犯人に見立てた標的を狙撃する技術や、近接した標的を素早く撃つ基本的な射撃術も公開された。
 訓練を視察した河野太郎国家公安委員長は「テロが起きた場合、SATが制圧する。訓練、装備ともに、しっかりと準備してくれていると思う」と話した。
 SATは、昭和52年に日本赤軍が日航機をハイジャックした「ダッカ事件」などを契機に創設。警視庁など8都道府県の警察に計300人程度の要員が配置され、テロリストに対抗できる火器を装備し、乗っ取りや立てこもりなど重大なテロ事件に対応する。http://www.sankei.com/affairs/news/151222/afr1512220031-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

韓国籍の男、リュックに黒色火薬 再入国時に(22日)毎日

靖国神社(東京都千代田区)の公衆トイレで爆発音がして不審物が見つかった事件で、建造物侵入容疑で逮捕された韓国籍の男が航空機で日本に再入国した際、リュックサックの中に黒色火薬約1.8キロを入れていたことがわかった。
 警察庁から連絡を受けた国土交通省は22日、韓国の航空保安当局に、出国時の保安検査の徹底などを申し入れた。警視庁公安部は火薬取締法、関税法違反容疑での立件も念頭に調べている。
 男は全昶漢(チョン・チャンハン)容疑者(27)。全容疑者は今月9日、ソウルの金浦空港から羽田空港行きの航空機に搭乗して日本に再入国し、警視庁に逮捕された。預け入れ手荷物のリュックサックからビニール袋に包まれた不審物が見つかり、警視庁が鑑定していた。
 国際民間航空機関のルールでは、搭乗客の保安検査は出発国側が実施する。黒色火薬の機内への持ち込みは禁じられている。国交省の担当者は「なぜ保安検査を通ったのか、理由を知りたい」と話しており、韓国側に原因調査と結果の通知も申し入れている。【坂口雄亮、堀智行】

Logo_mainichi_s1_2http://mainichi.jp/articles/20151223/k00/00m/040/076000c

| コメント (0) | トラックバック (0)

京都で高級バッグ窃盗、5分間の犯行をカメラが捉える (22日)TBS

プロの窃盗団でしょうか、あまりに乱暴な犯行です。22日未明、京都市上京区のブランド品店に車が突っ込み、エルメスなどの高級バッグ数十点が盗まれました。犯行はわずか5分間、その様子を防犯カメラが捉えていました。
 22日午前3時50分ごろ。黒い車が突然シャッターを突き破り、ブランド品店に突っ込みます。店内には数人が次々と侵入。慣れた手つきで高級バッグなどを運び出して行きます。車で逃走するまで、わずか5分間の犯行でした。
 警察によりますと、窃盗の被害にあったのは、京都市上京区のブランド品店で、高級ブランド「エルメス」のバッグなど数十点、およそ数千万円相当が盗まれたということです。
 「犯行も荒いし、やるせない気持ちでいっぱいです」(店の経営者)
 警察は、プロの窃盗団による犯行の可能性もあるとみて捜査しています。(22日18:14)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2664485.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

オレオレ詐欺 75歳の女性が1億円被害(22日)NHK

東京・練馬区の75歳の女性が、息子を装ったオレオレ詐欺のうその電話を信じて現金合わせて1億円をだまし取られ、警視庁は、詐欺事件として捜査しています。
警視庁によりますと、今月9日、東京・練馬区の75歳の女性の自宅に息子を装った男から「会社の監査があり、お金が2000万円合わない。なんとかしてほしい」とうその電話がありました。女性は電話を信じ、指定された豊島区内の駅の近くの路上で息子の同僚だと名乗る男に現金2000万円をショルダーバッグに入れて渡したということです。
さらに同じ日に、息子を装った男から「あと8000万円を貸してほしい」と電話があり、女性はさらに同僚だと名乗る男に現金8000万円を渡し、合わせて1億円をだまし取られました。
その日のうちに、女性が息子に電話をかけて現金を受け取ったか確認したところ、だまされたことに気づいたということです。
警視庁によりますと、ことし都内で起きた息子を装ったオレオレ詐欺の被害としては、最も多いということです。
現金を受け取りに来た男は、▽30歳から35歳くらいで、▽身長が1メートル75センチくらい、▽紺色のスーツを着ていたということで、警視庁は、詐欺事件として捜査しています。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151222/k10010349971000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

