« 2015年11月19日 | トップページ | 2015年11月21日 »

2015年11月20日

2015年11月20日 (金)

表参道ヒルズの宝石店 男らが店員殴り逃走(20日)NHK

東京・表参道にある宝石店「ハリーウィンストン」で、客を装った男らが店員を殴って逃げました。指輪が展示されているケースが壊されているということで、警視庁は強盗事件とみて被害の確認を急ぐとともに、逃げた男らの行方を捜査しています。
20日午後8時すぎ、東京・渋谷区神宮前にある商業施設「表参道ヒルズ」に入っている宝石店「ハリーウィンストン」で、客を装った男らが店員を殴って逃げました。
これまでの調べによりますと、男らは3人組だったということで、指輪が展示されている店内のケースが壊されているということです。
警視庁は強盗事件とみて被害の確認を急ぐとともに、店内の防犯カメラの映像を分析するなどして逃げた男らの行方を捜査しています。
現場は高級ブランド店が建ち並ぶ表参道にあり、事件が起きた当時、大勢の買い物客が行き交っていました。

News_pic1_7http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151120/k10010314401000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

木造船3隻、4人以上の遺体=漂流、朝鮮半島からか-石川・輪島沖(20日単位レベル)

 20日、石川県輪島市沖の日本海で、転覆した状態などで漂流していた木造船3隻が相次いで見つかった。七尾海上保安部などによると、船内から少なくとも4人以上の遺体が見つかり、身元確認を進めている。
 七尾海上保安部によると、20日午前7時10分ごろ、輪島市の沖合で、定置網の近くに転覆している全長10メートルほどの木造船1隻が見つかった。同保安部が船内に4人の遺体があるのを確認した。
 さらに周辺海域で水没しかけた状態の別の木造船1隻(全長約12.5メートル、エンジン付き)が見つかったが、遺体はなかった。船体にハングルのような表記があった。
 また、金沢海上保安部によると、輪島市の沖合約15キロでも、転覆した木造船1隻が見つかった。内部には数人の遺体があるとみられ、同保安部が調べている。(2015/11/20-21:47)

| コメント (0) | トラックバック (0)

力業務妨害容疑:高校校門近くに爆破予告メモ テスト延期(20日)毎日

20日午前7時ごろ、福岡県朝倉市甘木の県立朝倉高校の校門近くで、登校中の生徒が爆破を予告する内容のメモが落ちているのを見つけ、学校に届け出た。同校は全日制の期末テストの期間中で、この日のテストを取りやめた。さらに定時制を休校にした。学校から通報を受けた県警朝倉署が調べたが爆発物は発見されず、威力業務妨害容疑で調べている。
 同署や同校によると、生徒が「11月20日に爆発物を爆破させる」などと手書きで書かれたメモを拾い、ホームルーム中の午前8時40分ごろ担任教諭に渡した。
 この日は期末テストの2日目。生徒を一時体育館に避難させた後下校させ、テストは24日に延期した。さらに連休中(21〜23日)は全日制と定時制いずれも登校を禁止した。【宗岡敬介】

| コメント (0) | トラックバック (0)

スーパー駐車場で刃物男が車に乗り込んできたと通報(20日)TBS

茨城県龍ヶ崎市のスーパーの駐車場で、刃物を持った男が車に乗り込んできたと通報がありました。
 20日午後0時半ごろ、龍ヶ崎市のスーパーの駐車場で、「男がいきなり後部座席に乗り込み、刃物を見せながら『早く車をだせ』と脅された」と、買い物を終えて帰宅しようとしていた近くに住む女性(35)が交番に駆け込んできたということです。
 警察によりますと、女性が窓を開けて大声を出したところ、男が逃げて行き、女性にけがはないということです。
 男は中年で、スポーツ刈りのような短髪に、黒のジャンパーを着ていて、警察は男の行方を追っています。(20日18:45)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2640535.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル3

