« 2015年11月15日 | トップページ | 2015年11月17日 »

2015年11月16日

2015年11月16日 (月)

伊勢志摩サミットに向けテロ対策協議(16日)NHK

フランスのパリで同時テロ事件が発生するなか、来年、サミット=主要国首脳会議が開かれる三重県の伊勢志摩地域にある伊勢市で、地元の警察や行政機関などがテロ対策を話し合う協議会が開かれ、警察からは全国から警察官1万人以上の応援を得て、重点的な警備に当たる方針が示されました。
この協議会は来年5月の伊勢志摩サミットに向けて、官民でテロ対策に取り組もうと地元の警察や行政機関、インフラ関係の企業などが設立し、16日伊勢市で初めての会合が開かれました。
この中で、三重県警察本部の篠原英樹警備部長は、「パリでテロがあったほか、ことしはシリアで日本人が殺害されるなどテロの脅威は高まっている。官民が一体となって未然に防いでいきたい」と述べました。このあと、警察の担当者からはサミット開催中は、全国から警察官1万人以上の応援を得るとともに、海上保安庁などとも協力して海上の警備に重点を置く方針が示されました。
協議会に出席した伊勢市の自治会の代表は、「テロが起きたら大変なので、対策は必要だと思います。伊勢神宮の周辺などで防犯活動に努めたい」と話していました。

News_pic1_8
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151116/k10010308421000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

子どもの校内暴力、警察との連携をルール化 大阪市教委(16日)朝日

大阪市教育委員会が、暴力や授業妨害など市立学校に通う子どもの問題行動を5段階のレベルに分け、レベルごとに学校の対応をルール化することがわかった。「プロレス技をかけるなどの暴力をふるう」などの「レベル3」から警察と連携する。児童生徒に配り、守らない学校があれば保護者らが市教委に通報する専用窓口を設け、徹底を図る。17日の市教委会議で正式に決める。
 文部科学省によると、問題行動への対応や考え方を例示する教委はあるが、具体的にルールを定め、対応を徹底する試みは異例。来年度の1学期を試行期間とし、2学期から本格実施する予定だ。
 文科省によると、小中高生の暴力行為の1千人あたりの発生件数(2014年度)は、全国平均4・0件に対し、大阪府は10・6件で47都道府県で最多。校内暴力など問題行動の対応に追われ授業が成立しないケースがあり、市教委が対応を検討してきた。
 検討されているルールは「学校安心ルール」と称し、「児童生徒がしてはいけないこと」と「学校等が行う措置」を問題行動1~5のレベルごとに定めている。
 最も軽いレベル1は「他の子に対して言葉やしぐさでからかう・無視する」などと定め、学校は「その場で注意」「別室における個別指導および家庭連絡」「奉仕活動または学習課題を課す」としている。レベル4「殴る、蹴るなどの強い暴力をふるう」には「出席停止措置」「警察に通報」など。最も重いレベル5「極めて重い暴力・傷害・脅迫」は解決の主体を外部機関に委ね、「警察・こども相談センター・児童自立支援施設等における対応」と定めている。
 市教委関係者は「明確なルールがあれば一貫性を持って指導できる。軽微な段階からルールに則した対応をすることで、子どもたちがより重い段階に進まないようにしたい」と話す。

残り:1015文字/全文:1767文字

Logo2_3http://www.asahi.com/articles/ASHCF5DYLHCFPTIL00X.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

