« 路上ブロックで転倒死 殺人容疑で捜査 バイク運転、重体の51歳男性が死亡(8日)産経 | トップページ | 「布川事件」再審無罪の杉山卓男さんが死去(8日)読売 »

2015年11月 8日 (日)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(8、9日単位・レベル)
国民は便利さより安全対策を…
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011280 昨日はドローンの規制問題について書いたが、内閣府が今年6月に実施した「テロ対策問題世論調査」がある。
 この中で、日本国民はテロ対策についてどうみているのかという設問があった。
 これに対して「不安を感じる」と答えたのは全体の49.7%。「どちらかと言えば不安を感じる」が29.6%で8割近い国民はテロ事件に不安を感じていることが分かった。「不安を感じない」としたのは20.1%だった。
 その要素について問うと「海外で日本人が巻き込まれるテロが発生しているから」が最も多く57.6%。しかし、「日本のテロ対策は不十分」という回答は42.0%もあった。
 また、防止策については「爆発物や毒物などテロに利用されそうな物の管理や販売に関する規制」をあげた人は半数に近い43.3%もあった。
 さらに「安全と便利さをどちらを重視すべきか」については93.6%の人が便利さより安全を重視すべきだ」と答えている。
 ドローンは産業革命のための実用化には規制緩和が必要と動いているが、国民はテロなどに利用されることを恐れている。一考が必要ではないのか?
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 路上ブロックで転倒死 殺人容疑で捜査 バイク運転、重体の51歳男性が死亡(8日)産経 | トップページ | 「布川事件」再審無罪の杉山卓男さんが死去(8日)読売 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/62640358

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 路上ブロックで転倒死 殺人容疑で捜査 バイク運転、重体の51歳男性が死亡(8日)産経 | トップページ | 「布川事件」再審無罪の杉山卓男さんが死去(8日)読売 »