首都東京体感治安(20,21日単位・レベル)
獣(けだもの)の社会と違うぞ
【治安うんちく】

2009_1228_22521931F1011275 今年3月までの1年間に全国の児童相談所が把握した児童虐待件数は8万件を超えてしまったことから立ち上がった集団がある。医師や自治体の担当者などの集まりで、増え続ける児童虐待を防ごうと、育児に悩む女性を支援する全国組織を設立。相談員の質の向上のため勉強会の開催や相談内容を分析し必要な支援について国に提言していくと言うのだ。
 厚労省によると平成25年に全国の児童相談所で児童虐待に関する相談を受けたのは7万3765件。さらに26年から今年3月までの1年間の相談件数はついに8万8000件を超えるなど急増傾向にある。
 この相談件数だが平成2年には、わずか1101件だった。ところが年々増加し平成11年にはついに1万件を突破。13年に2万件台に、16年には3万件台。19年には4万件台と激増していった。
 虐待の最も多いのは身体的虐待で35.3%。以下心理的虐待が33.6%、ネグレクト28.9%、なんと性的虐待も2.2%あった。
 嘆かわしいのは虐待をする者は実母が半数以上を占め57.3%。そして実父も29.0%でなんと全体の9割近くが両親で、そんなのは人間社会いや動物の社会でも恥ずかしい話しだ。
 最近、腹が立つことがある。元光GENJIとかいう男が最近になって「親子関係はない」と言い出して騒ぎになっている。民法の決まりだとか言っているが、最も大事のは200日も201日も関係なく、元妻の女優が別の男と肉体関係があったのか無かったのかで分かることだ。
 獣の社会でもあるまいに、女が夫を含めて何人もの男と関係を持っているならDNA鑑定も必要だろう。そんなことで裁判にするな!ニュースでもなんでもない。

【事件】 20日夜、東京・表参道の高級宝石店で指輪などが奪われた強盗事件があった。客を装って訪れた3人組の男らは、警備員が店の鍵を開けて出迎えたところ、いきなり襲いかかり、7500万円相当の指輪などを強奪して逃走した。
 ★21日朝早く、東京・西東京市の路上を歩いていた35歳の女性が後ろからきた自転車に乗った男に鈍器のようなもので頭を殴られてけがをした。男はそのまま逃げている。
 東京体感治安は「レベル3(イエロー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル3"

| コメント (0) | トラックバック (0)

牛丼店強盗は狂言 店長を横領の疑いで逮捕(20日)テレビ朝日

先月、茨城県東海村の牛丼チェーン店で起きたとされた強盗事件は店長の男の狂言と分かり、売上金を横領した疑いで、この男が逮捕されました。
 「すき家東海店」の店長・河野大樹容疑者(27)は先月12日、金庫にあった店の売上金28万円と金庫の鍵1本を横領した疑いが持たれています。警察によりますと、河野容疑者は当日、「店の外で休憩中に強盗に遭い、金庫の金を渡した」と嘘の報告を本部に伝え、駆け付けた警察官にも「2人組だった」などと事件を装っていました。捜査の途中で河野容疑者の話に不審な点が見つかったため、警察官が問いただすと「嘘です」と認めたということです。取り調べに対し、河野容疑者は「金は借金の返済に使った」と容疑を認めています。

2009_1229_211958annlogo1_3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000062867.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

万引自首男、事件処理せず…「面倒だった」警部補ら3人 無賃乗車で発覚、兵庫県警書類送検(20日)産経

「包丁を万引した」と兵庫県内の交番に自首してきた男(65)の事件処理を行わずに管轄外の大阪市内に連れ出し、逮捕を免れさせたとして、兵庫県警が20日、犯人隠避容疑で、県警尼崎南署地域課に所属する男性警部補(48)と部下2人の計3人を書類送検したことが分かった。警部補は県警の調べに「(事件処理が)面倒だった」と容疑を認めているという。
 男は自首を無視された後、大阪府から和歌山県までタクシーを無賃乗車し、同県警が逮捕。この取り調べの中で兵庫県警の対応を供述し、不正が発覚した。
 捜査関係者によると、3人は尼崎市の交番の同じ班に勤務。送検容疑は5月、男が「ホームセンターで包丁を万引したので逮捕してほしい」と交番に自首してきたのに、必要な捜査を行わず、男を大阪市内まで送ったことで逮捕を免れさせたとしている。
 男は交番に来た際、刃渡り10センチ超の包丁を持っていたが、警部補は「刑務所に入ろうという魂胆がある」として自首を無視することを決意。部下の30代の男性巡査部長と20代の女性巡査に、ホームセンターに包丁を返還させた上、男を生活拠点のある大阪市まで車で送るよう指示した。
 男は車内で「包丁を万引したのは強盗をするためだった」とも自供したが、巡査部長らは「警部補には逆らえない」と考え、男を大阪市内に放置。男はその後、タクシーの無賃乗車で逮捕され、県警の対応を打ち明けたという。

| コメント (0) | トラックバック (0)