宮崎暴走6人死傷:73歳男に逮捕状請求(16日)毎日

宮崎市で軽乗用車が歩道を暴走し、7人が死傷した事故(先月28日)で、宮崎県警は16日、軽乗用車を運転していた鹿児島県日置市の男(73)について、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)容疑で逮捕状を請求した。男は事故で受傷し外傷性くも膜下出血で入院していたが、県警は回復したとみて、逮捕に踏み切る方針を固めたとみられる。
 捜査関係者によると、男は先月28日午後2時50分ごろ、宮崎市のJR宮崎駅前付近の県道(通称・高千穂通り)沿いの歩道を軽乗用車で約700メートル暴走し、歩行者ら6人をはね、うち2人を死亡させ、4人に重軽傷を負わせた疑いが持たれている。死傷者は自らを含め7人に上った。
 県警は男の家族から事情聴取したり、道路沿いの防犯カメラの映像を分析したりするなどして捜査を進めてきた。その結果、男が事故当時、軽乗用車を運転していた事実を裏付けた。さらに、事故直前まで認知症の治療で入院していたことや、てんかんの病歴があったことも判明。県警は病歴と暴走との関係を解明するには、男を逮捕し事情を聴く必要があると判断した模様だ。
 近所の住民によると、男は妻、子供の3人暮らしで、家族は持病などを理由に、男が遠方に車で出かけないようにしたり、同乗するようにしたりしていた。しかし、事故当日の朝、家族の気づかないうちに自宅を出て、車を運転していたという。【尾形有菜、宮原健太】

Logo_mainichi_s1
http://mainichi.jp/select/news/20151117k0000m040076000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

元社長ら5人を再逮捕 京都府警、39億円隠匿疑いで(16日)共同

産を隠して整理回収機構(RCC)の差し押さえを妨げたとされる事件で、京都府警捜査2課と中京署は16日、強制執行妨害の疑いで、カナダ在住で不動産会社「ペキシム」(解散)の元社長西山正彦容疑者(69)や次男の会社社長篤磨容疑者(38)ら5人=いずれも別の強制執行妨害容疑で逮捕=を再逮捕した。
 府警によると、西山容疑者は、京都市中京区の石油販売会社「アルフレックス」の経営に関与。京都地裁が2013年10月の判決で、ペキシムが負ったRCCへの債務の一部約40億円の返還をアル社に命じた後に、アル社は運営するガソリンスタンドの一部営業権を関連会社(北区)に譲渡していたことが新たに判明した。府警は、RCCの債権回収を免れるため、営業権を移した可能性があるとみて調べている。
 再逮捕容疑は共謀し、RCCからの差し押さえを免れようと、13年2月5日、アル社名義の口座から39億6千万円を香港の口座に移して隠した疑い。府警は全員の認否を明らかにしていない。
 府警の説明では、アル社の関係者が社長を務める北区の会社は14年3月に設立された。営業権譲渡は翌月から始まり、ガソリンスタンド数店の権利が移された。同社はあらためてアル社に業務委託し、実質的にはアル社がスタンドを運営し、売上金は北区の会社に入っていたという。
 府警は株や証券などで運用され、隠匿されている資産が他にもあるとみて、国内外の複数の金融機関に捜査協力を要請した。

2010_0123_11120247newslogo1_3
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20151116000124

| コメント (0) | トラックバック (0)

23歳女性局員「ゆうメール」9千個を配達せず自宅に隠蔽 約2万9000通「郵便物」も未配達…「人の目盗み職場ロッカーにも」(16日)産経

香川県三豊市の高瀬郵便局駐在の女性局員(23)が郵便物約2万9千通を配達しなかった問題で、日本郵便四国支社(松山市)は16日、女性局員がほかにも書籍など軽い荷物を送る「ゆうメール」約9千個を配達せずに自宅などに隠していたと発表した。
 女性局員が四国支社の調査に「仕事や生活でストレスがあり、人の目を盗んで職場のロッカーなどに隠すようになった」と説明していることも判明。女性局員はロッカーが満杯になると自家用車に運んでいたが、隠しきれなくなり最終的には自宅に持ち込んでいた。
 四国支社は16日、郵便物を配達しなかった行為が郵便法違反に当たるとして、香川県警三豊署に被害届を出した。

| コメント (0) | トラックバック (0)

強盗傷害容疑で逮捕されたうえ窃盗繰り返す、巡査免職処分 (16日)TBS

窃盗を繰り返すなどしたとして栃木県警の19歳の巡査が、免職処分となりました。
 懲戒免職の処分を受けたのは、栃木県警鹿沼警察署の地域課に所属する19歳の巡査の男です。
 警察によりますと、巡査は今年3月、鹿沼市上野町の駐車場で車から、バックなどを盗んだとして、今年10月に逮捕されました。この事件については処分保留で釈放されましたが、捜査の過程で、今年10月に宇都宮市内の銀行の駐車場で、女性を押し倒しけがをさせたうえ、現金入りの財布を盗んだ疑いが浮上、窃盗・傷害の疑いで再逮捕されました。巡査はさらに、「埼玉県内で3件ひったくりをやった」と供述していて、書類送検されています。
 栃木県警の斎藤敏市首席監察官は「職務倫理教養等を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントしています。(16日18:07)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2637123.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

