« 警官名乗り「お金下ろして」=高齢男女、計1600万円被害-警視庁(5日)時事 | トップページ | 五輪組織委HPにサイバー攻撃か、一時閲覧不能(5日)読売 »

2015年11月 5日 (木)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(5、6日単位・レベル)
末恐ろしいことだ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011271 中学2年生の少年2人が、乗っていたタクシーから5万円の売上金の入ったかばんを盗んだとして、兵庫県警に逮捕された。2人はタクシーから降りる際、運転席近くにあったかばんを盗んだもので、犯行後、別の事件で警戒中だった署員に逮捕された。
 さらに、名古屋市南区の17歳の高校生4人が、警察署の駐車場や交番の建物にロケット花火を打ち込み愛知県警に逮捕された。高校生は「警察官が追いかけてくるのがおもしろかった」と言っている。
 それだけではない。自宅のパソコンとファイル共有サーバーに不正送金に利用されるウイルスの記録を保管していたとして、14歳の少年が警視庁に逮捕された。これだけの才能があれば、将来は有望なのに…
 勿論、有罪判決により刑が言い渡される「前科」と警察や検察などの捜査機関により被疑者として捜査の対象となった「前歴」とあるが、どちらにせよ少年時代を含めて前科、前歴は後に世の中に出ない場合が多い。
 昭和の時代は新聞に「前科○○犯」と書かれていた。それが無くなり、就職の際などの身元調査もプライバシーとかなんとかの理由で行われない。だから、極論だが罪の意識が薄く世の中のルールを平気で無視するような子供が多くなっている。
 刑法犯少年の検挙人員は確かに減少傾向にある。だが、凶器準備集合など一部の犯罪は増加している。
 一部だが、こうした未熟な少年達がまもなく選挙権を得ることになるばかりか、安保法案に関して、「T-ns Sowl」なる高校生グループが結成され、反対闘争に加わっているという。
 犯罪を犯し、「警察官が追いかけてくるのがおもしろかった」など、事の善悪を十分にわきまえていない精神的に〝未熟な少年〟たちが政治活動にでるとすれば、恐ろしいことである。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 警官名乗り「お金下ろして」=高齢男女、計1600万円被害-警視庁(5日)時事 | トップページ | 五輪組織委HPにサイバー攻撃か、一時閲覧不能(5日)読売 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/62620362

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 警官名乗り「お金下ろして」=高齢男女、計1600万円被害-警視庁(5日)時事 | トップページ | 五輪組織委HPにサイバー攻撃か、一時閲覧不能(5日)読売 »