« 2015年12月1日 | トップページ | 2015年12月3日 »

2015年12月2日

2015年12月 2日 (水)

マイナンバー郵便物を紛失、誤配 日本郵便東京支社がお詫び(2日)産経

東京都全域を管轄する日本郵便東京支社は2日、11月29日から12月1日にかけて、マイナンバーを通知する郵便物2通で紛失や誤配があったと発表した。
 同支社によると、11月29日、大森郵便局(大田区)の配達員が配達業務後、同郵便物が1通不足していることに気付いた。落としたか誤配の可能性がある。12月1日夕に誰かが受取人のポストに郵便物を入れたことが分かり、受け取りは正常に行われた。
 また、1日には荏原郵便局(品川区)の配達員が、1人の受取人に誤って2通の同郵便物を渡したことが判明。誤配に気付いた配達員が回収し、本来の受取人に渡した。
 同支社は「信頼を損ねたことをおわびし、再発防止に努める」としている。http://www.sankei.com/affairs/news/151202/afr1512020028-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

群馬のモスバーガーに強盗、被害22万円 (2日)TBS

2日朝、群馬県渋川市にある「モスバーガー」に男が押し入り、従業員の女性の口を後ろから手で塞(ふさ)いで脅し、現金およそ22万円を奪って逃げました。
 午前6時前、渋川市にある「モスバーガー渋川店」に男が押し入りました。男は開店の準備のため、レジ近くで作業をしていた従業員の女性(19)に対し、後ろから手で口を塞ぎ、「金を出せ、静かにしろ」などと脅しました。
 男は店の売上金およそ22万円を奪って逃走しました。女性にけがはありませんでした。
 警察によりますと、男は50歳ほどで、身長およそ175センチ、上下黒っぽい色の服に、黒い帽子、白いマスクをしていたということです。警察は、強盗事件として逃げた男の行方を追っています。(02日16:37)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2649495.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

半蔵門線:固定バンド、人為的に外される?…消火器噴出(2日)毎日

東京メトロ半蔵門線で2日午前8時半ごろ、南栗橋発中央林間行き電車(10両編成)が半蔵門駅(東京都千代田区)に止まった際、6号車内の壁に備え付けられた消火器が1.3メートルの高さから床に落ち、消火剤が車内に充満するトラブルが発生した。同社や車両を保有する東急電鉄は、消火器を固定していたバンドが人為的に外され、その後走行の振動で消火器が落ちた可能性もあるとみている。
 両社によると、消火器を固定していたバンドなどが車両の連結部にある渡り板の下から見つかった。自然に外れて入り込む可能性は低いという。
 このトラブルで乗客5人が避難する際にけがをし、3人が消火剤を吸って体調不良を訴えた。約1万6000人に影響した。【本多健】

Logo_mainichi_s1http://mainichi.jp/select/news/20151203k0000m040042000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

患者紹介で贈収賄容疑=病院医長ら2人逮捕-愛知県警(2日)時事

転院する人工透析患者を紹介した見返りに約60万円を受け取ったとして、愛知県警捜査2課などは2日、収賄の疑いで国家公務員共済組合連合会「名城病院」(名古屋市中区)の腎・糖尿病内科医長、赤沢貴洋容疑者(41)=同市東区東大曽根町=を逮捕した。
 贈賄の疑いで医療法人「光寿会」名誉会長、多和田英夫容疑者(64)=同市西区城北町=も逮捕。いずれも「間違いない」と容疑を認めているという。 (2015/12/02-20:17)

2015

| コメント (0) | トラックバック (0)

