« 2015年11月23日 | トップページ | 2015年11月25日 »

2015年11月24日

2015年11月24日 (火)

「旅券と違う!」秋田県の佐竹知事、別人の嫌疑かけられ“連行” サンパウロ空港入管、「病気で痩せて…」としどろもどろ(24日)産経

秋田県の佐竹敬久知事は、先月22日から今月2日にかけての韓国、南米歴訪の帰途、ブラジル・サンパウロ空港で入管の審査官から「旅券の顔写真が実物と違う」と指摘され、“別室送り”で二次審査を受けたと明らかにした。
 24日の定例記者会見で質問に答えた。知事や県国際課によると、知事はアルゼンチン・ブエノスアイレスから先月31日朝、サンパウロに到着。その際、審査官から旅券の持ち主と別人との嫌疑をかけられ、別室に同行を求められて20~30分調べられた。写真は9年前のもので、旅券の有効期間はあと1年だった。
 佐竹知事は平成23年に脳出血で入院するなど体重が減少。会見で知事は「連行され、『ミー、フォーイヤーズアゴー、ベリーヘビーシック…』と一生懸命説明した。皆さんもあまり違った人相で海外旅行に行かないよう、ご注意を」と話していた。http://www.sankei.com/politics/news/151124/plt1511240039-n1.html

広告

| コメント (0) | トラックバック (0)

交通事故調査で架空出張、脱税容疑で告発(24日)読売

交通事故の損害調査などで得た所得を隠し、法人税約2800万円を脱税したとして、調査会社「トータルリサーチ」(東京都目黒区)と諸崎浩幸社長(44)が、法人税法違反の疑いで東京国税局から東京地検に告発されていたことがわかった。
 関係者によると、同社は大手損害保険会社から交通事故の損害や原因などを調べる業務を請け負っていたが、調査員十数人の出張旅費を架空に計上する手口で、2014年10月期までの3年間に、約1億1000万円の所得を隠した疑いが持たれている。隠した所得は諸崎社長や家族名義の銀行口座に保管するなどしていたという。
 民間信用調査会社などによると同社は02年設立。同社は読売新聞の取材に弁護士を通じ、「今後、税務当局の指摘に沿って修正申告及び納税を行う予定です」とコメントした。

2015年11月24日 16時50分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

奈良県警:逃走の容疑者を確保(24日)毎日

今月21日、親族の葬儀出席のため勾留執行停止中だった奈良県桜井市の無職、飯田秀樹容疑者(50)=覚せい剤取締法違反などの容疑で逮捕=が同市内で逃走した事件で、県警は24日、同県大和高田市内で飯田容疑者の身柄を確保した。
 飯田容疑者は21日、弁護士付き添いで兄の葬儀に出席したが、同日午前11時ごろ、家族が運転する車で県警桜井署に戻る途中、逃走した。同署によると、飯田容疑者は代行サービス(便利屋)業者を呼んで自分を車に乗せて運ぶよう依頼。24日夕、業者の男性が「(同容疑者に)よく似た男がいる」と通報した。駆けつけた警察官に身柄を確保されたが、特に抵抗はしなかったという。
 飯田容疑者は喪服姿で逃走していたが、確保された際上下ジャージーに着替えて帽子をかぶり、マスクをしていた。逃走中に手助けした者がいないかについても追及する。【塩路佳子、神門稔、日向梓】

Logo_mainichi_s1http://mainichi.jp/select/news/20151125k0000m040091000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ドローン飛行を禁止=サミットに備え条例案-三重県(24日)時事

三重県は24日、来年5月に同県志摩市で開催される主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に備え、会場となる同市・賢島周辺などで小型飛行機「ドローン」の飛行を期間限定で禁止する条例案を県議会に提出した。
 期間は来年3月27日からサミットが終了する5月28日までで、賢島内に定めた地点から半径1.5キロメートルの区域や、首相や各国首脳といった要人の訪問先で知事が定めた施設などとその周辺300メートルの区域でのドローンの飛行を禁止する。知事の許可を受けたり、国や自治体の業務で使用したりする場合は飛行させることができる。(2015/11/24-20:16)

2015

| コメント (0) | トラックバック (0)

