« タカタ製エアバッグ異常破裂で負傷、国内初確認(17日)読売 | トップページ | 独・サッカー場に不審物 観客ら避難、試合中止に(18日)テレビ朝日 »

2015年11月17日 (火)

ロシア旅客機墜落は爆発物によるテロと断定(17日)NHK

ロシアの旅客機が先月、エジプトに墜落した原因についてロシア連邦保安庁は捜査の結果、爆発物が機内で爆発したテロだと断定しました。報告を受けたプーチン大統領は「犯行に関わった者たちを見つけ出して処罰する」と述べ徹底的に捜査するよう指示しました。
ロシアの旅客機が、先月31日、エジプト東部のシナイ半島に墜落して乗客乗員224人全員が死亡し、過激派組織IS=イスラミックステート関連の武装組織は、自分たちが墜落させたと主張しています。
ロシア大統領府によりますと、ロシア連邦保安庁のボルトニコフ長官は16日夜、墜落は爆発物によるテロが原因だとプーチン大統領に報告したということです。この中でボルトニコフ長官は、「飛行中の旅客機の機内で爆発物が爆発し、空中で機体が破壊され、破片が広い範囲に落下した」と説明しました。これに対し、プーチン大統領は「犯行に関わった者たちがどこに隠れようとも見つけ出して処罰する」と述べ、徹底的に捜査するよう指示しました。
ロシア連邦保安庁は、テロの実行犯に関する有力な情報を提供した人には、5000万ドル(日本円で60億円余り)の報奨金を出すとしています。ロシアの旅客機の墜落を巡っては、アメリカやイギリスの政府がテロの可能性を指摘してきましたが、ロシア政府は、これまでテロと事故の両面から捜査中だとして、慎重な姿勢を示してきました。

エジプト当局「調査委員会の判断待つ」

先月エジプト東部で起きたロシアの旅客機の墜落でロシア政府が爆発物によるテロだと断定したことについて、エジプト民間航空省の広報担当者は、NHKの取材に対し、「そういうニュースがあることは知っているが、墜落の原因を調べている調査委員会の判断を待ちたい」と話しています。

シナイ半島拠点のIS関連武装組織

エジプト東部のシナイ半島を拠点にする過激派組織IS関連の武装組織は、エジプト各地で軍や警察に対する襲撃を繰り返しています。
ロシア機の墜落については、インターネット上で墜落当日の先月31日、自分たちが墜落させたとする声明を出したほか、今月4日には音声の声明も出し、ISに忠誠を誓ってから1年になるのに合わせて実行したと主張しています。
この武装組織は、以前は「エルサレムの支援者団」という組織名で活動し、シナイ半島に隣接するイスラエルを主な標的としていました。しかし、おととしの軍による事実上のクーデターで成立したシシ政権が、イスラム勢力に対する締め付けを強めて以降はこれに反発し、エジプトの治安当局を標的にする傾向が強まりました。そして、去年11月、ISに忠誠を誓う声明を発表し、ISの指導者バグダディ容疑者がこれを受け入れていました。
エジプト政府のたび重なる軍事作戦にもかかわらず、この組織がシナイ半島で勢力を維持している背景には、政権の強権的なやり方に反感を募らせる地元住民の協力があると指摘されています。さらに、ことしに入ってからは、7月にカイロ郊外でクロアチア人の男性を連れ去り、この男性を殺害したとする画像を公開するなど、シナイ半島以外にも活動を広げつつあります。

News_pic1_7
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151117/k10010309701000.html

« タカタ製エアバッグ異常破裂で負傷、国内初確認(17日)読売 | トップページ | 独・サッカー場に不審物 観客ら避難、試合中止に(18日)テレビ朝日 »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/62697134

この記事へのトラックバック一覧です: ロシア旅客機墜落は爆発物によるテロと断定(17日)NHK:

« タカタ製エアバッグ異常破裂で負傷、国内初確認(17日)読売 | トップページ | 独・サッカー場に不審物 観客ら避難、試合中止に(18日)テレビ朝日 »