走行中の新幹線で初のテロ対策訓練(2日)NHK

来年の主要国首脳会議「伊勢志摩サミット」や5年後の東京オリンピック・パラリンピックを見据えて、公共交通機関を狙ったテロ対策の強化が求められているなか、走行中の新幹線を使った全国で初めてのテロ訓練が神奈川県で行われました。
この訓練は、神奈川県警察本部やJR東海などが、ことし6月に県内を走行中の新幹線が放火された事件が起きたことをきっかけに行ったものです。訓練は、東京駅の新幹線ホームで爆発物が見つかり、「テロリスト2人が東京駅から東海道新幹線に乗って逃走した」という想定で行われました。
訓練では、警視庁から連絡を受けた神奈川県警が、入手したテロリストの画像を警察官に送り、緊急配備をしました。このうち新横浜駅では、新幹線を降りたテロリストの1人に対して、駅の外で職務質問を行い、暴れるテロリストを取り押さえたうえ、爆発物を専用の重機で処理する手順を確認していました。
一方、神奈川県警のヘリコプターは、残る1人のテロリストが乗車したまま走行している新幹線を上空から追跡し、撮影した映像を警察本部に送り続ける訓練も行いました。
また、車内に火をつけようとしたテロリストを取り押さえ、新幹線が停車した小田原駅で、外に連れ出すとともに、乗客役の人たちを安全に誘導していました。
走行中の東海道新幹線を使ったこうしたテロ訓練は全国で初めてだということです。神奈川県警察本部の宮崎哲也通信指令課長は「フランスでの連続テロ、新幹線内での放火事件などがあり、訓練を通じて得た反省や教訓を基に、いざというときに備えて万全を期したい」と話していました。

続きを読む "走行中の新幹線で初のテロ対策訓練(2日)NHK"

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(2、3日単位・レベル)
身柄不拘束が減少
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011386 犯罪を起こした者を逮捕するのには犯行現場で逮捕する現行犯逮捕や犯罪に疑うにたりる状況にある場合の緊急逮捕。逮捕令状を受けて後日に逮捕する通常逮捕がある。
 これとは別に110番などで現場に駆けつけるが逮捕要件を見たされずに身柄不拘束もある。この身柄措置にちょっとした異変が起きている。
 現行犯逮捕しようとしたが警察官を振り切って逃走する場合もある。先月28日に茨城県潮来市で男3人の乗用車が前の車に追突した交通事故で現場にかけつけた警察官を振り切って逃げてしまった。
 逃げた男は窃盗容疑で逮捕状が出ており令状に基づく通常逮捕の予定だった。が逃げられてしまった。実はこの通常逮捕が増加傾向にある一方、身柄の不拘束が減少傾向にある。
 身柄は被疑者に定まった住所がない場合や、証拠隠滅や逃走の恐れがある場合は拘束される。住所がしっかりして逃走も隠滅の危険性もなければ拘束されない。
 今年10月までに全国の警察の身柄措置別を見ると最も多いのは通常逮捕で3万4216人。次いで現行犯逮捕が2万6506人。緊急逮捕が3413人。身柄不拘束が12万8815人。
 これらを前年同期と比べると唯一増加したのは通常逮捕で38人の増加。これに対して身柄不拘束は前年同期より8809人も少なくなった。
 平成26年の身柄不拘束は17万1441人で前年より1万0288人も少なくなるなど傾向として減少傾向にある。
 拘束しない数字が減少しているが認知件数との割合では身柄拘束が多くなっており、それだけ逃走や証拠隠滅の危険性が増しているのか?犯罪の内容に変化が出たのか、あるいは住所が定まっていない者が多くなっているのか、いずれにせよ事件の形態が変わってきていることだけは確かなようだ。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

客引き用に無許可で無線使用 容疑の居酒屋店長逮捕 警視庁(2日)産経

東京・池袋の居酒屋で客引きの連絡用に無許可で無線を使ったとして、警視庁保安課は電波法違反(無線局の開設)容疑で、東京都品川区西五反田の居酒屋店店長、盛田龍皇容疑者(29)を現行犯逮捕した。同課によると容疑を認めている。
 同課は10月、池袋周辺で違法に無線を使っていた4店舗に警告。盛田容疑者の店はその後も使い続けていた。使っていた無線機は1台4、5千円の中国製で、国内では使用できない規格だった。
 逮捕容疑は11月30日午後6時20分ごろ、豊島区南池袋の居酒屋で、客引きとの連絡用に違法に無線局を開設したとしている。http://www.sankei.com/affairs/news/151202/afr1512020025-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