身代金要求型ウイルス販売容疑、14歳少年を再逮捕(24日)TBS

個人情報を盗み取るコンピューターウイルスを所持していたとして、札幌市の中学2年の少年(14)が逮捕された事件で、警視庁はデータをロックして金銭を要求する「身代金要求型ウイルス」を名古屋市の少女(14)に販売したなどとして、少年を再逮捕しました。
 少年は少女と無料通信アプリ「LINE」を通じて知り合って売買を持ちかけたほか、少女のパソコンを遠隔操作ウイルスに感染させたということです。
 少年は「お金儲けのためだった」「遠隔操作ウイルスの動作を試してみたかった」と容疑を認めているということで、警視庁はほかにもウイルスを売っていたとみて詳しく調べています。(24日17:04)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2643438.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「本物と思った」博物館から鉛製“金の延べ棒”盗む(24日)テレビ朝日

「本物と思っていたら偽物だった」と供述しています。
 無職の石丸正樹容疑者(43)ら2人は2月、山梨県身延町の博物館から鉛製の金の延べ棒のレプリカなど3万円相当を盗んだ疑いが持たれています。警察によりますと、石丸容疑者は、これまでに県内で仲間数人と窃盗を繰り返していたとみられ、6月に別の窃盗事件で逮捕された際、今回の事件への関与をほのめかしたということです。石丸容疑者は「本物と思った」などと供述しています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000063121.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

架空発注で詐欺の疑い 東レ元課長ら逮捕(24日)NHK

大手繊維化学メーカー、東レの元課長ら3人が架空の業務を発注したように装って、東レから現金およそ2300万円をだまし取ったとして詐欺の疑いで警視庁に逮捕されました。
逮捕されたのは大手繊維化学メーカー、東レの元課長、本間士朗容疑者(51)と元妻ら2人の合わせて3人です。
警視庁の調べによりますと、本間元課長らは、おととし11月までの10か月間に、医療機器に関する説明書などを制作する架空の業務を外部の会社に発注したように装い、東レから現金およそ2300万円をだまし取ったとして詐欺の疑いが持たれています。
これまでの調べによりますと、本間元課長は架空の業務を発注した外部の会社から元妻らがそれぞれ経営する会社に、さらに業務を発注したことにして現金を振り込ませていたということです。
東レは、ことし2月、内部調査の結果、元課長がおよそ2億円を着服したとして懲戒解雇し、警視庁に告訴していました。警視庁は元課長が指示して、架空の業務発注を繰り返していたとみて調べています。
警視庁によりますと、調べに対し、本間元課長は容疑を認め、元妻らは否認しているということです。
東レは「元社員が逮捕されたことは誠に遺憾で深くおわび申し上げます。再発防止に全力で取り組みます」とコメントしています。

News_pic1_3
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151124/k10010318021000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(24日単位・レベル)
抗争の兆候といえるか
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011346 指定暴力団山口組の分裂で懸念されていた抗争の恐れ…なにか気持ちが悪い動きが出てきた。
 南は名古屋市内で、北は仙台市内でトラブルを犯し仙台では警察の機動隊まで出動する騒ぎを起こしている。
 名古屋市の場合は今年10月、繁華街で、山口組系と山口組から離脱した団体の傘下の組員の間で組事務所のインターホンを壊すなどのトラブルを起こし、この事件では双方で18人が愛知県警に逮捕されている。
 一方、東北最大の歓楽街・仙台市の国分町では、山口組(神戸市)系と、離脱した「神戸山口組」系の暴力団組員がにらみ合いになり、宮城県警の機動隊が出動した。発端は構成員の引き抜きをめぐるトラブルだという。
 このほか三重県四日市市では、山口組幹部の男性が殺害される事件が発生するなど、なんとなく血なまぐさい動きになってきた。
 警察庁によると今年10月まで暴力団による刑法犯で検挙された件数は1万9809件で前年同期より1738件の減少。
 最も多い罪種は窃盗で1万0809件。次いで詐欺が2446件、恐喝733件、脅迫492件と続いた。これらで全体の4分の1を占め、人の物を盗んだり騙したり脅したりする暴力団というよりはチンピラ愚連隊なみの集団に成り下がってしまった。
 それだけではない。特別法犯の検挙件数は9817件。特徴的なのは薬物の大麻関係で検挙件数は690件。前年同期に比べて92件も増加した。平成26年の年間検挙件数は前年より69件増の756件。10年前と比べると総体的には減少しているがここ数年増加しており、気になるのは一般社会への浸透だ。
 現に、今月に入って小学6年の男児(12)が「大麻を吸ったことがある」と明かし、男児の自宅から大麻草が発見されている。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