神社で盗みの疑い 32歳男から賽銭箱など大量押収(22日)テレビ朝日

「何年も前に自分が預けたものだ」と供述しています。
 無職・上田悠也容疑者(32)は、千葉県流山市の神社の境内から御幣串など7点、時価26万5000円相当を盗んだとして逮捕されました。上田容疑者は「黙って持ってきた」「何年も前に自分が預けたものだ」と容疑を一部否認しているということです。警察は余罪があるとみて捜査を進めています。

2009_1229_211958annlogo1_6
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000064915.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(22、23日単位・レベル)
年末年始特別警戒中
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011416 金融機関や深夜営業のコンビニにおける強盗や空き巣、ひったくなどの犯罪が多発する年末年始−多くの警察は12月20日から年末年始特別警戒を実施している。
 22日午後、千葉県市川市の郵便局に覆面をした男が押し入り、女性客に包丁のようなものを突きつけて、現金100万円を奪い逃走。
 東京では20日朝、大田区の路上で27歳の会社員の男性が見知らぬ男に腹部を刺される傷害事件。19日未明には江戸川区のコンビニに刃物を持った男が押し入り、現金およそ24万円が奪われ、17日には八王子市の路上で女子高生が刃物を持った男に現金1万3000円の入ったリュックサックを奪われるなど侵入強盗や路上強盗事件が相次いでいる。
 特に訳もなく金品を強奪される路上強盗事件やひったくり事犯などは「街頭犯罪」として周辺住民に恐怖感を与えるものだ。
 警察庁によるとこの街頭犯罪の中の路上強盗の今年11月までの認知件数は658件で前年同期より153件減少した。ランキングを見ると大阪の165件を頭に東京の83件、愛知の60件、埼玉の54件、神奈川と兵庫の48件と続いた。
 見知らぬ者から路上で殴られるなどしてケガをするなどの傷害犯は2万3049件で同1467件の減。東京が2914件、大阪が2847件、神奈川が1522件、埼玉が1384件、千葉が1344件の順。
 また恐喝は2420件で427件の減。東京の370件を頭に大阪の284件、愛知の210件、神奈川の154件、福岡の141件。
 これらはいずれも前年同期に比べて減少しているが、唯一増加している事犯がある。
 それは暴行。認知件数は2万9911件で前年に比べて119件の増加。ランキングでは東京が4365件と圧倒的に多く、次いで神奈川の2360件、兵庫の1980件、大阪の1857件、埼玉の1844件と続いた。
 最近は防犯カメラという防犯ツールが整っていたり、防犯協会など民間団体の協力を得た繁華街の防犯パトロールの強化などが徹底され、減少傾向にあるのだが……
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

【本紙前ソウル支局長無罪】韓国検察が控訴を断念 無罪判決確定へ(22日)産経

 【ソウル=藤本欣也】韓国検察当局は22日、朴槿恵(パク・クネ)大統領への名誉毀損(きそん)で在宅起訴された、産経新聞の加藤達也前ソウル支局長(49)に対する17日の無罪判決について、控訴しない方針を決めた。加藤前支局長の無罪判決が確定する。
 検察は判決後、「判決内容を検討して控訴するか否かを決める」との立場を示していた。「主要事件で無罪判決が出た場合、検察は自動的に控訴してきた」(司法関係者)だけに、控訴断念は異例だ。控訴期限は24日だった。http://www.sankei.com/world/news/151222/wor1512220039-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