映像公開…「元同僚に似ている」現金受け取り役逮捕(2日)テレビ朝日

東京・練馬区で去年、78歳の男性が100万円をだまし取られた振り込め詐欺事件で、警視庁は、映像を公開して行方を追っていた現金受け取り役の男を逮捕しました。
 無職の高瀬光一容疑者(49)は去年、練馬区の当時78歳の男性に対し、息子を装って「会社の金で株を買い、損をした。きょう中に100万円を返せば訴えられずに済む」などと嘘の電話を掛け、100万円をだまし取った疑いが持たれています。
 警視庁が男性の自宅の周辺で現金を受け取った後に走って逃げる男の防犯カメラの映像を公開したところ、「元同僚に似ている」との情報提供があったということです。高瀬容疑者は「間違いない」と容疑を認めています。警視庁は、他にも複数が振り込め詐欺に関わっていたとみて調べています。

2009_1229_211958annlogo1_4
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000063611.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

風俗店経営の男、歌舞伎町で車から客振り落とす(2日)読売

風俗店の客ら男性2人を殺害しようとしたなどとして、警視庁新宿署が東京・歌舞伎町の風俗店経営・藤野耕治容疑者(34)(新宿区新宿)を殺人未遂容疑などで逮捕していたことが捜査関係者への取材でわかった。
 捜査関係者によると、藤野容疑者は8月25日午後9時頃、新宿区歌舞伎町の路上で、客の男性(30)とその友人男性(27)とトラブルになり、2人がボンネットと運転席の窓枠にしがみついた状態で乗用車を約100メートル走らせ、2人を振り落として殺害しようとした疑い。落下した2人は鎖骨骨折などで全治2~6週間の重軽傷。
 藤野容疑者の店は、性的サービスの内容を巡って客と度々トラブルになっていたという。調べに対し、藤野容疑者は「殺すつもりはなかった」と殺意を否認している。

2015年12月02日 16時16分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁局長かたる偽造文書に・・・ 「グーグル」事件被害の弁護士名 (2日)TBS

 警察庁の幹部をかたり偽造した文書が全国の教育委員会などに宛てて送られている問題です。この文書に、グーグルマップが書き換えられた事件で被害にあった事務所の弁護士の名前が書かれていることが新たにわかりました。
 この問題は、12都道府県の教育委員会などに宛てて、「警察庁生活安全局長」をかたり、「弁護士を名乗る者が個人情報の削除費用として現金を要求する新手の詐欺が増加しています」などと注意する内容の偽造文書が数十通送られているものです。
 その後の調べで、この偽造文書で名指しされた弁護士の事務所の名前が、グーグルマップが書き換えられる事件の際に使われたものと同じであることが新たにわかりました。
 同一の弁護士が誹謗中傷されているとみられ、警察庁は、公文書偽造の疑いもあるとして警視庁に相談しています。(02日15:04)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2649190.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

次男を包丁で刺した疑い 70代夫婦逮捕(2日)NHK

1日夜、埼玉県北本市の住宅で、この家に住む70代の夫婦が、同居する42歳の次男の胸などを包丁で刺したとして、殺人未遂の疑いで警察に逮捕されました。
1日午後9時すぎ、北本市北本宿の住宅から「息子を刺した」と通報があり、警察官が駆けつけたところ、この家に住む42歳の男性が室内で胸などを刺されて倒れているのが見つかりました。男性は大けがをして病院で手当てを受けているということです。
警察が、家にいた男性の母親の岩瀬喜久代容疑者(70)に事情を聞いたところ、「次男を包丁で刺した」と話したことなどから、殺人未遂の疑いで逮捕しました。また、その場にいた父親の道夫容疑者(74)も、事件に関わったとして殺人未遂の疑いで逮捕しました。警察によりますと、この家には夫婦と次男の3人が暮らしていて、夫婦は調べに対し、「3人で話し合いをしたあと、殺そうと思ってやった」などと話しているということです。
警察は、事件の詳しいいきさつを調べることにしています。