電柱なぎ倒しトラック突っ込む 周辺は7時間も停電(16日)テレビ朝日

札幌市で、トラックが道路脇の電柱をなぎ倒して住宅などに突っ込む事故があり、周辺のホテルなどでは約7時間にわたって停電が続きました。
 15日午後10時半ごろ、札幌市の定山渓温泉近くの国道230号で、トラックが道路脇の歩道にはみ出し、電柱をなぎ倒しながら建物に突っ込みました。この事故によるけが人はいませんでした。
 現場近くの男性:「普通にガシャンとやった時よりも長い時間掛かってゴーっといった。何だこれ?と思って」「隣なんかは、家壊れちゃってるからね」
 現場周辺では事故の復旧作業のため、16日午前3時20分ごろから午前10時すぎまで、ホテルや住宅など最大259軒が停電しました。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000062585.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁 「ソフトターゲット」の警戒強化へ(16日)NHK

フランスのパリで起きた同時テロ事件では、レストランやコンサートホールなどの警備が比較的緩やかな「ソフトターゲット」と呼ばれる場所が狙われたことから、警察庁は民間との連携をより一層、徹底するなど、警戒を強化することにしています。
今回のテロ事件で狙われたのは、不特定多数の人が集まり、政府の関連施設といった重要施設に比べて警備が比較的緩やかなレストランやコンサートホールなどの「ソフトターゲット」と呼ばれる場所でした。おととしには、アメリカのボストンマラソンで爆弾テロが起きるなど「ソフトターゲット」を狙ったテロ事件は、たびたび起きています。
こうしたなか、日本国内では来年5月のサミット=主要国首脳会議、「伊勢志摩サミット」を控え、三重県の会場だけでなく東京や名古屋など各地の大都市も狙われるおそれがあるとして、警察は警戒に当たることにしています。
警察庁によりますと、テロの情報をできるかぎり早く入手するため、ネット上に流れるテロに関する情報を自動で検索するシステムを構築するほか、市街地で武装したテロリストが移動しながら事件を起こした場合を想定し、全国に設置されている銃器対策部隊を増強したり、特殊部隊「SAT」を迅速に派遣したりできるよう態勢を強化するとしています。
警察庁は今回のパリで起きた同時テロ事件で、「ソフトターゲット」が狙われたことから、施設の管理者や住民に不審者や不審物を見かけたらすぐに警察に通報するよう呼びかけるといった民間との連携をより一層、徹底するなど、警戒を強化することにしています。

専門家「不審な状況見つけ 介入することが必要」

テロ対策に詳しい日本大学の河本志朗教授は、今回の同時テロ事件でレストランやコンサートホールなどの「ソフトターゲット」と呼ばれる場所が狙われたことについて、「過激派組織IS=イスラミックステートは、彼らと戦っている有志連合の国民を殺害すると主張している。テロを実行することが難しい警備の厳重な施設でなくても、多くの人を殺傷することができれば、目的を達せられたと考えていると思う」と分析しています。
そして来年5月に三重県でサミット=主要国首脳会議、「伊勢志摩サミット」が開催されるのにあわせて、「ソフトターゲット」を狙ったテロが起きるおそれがあると指摘し、「都内でもレストランなどの数は山ほどあり、警察当局の人員を考えても、そのすべてを警備することは当然ながら難しい」と述べました。そのうえで、「テロリストは突然、レストランなどに現れるわけではない。爆弾を作ったり、何人もの人が家を出入りしたりするなどの不審な状況を地域の中で見つけて当局と一緒になって介入していくことが必要だ」と述べ、テロは起こりうると認識し、警戒を強めていくことが必要だと強調しました。