温泉施設で金盗み従業員に暴行の疑い、無職男逮捕 (20日)TBS

 東京・板橋区の温泉施設で現金を盗んだうえ、従業員に暴行を加えたとして、無職の男が警視庁に逮捕されました。
 強盗傷害などの疑いで逮捕されたのは、住所不定・無職の森和浩容疑者(47)です。森容疑者は先月11日、板橋区の温泉施設に侵入し、ロッカーから現金4000円が入った財布などを盗んだうえ、気づいて声をかけた従業員の男性(30)に対し、顔を殴るなどの暴行を加え、けがをさせた疑いが持たれています。
 森容疑者はバールを使ってロッカーの鍵を壊していて、取り調べに対し「遊ぶ金が欲しくてやりました」と容疑を認めているということです。
 この温泉施設では今年8月にも、ロッカーの鍵が壊され、現金が盗まれる事件が起きていて、警視庁が関連を調べています。(20日15:40)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2640526.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「浦和うなこちゃん」公園の石像、盗まれる(20日)読売

さいたま市南区の別所沼公園で市民に親しまれている「浦和うなこちゃん」の石像が、何者かに持ち去られていたことが20日わかった。
 浦和署が窃盗事件として調べている。
 うなこちゃんは、漫画家のやなせたかしさんがデザインした、市内のうなぎ専門店でつくる「浦和のうなぎを育てる会」のPRキャラクター。浦和周辺はかつて沼地が多く、うなぎがたくさん取れたため、専門店が多い。石像は2009年5月に同会から市に寄贈された。高さ30センチ前後だといい、足がボルトで台座に固定されていた。
 市南部都市・公園管理事務所によると、17日午前6時半頃、公園の清掃担当者が石像がないのに気付いた。市は「一日も早く元に戻して」と呼び掛けている。

2015年11月20日 12時29分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

わいせつ画像をツイッターに自動投稿=会社役員逮捕-警視庁(20日)時事

一定の間隔で画像を自動投稿できるシステムを使いツイッター上にわいせつ画像を掲載したとして、警視庁杉並署は20日までに、わいせつ電磁的記録媒体陳列容疑で、IT関連会社役員長岡正尚容疑者(32)=東京都渋谷区上原=を逮捕した。同署によると、ツイッターの自動投稿システムを利用したわいせつ画像投稿の摘発は全国初。同容疑者は「法律に抵触するとは分からなかった」と容疑を一部否認している。
 逮捕容疑は6月1~3日、ツイッターの二つのアカウントで、女性の性器が写ったわいせつ画像4枚を投稿した疑い。(2015/11/20-13:13)

2015/11

| コメント (0) | トラックバック (0)

警部補が酒酔い自転車運転、転倒して通報される(20日)読売

京都府警捜査1課の男性警部補が9月、西京区の路上で酒に酔って自転車を運転したとして、府警が道路交通法違反(酒酔い運転)容疑で書類送検していたことが捜査関係者への取材でわかった。
 警部補は路上に転倒してけがをし、目撃した通行人が110番していた。
 捜査関係者によると、警部補は9月下旬の夜、西京区の阪急京都線・桂駅近くで、酒に酔って自転車を運転した疑い。警部補は自転車で蛇行運転した後、自ら転倒したとみられることなどから、府警は酒酔い状態と認定できると判断した。
 自転車の運転については今年6月、改正道交法が施行され、罰則が強化された。酒酔い運転などを危険行為と規定し、3年間で2回以上摘発されれば、刑事処分以外にも、安全講習の受講が義務づけられた。

2015年11月20日 12時03分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

スカート内盗撮の警察官を処分、 依願退職 滋賀県警(20日)産経

滋賀県警監察官室は19日、女性のスカート内を盗撮したとして大阪府警に逮捕された長浜署地域課の巡査部長(51)について、減給10分の1(6カ月)とする懲戒処分を発表した。巡査部長は同日付で依願退職した。
 巡査部長は先月、大阪市浪速区日本橋西のアニメグッズ販売店で、20代の女性客のスカート内をショルダーバッグに取り付けた小型カメラで撮影して逮捕され、その後釈放された。http://www.sankei.com/west/news/151120/wst1511200026-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「家に遊びに来る?」7歳女児誘拐の疑い、無職男逮捕 (20日)TBS

東京・東村山市の公園で7歳の女子児童に「家に遊びに来る?」などと声をかけ誘拐したとして、26歳の無職の男が警視庁に逮捕されました。
 未成年者誘拐の疑いで逮捕されたのは、東村山市の無職・藤平貴明容疑者(26)です。藤平容疑者は19日夕方、東村山市の児童公園で遊んでいた7歳の小学生の女子児童に「家に遊びに来る?」などと声をかけ、自宅に連れ込んだ疑いが持たれています。
 藤平容疑者はおよそ1時間半後、女子児童と一緒に自宅近くにいたところを駆けつけた警察官に現行犯逮捕されました。
 藤平容疑者は容疑を認めたうえで「ゲームをしていた」と供述しているということで、警視庁が当時のいきさつや動機について調べています。(20日10:48)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2640333.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