News_pic1_3
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151202/k10010326931000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国人の男2人、男子中学生の誘拐を計画 身代金目的拐取予備容疑で異例の再逮捕 茨城県警(2日)産経

男子中学生を誘拐して家族から身代金を奪う計画を立てたとして、茨城県警組織犯罪対策課と捜査1課などは2日、身代金目的拐取予備容疑で、いずれも中国籍で水戸市西原の無職、李強被告(25)=別の営利略取未遂罪、強盗致傷罪などで起訴=と、同県鉾田市鉾田の農業手伝い、王斌被告(24)=同=を再逮捕した。同容疑での逮捕は異例という。
 再逮捕容疑は、今年9~11月にかけて、鉾田市の10代の男子中学生を誘拐して家族から数千万円の身代金を奪う計画を立てたとしている。
 県警は「捜査に支障がある」として2人の認否を明らかにしていない。
 捜査関係者によると、2人は身代金の受け渡し場所を水戸市や鉾田市など転々とさせて警察の捜査を攪乱する計画を立て、その内容を記したメモを作成していたという。

| コメント (0) | トラックバック (0)

伯父刺殺の疑い、17歳少年を逮捕 石川県警 (2日)日経

石川県警七尾署は2日、同県中能登町で無職の伯父(51)を殺害したとして、殺人の疑いで同県七尾市在住の高校3年の少年(17)を逮捕した。
 県警によると、少年は11月30日の事件直後、近くのJA支店に駆け込み、殺害を認めていたが自身も手を負傷して入院していた。「カッとなって刺した」と供述している。
 逮捕容疑は30日午後1時15分ごろ、中能登町のアパートで、この部屋に住む伯父の首などを包丁のような刃物で突き刺すなどして殺害した疑い。司法解剖の結果、伯父は失血死だった。
 捜査関係者によると、少年は母親を亡くしてから七尾市内の施設で生活。事件前日に少額の現金を盗んだ事件を起こし、当日は現場のアパートで伯父と施設職員ら数人で今後のことを話し合っていた。職員らがいない間に刺殺したとみられる。
 近所の人の話では、少年はこのアパートで母親と暮らしていたが、母親が今年に入り死亡。しばらく伯父と一緒に住んだ後、施設で生活するようになったという。〔共同〕http://www.nikkei.com/article/DGXLZO94667160S5A201C1000000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

震災特例助成金2億9000万円詐取容疑、人材派遣会社社長を逮捕 (2日)TBS

東日本大震災による休業対策として国から経営側に支給された雇用安定助成金。この制度をめぐり、大阪の人材派遣会社の社長が助成金2億9000万円をだまし取ったとして逮捕されました。
 詐欺の疑いで逮捕されたのは、大阪の人材派遣会社「ビジービー」の社長、中村真也容疑者(49)です。大阪府警によりますと、中村容疑者は2011年6月から翌年の7月までの間に、東日本大震災の被災地での事業が3分の1以上あるなどとうその申請書を作成し、震災の影響で社員が休業した場合に支給される雇用安定助成金2億9000万円をだまし取った疑いです。
 ビジービーでは震災後、社員数を5倍以上に増やす一方で、ほとんどを休業させて助成金を受け取っていたということです。中村容疑者はJNNに対し、このように答えていました。
 「東北の方々、被災地の方々は仕事もないし、雇用もない。そういった方々を広く受け入れて、教育をしていく、(自分の)ミッションかな、使命かなと」(ビジービー 中村真也社長、2013年2月取材)
 警察は、被害額が6億円近くにのぼるとみています。(02日11:33)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2649184.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