News_pic1_7http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151116/k10010308371000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(16、17日単位・レベル)
パトロールの成果だ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011309 刑法犯の認知件数の減少が続いている。この状態でいくと統計のある昭和38年以降で最も低かった昭和48年の119万0549件に次ぐ低い件数になる可能性が高い。
 警察庁によると今年10月までの全国警察の認知件数は92万3347件で、前年同期より9万9440件も減少している。
 刑法犯全体の7割近くを占める窃盗犯の認知件数は68万0336件で7万7438件も激減した。中でもオートバイや自動車などの乗物盗が3万8524件も減っている。
 最近問題になっている詐欺などの知能犯は3万5672件で2665件も減少。大きな要因は詐欺犯で2298件も減らした。
 認知件数のランキングでは東京が12万2773件でワースト1。以下大阪の11万1707件、愛知の6万4161件、埼玉の6万0934件、千葉の5万1780件と顔ぶれは変わらない。
 10万近くも減少した中で増加したのは石川県だけで+62件だった。
 減らしたナンバー1は大阪の1万4064件。次いで東京の1万0659件、愛知の7803件、福岡の6636件、神奈川の5757件と続いた。
 体感的に悪化を感じる殺人などの凶悪犯は、強盗の-593件をトップに殺人-111件で全体的に798件も減らしている。東京は昼夜をとわず実施している自転車パトロールの成果だろう。パトロールメモの投げ込みは多くの住民に安心感を与えている。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

サミット・五輪へテロ対策強化=菅官房長官(16日)時事

 菅義偉官房長官は16日午前の記者会見で、パリで発生した同時テロを受け、「来年の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)を皮切りに2019年ラグビーワールドカップ、20年東京五輪が続く。今回のテロ事件をきっかけに、開催国として警備に万全を期すため、テロ対策に全力で取り組みたい」と述べ、国内テロ対策を強化する意向を強調した。
 菅長官は、具体的な対策として、情報収集・分析の強化や水際対策、重要施設の警戒警備のほか、テロ対処訓練や装備資機材の整備などを列挙した。(2015/11/16-12:29)

2

| コメント (0) | トラックバック (0)

心中?3歳男児溺死 殺人容疑で母逮捕(16日)共同

宮城県警塩釜署は15日、殺人の疑いで、自称仙台市青葉区北目町、職業不詳、自称遠藤未希容疑者(22)を逮捕した。
 逮捕容疑は14日午後8時ごろ、宮城県松島町の防潮堤から男児を抱いて海に飛び込み、溺れさせて殺害した疑い。「3歳の長男と一緒に死のうと思って海に入った」などと話しているといい、同署は生活苦から無理心中を図ったとみて調べている。
 同署によると、遠藤容疑者は自力で岸に上がり、男児を海から引き上げ、抱きかかえて近くの交番に出向いた。男児は心肺停止状態で、搬送先の石巻市の病院で15日未明、死亡が確認された。
 現場はヨットハーバーの防潮堤で、水深は約3メートル。近くに県松島公園管理事務所がある。近くの住民によると、夜間はほとんど人通りがない。

2010_0123_11120247newslogo1_2http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201511/20151116_13031.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

神戸のJR線で架線切断、5500人閉じこめ(16日)読売

16日午前8時5分頃、神戸市中央区のJR東海道線・神戸―元町間で、上りの架線が切れているのが見つかった。
 JR西は同線と山陽線の一部区間の運転を見合わせ、列車4本が駅間で立ち往生。計約5500人が車内に閉じこめられた。JR西は乗客を線路上に降ろし、近くの駅に誘導するなどした。運転は午後0時15分に再開されたが、この事故などで150本が運休などし、約15万人に影響した。
 JR西によると、架線の切断は元町から神戸駅方面に約400メートルの場所。上り架線2本のうち、特急や新快速などに使われる外側の架線1本が切れていた。
 午前7時15分頃、JR東海道線住吉駅(神戸市東灘区)で人身事故が発生、同49分まで上下線で運転を見合わせていた。その後、網干発野洲行きの新快速電車が電圧の異なる架線を切り替える「エアセクション」と呼ばれる区間に、停止した前後にショートしたという。JR西はその際に過大な電流が流れたとみている。同区間で列車の停止は原則禁じられており、JR西が経緯を調べる。