救急車の出動、今年は598万件 5年連続最多更新(22日)朝日

 昨年1年間の全国の救急車の出動件数は598万4921件と、過去最多になったことが総務省消防庁が22日に公表した2015年版の消防白書から分かった。出動件数が過去最多になるのは5年連続。高齢者の搬送が増えているためで、同庁は増加傾向が今後も続くとみている。
 搬送された人は延べ約541万人で過去最多。このうち55・5%は65歳以上だった。けがや病気の程度は入院の必要のない軽症が49・4%を占めた。
 119番通報から救急車の現場への到着時間は平均8・6分で、10年前より2・2分遅くなっている。さらに、通報から患者が病院に入るまでの平均時間は39・4分と、10年前より9・4分遅く、東京や大阪など大都市を中心に2時間以上かかった人が約2万6千人いた。(桑山敏成)

Logo2_3http://www.asahi.com/articles/ASHDP5SFRHDPUTIL02S.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

中2不明、防犯カメラとネット書き込みで容疑者特定(22日)テレビ朝日

三重県で登校途中に行方不明になっていた中学2年の女子生徒(14)が高知市内で保護されました。
 行方が分からなくなっていた女子生徒は先月18日午前7時半ごろ、三重県御浜町の自宅を出た後、行方不明になっていました。今月11日から警察は公開捜査に切り替えて女子生徒の行方を探していましたが、22日、高知市内にある波川智央容疑者(33)の自宅3階で保護されました。捜査の鍵となったのは、防犯カメラの映像でした。女子生徒が登校するために自宅を出た直後の様子を捉えた映像ですが、この直後にインターネットサイトで知り合った波川容疑者に女子生徒は連れて行かれたとみられることが分かりました。警察は、インターネットサイトへの書き込みから容疑者の特定に至ったということです。

2009_1229_211958annlogo1_5http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000064922.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

三重・不明の女子中学生保護、誘拐容疑で33歳男逮捕 (22日)TBS

三重県御浜町で先月から行方不明になっていた女子中学生を誘拐したとして、三重県警は22日、高知市の職業不詳・波川智央容疑者(33)を逮捕しました。
 警察によりますと、波川容疑者は先月18日、インターネットのサイトを通じて知り合った14歳の女子中学生に家出をするようにいい、御浜町の路上で誘拐した疑いが持たれています。
 その後の捜査で、女子中学生のインターネットの書き込みから波川容疑者の関与が浮上。22日、高知市内の波川容疑者の自宅で女子中学生は無事保護されました。波川容疑者は容疑について、おおむね認めているということです。
 波川容疑者は女子生徒を車に乗せて誘拐した後、そのまま直線距離で400キロ以上離れた高知市の自宅に向かったとみられています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2664311.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ブランド店に車突っ込み、数人がエルメスバッグなど数千万円分?盗む 京都(22日)産経

22日午前3時50分ごろ、京都市上京区一真町のブランド品店「よちか」に乗用車が突っ込み男ら数人が侵入、店内から高級ブランド「エルメス」のバッグなど数十点が盗まれた。経営者の男性(42)によると、被害額は数千万円に上るといい、京都府警上京署は被害品の確認を進めるとともに、窃盗などの容疑で捜査している。
 同署によると、午前3時50分ごろ、車がシャッターの閉じた店の入り口に衝突。壊れたドアから数人が侵入し、約5分の間に、犯行に及んだとみられる。
 近隣住民が「車が突っ込んで、ドロボウをしている」と110番。約5分後、同署員が現場に駆けつけた時には、車で立ち去った後だった。
 当時は店は無人だった。経営者の男性によると、同店は「エルメス」の製品を中心に取り扱っているといい、被害は、新品や中古のバッグなど数十点で数千万円相当に上るという。http://www.sankei.com/west/news/151222/wst1512220048-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