佐渡に漂着の木造船から1人の遺体(2日)NHK

先月、新潟県佐渡市の沿岸で転覆した木造船が見つかり海上保安本部が、2日、船内を詳しく調べた結果、1人の遺体が見つかりました。日本海側では2か月ほど前から朝鮮半島からとみられる木造船の漂着が相次いでいて、海上保安本部では関連を調べています。
遺体が見つかったのは先月14日、佐渡市の沿岸近くに転覆した状態で漂着した木造船です。
佐渡市の豊岡漁港に係留されていましたが、2日、船を引き上げる際、第9管区海上保安本部が船内を詳しく調べたところ遺体が見つかったということです。
海上保安本部によりますと、木造船は全長が13メートル、幅が3メートル余りで、船底が平底と日本にあまりない構造となっていて、船首付近にはハングルが表記されているということです。
日本海側では、この2か月ほどの間に各地の沿岸や沖合でハングルが表記されるなどした木造船が見つかり、船内から遺体が確認されるケースが相次いでいて、各地の海上保安本部では、朝鮮半島周辺の漁船が遭難して日本に漂流してきた可能性もあると見ています。
今回見つかった木造船の船籍や用途は分かっていませんが、第9管区海上保安本部では、各地で相次いでいる漂着との関連を調べています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151202/k10010326911000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京メトロ半蔵門 走行中の車内で消火器落下し噴出(2日)テレビ朝日

東京メトロ半蔵門線の走行中の電車内で設置されていた消火器が突然、落下し、消火剤が噴出しました。乗客5人がけがをしたほか、3人が体調不良を訴えました。
 2日午前8時半ごろ、東京メトロ半蔵門線で、九段下駅から半蔵門駅に向かって走行中の電車内で設置されていた消火器が落下して転がり、消火剤が噴出しました。乗客が避難の際に転ぶなど5人がけがをしたほか、3人が体調不良を訴えました。
 乗客:「逃げ場がないじゃないですか、電車なんで。自分も余裕がなく、一生懸命逃げた」
 警視庁によりますと、何らかの原因で消火器を固定していたベルトが外れたとみられています。

2009_1229_211958annlogo1_3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000063591.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

当て逃げの車に引きずられ 男性振り落とされ重傷(2日)テレビ朝日

大阪府四条畷市で、男性がいわゆる当て逃げした車を追跡したうえ、車が停止した際に窓にしがみ付いて400mほど引きずられた末、振り落とされて重傷です。
 2日午前7半時すぎ、四条畷市の国道163号で、普通乗用車が軽トラックの後部に接触して逃走しました。軽トラックの男性(43)が当て逃げした車を追跡し、車が停止した際に近付いたところ、急発進したため、開いていた窓にしがみ付いて400mほど引きずられた末、転落しました。男性は腰の骨を折るなどの重傷です。車はそのまま逃走し、警察は殺人未遂事件として捜査しています。

2009_1229_211958annlogo1_2
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000063607.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

マイナンバー、すでに不審電話等168件 「金を払えば早急に配達する」などの手口に注意(2日)産経

来年1月1日の運用開始まで残り1カ月を切ったマイナンバー制度。番号通知カードの遅配が続く中、制度に便乗した不審電話などがマイナンバー法施行以降で168件に及ぶことが1日、警察庁のまとめで分かった。捜査当局は警戒を強めているが、個人情報の流出問題や、システムの管理手法など、セキュリティー面で詰めるべき課題は残されたままだ。
 ■10月に大幅増
 警察庁によると、マイナンバー法が施行された10月5日から11月末までに確認されたマイナンバー絡みの不審電話や戸別訪問などは、35都道府県で計168件。手口は不審電話が131件と大半を占め、金銭の要求は25件あった。実際に金銭をだまし取られたケースも2件確認されており、国民生活センターでは他にも4件の被害相談を受けている。
 同センターによると、9月になるまで1桁台だった相談件数は10月に86件と大幅増。11月は24件と落ち着きを取り戻したが、担当者は「一時的に減少傾向を示しただけ」と警戒心を弱めていない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

