« 東京・飯田橋駅近くで2棟焼く火災、現場騒然 (12日)TBS | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル3 »

2015年11月12日 (木)

暴露本のジャーナリストが捜査対象に 情報漏洩「バチリークス」事件(12日)産経

ローマ法王庁(バチカン)は11日、バチカンの聖職者らによる機密情報漏洩事件に絡み、内部資料に基づいてバチカンに関する暴露本を執筆、出版したイタリア人ジャーナリスト2人がバチカン司法当局の捜査対象になっていると明らかにした。
 ジャーナリストに捜査が及んだことで、言論の自由に対するバチカンの強権的な姿勢に批判の声が上がる可能性がある。
 バチカンでは2012年にも内部文書が流出する事件が起き、告発サイト「ウィキリークス」になぞらえ「バチリークス」と呼ばれる騒動に発展した。今回の事件もメディアに「バチリークス2」と呼ばれて注目されており、バチカンは沈静化に躍起になっている。
 暴露本は、ジャーナリストのジャンルイージ・ヌッツィ氏とエミリアーノ・フィッティパルディ氏がそれぞれ出版した。(共同)http://www.sankei.com/affairs/news/151112/afr1511120021-n1.html

« 東京・飯田橋駅近くで2棟焼く火災、現場騒然 (12日)TBS | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル3 »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暴露本のジャーナリストが捜査対象に 情報漏洩「バチリークス」事件(12日)産経:

« 東京・飯田橋駅近くで2棟焼く火災、現場騒然 (12日)TBS | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル3 »