「警察が利益誘導」と差し戻し=自白の任意性に疑い-東京高裁(24日)時事

偽造クレジットカードを使って商品をだまし取ったなどとして、詐欺などの罪に問われた男の控訴審判決が24日、東京高裁であった。青柳勤裁判長は「警察官から利益誘導をされて自白した疑いがある」と述べ、懲役5年とした一審東京地裁判決を破棄し、審理を差し戻した。
 男は住所不定、無職の鈴木辰巳被告(51)。2013年7~9月に量販店やコンビニで、偽造カードを使って計2万円相当の商品をだまし取ったほか、タクシー代の支払いを免れたなどとして起訴された。(2015/11/24-11:00)

2015/11/24-11

| コメント (0) | トラックバック (0)

【靖国爆発】不審物、リード線で接続 現場にパイプ4本、デジタルタイマー、単一、単三電池… トイレ屋根裏に隠蔽か(24日)産経

靖国神社(東京都千代田区九段北)の公衆トイレで爆発音がした事件で、現場から見つかったパイプやデジタル式タイマーに、それぞれリード線が接続されていたことが24日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁公安部は何者かが爆発物のようなものを製造し、トイレの屋根裏に仕掛けた疑いがあるとみて捜査。不審物の爆発能力などを調べている。
 捜査関係者によると、爆発音がした男性個室トイレの天井には約30センチ四方の穴が開いており、屋根裏には束ねられた金属製とみられるパイプ4本があった。一方、床にはデジタル式タイマーや単一と単三の乾電池が数個落ちていた。
 パイプとタイマーはそれぞれ、同材質とみられるリード線と接続。当初、繋がっていたが、何らかの原因で切れた可能性がある。パイプは両端が覆われ、内容物があるとみられ、公安部は確認などを急いでいる。
 現場では爆発音や煙が確認されているが、不審物には発火した形跡はなく、爆発によって生じる残留物も見つかっていない。便器は破損しておらず、床や壁にも焦げた痕はないことから、爆発はなく瞬間的な燃焼が起きた可能性もある。

| コメント (0) | トラックバック (0)

アダルトサイト料金未納、今度はプリカ使い詐欺(24日)読売

インターネットでの買い物に使える「プリペイドカード(プリカ)」を購入させ、アダルトサイトの未払い金名目などで電子マネーをだまし取る詐欺被害が急増している。
 東京都内では9月まで月数件だったのが、10月は16件発生。中には約500万円をだまし取られた人もおり、警視庁が注意を呼びかけている。
 同庁犯罪抑止対策本部によると、ネット用のプリペイドカードを悪用した詐欺は、昨年から被害が目立ち始めた。多くの場合、被害者に「アダルトサイトの利用料が未納だ」などとメールを送りつけ、コンビニ店などで「未納額」相当のプリペイドカードを買わせて、カードに記載された「利用番号」などを聞き出し、電子マネーをだまし取る手口だ。
 こうした被害は今年、11月9日現在で都内で59件(計約2800万円)に上り、昨年1年間の19件(同700万円)の3倍を超えた。同庁は今年4月、この手口で昨年8月以降に全国の被害者から1億円以上をだまし取ったとされる男3人を逮捕したが、被害はその後も続いている。
 1件あたりの被害は数万~数十万円が多いが、中にはカード約70枚を買わされ、計約500万円をだまし取られた人もいるという。
 カードは、コンビニ店や家電量販店などで購入可能で、ネット決済の広がりとともに種類も増えている。同庁が確認しているだけでも、10種類近くが詐欺に悪用されている。
 被害者から直接現金を受け取る「受け子」や、現金自動預け払い機(ATM)で金を引き出す「出し子」は不要で、証拠が残りやすい銀行口座を介する必要もないため、摘発逃れを図る詐欺グループが目をつけているとみられる。
 同庁幹部は「『未納金がある』などの不審なメールを受け取ったら、無視するか、警察に連絡してほしい」と呼びかけている。