2015年11月16日 13時29分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

仙台空港、小型機が胴体着陸 (16日)TBS

16日昼ごろ、仙台空港に民間の小型機が胴体着陸しました。火災などは起きておらず、けが人はいないということです。
 16日午後0時半ごろ、仙台空港の滑走路に小型プロペラ機が胴体着陸しました。仙台空港事務所によりますと、機体は民間所有のプロペラ機で、操縦士を含めて2人が乗っていましたが、けがはありませんでした。
 このプロペラ機は正午ごろから離着陸の操縦訓練をしていたということで、何らかのトラブルで胴体着陸をしたとみられています。
 この影響で札幌便1便の到着が15分程遅れましたが、その他の便に影響は出ていません。(16日13:40)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2636978.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察署車庫で杭打ちデータ偽装 業界大手ジャパンパイル(16日)朝日

愛媛県は16日、県が発注した県警今治署の車庫棟新築工事の杭打ちをめぐり、業界大手の「ジャパンパイル」(東京)によるデータ偽装を確認したと発表した。車庫棟は鉄骨造り2階建てで、昨年7~12月に工事を実施。電流計データの波形が酷似したものが見つかったためジャパンパイルに確認を求めたところ、データ偽装を認めたという。異常は見つかっておらず、県は現時点で安全性に問題はないとみている。

Logo2_2http://www.asahi.com/articles/ASHCJ4DBQHCJPTIL00Q.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

服部学園・服部幸応理事長の長男を逮捕 1100万円架空請求で背任の疑い 「ナンバーズに使った…」 警視庁(16日)産経

取引先に水増し請求させるなどして服部栄養専門学校を運営する「服部学園」(東京都渋谷区)に損害を与えたとして、警視庁捜査2課は16日、背任容疑で、服部学園元総務部長、染谷吉彦容疑者(43)=東京都新宿区西新宿=を逮捕した。同課によると、「(数字選択宝くじの)ナンバーズに使った」などと容疑を認めている。染谷容疑者は服部学園の服部幸応(ゆきお)理事長の長男。
 染谷容疑者は、取引先にデザイン料などを水増し請求させたり架空請求させたりして、正規料金との差額を実質管理する知人の口座に送金させる手口で、平成24年ごろから数千万円を不正に得ていたとみられる。
 逮捕容疑は、総務部長だった24年4月~27年3月、デザイン会社などから広告のデザイン料を水増し請求させるなどして、服部学園に計約1100万円の損害を与えたとしている。http://www.sankei.com/affairs/news/151116/afr1511160009-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

転売目的偽りスマートフォン契約か 2人逮捕(16日)NHK

他人に転売する目的なのに自分で使うとうそを言って、東京の携帯電話の販売店でスマートフォンなどを契約したとして、福岡市の男ら2人が詐欺の疑いで警視庁に逮捕されました。調べに対し、2人のうち1人は否認しているということです。
逮捕されたのは、福岡市の無職、香村茂樹容疑者(30)と、東京・練馬区の19歳の少年です。
警視庁の調べによりますと、2人は、ことし7月、世田谷区の携帯電話の販売店で、他人に転売する目的なのに自分で使うとうそを言って、スマートフォンなどを契約したとして詐欺の疑いが持たれています。少年は父親の健康保険証を持ち出してスマートフォンなどを購入したあと、支払いに使ったクレジットカードや保険証を紛失したと届け出て、支払いを免れようとしていたということです。スマートフォンなどは香村容疑者が少年から3万円で買い取っていたということで、警視庁は秋葉原で転売していたとみて調べています。
警視庁によりますと、香村容疑者は容疑を否認し、少年は容疑を認めているということです。

News_pic1_6http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151116/k10010307981000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴力団の対立で組員12人逮捕(16日)NHK名古屋

