« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 電柱なぎ倒しトラック突っ込む 周辺は7時間も停電(16日)テレビ朝日 »

2015年11月16日 (月)

警察庁 「ソフトターゲット」の警戒強化へ(16日)NHK

フランスのパリで起きた同時テロ事件では、レストランやコンサートホールなどの警備が比較的緩やかな「ソフトターゲット」と呼ばれる場所が狙われたことから、警察庁は民間との連携をより一層、徹底するなど、警戒を強化することにしています。
今回のテロ事件で狙われたのは、不特定多数の人が集まり、政府の関連施設といった重要施設に比べて警備が比較的緩やかなレストランやコンサートホールなどの「ソフトターゲット」と呼ばれる場所でした。おととしには、アメリカのボストンマラソンで爆弾テロが起きるなど「ソフトターゲット」を狙ったテロ事件は、たびたび起きています。
こうしたなか、日本国内では来年5月のサミット=主要国首脳会議、「伊勢志摩サミット」を控え、三重県の会場だけでなく東京や名古屋など各地の大都市も狙われるおそれがあるとして、警察は警戒に当たることにしています。
警察庁によりますと、テロの情報をできるかぎり早く入手するため、ネット上に流れるテロに関する情報を自動で検索するシステムを構築するほか、市街地で武装したテロリストが移動しながら事件を起こした場合を想定し、全国に設置されている銃器対策部隊を増強したり、特殊部隊「SAT」を迅速に派遣したりできるよう態勢を強化するとしています。
警察庁は今回のパリで起きた同時テロ事件で、「ソフトターゲット」が狙われたことから、施設の管理者や住民に不審者や不審物を見かけたらすぐに警察に通報するよう呼びかけるといった民間との連携をより一層、徹底するなど、警戒を強化することにしています。

専門家「不審な状況見つけ 介入することが必要」

テロ対策に詳しい日本大学の河本志朗教授は、今回の同時テロ事件でレストランやコンサートホールなどの「ソフトターゲット」と呼ばれる場所が狙われたことについて、「過激派組織IS=イスラミックステートは、彼らと戦っている有志連合の国民を殺害すると主張している。テロを実行することが難しい警備の厳重な施設でなくても、多くの人を殺傷することができれば、目的を達せられたと考えていると思う」と分析しています。
そして来年5月に三重県でサミット=主要国首脳会議、「伊勢志摩サミット」が開催されるのにあわせて、「ソフトターゲット」を狙ったテロが起きるおそれがあると指摘し、「都内でもレストランなどの数は山ほどあり、警察当局の人員を考えても、そのすべてを警備することは当然ながら難しい」と述べました。そのうえで、「テロリストは突然、レストランなどに現れるわけではない。爆弾を作ったり、何人もの人が家を出入りしたりするなどの不審な状況を地域の中で見つけて当局と一緒になって介入していくことが必要だ」と述べ、テロは起こりうると認識し、警戒を強めていくことが必要だと強調しました。

News_pic1_7http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151116/k10010308371000.html

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 電柱なぎ倒しトラック突っ込む 周辺は7時間も停電(16日)テレビ朝日 »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/62690710

この記事へのトラックバック一覧です: 警察庁 「ソフトターゲット」の警戒強化へ(16日)NHK:

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 電柱なぎ倒しトラック突っ込む 周辺は7時間も停電(16日)テレビ朝日 »