2015年11月24日 10時16分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

「兄を殺した」子ども3人連れで自首 女を逮捕(24日)テレビ朝日

名古屋市で、「兄を殺した」と48歳の女が子ども3人を連れて警察に自首し、自宅からは男性の遺体が見つかりました。警察は殺人の疑いで女を逮捕する方針です。
 23日午後9時半ごろ、名古屋市守山区の警察署に「兄を殺した」と自首してきました。この際、女は子ども3人を連れていて、警察官が女の自宅を調べたところ、50歳くらいの男性が死亡していました。女は「兄の首をひもで絞めた」と説明していて、警察は殺人の疑いで逮捕する方針です。この家には女と子ども3人、それに兄と母親の合わせて6人が暮らしているということで、警察は動機など詳しく調べることにしています。

2009_1229_211958annlogo1
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000063069.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニで店員刺され死亡 経営者を逮捕(24日)NHK

24日未明、神奈川県相模原市のコンビニエンスストアで、60代の男性店員が倒れているのが見つかり、病院に搬送されましたが死亡しました。警察は、このコンビニの経営者の62歳の男が店員を刺したとして逮捕しました。
24日午前2時半すぎ、相模原市緑区のコンビニエンスストア「ローソン相模原長竹店」で、利用客の男性から「店内に店員がおらず、血痕がある」と警察に通報しました。
現場に駆けつけた警察官が確認したところ、店内の事務所の床に60代のアルバイトの男性店員が倒れているのが見つかり、病院に搬送されましたが、およそ2時間後に死亡が確認されました。コンビニの敷地内には62歳の経営者の男がいて、警察が事情を聞いたところ、「私が店員を刺しました」と話したことから、殺人未遂の疑いで逮捕しました。
警察は、容疑を殺人に切り替えて動機や詳しいいきさつを調べています。
現場は国道沿いにあるコンビニエンスストアで、周辺には畑があり住宅が点在しています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151124/k10010317361000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ご苦労さんです」に激怒 公選法違反容疑で男逮捕(24日)共同

22日投開票の大阪府知事選で投票を終えた人に、投票管理者が「ご苦労さんです」と声を掛けていたことに激怒して暴行を加えたとして、府警は23日、公選法違反(投票管理者への暴行)の疑いで、大阪府茨木市総持寺台の会社員(47)を逮捕した。
 府警捜査2課によると、会社員は「『ご苦労さん』は目下に言う言葉だ。『お疲れさまです』だろう。謝れ」などと因縁をつけた。当時酒に酔った状態だった。昨年12月の衆院選でも投票所で同様のトラブルを起こしており、「やりすぎた」と容疑を認めている。

2010_0123_11120247newslogo1http://www.47news.jp/CN/201511/CN2015112301001864.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

時効成立直前の勾留認めず 長期間捜査に協力と最高裁 (24日)西日本

大阪府警が7年の時効直前に業務上横領容疑で逮捕した成年後見人の勾留を認めるべきかが争われた裁判で、最高裁が「既に長期間捜査を続け、任意の出頭要請にも応じており、証拠隠滅や逃亡の現実的な可能性は高くない」との判断を示し、勾留を認めた大阪地裁決定を違法として取り消していたことが23日、関係者への取材で分かった。
 弁護側は「捜査側の都合による身柄拘束が認められないことを示した」と評価している。
 容疑者は大阪府内の60代の女。最高裁が決定を出した10月22日に釈放となり、その後の任意捜査を経て時効数日前の今月11日に在宅起訴された。http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/208900

| コメント (0) | トラックバック (0)