青森・十和田市の小学校で給食に異物混入相次ぐ (2日)TBS

青森県十和田市の小学校で11月30日、給食の中にプラスチック製のエアガンの弾が混入しているのが見つかりました。この小学校の給食を調理する給食センターの管内では、10月から縫い針や紙などが混入する事態が相次いでいます。
 給食から異物が見つかったのは十和田市内の小学校で、1年生の児童が筑前煮を盛り付けた皿に直径6ミリほどのプラスチック製のエアガンの弾が1個混じっているのに気が付きました。校長の判断で給食を続けましたが、体調不良を訴えた児童はいませんでした。
 この小学校の給食を調理する給食センターの管内では10月には縫い針が、11月には紙のようなものが給食から相次いで見つかっていて、市民からは不安の声が上がっています。
 「口にしたら大変な、具合が悪くなるようなものだったら本当に怖いなというのは親として思う」(市民)
 「同じことが何回もあるんだったら、たぶんよく調べれば原因がわかると思うのでそれは調べてもらいたい」(市民)
 警察は、何者かが故意に混入させた可能性も視野に入れて捜査しています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2649004.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

地面師グループ10人逮捕、2億5千万円詐取などの容疑 (2日)TBS

土地の権利証などを偽造し、駐車場の土地の売買代金として2億5000万円をだまし取ったとして、いわゆる「地面師」のグループ10人が警視庁に逮捕されました。
 詐欺などの疑いで逮捕されたのは、東京・三鷹市の不動産仲介業福田尚人容疑者(54)ら10人です。
 福田容疑者らは、2011年6月から7月にかけて杉並区にあるおよそ800平方メートルの駐車場をめぐり、神奈川県内の不動産業者に対しうその権利証などを示し、土地の売買代金として2億5000万円をだまし取った疑いが持たれています。取り調べに対し、福田容疑者ら9人が容疑を否認しています。
 警視庁は、当時のいきさつを詳しく調べています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2648924.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

山手線新型トラブル、新システム原因か 運転は当面中止(2日)朝日

 JR山手線の新型車両「E235系」(11両編成)で営業運転初日の11月30日にトラブルが相次いだ問題で、JR東日本は1日、走行状態に応じてブレーキを制御する新システムの不具合が原因とみられることを明らかにした。新型車両の運転は当面中止する。

 新型車両は、30日は外回り線を7周する予定だったが、目黒駅で約55センチ行き過ぎて停車し、大崎駅では車両のドアとホームドアが開かなくなる不具合が発生。午後10時50分過ぎ、大塚駅で本来の位置より約1・5メートル手前で停止し、運転を打ち切った。
 JR東によると、E235系は、空気バネや台車についたセンサーで車両ごとの重量や車輪の回転状態を把握してアクセルやブレーキを調整する列車情報管理装置の最新型「インテロス」を初めて導入。このインテロスの不具合で、適切なブレーキ力などを指示できなかった可能性が高い。
 目黒駅では乗客約1600人の重さに応じたブレーキ力を指示できず、大崎駅では停止中の車両にブレーキがかかっていないと誤認、大塚駅ではインテロスの動作が不安定となってブレーキ力が弱まり、運転士が予備ブレーキを引いて止まったという。
 同社運輸車両部は「非常ブレーキはインテロスとは別系統で安全に影響があったわけではない。詳細な原因究明後に改めて試験走行をしたうえで、運転再開する」としている。新型車両は当面、量産先行車の1編成だけが走り、最大19周の営業運転を続ける予定だった。(細沢礼輝)

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASHD16DZRHD1UTIL058.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