覚醒剤密輸事件、二審で逆転無罪 裁判員裁判の判決破棄(22日)朝日

ウガンダ共和国から覚醒剤約1キロを密輸しようとしたとして、覚醒剤取締法違反などの罪に問われたスペイン国籍の男性被告(34)の控訴審判決で、東京高裁(井上弘通裁判長)は22日、懲役8年、罰金300万円とした一審・千葉地裁裁判員裁判による判決を破棄し、被告を無罪とした。
 被告は、昨年9月にウガンダ共和国からコーヒー豆の袋に覚醒剤1キロを隠して成田空港に密輸しようとしたとして起訴された。弁護側は、豆袋は土産として人に渡すよう頼まれたもので「覚醒剤が入っているとは知らなかった」と無罪を主張したが、一審は被告が報酬を約束されていたことなどから有罪と判断した。
 高裁は、「ウガンダ特産のコーヒー豆を土産として託されるのは不自然ではなく、被告は資産もあり犯罪歴もないのに拒絶せず犯行に及んだとは考えにくい」と指摘。「犯行の故意を認めるには合理的な疑いが残る」と判断した。
 最高裁によると、一審の裁判員裁判で有罪となり、二審で無罪となった裁判は8例目。

Logo2_2
http://www.asahi.com/articles/ASHDQ3W39HDQUTIL01W.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

茨城・石岡市でコンビニ強盗2件、同一犯か (22日)TBS

22日未明、茨城県石岡市内の2つのコンビニエンスストアに強盗が押し入り、警察は同一人物の犯行とみて調べています。
 全身黒ずくめの男がレジに近づき、ポケットから出したナイフを突きつけようとしています。
 22日午前2時半ごろ、茨城県石岡市のコンビニエンスストアで、男が店長(35)に果物ナイフのようなものを突きつけ、レジにあった現金およそ6万6千円を奪って逃走しました。
 そのおよそ40分後、3キロほど離れた別のコンビニエンスストアにも男が押し入り、現金およそ5万5千円を奪って逃走しました。
 いずれも店内に客はおらず、店長ら2人にけがはありませんでした。警察は同一人物の犯行とみて、調べています。(22日11:34)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2664308.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2日に1回…死亡率40倍、高速道路“逆走”で対策会議(22日)テレビ朝日

相次ぐ高速道路の逆走事故を防ごうと、国土交通省で専門家による対策会議が始まりました。

 国交省によりますと、高速道路での逆走は全国で2日に1回程度起こっていて、逆走が絡んだ事故の件数は年間40件前後です。逆走した運転手の約7割が65歳以上の高齢者だということです。また、高速道路全体の事故と比べると、逆走での事故は死亡率が40倍となっていて非常に危険です。22日の専門家会議では、ETC(自動料金収受システム)やカーナビを使って音声で警告を発するなどの対策について話し合われました。国交省は、来年3月をめどに対策を取りまとめ、2020年までに逆走事故をゼロにしたいとしています。

2009_1229_211958annlogo1_4
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000064882.html

| トラックバック (0)

被害男性“黒い袋”投げたか 車で挟み撃ち“殺害”(22日)テレビ朝日

名古屋市で、車を運転していた男性が車の前後を挟み撃ちにされたうえ、男たちに刃物で切られて殺害された事件で、男性が投げたとみられる袋が現場近くで見つかり、警察がトラブルの原因とみて調べています。
 名古屋市で20日、30代の外国人とみられる男性が2台の車に前後を挟まれ、5、6人の外国人風の男らに刃物で切られて殺害されました。男性は、襲われた後に何かを投げたとみられています。21日夜、被害者が投げたとみられる黒い袋が見つかり、警察が中身を調べています。事件当時、一度、逃げた男らが現場に戻って被害者の車を物色していて、警察は、黒い袋がトラブルの原因になった可能性も視野に調べています。

2009_1229_211958annlogo1_3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000064880.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ガソリン被った交際男性に火 殺人未遂容疑で女逮捕(22日)テレビ朝日

愛知県刈谷市で、ガソリンをかぶった交際相手の男性に火を付けて殺害しようとした疑いで48歳の女が逮捕されました。

 殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、刈谷市の居酒屋経営・長谷部百合容疑者です。警察の調べによりますと、長谷部容疑者は22日午前1時ごろ、居酒屋の出入り口近くで、ガソリンをかぶった状態の客で交際相手の50代の男性にライターで火を付けた疑いです。男性は1人で店に来て酒を飲んでいましたが、突然、外にあったガソリンが入った容器を店内に持ち込んで自分にかけたため、長谷部容疑者が外に連れ出して犯行に及んだとされています。男性は顔などにやけどを負いましたが、命に別状はないということです。長谷部容疑者は容疑を認めていて、警察が詳しい経緯を調べています。

