カテゴリー

« 2015年12月10日 (木) | トップページ | 2015年12月12日 (土) »

2015年12月11日 (金)

2015年12月11日 (金)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(11、12日単位・レベル)
検挙率が高い粗暴犯
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011406 今月8日、東京・世田谷区のコンビニで、17歳の男子高校生が見知らぬ男に買い物かごで殴られ1週間のケガをした事件で警視庁は、近所に住む48歳の男を逮捕した。警視庁は男の鮮明な映像を公開していた。
 また、新潟市東区のコンビニで11月29日に居合わせた小学2年の男児と妹の保育園児が足で蹴られた事件では48歳の無職の男が新潟県警に逮捕された。
 このほか女性に唾を吐きかけた30歳の会社員の男が暴行容疑で大阪府警に逮捕されるなど粗暴犯事犯が相次いで逮捕されている。
 警察庁によると今年10月まで全国の警察が認知した粗暴犯は5万3533件で前年同期に比べて798件も減少。検挙率は76.8%で2.5ポイントもあがっている。
 なかでも傷害は2万1045件で1362件も減っており、これに対して検挙率は高く傷害致死に至っては102.9%を誇る。このほか脅迫が3132件で検挙率は82.6%だった。
 例によって県別ランキングでは暴行は東京の3962件を頭に神奈川2138件、兵庫1775件、大阪1688件、埼玉1663件の順。
 傷害のワーストは東京の2658件、大阪の2595件、神奈川の1367件、埼玉の1278件、兵庫の1239件と続いた。
 街頭での行きずりの犯行は粗暴犯に限らず被害者と被疑者に関係がない場合が多く、捜査が困難になる場合もあるが、近年は防犯カメラという捜査ツールが犯罪を抑止するだけでなく、捜査にも有効なツールとなり検挙率を引き上げる要因になっているようだ。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2" »

« 2015年12月10日 (木) | トップページ | 2015年12月12日 (土) »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