名古屋市の繁華街で、山口組系の暴力団員らと山口組から離脱した団体の傘下の組員らとがトラブルになった事件で、警察は15日、いずれも離脱した団体側の12人を逮捕しました。
この事件での逮捕者は双方合わせて24人にのぼり、警察は背景に山口組からの離脱をめぐる対立があるとみて、全容の解明を進めています。
 この事件は10月、名古屋市千種区今池で、山口組系の弘道会の組員らが山口組系から離脱した団体の傘下の組事務所のインターホンを壊して、その後、トラブルになったもので、これまでに双方の合わせて18人が逮捕されています。
警察によりますと、その後の捜査の結果、いずれも山口組から離脱した団体の傘下の組員の鈴木元治容疑者(44)ら6人について、弘道会の45歳の組員に暴行を加えて骨折などの大けがをさせたとして傷害の疑いで再逮捕し、同じ傘下組織の別の6人については、金属バットなどの凶器を持って集まったなどとして新たに逮捕しました。
この事件での逮捕者は双方合わせて24人になり、警察は背景に山口組からの離脱をめぐる対立があるとみて、全容の解明を進めています。

News_pic1_5http://www3.nhk.or.jp/tokai-news/20151115/3532671.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

路上強盗の疑いで男2人逮捕(16日)NHK宇都宮

15日朝早く、宇都宮市の路上で男性に蹴るなどの暴行を加え、ショルダーバッグを奪ったとして、自称21歳と20歳の男2人が強盗の疑いで警察に逮捕されました。
調べに対し2人は容疑を否認しているということです。
 逮捕されたのは、住所と氏名がいずれも自称の東京・板橋区の川内淳容疑者(21)と、同じく住所と氏名がともに自称の宇都宮市中今泉3丁目の小幡圭容疑者(20)の2人です。
警察によりますと、2人は、15日午前6時前、宇都宮市の路上で、佐野市の契約社員の45歳の男性に蹴るなどの暴行を加え、タブレット型端末などが入ったショルダーバッグを奪ったとして、強盗の疑いが持たれています。
 通報を受け現場に向かっていた警察官が犯人の特徴に似た2人組の男を見つけ職務質問したところ、奪われたショルダーバッグを持っていたことなどから、その場で逮捕しました。
調べに対し2人は容疑を否認しているということで、警察は事件の状況を調べています。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/lnews/utsunomiya/1093533151.html?t=1447572136

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニ強盗で少年逮捕 (16日)NHK北海道

11月13日、千歳市のコンビニエンスストアに押し入り、現金およそ4万円を奪ったとして16歳の少年が警察に逮捕されました。
逮捕されたのは、千歳市に住む16歳の無職の少年です。
警察の調べによりますと、少年は、11月13日の午前10時前、千歳市白樺5丁目の「SPAR千歳向陽台店」に押し入り、店員に刃物を示したうえ、「金を出せ」と書いたメモを見せて脅し、現金およそ4万円を奪ったとして強盗の疑いがもたれています。
少年は犯行のあと、現場から逃げましたが、警察が店員の情報などをもとに捜査した結果、少年を割り出したということです。
調べに対し少年は「遊ぶ金が欲しかった」と供述し容疑を認めているということです。
警察は、少年から事情を聞くなどして、いきさつをさらに詳しく調べています。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20151116/3537481.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

公園の遊具 点検後に壊れる事故相次ぐ(16日)NHK

ことし4月、大津市内の公園で、点検したばかりのブランコのチェーンが切れて子どもがけがをするなど、点検後にもかからず遊具が壊れ、子どもがけがをする事故が相次いでいます。NHKが全国の都市公園の遊具の事故を調べたところ、昨年度までの6年間に発生した重大事故45件のうち、点検から2か月以内に起きたのが20%余りに上っていることが分かりました。
ことし4月、大津市内の県営公園で、小学校を卒業したばかりの12歳の女の子がブランコで遊んでいたところ、鉄製のチェーンが突然切れ、腰などを打ってけがをしました。
このブランコは、事故の当日に目で見て確認する目視などによる点検が行われていましたが、切れたチェーンはカバーに覆われていて、腐食していることに気付かなかったということです。
このほか、ことし6月に福島県で、7月には奈良県で、自治体が管理する遊具が点検後にもかかわらず壊れ、遊んでいた子どもが頭などに軽いけがをしていました。
遊具の事故は骨折などの大けがにつながることがあり、過去には頭や胸を強く打って死亡した事故も起きています。
国土交通省によりますと、平成25年度の時点で、全国に合わせて10万3900余りの都市公園があり、遊具の数は37万2900基余りに上っています。NHKが都市公園の遊具の事故について調べたところ、治療日数が30日以上の「重大事故」は、昨年度までの6年間に45件発生し、このうち10件、率にして22%が点検から2か月以内に起きていたことが分かりました。
このうち去年4月、札幌市の公園で、鉄棒が支柱から外れ男の子が手首の骨を折った事故は、点検の6日後に発生したほか、5年前には、三重県伊賀市で点検の翌日にうんていの鉄の棒がゆるみ、女の子が地面に落下して骨折する事故が起きています。
点検後の遊具で事故が相次いでいることについて、国土交通省や遊具のメーカーで作る団体は、遊具の老朽化が進み、点検するポイントが増えて作業が難しくなっていることなどが考えられるとして、公園の管理者などを対象に、遊具の点検方法を指導する講習会を開くなど対策を進めています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151115/k10010307311000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

