« 池袋でわいせつDVD“販売” 倉庫に2万5000枚を保管(26日)テレビ朝日 | トップページ | 局部切断事件で冒頭陳述、検察側「思い込みが犯行のきっかけ」 (26日)TBS »

2015年11月26日 (木)

自転車で2回検挙の会社員に有料安全講習命じる(26日)NHK

自転車による重大な事故が相次ぐなか、東京の20代の会社員が自転車で人身事故などを起こして2回検挙され、東京都公安委員会は26日、都内で初めて会社員に対して改正道路交通法に基づいて有料の安全講習の受講を命じました。
安全講習の受講が命じられたのは、東京都内の23歳の会社員です。
警視庁によりますと、会社員はことし9月、杉並区の交差点で、自転車で信号無視をしたほか、先月、杉並区のJRの駅前で歩道にいた30代の女性に自転車でぶつかってけがをさせたとして、いずれも道路交通法違反の疑いで検挙されました。
ことし6月に施行された改正道路交通法では、信号無視など自転車の悪質な違反にあたる14の行為を危険行為と定め、3年以内に2回以上検挙された場合、有料の安全講習を受けることを義務づけています。会社員は、1か月足らずの間に2回検挙されていて、東京都公安委員会は26日、会社員に対して都内で初めて安全講習の受講を命じました。
警視庁によりますと、受講命令が出されるのは全国で5例目だということです。
受講命令を受けた会社員は「2回検挙されてから、自転車には気をつけて乗っています」と話しているということで、来月をめどに安全講習が開かれる予定です。

News_pic1_6
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151126/k10010320201000.html

« 池袋でわいせつDVD“販売” 倉庫に2万5000枚を保管(26日)テレビ朝日 | トップページ | 局部切断事件で冒頭陳述、検察側「思い込みが犯行のきっかけ」 (26日)TBS »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車で2回検挙の会社員に有料安全講習命じる(26日)NHK:

« 池袋でわいせつDVD“販売” 倉庫に2万5000枚を保管(26日)テレビ朝日 | トップページ | 局部切断事件で冒頭陳述、検察側「思い込みが犯行のきっかけ」 (26日)TBS »