1年で3300万円…歌舞伎町の“違法パチスロ店”摘発(20日)テレビ朝日

東京・歌舞伎町でパチスロ賭博店が摘発され、店長の男ら3人が現行犯逮捕されました。
 パチスロ賭博店「ビックリマン」の店長・小林雄城容疑者(22)ら3人は19日未明、新宿区歌舞伎町のビルで、パチスロ台を使って客らに賭博をさせた疑いが持たれています。客の男10人も賭博の疑いで現行犯逮捕されました。警視庁によりますと、小林容疑者らは二重扉や防犯カメラなどを使い、摘発を逃れていました。取り調べに対し、小林容疑者らは容疑を認めています。警視庁は、小林容疑者らが1年足らずで約3300万円の利益を上げていたとみて調べています。

2009_1229_211958annlogo1_2

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000062887.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

伊勢志摩サミットに向けSPが警護訓練(20日)NHK

来年、三重県で開かれる「伊勢志摩サミット」を前に、要人の身辺を警護する「SP」と呼ばれる警視庁の警察官が、東京・港区の迎賓館で訓練を行いました。
セキュリティポリス=SPは、総理大臣などの要人の警護にあたる警視庁の警察官で、20日の訓練では東京・港区の迎賓館に130人余りが集まりました。
訓練は、要人が車に乗り込もうとする際、暴漢が銃撃してきたという想定で行われました。SPは要人を守りながら、車に乗り込んで素早く退避するとともに暴漢に飛びかかり取り押さえていました。また、要人を乗せた車を防御する役割の車が警戒しながら走行する訓練では、車2台がスピードを出しながらスラローム走行する技術を披露しました。
警視庁は、パリの同時テロ事件でテロへの警戒が強まるなか、来年の「伊勢志摩サミット」で各国の首脳が来日するのを前にこうした訓練を重ねています。
警視庁警護課の関岡明課長は、「SPとして要人の身辺の安全を守るため、任務に当たり、サミットの成功に貢献したい」と話していました。

SP設置の経緯

要人警護を行うセキュリティポリス=SPは、40年前の昭和50年9月に警視庁に設置されました。
当時の三木武夫総理大臣が暴漢に殴られた事件がきっかけとなり、要人へのテロを防ぐために、アメリカの大統領護衛官、シークレットサービスを参考に導入されました。警護の対象は、総理大臣や各国務大臣、それに各国から来日する要人などで、暴漢が襲ってくるなど不測の事態が起きた際に要人を守り相手を排除するのが任務です。また、警護の際、赤いネクタイや専用のバッジをつけるなど、あえて目立つ姿をするのは相手を威嚇する効果を狙ってのことだということです。

過去の要人襲撃事件

要人を狙った事件としては、平成4年に当時の金丸信自民党副総裁が栃木県内で講演を終えた際に右翼団体の男に拳銃を発射されたほか、平成6年には細川護煕元総理大臣が東京・新宿のホテルで右翼団体の元メンバーの男に拳銃を発射されました。いずれも、けがはありませんでした。また、平成2年には、当時の本島等長崎市長が右翼団体の男に拳銃で撃たれて大けがをしたほか、平成19年には当時の伊藤一長長崎市長が暴力団員の男に拳銃で撃たれ死亡しています。また、平成7年には当時の國松孝次警察庁長官が自宅マンションの前で拳銃で撃たれて大けがをしました。

News_pic1_5
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151120/k10010313551000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

車道にコンクリート 17歳の少年を逮捕(20日)NHK

大阪・交野市で、車道に置かれていた重さおよそ50キロのコンクリートの土台に車が接触して電柱に衝突し2人がけがをした事件で、アルバイトの17歳の少年が、母親などに付き添われて警察に自首し、殺人未遂の疑いで逮捕されました。調べに対し、「土台を倒したが、その後どうなったかは見ていない」などと供述しているということで、警察が詳しいいきさつを調べています。
今月17日の午後11時半すぎ、大阪・交野市私部西の市道で、車道に置かれていた重さおよそ50キロの円柱型のコンクリートの土台に乗用車が接触して電柱に衝突し、乗っていた19歳の男女2人が軽いけがをしました。
警察は、何者かが故意に置いたとみて捜査を進めていましたが、19日の夜、交野市内に住むアルバイトの17歳の少年が、母親と弁護士に付き添われて警察に自首したということです。
警察が本人から事情を聞いていましたが、近くにあったコンクリートの土台を倒したと認めたことなどから、20日、殺人未遂の疑いで逮捕しました。
警察によりますと、調べに対し、「コンクリートの土台を倒したが、その後どうなったかは見ていない。人を殺すつもりはなかった」などと供述しているということです。
警察が詳しいいきさつを調べています。