2009_1229_211958annlogo1_2
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000064872.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

新国立、大成・隈氏のA案に=「木と緑」特徴、1490億円-政府了承(22日)時事

20151222ax0412020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場の整備で、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)は22日、設計・施工の公募に応じた2陣営のうち、「木と緑」をテーマにした大成建設と建築家隈研吾氏によるA案の採用を決めた。首相官邸で同日午前開かれた関係閣僚会議(議長・遠藤利明五輪担当相)に提示し、了承された。迷走が続いた競技場の建設問題が決着した。
【図解・行政】新国立競技場の概要
 安倍晋三首相は会議で「競技場を世界最高のバリアフリーや日本らしさを取り入れた、世界の人々に感動を与えられるメーンスタジアムとして次世代に誇れるレガシー(遺産)にする」と述べた。
 総工費は、整備計画見直し後に上限とされた1550億円を60億円下回る約1490億円。16年12月に着工し、19年11月末に完成する予定。
 周辺の神宮外苑との調和を重視し、観客席の屋根は鉄と木材を組み合わせて「和」を演出する。スタンドは3層構造で、高さを50メートル以下に抑える。観客席は約6万人分、大会後はサッカーのワールドカップ(W杯)が招致できるよう約8万人分に増やす。(2015/12/22-12:07)

| コメント (0) | トラックバック (0)

中学校金庫の40万円紛失、女性教諭「捨てた」(22日)読売

徳島県阿波市の市立中学校で、職員室の金庫に保管していた現金約40万円がなくなり、同校の50歳代の女性教諭が無断で持ち出していたことが、市教委などへの取材でわかった。阿波吉野川署は、窃盗の疑いで捜査している。
 市教委などによると、現金は2年生の保護者から集めた教材費で、10日、会計担当の男性教諭が金庫に入れた。11日に業者への支払いのために金庫を開けると見当たらず、校長が同日、同署に盗難の被害届を出した。18日、女性教諭が自ら同署を訪れ、「お金を持ち出し、ゴミ箱に捨てた。ストレスを感じていた」と話したという。
 同校では教職員全員が金庫の開け方を知っていた。今後は校長と教頭しか開けることができないようにして再発防止を図る。市教委は「金銭の紛失は大変遺憾。捜査の推移を見守りたい」としている。

2015年12月22日 10時16分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

登山家・谷口けいさんの死亡確認 北海道・黒岳で発見(22日)朝日

 北海道大雪山系黒岳(標高1984メートル)で21日から行方不明になっていた国際的な登山家の谷口けいさん(43)=山梨県北杜市=を捜索していた道警などの捜索隊は22日午前9時半ごろ、山腹で谷口さんが倒れているのを発見し、ヘリコプターに収容した。間もなく死亡が確認された。

 道警と陸上自衛隊は同日早朝から、地上と上空から捜索を開始。谷口さんと一緒に登山していた男性らも捜索に加わった。谷口さんは雪に埋もれた状態で見つかった。
 谷口さんら5人が登っていたのは、登山道とは離れた「北壁」と呼ばれる急な岩登りのルート。難所を越えて目的の山頂付近にほぼ達したところで、谷口さんは「用を足す」と告げ、安全のため仲間とつないでいたロープを外し、少し離れた岩場の陰に行った。戻らなかったため、仲間が捜しに行くと姿が見えず、両手の手袋が残されていた。斜面の下の標高差で150メートルほど下った場所で滑落時にできるような跡が見つかった。http://www.asahi.com/articles/ASHDQ3HH3HDQUTIL00Q.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【衝撃事件の核心】暴走族の“断末魔”か、警官を挑発する「イレブンスリー」…岸和田にギャラリー3千人 (22日)産経