【靖国爆発】後絶たぬ靖国神社への放火・サイバー攻撃 「反日」外国人のターゲット(24日)産経

靖国神社は近年、放火やサイバー攻撃などの事件に巻き込まれてきた。大半は首相の参拝に反対する韓国籍や中国籍などの外国人による犯行で、「反日の象徴」として狙われた側面が強い。参拝客に危害を加えるような爆発物使用のケースは例がなかった。
 靖国神社をめぐる事件が目立ち始めたのは平成12年ごろからだ。日本を攻撃する内容の中国語や英語のメールが、神社のホームページに大量に送信され始めた。13年に参拝を公約していた小泉純一郎政権(当時)が発足したこともあってサイバー攻撃が相次ぎ、その後も終戦の日などに合わせてサイバー攻撃は断続的に続いている。
 神社敷地内外での事件も多い。15年8月には境内で旭日旗を燃やした男が逮捕され、17年には過激派とみられる男6人が神社近くで警察官ともみ合いになって逮捕されている。これ以降は東アジア系の外国人による事件が多くみられた。
 23年には中国籍の男が神門の一部を焼く事件が発生。男は在韓日本大使館に火炎瓶を投げたとして、韓国警察に逮捕された。その後も韓国籍の男が拝殿に放火しようとして逮捕されるなど、反日活動家の標的となってきた。昨年には大鳥居にハングルで「犬畜生」と書こうとした落書きも見つかっている。
 これまで新嘗祭が標的になることはなく、今回の事件の特異さが浮かんでいる。http://www.sankei.com/affairs/news/151123/afr1511230045-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【韓国旅客船沈没】朴槿恵大統領の「空白の7時間」の調査決定 「中立に反する」と与党系反発(24日)産経

【ソウル=藤本欣也】韓国で昨年4月、304人の死者・行方不明者を出した旅客船セウォル号沈没事故当日の朴槿恵(パク・クネ)大統領の「空白の7時間」を含む事故対応について、官民合同の特別調査委員会が調査を行うことが23日、決まった。
 特別調査委の野党系委員らが主導したもので、調査では陳述書や資料の提出、聴聞会への出席などを対象者に求めることができる。しかし与党系委員は「委員の政治的中立に反する」として強く反発しており、調査が円滑に行われるかは不透明だ。
 特別調査委は23日の全員委員会で、「大統領府などの事故対応に関連した業務の適正性などに関する案件」を賛成多数で可決した。朴大統領への調査も排除しないとしており、韓国メディアは朴大統領の「空白の7時間」も調査対象に含まれると報じている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

「オワハラ」相談、6割強=採用繰り下げ、4割が「不利」-大学就職課への民間調査(24日)時事

企業による面接などの選考解禁時期が4月から8月に繰り下げられた今年の就職活動をめぐり、学生から「就活終われハラスメント(オワハラ)」の相談を受けた大学が6割強に上ることが、就職情報会社「ディスコ」(東京)が実施した大学へのインターネット調査で分かった。
 調査は10月2~23日、インターネットを通じ、全国の大学就職課などを対象に実施。国公立56校、私立211校の計267校から回答を得た。
 それによると、学生からオワハラの相談を受けた大学は国公立73.2%、私立62.6%で、全体では64.8%に上った。
 具体的な相談内容(複数回答可)は、「内定承諾書(誓約書)の提出を求められた」が52.1%で最多。以下、「内定と引き換えに他社の選考を辞退するよう求められた」(37.1%)、「自由応募なのに推薦状の提出を求められた」(28.5%)と続き、「内定と引き換えに他社の内定を辞退するよう求められた」も25.8%あった。
 解禁時期繰り下げの学生への影響については、「とても有利になった」を選んだのは1校もなく、「やや有利になった」も私立大の6校のみで全体の2.2%にとどまった。一方、国公立・私立合わせ111校(41.6%)が学生に不利だと捉えており、「とても不利になった」も39校(14.6%)に上った。
 来年の選考解禁時期が6月に再修正されることについて、ディスコの担当者は「8月解禁で大手企業の採用活動が遅れ、中小企業も学生の内定辞退に悩まされていた。6月解禁で、学生、企業双方の負担が幾分でも軽減されれば」と話している。(2015/11/24-05:21)

2015/

| コメント (0) | トラックバック (0)

墜落ヘリ、下部の損傷激しく 群馬事故で安全委が現場調査 (24日)日経

群馬県安中市の上信越自動車道脇の斜面に小型ヘリコプターが墜落し、搭乗していた男性2人が死亡した事故で、運輸安全委員会の航空事故調査官2人が23日、現場を訪れ原因を調査した。県警も同日、約50人態勢で現場検証した。
 飯田真哉航空事故調査官によると、機体は下部の損傷が激しく、右側面を下に横転していた。飛行計画書や目撃情報などを分析し、事故原因を調べる。
 県警や国土交通省によると、墜落したのは自家用小型ヘリ「ロビンソンR22」。22日午前に千葉県流山市を離陸し東京ヘリポート(東京都)で給油、長野県小諸市に向かう途中だった。
 ヘリは22日午前10時55分ごろ、上信越道脇の斜面に墜落した。乗っていたのは東京都板橋区坂下1、会社員、平岩和彦さん(54)と、板橋区赤塚6、自営業、高田博樹さん(57)。
 ヘリの所有者によると、2人はヘリ愛好家らでつくるクラブのメンバーだった。小諸市で昼食を取り、流山市のヘリポートに戻る予定だったという。〔共同〕http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG23H40_T21C15A1000000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