News_pic1_4
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151120/k10010313561000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

高齢者2人詐欺被害1500万(20日)NHK

長浜市の68歳の男性と大津市の77歳の女性がいずれも息子を名乗る男からのうその電話を信じ、現金900万円と600万円をだまし取られ、警察は詐欺事件として捜査するとともに、高齢者を狙った詐欺が相次いでいることから、特殊詐欺多発警報を今月29日まで延長して警戒するよう呼びかけています。
今月5日、長浜市に住む68歳の男性の自宅に、次男を名乗る男から、「付き合っていた女性に子どもが出来た。女性には夫がいて、示談金を求められている。死にたい」と電話がありました。
これを信じた男性は7回にわたって指定された口座に現金、あわせて900万円を振り込みました。
19日、次男からの電話でだまされたことに気づき、警察に届け出たということです。
また今月17日から18日にかけて、大津市に住む77歳の女性の自宅に、息子を名乗る男から「同僚と一緒に株をして、会社の金に手を付けたことがばれた」などと電話がありました。
女性はこの話を信じ、指示された通り新幹線で東京まで出向き、都内の駅近くで、スーツ姿の男に現金600万円を手渡したということです。
自宅に帰って不審に思った女性が息子に電話してだまされたことが分かり、警察に届け出たということです。
警察は詐欺事件として捜査するとともに、息子を装って高齢者を狙う詐欺が相次いでいることから、19日まで県内に出していた特殊詐欺多発警報を今月29日まで延長して、警戒するよう呼びかけています。

11月20日 00時38分

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/lnews/otsu/2063658751.html?t=1447947502

| コメント (0) | トラックバック (0)

道警、交通違反で虚偽報告書 函本の約10人処分へ(20日)共同

道警函館方面本部の交通部門の警察官約10人が、数年間にわたり、交通違反の現場に立ち会っていない警察官を立ち会ったかのように装い、虚偽の捜査報告書を作成していたことが19日、捜査関係者への取材で分かった。道警は当時の内規で、報告書の客観性を高めるため、違反の取り締まり担当者とは別の警察官が現場に立ち会うよう求めていた。道警は近く、上司らを含む関係者を処分する方針。
 同様の捜査報告書の不正をめぐっては、今年10月末、兵庫県警で高速隊などの警察官ら約70人が虚偽有印公文書作成・同行使などの疑いで書類送検されている。
 不正があったのは、速度違反などの取り締まりでドライバーが違反を認めない際に、検察庁に送付する捜査報告書。道警は当時、交通違反を取り締まった担当者以外の警察官が実況見分の現場に立ち会い、当時の違反状況や現場の見取り図などを報告書に記入した上で、署名や押印をするよう内規で求めていた。
 捜査関係者によると、約10人は2014年秋ごろまでの数年間にわたり、取り締まった担当者自らが作成した報告書に、実際には現場に立ち会っていない別の同僚警察官に署名してもらうなどの手口で、虚偽の報告書を作成したり、立ち会っていない捜査の報告書に名前を貸したりしていたという。

全文はこちら

http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0204114.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【パリ同時多発テロ】主犯格アバウド容疑者の死亡確認 急襲作戦で、指紋が一致 遺体には弾痕多数(20日)産経

【パリ=宮下日出男】129人の犠牲者を出したパリ同時多発テロで、フランス検察当局は19日、パリ郊外サンドニの犯行グループの潜伏先の拠点で18日に実施した急襲作戦により、主犯格とされるアブデルハミド・アバウド容疑者が死亡したと発表した。現場のアパートから見つかった遺体の指紋から身元を確認した。主犯格の死亡でフランスの戦後最悪のテロは重大な局面を迎えた。
 アバウド容疑者はモロッコ系のベルギー人で、2014年に内戦中のシリアに渡航し、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」に参加。当局は今回のテロを首謀したほか、欧州でこれまでに起きたテロ計画にも関与したとみている。
 アバウド容疑者は当初、シリアに潜伏中とみられていたが、仏警察当局は18日未明、盗聴や目撃情報から、同容疑者が拠点のアパートに潜んでいるとして捜索に踏み切り、約7時間におよぶ容疑者らとの激しい銃撃戦の末に制圧。アバウド容疑者の遺体には銃撃戦による多くの弾痕が残っていた。
 急襲作戦で警察は計8人を拘束する一方、自爆した女ら2人が死亡。女はアバウド容疑者のいとこの可能性があり、死者が3人との情報もある。逃走中の実行犯、サラ・アブデスラム容疑者(26)は拘束者に含まれておらず、当局が行方を追っている。
 パリ検察のモラン検事は18日、急襲作戦について「新たなテロ部隊を制圧した。この部隊は作戦実行が可能な状態になるところだった」と強調した。仏メディアによると、容疑者らは13日のテロを実行した3グループに続く4つ目のグループで、パリ郊外のビジネス街デファンスやシャルル・ドゴール空港でのテロを計画していた。
 バルス首相は19日、「あらゆる可能性を排除しない。化学・生物兵器使用の危険もある」と語り、さらなるテロへの警戒を呼びかけた。
 一方、ベルギー捜査当局は19日、13日のテロで自爆したビラル・アドフィ容疑者の関連先として、ブリュッセル市内6カ所の家宅捜索を実施した。http://www.sankei.com/affairs/news/151119/afr1511190034-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