11月3日未明、大阪府岸和田市の国道26号。バイクや改造車に乗った200~300人の少年らが、今年もわが物顔で公道を走り回った。開催月日にちなみ、定着した名称は「イレブンスリー」。約3千人の若者が見学する中、ナンバープレートを折り曲げたバイクがけたたましいエンジン音を響かせ、制止しようとした警察官を挑発するなど、まさに「ルール無用」の集団暴走を繰り広げた。全国的に暴走族が激減する中、拡大の動きを見せるイレブンスリーだが、発祥や由来は当の本人たちさえよく分かっていないという。周囲に迷惑をまき散らし、エネルギーを発散する若者たち。消えゆく暴走族の〝断末魔〟なのか。(大森貴弘)

続きを読む "【衝撃事件の核心】暴走族の“断末魔”か、警官を挑発する「イレブンスリー」…岸和田にギャラリー3千人 (22日)産経"

| コメント (0) | トラックバック (0)

JR東海会長名乗り口座開設か 名古屋の男ら2人逮捕(22日)NHK

JR東海の会長だとうそを言って銀行口座を開設し、通帳をだまし取ったとして、名古屋市の男ら2人が詐欺などの疑いで警視庁に逮捕されていたことが分かりました。警視庁は、2人が別の詐欺グループから金をだまし取るために、大企業の幹部と同じ名前の口座を悪用しようとしたとみて捜査しています。
逮捕されたのは、名古屋市天白区の無職、都築猛容疑者(71)と大阪・泉佐野市の55歳の会社役員の2人です。
警視庁の調べによりますと、都築容疑者らはことし9月、名古屋市内の銀行を訪れ、口座を開設する書類にJR東海の会長と同じ名前や住所などを記入したうえ、偽造した身分証明書を示して銀行口座を開設し、通帳をだまし取ったとして、詐欺などの疑いがもたれています。
これまでの調べで、都築容疑者が会長を装い、会社役員が付き添い役として書類の記入などをしていたということです。警視庁によりますと、調べに対し2人は容疑を認めているということです。警視庁は、2人が別の詐欺グループから金をだまし取るために、大企業の幹部と同じ名前の口座を悪用しようとしたとみて捜査しています。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151222/k10010349251000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

外壁や扉に「バカ」「アホ」…住宅12軒に落書き 同一犯の可能性(22日)産経

千葉県警市川署は、市川市市川南で、住宅12軒の外壁や扉に赤いスプレー塗料のようなもので「バカ」や「アホ」などと落書きされているのが見つかったと発表した。同署は同一犯による建造物損壊事件の可能性が高いとみて捜査している。
 同署によると、落書きは18日夜から19日朝にかけて行われたとみられる。同市内では先月上旬から同日までに、住宅や乗用車などへの落書き被害が今回を含めて計47件確認されており、同署は周辺の防犯カメラの映像を解析するなどして、関連を調べている。http://www.sankei.com/affairs/news/151222/afr1512220005-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

サイバー攻撃の脅威「今、狙われているのは政府職員の家族だ」 サミットや東京五輪…政府テロへの対策加速(22日)産経

政府は、来年5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)や2020年東京五輪・パラリンピックに向け、テロ対策を加速させている。パリ同時多発テロのような直接の殺傷行為を伴う犯罪に目が向きがちだが、それと同等の脅威となるのがサイバー攻撃によるテロだ。サイバー攻撃はインターネットを悪用して人的、物理的な被害を引き起こすまで“技術”が進化しており、深刻なテロ被害を生みかねない。(千葉倫之)
 「SF小説のようなことが現実になりつつある」
 そう語る政府関係者は、今年7月に米雑誌「WIRED(ワイアード)」がネット上に動画付きで公開した、ある「実験」を例に挙げる。
 その動画には、ハイウェイを快調に走る車が映し出される。だが、突然、クラクションが勝手に鳴り、ワイパーが作動。空調も「オン」になり、カーラジオからも爆音が流れ始める。運転する雑誌記者はパネルを操作するが、意図しない動作を止められない。とうとうエンジンが止まり、なすすべなく車は減速するだけだった-。

| コメント (0) | トラックバック (0)