後絶たぬ夜間放置自転車、初の撤去…福岡市(2日)読売

 福岡市は30日、天神地区での放置自転車の夜間撤去を初めて実施した。
 同地区はかつて全国で最も放置自転車が多く、市が日中の撤去などを進めて大幅に減少したが、夜間の放置自転車は後を絶たず、問題視されている。市は今後も随時、夜間撤去を実施する方針だ。
 仕事帰りや買い物で、多くの歩行者が行き交う天神地区の西通り。一帯は自転車の放置禁止区域だ。だが、歩道には「ママチャリ」やスポーツタイプの自転車が何台も置かれ、歩行者の通行を妨げていた。
 撤去作業は午後5時頃に始まった。市の職員が放置自転車に撤去を警告するシールを貼り付け、市から委託を受けた業者が、次々とトラックの荷台に載せていった。同6時半頃までの作業で、49台を撤去した。
 市によると、午前10時~正午頃の天神地区の放置自転車は、2001年が4530台、03年が4217台で、いずれも全国最多だった。そのため、市は歩道上や地下に駐輪場を増設し、撤去の強化に乗り出した。
 11年には、警固公園の地下にある天神駐輪場を未明でも利用できるよう24時間営業にし、料金も1日あたり100円から50円に引き下げた。一連の取り組みにより、昼間の天神駅周辺の放置自転車は14年度で700台まで減った。
 一方、天神地区での放置自転車撤去は、平日の日中に限られていた。市が14年10月、時間帯別に調べたところ、午前10時~正午が701台だったのに対し、午後5~7時は1614台、午後10~11時も1258台と、夕方から夜間にかけて多い傾向が浮き彫りになった。
 歩行者や車の通行の妨げになり、景観も損なっているとして、地元から対策の強化を求める声も上がったため、市は夜間撤去に踏み切ることにした。
 撤去された自転車を返還してもらうには、移動保管料として2000円を支払わなければならない。市道路管理課は駐輪場の利用を呼びかけており、「今後も撤去を一層強化するなどして、歩道を安心して歩ける街にしたい」としている。(小松一郎)

2015年12月01日 16時23分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

容疑者購入品と同種=顔に巻かれたテープ-中1男子殺害・大阪府警(2日)時事

大阪府寝屋川市の中学1年の男女が遺体で見つかった事件で、星野凌斗さん=当時(12)=の遺体の顔に巻かれていた粘着テープは、成分などの鑑定の結果、契約社員山田浩二容疑者(45)=星野さん殺害容疑で再逮捕=とみられる人物が遺体発見現場近くで購入したものと同種だったことが2日、府警への取材で分かった。
 府警は、山田容疑者が事件に使うためテープを購入したとみて調べている。
 府警によると、同府柏原市内のコンビニの防犯カメラには、山田容疑者に顔の特徴がよく似た人物が8月13日午後0時40分ごろ、粘着テープを2本購入する姿が写っていた。星野さんは同日午前5時10分ごろ、駅前の防犯カメラに写ったのを最後に足取りが分からなくなり、同21日、このコンビニの東約1.3キロの竹林で遺体で発見された。
 遺体の顔には粘着テープが巻かれており、府警が粘着成分や繊維などを鑑定したところ、コンビニで購入されたものと同種と判明したという。(2015/12/02-05:23)

2015/12/02

| コメント (0) | トラックバック (0)

テロ対策強化 官邸を司令塔に情報収集へ(2日)NHK

フランスでの同時テロ事件を受けて政府がまとめたテロ対策強化の具体案が明らかになり、「国際テロ情報収集ユニット」を今月8日に外務省に新設するほか、杉田官房副長官を議長とする幹事会を設置して総理大臣官邸を司令塔に情報収集を行うことなどを盛り込んでいます。
政府は、パリで起きた同時テロ事件を受けて、4日、菅官房長官をトップとする国際テロ対策などの推進本部を開き、テロへの対応を強化・加速化するための具体策を決定する方針を固めました。
その具体策の案が明らかになり、イスラム過激派などに関する情報収集や分析能力を強化するための新たな組織「国際テロ情報収集ユニット」を今月8日に外務省に新設し、4人の審議官に東南アジア、南アジア、中東、北・西アフリカの4つの地域を担当させるほか、在外公館に現地の事情に精通し語学が堪能な職員を増員するとしています。
また、杉田官房副長官を議長に、外務省、防衛省、警察庁、公安調査庁などが参加する「国際テロ情報収集・集約幹事会」を新たに設置し、総理大臣官邸を司令塔に情報収集を行い、集まった情報を関係省庁で速やかに共有するとしています。
このほか水際対策として、入国審査の際に撮影した顔画像をテロリストなどの顔画像と照合するため「バイオメトリクス」と呼ばれる技術を活用することや、乗客の予約記録の電子的な分析を強化することを盛り込んでいます。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151202/k10010326401000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月1日 | トップページ | 2015年12月3日 »