« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 真っ赤な炎が…東名高速で車両火災 その瞬間(3日)テレビ朝日 »

2015年11月 3日 (火)

道路脇の乳児 置き去りは午前6時ごろか(3日)NHK

3日朝、茨城県鉾田市の路上で生後まもない女の赤ちゃんが裸で置き去りにされているのが見つかりました。警察では、近所の人たちが午前6時ごろから赤ちゃんの泣き声が聞こえたと話していることなどからその少し前に置き去りにされたとみて保護責任者遺棄の疑いで捜査しています。
3日午前7時すぎ、鉾田市当間の住宅街で生後まもない女の赤ちゃんが道路脇に置き去りにされているのを近所の男性が見つけ、警察に通報しました。警察によりますと、赤ちゃんは、生後まもないと見られ、へその緒がついた状態で裸で道路脇に寝かされていたということです。赤ちゃんは、すぐに県内の病院に搬送され、体温が下がっていたものの、命に別状はないということです。
警察によりますと、近所の複数の人たちが午前6時ごろから赤ちゃんの泣き声が聞こえ始めたと話しているということで、警察では、その少し前に置き去りにされたとみて保護責任者遺棄の疑いで付近の防犯カメラの映像を調べるなどして捜査しています。
現場近くに住む女性は、「泣き声が聞こえたので外に出てみると道路脇に赤ちゃんがいたので驚いた」と話していました。

置き去りは毎年30人前後

厚生労働省によりますと、路上や病院の玄関先などに置き去りにされ親が分からない子どもは毎年30人前後いて、平成25年度には27人確認されたということです。統計を取り始めてから平成25年度までの5年間に置き去りにされた子どもは合わせて154人で、このうち3歳未満が102人と全体の66%を占めています。
児童虐待の問題に詳しい子どもの虹情報研修センターの川崎二三彦センター長は「生後まもない赤ちゃんの置き去りは命の危険につながりかねず児童虐待のネグレクトに当たる。ただ、人目につく住宅街に置き去りにしたということは誰かに助けてほしいという気持ちがあったのかもしれない」と話しています。
また、置き去りの背景には「10代など若い世代の望まない妊娠や経済的に苦しく子どもを育てられないといった事情があるのではないか」と指摘したうえで、妊娠期から相談できる行政などの窓口について広く知ってもらうとともに貧困対策を進めていくことが必要だとしています。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151103/k10010293041000.html

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 真っ赤な炎が…東名高速で車両火災 その瞬間(3日)テレビ朝日 »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/62607819

この記事へのトラックバック一覧です: 道路脇の乳児 置き去りは午前6時ごろか(3日)NHK:

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 真っ赤な炎が…東名高速で車両火災 その瞬間(3日)テレビ朝日 »