賭博疑いで暴力団幹部逮捕…7千万円売り上げる(20日)産経

福井県警は福井市内のゲーム喫茶店内で客に賭博をさせたとして、常習賭博の疑いで、福井県鯖江市御幸町、指定暴力団山口組系組幹部の上野聖貴容疑者(45)を逮捕した。
 逮捕容疑は昨年年6月ごろから今年10月26日まで、店内に花札ゲーム機8台とスロットゲーム機1台を設置し、客に賭博をさせた疑い。県警によると店の売り上げは約7千万円あり、組の資金源になっていたとみられる。http://www.sankei.com/west/news/151119/wst1511190075-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

保護観察中の薬物依存者、官民連携で支援 国が指針 (20日)日経

法務省と厚生労働省は19日までに、保護観察中などの薬物依存者に対し、保護観察所や医療機関などが連携して治療や支援をする指針を作成した。関係機関の役割を示し、定期的な会議で情報を共有する仕組みも定めた。
 指針は、保護観察所が住居や職を確保する、医療機関が治療や家族への相談支援を行う、都道府県が対応窓口を設置するなどの役割を明記。関係機関が民間支援団体なども含めた定期的な連絡会議を開き、必要な情報共有も行うとした。
 保護観察が終わった後の支援については、関係機関が薬物依存者の家族に対し、必要に応じて本人への接し方に関する助言をしたり、民間の支援団体を紹介したりするとしている。
 懲役や禁錮刑の一部を執行した後で残りの刑期を猶予する「刑の一部施行猶予制度」が来年6月までに始まる影響で、保護観察対象の薬物依存者が増えることが予想されている。その一方で、犯罪対策閣僚会議などが「支援体制が不十分。関係機関の連携が不可欠」と指摘していた。
 法務省の昨年の調査によると、治療が必要な薬物依存の保護観察対象者のうち、実際に治療を受けている割合は1割未満だった。同省は「薬物依存者の治療は手間がかかるため、今までは関係機関が積極的に受け入れたがらず、連携もうまくいかなかった」と指摘。今回の指針を周知することで治療や支援の充実につなげたいという。http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG19H7G_Z11C15A1CR8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・板橋でマンション火災 男性1人死亡(20日)テレビ朝日

東京・板橋区のマンションで火事があり、火元となった部屋から救出された男性が搬送先の病院で死亡しました。
 19日午後4時40分ごろ、板橋区舟渡で、「マンションの3階から炎が見える」と119番通報がありました。4階建てのマンションの3階の1部屋49平方メートルを焼き、火は約1時間後に消し止められました。火元となった部屋から男性が救出されましたが、全身にやけどをして搬送先の病院で死亡しました。この部屋に住む藤本勧さん(52)と連絡が取れないことから、警視庁は、亡くなったのは藤本さんとみて身元の確認を急いでいます。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000062865.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

歌舞伎町のホテルで強盗傷害、容疑の元従業員逮捕 (20日)TBS

今月2日、東京・新宿区歌舞伎町のホテルで起きた強盗傷害事件で、警視庁は36歳の元従業員の男を逮捕しました。
 逮捕されたのは練馬区の無職・関根隆平容疑者(36)で、今月2日、歌舞伎町のホテルの事務室に押し入り、従業員の女性(45)の後頭部を缶コーヒー3本が入ったビニール袋で殴り、売上金17万円を奪った疑いが持たれています。
 警視庁が強盗傷害事件として行方を追っていましたが、18日夕方、関根容疑者が「金がなくなった」と警察署に出頭してきたため逮捕しました。
 関根容疑者は今年7月まで、このホテルで働いていて、売上金が集まる日を狙って従業員用の入り口から侵入したとみられています。取り調べに対し、関根容疑者は容疑を認めているということです。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2640009.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

