« さいたま市浦和区の市道でひき逃げの疑い、建設作業員の男を逮捕 (28日)TBS | トップページ | 都内で信号が消えてしまう例も 制御機の更新、急ぐ警察(29日)朝日 »

2015年11月28日 (土)

【拉致再調査】1年半 進展全くなし、合意に相次ぐ疑念の声(28日)産経

ストックホルム合意後、昨年7月に始まった再調査だが、被害者帰国はおろか再調査結果の報告すらなく、合意に対する疑問の声が相次いでいる。
 「あのストックホルム合意以来、1年半にわたって事態が全く何も動いていないのと同じだ」。28日に水戸市で開かれた集会で、拉致問題を調べている「特定失踪者問題調査会」の荒木和博代表はそう話し、「別のやり方に変えていくしか方法がない」と訴えた。
 荒木代表だけではなく、かつて拉致問題担当相を務めた中山恭子参院議員や松原仁衆院議員も別の集会などで、ストックホルム合意への疑問を述べている。
 合意にはこう記されている。《(日本は)北朝鮮側と共に、日朝平壌宣言に則って、(中略)懸案事項を解決し、(中略)日朝間の信頼を醸成し関係改善を目指すため、誠実に臨むこととした》
 平成14年9月の日朝首脳会談で調印された日朝平壌宣言では、日朝双方が《日朝間に存在する諸問題に誠意をもって取り組む強い決意を表明した》と書かれている。だが、北朝鮮は根拠もなく、被害者8人について「死亡」と主張し続けており、その行動に「誠意」は全く見られない。
 《日朝平壌宣言に則って》とするストックホルム合意にある「誠実」さも示されたことはない。不誠実な北朝鮮のペースにいつまで付き合えばいいのか。被害者家族の求める結果が示されないまま、今年も終わる恐れが出てきている。http://www.sankei.com/affairs/news/151128/afr1511280026-n1.html

« さいたま市浦和区の市道でひき逃げの疑い、建設作業員の男を逮捕 (28日)TBS | トップページ | 都内で信号が消えてしまう例も 制御機の更新、急ぐ警察(29日)朝日 »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/62767940

この記事へのトラックバック一覧です: 【拉致再調査】1年半 進展全くなし、合意に相次ぐ疑念の声(28日)産経:

« さいたま市浦和区の市道でひき逃げの疑い、建設作業員の男を逮捕 (28日)TBS | トップページ | 都内で信号が消えてしまう例も 制御機の更新、急ぐ警察(29日)朝日 »