横田夫妻「一目会わせて」 拉致38年、新潟で集会(16日)共同

北朝鮮による拉致被害者横田めぐみさん=失踪当時(13)=が連れ去られてから15日で38年がたった。現場となった新潟市で早期救出を求める集会が開かれ、母早紀江さん(79)は「私たち夫婦も年をとった。これ以上体が弱らないうちに一目でも会わせてほしい」と訴えた。
 集会は県や地元新聞社が主催し約1100人が参加。拉致被害者の曽我ひとみさん(56)も出席した。
 ほぼ満席の会場で、めぐみさんの父滋さん(83)は関係者に体を支えられながら登壇。言葉を詰まらせながら支援を訴える姿に大きな拍手が起きた。

2010_0123_11120247newslogo1
http://www.47news.jp/CN/201511/CN2015111501001367.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ハチ公の足元に猫、いったい誰が? 「虐待」と批判も(16日)朝日

 東京・渋谷駅前の忠犬ハチ公像の足元に猫がたびたび現れている。若者や外国人観光客らはスマートフォンやデジタルカメラを向けてぱちり。当の猫は人慣れした様子で大あくび。なぜ、そこに?

 若者らでごった返す10月下旬。外国人観光客らが一斉にハチ公像にカメラを向けている。お目当てはガイドブックにも載っている忠犬の銅像と、その前脚の間でくつろぐ猫だ。
 兵庫県加東市から訪れ、待ち合わせ中だった井沢潔さん(76)は「国際交流にいいかもしれないね」。ハチ公前広場にある青ガエル観光案内所の女性係員は同じ猫を何度も見るという。
 しばらくすると、黒いTシャツ姿の男性が猫に近づき、首の後ろに乗せた。大勢の視線を受けながら地下鉄駅のほうへ向かう男性を追いかけ、聞いた。飼い主ですか?

Logo2

 「はい」残り:523文字/全文:862文字http://www.asahi.com/articles/ASHBX5JVHHBXUTIL03X.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「借金でイライラ」踏切に自転車放置の無職男(16日)読売

大阪府枚方市内の踏切内に14日夜、自転車を放置して電車の運行を妨げるなどしたとして、大阪府警枚方署は15日、同市枚方元町、無職米田孝行容疑者(49)を電汽車往来危険、威力業務妨害両容疑で逮捕した。
 同市内の別の踏切では10月に2度、同様の接触事故があり、同署が関連を調べる。
 発表では、米田容疑者は14日午後9時10~25分頃、同市枚方元町の京阪本線段田踏切(警報機、遮断機付き)内に自転車を置いて電車の運行に危険を生じさせ、同25分頃、走行してきた特急電車(8両)にその自転車を接触させて運行を中止させるなどした疑い。
 周辺の防犯カメラ映像から米田容疑者が浮上。調べに容疑を認め、「飲み屋の借金のことでイライラしていた。騒ぎになればすっきりすると思った」などと供述しているという。
 10月に2度の接触事故があったのは、段田踏切から約170メートル北の蔵谷踏切。いずれもけが人はなかった。

2015年11月15日 23時28分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0) | トラックバック (0)