児相から戻し1カ月、0歳児死亡 父は傷害致死容疑否認(20日)朝日

 千葉県市原市で昨年11月に長男(8カ月)を死亡させたとして、県警は19日、会社員内田翔大(しょうた)容疑者(24)=市原市東国分寺台5丁目、覚醒剤取締法違反罪などで起訴=を傷害致死容疑で再逮捕し、発表した。「身に覚えはない」と容疑を否認しているという。

 長男は昨年5月に右腕を骨折し、県中央児童相談所が一時保護したが、両親の元に戻して約1カ月後に死亡した。
 県警によると、内田容疑者は昨年10月下旬~11月6日の間に、長男の賢大(たかひろ)ちゃんの頭部などに暴行を加えて死亡させた疑いがある。賢大ちゃんは11月6日に自宅で意識を失った状態で見つかり病院に搬送されたが死亡。死因は急性硬膜下血腫による呼吸不全だった。内田容疑者は賢大ちゃんの腕を骨折させたとして今年9月に傷害容疑で逮捕されたが、処分保留となった。
 児相によると、賢大ちゃんが骨折した昨年5月に保護。両親らと11回話し合い、妻の実家で大勢で育てる▽児相と市による定期的な家庭訪問を受け入れる――などの条件を両親側が受け入れたため、10月3日に保護を終了し、両親の元に戻した。その後も児相や市が計3回、実家や病院で会ったが、異常は確認できなかったという。
 児相の担当者は「自宅は父親の仕事場と説明され、条件通り育てていると信用していた。対応が難しかったと考えている」と話している。

Logo2
http://www.asahi.com/articles/ASHCM5SMHHCMUDCB020.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

妊娠期から相談受け付け 虐待防止の全国組織設立(20日)NHK

過去最悪のペースで増え続ける児童虐待を防ごうと、思いがけない妊娠や育児に悩む女性を支援する全国組織が設立されました。
19日、新潟市で全国組織の設立集会が開かれ、医師や自治体の担当者などおよそ60人が集まりました。この中では、全国組織の代表で、大阪で思いがけない妊娠などに悩む女性からの相談に応じている佐藤拓代医師が「誰にも言えず、ようやくの思いで相談してくる女性の気持ちに寄り添って必要な支援につなげることが大切だ」と呼びかけました。
ことし3月までの1年間に全国の児童相談所が把握した児童虐待の件数は8万8000件余りと、これまでで最も多くなっています。厚生労働省がおととし虐待で死亡した子どもの事例を検証したところ、半数近くが0歳児で、母親の3割近くは妊婦検診を受けていないなど、妊娠期からの支援が課題となっています。
全国組織では今後、相談員の質を向上させるため勉強会を定期的に開くことや、相談の内容を分析し必要な支援について国に提言していくことにしています。「全国妊娠SOSネットワーク連絡会議」の佐藤拓代代表は「各地の相談窓口の担当者が連携することで虐待を防いでいきたい」と話しています。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151120/k10010313191000.html

News_pic1_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

パリ同時テロ「首謀者」の動向 仏当局把握せず(20日)NHK

フランスのパリで起きた同時テロ事件の首謀者とみられるモロッコ系ベルギー人の男の死亡が19日に確認されました。フランスのカズヌーブ内相は、事件前には、この男の動向を把握していなかったことを認めたうえで、20日に開かれる緊急のEU内相会議でテロの予防のため各国に連携強化を求める考えを示しました。
パリの同時テロ事件の捜査を進めている検察は19日、事件の首謀者とみられるモロッコ系ベルギー人、アブデルアミド・アバウード容疑者の死亡を確認したと発表しました。容疑者の遺体は、18日に警察と武装グループの間で銃撃戦が起きたパリ近郊の建物で見つかり、指紋から本人のものと確認されたということです。
この男について、カズヌーブ内相は19日の記者会見で、「事件前にヨーロッパやフランスに入っていた可能性を示すいかなる情報もヨーロッパの国からは寄せられなかった。この男が、一時、ギリシャにいたという情報が、事件後の16日になってヨーロッパ域外の国から提供された」と述べ、フランス当局は、事件前アバウード容疑者はシリアにいたと考えていて、その動向について把握していなかったことを認めました。そのうえで、EU加盟国の間でもテロの予防に必要な情報の共有などが十分に行われていないとして、20日に緊急に開催されるEUの内相会議で、連携の強化を求める考えを示しました。
また、フランスのカズヌーブ内相は、ことし春以降フランスで4件のテロ未遂などの事件に関与していた疑いがあるアバウード容疑者が、今回の事件に具体的にどのように関わったかなど詳しく調べる方針も示し、今後の捜査で、どこまで全容が解明されるかも焦点となっています。