同性愛関連本 昨年に続き、岐阜県図書館で26冊(22日)毎日

岐阜県図書館(岐阜市宇佐4)は21日、同性愛や性同一性障害に関する書籍26冊(約7万3000円相当)が盗まれたと発表した。同館では昨年8月にも同じテーマの書籍36冊が盗難被害に遭っており、県警岐阜南署が関連を調べている。
 盗まれたのは開架式書庫の「性問題」をテーマに掲げたコーナーにあった計121冊中の26冊。先月末から実施していた年1回の蔵書点検で判明した。
 昨年8月には同テーマの本が同館で36冊、岐阜市立図書館でも24冊盗まれているが、犯人検挙には至っていない。県図書館は盗難後、24冊を再度購入したが、うち17冊はまた盗まれた。【岡正勝】

Logo_mainichi_s1http://mainichi.jp/articles/20151222/ddm/041/040/163000c

| コメント (0) | トラックバック (0)

保険金殺人と認定、1億円支払いの判決取り消し(22日)読売

フィリピンで2010年に男性会社員が射殺された事件を巡り、勤務先だった教材販売会社(京都市)が旧損害保険ジャパン(現・損害保険ジャパン日本興亜)に保険金1億円の支払いを求めた訴訟の控訴審で、東京高裁(河野清孝裁判長)が、事件は販売会社役員2人による保険金殺人だったと認定し、1億円の支払いを命じた東京地裁判決を取り消す判決を言い渡していたことがわかった。
 控訴審判決は16日付。
 事件を巡っては、京都地検が14年2~3月、いずれも販売会社の代表取締役だった新井正吾(45)と兄の茂夫(58)両被告が、従業員だった男性(当時35歳)に1億円の保険をかけて殺害したなどとして殺人罪などで起訴した。正吾被告は刑事裁判の1、2審で無期懲役の判決を受け、茂夫被告は、1審の公判前整理手続き中。

2015年12月21日 20時57分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ

| コメント (0) | トラックバック (0)

ロシア爆撃機が日本列島周回 自衛隊機が緊急発進(22日)NHK

21日、ロシア軍の爆撃機が日本列島周辺を1周し、自衛隊機がスクランブル=緊急発進しましたが、領空侵犯はありませんでした。
防衛省によりますと、ロシア軍のTU95爆撃機2機とA50早期警戒管制機1機が、午前中、日本海から日本列島に接近しました。
このうち早期警戒管制機は、日本海を飛行したあと、数時間ほど飛んで日本列島を離れましたが、爆撃機2機は南下を続け、沖縄周辺海域の上空で太平洋側に回り込みました。その後、日本列島を1周するように北上を続け、21日夜、ロシア方面に戻りました。
爆撃機の飛行は半日にわたり、その間、自衛隊機がスクランブル=緊急発進しましたが、領空侵犯は無かったということです。防衛省が飛行の目的について分析しています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151221/k10010348801000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

路上で転倒 警察署で保護の男性が死亡(22日)NHK

21日、東京・江戸川区の路上で自転車で転倒して、警察署で保護されていた41歳の男性がその後、死亡し、警視庁が死因を調べています。
21日午後1時ごろ、東京・江戸川区中葛西で「自転車に乗っていた男性が転倒した」と通りかかった女性から通報がありました。
警察官が駆けつけたところ、近くに住む41歳の男性が路上に座り込んでいて、立ち上がることができなかったため、パトカーに乗せて葛西警察署で保護したということです。
警視庁によりますと、午後2時ごろから警察署の保護室で1人で寝かせていましたが、およそ4時間後に確認したところ意識がなく心肺停止の状態だったということです。男性は病院に運ばれましたが、午後7時20分ごろに死亡が確認されました。
警視庁によりますと男性は路上で保護された際、酒に酔った状態で目立った外傷はなく、病院への搬送は拒否していたということです。警視庁は当時の状況や死因を調べています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151222/k10010349041000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

