カテゴリー

« 2015年12月20日 (日) | トップページ | 2015年12月22日 (火) »

2015年12月21日 (月)

2015年12月21日 (月)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(21、22日単位・レベル)
庶民の防犯カメラ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011409 最近、防犯ツールというよりは犯罪捜査の重要ツールとなってきた防犯カメラ。報道によると群馬、埼玉大の研究グループが最先端の機能を搭載し、しかも安価な防犯カメラの開発を進めているという。
 群馬大が開発したカメラはLANサービス「Wi−Fi(ワイファイ)」機能搭載で、ネットに接続すれば映像はリアルタイムで見られるという優れもの。しかも、閲覧が許された人の悪用を防ぐ仕組みもあり、カメラ本体は3000円という安価なものだという=産経新聞
 防犯カメラの映像を公開することで捜査に活用する大きな契機となったのはあのオーム真理教の指名手配犯や強盗事件など凶悪犯の映像の積極公開からで、その最先端をいったのは警視庁だった。それまでは消極的だったが全国の警察が積極公開し犯人逮捕に結びつけており、ようやく欧米なみになってきた。
 それが犯人逮捕だけでなく犯罪の抑止につながれば国民の生命と財産を守る重要ツールと言えよう。
 単純で分かりやすく言えば街頭犯罪のひったくりだ。警察庁によると今年11月までの認知件数は3867件で前年同期に比べて1822件の減。
 平成26年は25年に比べて1708件、24年は23年に比べて2393件、22年は21年に比べて4477件と年々減少している。
 今年最も減らしたのは大阪の−373件。埼玉の−283件、東京の−263件、京都の−93件など。逆に増加したのは奈良の+18件を頭に滋賀、秋田の+6件、宮崎と香川の+3件、鳥取の+2件で27都道府県中で6府県警だった。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2" »

« 2015年12月20日 (日) | トップページ | 2015年12月22日 (火) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