「被害女性思い浮かんだ」=逮捕の男、交友関係捜査-女子高生強盗殺人・警視庁(16日)時事

東京都江戸川区のアパートで都立高校3年岩瀬加奈さん(17)=同区本一色=が殺害された事件で、強盗殺人容疑で逮捕された青木正裕容疑者(29)が岩瀬さんを狙った理由について、「金に困り人を殺そうと思った。岩瀬さんが思い浮かんだ」と供述していることが16日、警視庁小岩署への取材で分かった。
 青木容疑者と岩瀬さんはアルバイト先の元同僚で、親密な関係ではなかったという。同署は16日、同容疑者を送検。交友関係などを捜査し、詳しい背景を調べる。
 同署によると、青木容疑者は岩瀬さんと一緒に働いていたコンビニを10月中旬に辞め、「人を殺そうと考え始めた」と説明。さらに「岩瀬さんなら、もしかしたら家に来てくれるのではと思った」と供述しているという。
 2人が個人的に連絡を取り合っていた様子はなく、岩瀬さんは事件当日の12日に初めて同容疑者宅を訪れたとみられている。同容疑者は前日に偶然を装って岩瀬さんを待ち伏せし、「化粧品のサンプルをあげる」などと自宅に誘っていた。(2015/11/16-06:01)

2015

| コメント (0) | トラックバック (0)

パリ同時テロ事件に関与か 男の名前など公表(16日)NHK

K10010307581_1511160512_1511160513_フランスのパリで起きた同時テロ事件で、フランスの捜査当局は、今回の事件で初めて、事件に関わったとみられる26歳のベルギー生まれの男の名前と顔写真を公開して情報の提供を求めました。フランス政府は、実行犯のグループが隣国のベルギーで組織されフランス国内で支援を得て事件を起こしたものとみて、ベルギーと協力して捜査を進める方針です。

今月13日夜、武装したグループが、フランスのパリ中心部のコンサートホールで銃を乱射したあと爆発物を爆発させたほか、複数の飲食店で銃を乱射し、さらに、郊外のサッカースタジアムでも相次いで爆発物を爆発させました。一連の事件で少なくとも129人が死亡して、352人がけがをし、過激派組織IS=イスラミックステートを名乗るグループが「フランスがISの支配地域を空爆していることへの報復だ」とする犯行声明を出しました。
捜査当局は、15日、自爆したり警察に射殺されたりして死亡した実行犯の7人のうち、すでに特定されていた29歳のフランス人の男に加え、ほかの2人についても遺体の指紋から隣国のベルギーに在住するフランス人と特定したと発表しました。
さらに、今回の事件で初めて、事件に関わったとみられる26歳の男の名前と顔写真を公開して情報の提供を求めました。男はアブデスラム・サレハという名前で、ベルギーの首都のブリュッセルで生まれだということです。捜査当局は、危険な人物であるため取り押さえたりすることはせず、警察に通報するよう呼びかけています。
フランスのカズヌーブ内相は、15日、ベルギーのヤンボン内相との会談にあたり、「事件は外国で計画され、ベルギーで実行犯が集められ、フランス国内で支援を得て実行された」と述べ、犯行グループがベルギーで組織されたという見方を示し、ベルギー当局と連携して捜査を進める方針を示しました。
一方、フランスのオランド大統領は、テロへの警戒を続けるため、現在出されている非常事態宣言について、16日に議会で行う演説で、延長するための法律の改正を求めるとみられています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151116/k10010307581000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

山口組幹部が住宅玄関で殺害される 手足縛られ…(16日)テレビ朝日

三重県四日市市で、指定暴力団山口組幹部の男性が頭から血を流して死亡しているのが見つかりました。警察は、殺人事件とみて調べを進めています。
 15日午後5時40分ごろ、四日市市浜田町の住宅の玄関で、山口組二次団体「愛桜会」の菱田達之会長(59)が頭から血を流して倒れているのを妻らが見つけ、119番通報しました。警察によりますと、発見時、手足を縛られていたとみられ、検死の結果、頭に複数の殴られたような痕があったということです。警察によりますと、菱田会長は「直参」と呼ばれる山口組の幹部で、15日昼ごろ、組員が現場となった住宅に送り届けた後、連絡が取れなくなっていました。警察は、殺人事件とみて調べを進めています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月15日 | トップページ | 2015年11月17日 »