北海道・黒岳で女性登山家谷口けいさん滑落か(22日)テレビ朝日

女性登山家の谷口けいさん(43)が行方不明になりました。北海道大雪山系黒岳の頂上付近で、21日に滑落したものとみられています。
 一緒に登っていた男性:「谷口けいさんが山頂から転落してしまった。黒岳沢という方向に転落しました」
 山梨県の登山家・谷口さんは、仲間の男性4人と黒岳に登り、頂上付近で姿が見えなくなったということです。近くには崖があって、片方の手袋と滑り落ちたような跡が見つかりました。谷口さんは崖を150m以上滑落したものとみられ、警察の山岳救助隊が22日朝から捜索の準備を進めています。谷口さんは、世界の優れた登山家に贈られる「ピオレドール賞」を受賞しています。

2009_1229_211958annlogo1
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000064863.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

JR北海道、幹部ら22日書類送検へ 検査数値改ざん容疑(22日)日経

 2013年9月にJR函館線大沼駅(北海道七飯町)で起きた貨物列車脱線事故をめぐる、レール検査数値の改ざん事件で、北海道警は21日、鉄道事業法違反や運輸安全委員会設置法違反の疑いで、JR北海道本社工務部の幹部ら約20人と法人としての同社を22日に書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。
 道警は脱線事故についても、業務上過失往来危険容疑で現場の保線を担当していた大沼保線管理室の当時の…

電子版トップ速報トップ

関連キーワードJR北海道、数値改ざん
会員登録
[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。http://www.nikkei.com/article/DGXLZO95413120S5A221C1000000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

河津桜の枝59本折られる、警察に被害届 (22日)TBS

 静岡県河津町で、春の訪れを告げる河津桜の枝59本が何者かによって折られているのが分かり、河津町は21日、警察に被害届を提出しました。
 河津町によりますと、今月15日以降、河津川沿いの遊歩道に植えられている河津桜の枝、合わせて59本が折られているのを町の職員らが発見しました。
 被害の範囲はおよそ400メートルほどにわたっていて、地元では、折られた枝の断面に薬を塗るなどの応急処置をしました。
 この河津桜は早咲きの桜で、毎年2月には地元でまつりが開かれていて、今年は80万人を超える観光客を呼んだ町の貴重な観光資源です。
 「町としては非常に憤りを感じている」(相馬宏行河津町長)
 河津町は21日、警察に被害届を提出。夜間の見回りなどの対策を練ることにしています。(22日05:39)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2663791.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

DVの元夫「養育費払えない」 母と娘、洗面台ない生活(22日)朝日

子どもと貧困 シングルマザー

 「私とママの家は小さいね」
 友達の家を訪ねた後から長女(3)が口にする言葉が、女性(36)の胸にチクリと刺さった。京都市の家賃5万5千円の木造長屋。洗面台はない。

 公的機関の非常勤職員で、手取りは月13万7千円。片道230円のバス代を節約し、40分かけて自転車で通勤する。
 離婚した元夫から養育費はもらっていない。
 一昨年6月、頭を踏みつけられるなどの家庭内暴力(DV)に耐えきれず、家を出た。離婚調停が成立せず、昨年4月に裁判で離婚を請求。月6万4千円の養育費を求めた。
 団体職員だった元夫の年収は485万円あった。だが調停中に辞職し、借金して飲食店を開業。「店は毎月赤字。払える状態にない」と反論された。最終的に示された回答は「1万円なら払える」。結局、もらわない決意をし、昨年11月、離婚が成立した。
 「国や市が間に入って養育費が払われるなら、1万円でも5千円でもある方がいい。ただ、今は縁が切れてよかったとしか思えない」。1万円のために元夫と関わり続けなくてはならない方が苦痛だった。
 この間、女性はパソコンを使った内職と大学でのバイトを掛け持ちし、生活費を捻出してきた。DVによる保護命令はなかったため、離婚成立まで児童扶養手当やひとり親医療費助成を受けられなかった。弁護士費用として月1万6千円35回払いの借金が残った。残り:1151文字/全文:1742文字

Logo2
http://www.asahi.com/articles/ASHD96RLWHD9PTFC01S.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月21日 | トップページ | 2015年12月23日 »