« 路上で流血の男性死亡 出頭の23歳男を逮捕 交通トラブル原因?(13日)産経 | トップページ | 息子装う詐欺 50万円被害(13日)NHK栃木 »

2015年10月13日 (火)

世界が見つめる山口組分裂 「YAKUZA」の姿を外国メディアはどう報じたのか(13日)産経

世界各国のメディアが30年ぶりに分裂した指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)について注目し日本の「Yakuza」騒動を報じている。
 「ヤクザ」は「スシ」や「ゲイシャ」などと同様、世界共通語の一つ。これまでも度々、日本映画やアニメ作品などで取り上げられており、外国人にとって、現実の世界に表面化した「Yakuza-War」(ヤクザの戦い)は、日本社会の裏側を知る上で関心の高いテーマのようだ。

入れ墨のイメージ定着

 報道ぶりには、日本の暴力団の実態をその歴史とともにひもといて伝える説明型のリポートがある一方、専門家らにインタビューし、分裂の背景と今後の見通しについて詳しく分析しているメディアもある。
 象徴的なのは、記事に合わせ、全身に入れ墨を入れた暴力団組員の写真や動画を一緒に報じていることだ。
 ロシアのメディア、ロシアン・トゥディは、桜模様の入れ墨を入れた男性の後ろ姿だけでなく、短刀を口にくわえた芸者の模様を入れ墨にあしらった若い女性のセミヌード写真を掲載。その上で山口組について、アジア諸国や米国などでも裏ビジネスを展開し、「総資産は800億ドル(約9兆6000億円)にもなり、世界で最もリッチな犯罪組織だ」と紹介した。
 ドイツの国際報道局ドイチェ・ヴェレもニュースを速報する際、やはり、全身に入れ墨を入れた、ふんどし姿の男性4人組の写真を一緒に用いた。

« 路上で流血の男性死亡 出頭の23歳男を逮捕 交通トラブル原因?(13日)産経 | トップページ | 息子装う詐欺 50万円被害(13日)NHK栃木 »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/62465862

この記事へのトラックバック一覧です: 世界が見つめる山口組分裂 「YAKUZA」の姿を外国メディアはどう報じたのか(13日)産経:

« 路上で流血の男性死亡 出頭の23歳男を逮捕 交通トラブル原因?(13日)産経 | トップページ | 息子装う詐欺 50万円被害(13日)NHK栃木 »