« 93歳女性殺害、屋根に足跡か…財布に紙幣なく(19日)読売 | トップページ | 【本紙前ソウル支局長公判】通訳めぐり法廷混乱 「二股」は「かけはし」、「志願」は「しえん」と誤訳 国際化対応に遅れ(19日)産経 »

2015年10月19日 (月)

【本紙前ソウル支局長公判】判決は11月26日 検察側が懲役1年6月を求刑 加藤前支局長「コラムに公益性」 (19日)産経

【ソウル=藤本欣也】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉をコラムで傷つけたとして在宅起訴された産経新聞の加藤達也前ソウル支局長(49)に対する第10回公判が19日、ソウル中央地裁で開かれ、検察側は「コラムは(朴大統領らを)誹謗(ひぼう)する目的で書かれた」として懲役1年6月を求刑した。この日で公判は結審し、判決公判は11月26日に行われる。
 出国禁止措置が4月に解除され、日本に帰国した加藤前支局長は韓国入りして出廷。最終意見陳述で「未曾有の大惨事の当日の朴大統領の動静は関心事であり、韓国社会において朴大統領をめぐる噂が流れたという事実も、特派員として伝えるべき事柄であると考えたのは当然のことだ」とコラムの公益性を訴えた。
 加藤前支局長は被告人質問で、昨年4月のセウォル号沈没事故当日、朴大統領と元側近の鄭(チョン)ユンフェ氏が会っていたという噂を取り上げた自らのコラムについて、朴大統領と鄭氏を「誹謗する目的で書いた記事ではない」と強調。「日本語で日本の読者に韓国の政界で起きていることを伝えるために書いた」と述べた。
 また、最終意見陳述で「韓国最大部数をもつ朝鮮日報が『朴槿恵大統領をめぐる噂』という記事を書いたことも、日本の読者に向けた報道の対象となる一種の社会現象と考えるのは自然なことだ」と指摘した。

« 93歳女性殺害、屋根に足跡か…財布に紙幣なく(19日)読売 | トップページ | 【本紙前ソウル支局長公判】通訳めぐり法廷混乱 「二股」は「かけはし」、「志願」は「しえん」と誤訳 国際化対応に遅れ(19日)産経 »

マスコミ関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/62509750

この記事へのトラックバック一覧です: 【本紙前ソウル支局長公判】判決は11月26日 検察側が懲役1年6月を求刑 加藤前支局長「コラムに公益性」 (19日)産経:

« 93歳女性殺害、屋根に足跡か…財布に紙幣なく(19日)読売 | トップページ | 【本紙前ソウル支局長公判】通訳めぐり法廷混乱 「二股」は「かけはし」、「志願」は「しえん」と誤訳 国際化対応に遅れ(19日)産経 »