アバウード容疑者 4件の事件に関与の疑い

パリで起きた同時テロ事件の首謀者とみられるベルギー人、アブデルアミド・アバウード容疑者の死亡が確認されたことを受けて19日記者会見したフランスのカズヌーブ内相は、アバウード容疑者がことし春以降にフランスで4件のテロ未遂などの事件に関与していた疑いがあると明らかにしました。
カズヌーブ内相によりますと、ことし4月に、アルジェリア人の男がパリ郊外にあるキリスト教の教会を狙ったテロを企てた疑いで逮捕されたテロ未遂事件で、アバウード容疑者の関与が確認されているということです。また、8月に、フランス北部を走行していたアムステルダム発パリ行きの高速鉄道の車内でモロッコ出身の男が乗客に発砲し2人がけがをした事件では、男への取り調べの中でアバウード容疑者の名前が何度も出てきており、関係についてさらに捜査が進められているとしています。さらに、8月に、シリアの過激派組織IS=イスラミックステートの支配地域で訓練を受けフランスに戻ったところを拘束された男は、取り調べの中で、「アバウード容疑者の指示を受けてフランスかヨーロッパでテロ事件を起こす予定だった」と供述しているということです。フランスのメディアはこの男が、アバウード容疑者からコンサートホールなど、簡単に大勢の人を殺害することができる場所を狙うように具体的な指示を受けていたと伝えています。
カズヌーブ内相は会見で、「これらの状況を見れば、作戦のパターンは同じだ。計画は外国で立案され、暴力行為は、訓練を受けたあと、ヨーロッパ諸国に送り込まれたイスラム過激派らによって実行されている」と述べ、アバウード容疑者がこうしたテロ事件の司令塔のような役割を担っていたという見方を示唆しました。
シリアで過激派組織ISに加わったベルギー人のアバウード容疑者は、フランスだけでなくベルギーでも複数のテロ計画に関わっていたとされ、ことし1月にベルギー東部で警察を狙った大規模なテロ計画が摘発された事件をきっかけに欧米の情報機関から危険人物として警戒が強まりました。また、去年5月にベルギーのブリュッセルにある「ユダヤ博物館」で男が銃を発砲して4人が死亡した事件でも、容疑者の男がアバウード容疑者と連絡を取り合っていたと現地のメディアで報じられています。

ベルギー捜査当局が手配中に仏に入国

パリの同時テロ事件の首謀者とみられるアバウード容疑者は、ベルギーの捜査当局によってことし初め国際手配されていましたが、捜査をかいくぐってフランスに入国していたことが明らかになったことから、国境管理の態勢を疑問視する声が上がっています。
アバウード容疑者は、2013年にシリアに渡り過激派組織IS=イスラミックステートの戦闘員になったとみられ、ことし1月、ベルギー国内で警察を狙ったテロ計画に関与した疑いで、捜査当局が逮捕状をとり国際手配して行方を追っていました。ヨーロッパでは、人の移動の自由を認める「シェンゲン協定」に基づいて加盟国の国民は原則、域内の国境ではパスポート審査なしで出入国ができます。アバウード容疑者がフランスに入国するまでの具体的な経路は分かっていませんが、協定に加盟するベルギーの国籍をもつアバウード容疑者は、この協定のもとで当局の目にとまることなく、国境をまたぐ移動を行った可能性がでています。
この問題を受けてEU=ヨーロッパ連合は、20日に開く内相会議で対策を協議することにしています。

米 国土安全保障省「複数の国にまたがる捜査必要だった」

パリの同時テロ事件で首謀者の役割を果たしたとされているアブデルアミド・アバウード容疑者について、アメリカの国土安全保障省が、事件の前からヨーロッパで活動するテロリストグループのリーダーとされる人物だと指摘していたことが分かりました。
国土安全保障省は、ことし1月にベルギーで発覚した大規模なテロ計画について複数のメディアの報道などをもとに分析を行い、5月にその結果を報告書として発表していました。報告書では、アバウード容疑者はこのベルギーのテロ計画を実行しようとしたテロリストグループのリーダーとされ、「ギリシャのアテネにある隠れがから携帯電話で指示を出していたとメディアが伝えている」などと、指摘していました。そのうえで、国土安全保障省は「過激派組織IS=イスラミックステートの指示のもとに動いている可能性がある大規模なテロリストグループが発見された最初の事例だ。ヨーロッパでより複雑な計画を実行する能力を得た可能性を示唆している」と分析していました。
報告書によりますと、ことし1月のベルギーのテロ計画を事前に把握するためには、フランス、ギリシャ、スペイン、オランダを含む複数の国にまたがった捜査が必要だったということで、捜査当局にとっては、各機関との情報共有が今後の重大な課題だと指摘していました。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151120/k10010313291000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月19日 | トップページ | 2015年11月21日 »