ネット掲示板にイベントの爆破予告で捜査(24日)NHK

23日に横浜市で開かれたゲーム音楽のイベントについて、インターネットの掲示板に爆破を予告する書き込みがあったことが分かりました。イベントは予定どおり開催されましたが、警察は悪質ないたずらとみて調べています。
23日に横浜市にある施設「パシフィコ横浜」で開かれたゲーム音楽イベント「シンパシー2015」について、今月19日にインターネットの掲示板「2ちゃんねる」に「爆破します本気です」などと、爆破を予告する書き込みがありました。
主催者によりますと、書き込みを受けて、手荷物検査を実施したほか、会場内のコインロッカーを使用禁止にするなど警備を強化しましたが、不審物などは見つからず、イベントは予定どおり行われたということです。
主催者側は今回の書き込みについて警察に相談していて、警察は書き込みをした人物の特定を進めるとともに、悪質ないたずらとみて威力業務妨害の疑いで調べています。

News_pic1
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151124/k10010317191000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

夫婦死亡、殺人などの容疑で娘逮捕…介護疲れか(24日)読売

高齢の両親と一緒に川に入り、母親を殺害し、父親の自殺を手伝ったとして、埼玉県警深谷署は23日、同県深谷市稲荷町北、無職波方敦子容疑者(47)を殺人と自殺ほう助の疑いで逮捕した。
 波方容疑者は「母親の介護に疲れた。父親も『死にたい』と言っていた」と話しているという。
 発表によると、波方容疑者は21日夜~22日午前、同居する父親の藤田慶秀さん(74)、母親のヨキさん(81)と同市内の川に入り、ヨキさんを殺害し、慶秀さんの自殺を手助けした疑い。波方容疑者は川の中で倒れているのを発見され、低体温症で病院に運ばれたが、軽症だった。
 同署幹部によると、ヨキさんは10年ほど前から認知症の症状があった。慶秀さんも体調を崩し、最近になって新聞配達の仕事を辞めていたという。

2015年11月24日 01時06分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

マイナンバー、詐欺の標的…不審電話・訪問急増(24日)読売

来年1月から利用が始まる共通番号(マイナンバー)制度に便乗した不審な電話や戸別訪問などが10月以降に急増し、各地の警察や消費生活センターに計200件を超す通報や相談が寄せられていることが分かった。
 高齢者をだまして現金や個人情報を得ようとする手口が大半で、「通知カード」の配達遅れへの不安につけ込んだケースも出てきたことから、警察庁は詐欺被害の拡大に警戒を強めている。
 同庁によると、マイナンバー法が施行された10月5日以降、全国の警察に寄せられた通報や相談は33都道府県で計133件に上った。不審な電話は105件、戸別訪問は16件、電子メールは9件、郵便によるものは3件だった。
 具体的な内容は、相手のマイナンバーや金融機関の口座番号、家族構成などの個人情報を聞き出そうとする手口が33件、「マイナンバーが流出している」などと情報流出をかたる手口が32件に上り、合わせて約半数を占めた。

2015年11月24日 07時03分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

「兄殺した」と自首、女を聴取 住宅に男性遺体 愛知(24日)朝日

 23日午後10時25分ごろ、名古屋市守山区中志段味の住宅で、50代前後の男性が死亡しているのを、警察官が発見した。愛知県警によると、守山署に同9時40分ごろ、「兄を殺したので、自首したい」と話す女が現れたため、警察官が女の説明に従ってこの住宅に駆けつけていた。
 同署は、現場の状況などから殺人事件の可能性もあるとみて、男性の死因や身元を調べるとともに、2人の関係など女から事情を聴いている。
 現場は、JR中央線高蔵寺駅から約2キロ南西の住宅街の一角。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASHCS03ZSHCROIPE015.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月23日 | トップページ | 2015年11月25日 »